無料ブログはココログ

« 女流作家エリザベス・テーラー | トップページ | 八百屋お七と「丙午」 »

2020年3月28日 (土)

韓国映画史 「義理的仇討」から「パラサイト」まで

  韓国の映画の日は、10月27日。これは韓国映画史上、最初の映画である金陶山監督の作品「義理的仇討」という映画が1919年にソウル鐘路にある映画館・団成社で上映された日を記念して制定された。ほかに代表的な「ハングン・ヨンファ(韓国映画)」を記す。

 

「青春の十字路」 1934年 アン・ジョンファ監督

 

「半島の春」 1941年 イ・ビヨンイル監督

 

「下女」 1960年 キム・ギヨン監督

 

「ロマンスパパ」 1960年 シン・サンオク監督

 

「春香伝」 1961年 ホン・ソンギ監督

 

「誤発弾」 1961年 ユ・ヒョンモク監督

 

「霧」 1967年 キム・スヨン監督

 

「糞礼記」 1971年 ユ・ヒヨンモク監督

 

「星たちの故郷」 1974年 イ・ジャンホ監督

 

「馬鹿たちの行進」 1975年 ハ・ギルチョン監督

 

「森浦への道」 1975年 イ・マニ監督

 

「旅譜」 1978年

 

「風吹く良き日」 1980年

 

「馬鹿宣言」 1983年

 

「赤道の花」 1983年

 

「鯨捕り」 1984年

 

「ディープブルーナイト」 1984年

 

「桑の葉」1985年 イ・ドゥヨン監督

 

「キルソドム」 1985年

 

「黄真伊(ファン・ジニ)」 1986年

 

「シバジ」 1986年

 

「アダダ」 1987年

 

「大人たちは判らない」 1988年 イ・ギュヒョ監督 キム・ヘス

 

「風の丘を越えて 西便制」1993年 イム・グォンテク監督

 

「太白山脈」 1994年 イム・グォンテク監督

 

「八月のクリスマス」  1998年 ホ・ジノ監督

 

「シュリ」 1999年 カン・ジェギュ監督

 

「我が心のオルガン」 1999年 イ・ヨンジェ監督

 

「猟奇的な彼女」 2001年 クァク・ジェヨン監督

 

「永遠の片思い」 2002年 イ・ハン監督

 

「ラブストーリー」 2003年 クァク・ジェヨン監督

 

「シルミド」 2003年 カン・ウソク監督

 

「私の頭の中の消しゴム」 2004年 イ・ジュハン監督

 

「僕の、世界の中心は、君だ」 2005年 チョン・ユンス監督

 

「トンマッコルへようこそ」 2005年 パク・クァンヒョン監督

 

「四月の雪」 2005年 ホ・ジノ監督

 

「グエムル 漢江の怪物」 2006年 ポン・ジュノ監督 

 

「高地戦」 2011年 チャン・フン監督

 

「建築学概論」 2012年 イ・ヨンジュ監督

 

「王になった男」 2012年 チュ・チャンミン監督

 

「ザ・タワー超高層ビル大火災」 2012年 キム・ジフン監督

 

「FLU運命の36時間」 2013年 キム・ソンス監督 チャン・ヒョク スエ

 

「アトリエの春、昼下りの裸婦」 2014年 チョ・グニョン監督

 

「国際市場で逢いましょう」 2014年 ユン・ジェギュン監督 ファン・ジョンミン ユンホ

 

「インサイダーズ」 2015年 ウ・ミンホ監督 イ・ビョンホン

 

「王の運命」 2015年 イ・ジュンイク監督 ソン・ガンホ

 

「隻眼の虎」 2015年 パク・フンジョン監督 チェ・ミンシク

 

「愛を歌う花」 2016年 パク・フンシク監督 ハン・ヒョズ

 

「男と女」 2016年 イ・ユンギ監督 コン・ユ、チョン・ドヨン

 

「ある闘いの真実」 2017年 チャン・ジュナン監督 キム・ユンソク、ハ・ジョンウ

 

「不汗党 悪い奴らの世界」 2017年 ピョン・ヒョンソン監督 ソル・ギョング

 

「軍艦島」 2017年 リュ・スンワン監督

 

「共犯者たち」 2017年 チェ・スンホ監督

 

「ときめき♡プリンセス婚活記」 2018年 ホン・チャンピョ監督 シム・ウンギョン

 

「ゴールデンスランバー」 2018年 ノ・ドンソク監督 カン・ドンウォン、ハン・ヒョズ

 

「リトル・フォレスト春夏秋冬」 2018年 イム・スルレ監督 キム・テリ

 

「神と共に、罪と罰」 2018年 キム・ヨンファ監督

 

「目撃者」 2018年  チョ・ギュジャン監督 イ・ソンミン

 

「パラサイト 半地下の家族」 2019年 ポン・ジュノ監督 ソン・ガンホ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 女流作家エリザベス・テーラー | トップページ | 八百屋お七と「丙午」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 女流作家エリザベス・テーラー | トップページ | 八百屋お七と「丙午」 »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30