無料ブログはココログ

« 少年よ、大志を抱け | トップページ | 日清戦争と下関条約 »

2020年4月16日 (木)

ファニイ・フェイス岸井ゆきの

   ファニー・フェイスとは「おかしな顔」。美人というわけではないが、個性的で魅力ある顔立ち。オードリー・ヘプバーン主演の映画「パリの恋人」(1957年)でこの言葉が流行語になった。当時はパスカル・ブチやミレーユ・ダルクなど仏女優がそう呼ばれた。「巴里のアメリカ人」「ジジ」「あしながおじさん」のレスリー・キャロンがファニイ・フェイスの代表的な女優か。日本では若林映子や加賀まりこ、そしてこの尺度を限りなく通俗化して登場したのが研ナオコである。最近人気急上昇の永野芽郁(半分、青い)や岸井ゆきの(モンテクリスト伯)らはファニー・フェイスに分類されるだろう。

 

 

« 少年よ、大志を抱け | トップページ | 日清戦争と下関条約 »

女性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 少年よ、大志を抱け | トップページ | 日清戦争と下関条約 »

最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28