無料ブログはココログ

« 「サ」 事項索引インデックス | トップページ | 敦盛は生きていた? »

2020年2月 6日 (木)

カーク・ダグラス

 宍戸錠、梓みちよ、昭和のスターが相次いで亡くなっていく。そしてハリウッドでも不死身の男カーク・ダグラスが5日ロサンゼルスで死去。103歳だった。昨夜、BSテレ東で「OK牧場の決斗」を見たばかりなので未だその死が信じられない。保安官ワイアット・アープのバート・ランカスター、結核の賭博師ドク・ホリディをカーク・ダグラスが演じている。酒場女ケイトはあの「エデンの東」でジミーの母親役のジョー・ヴァン・フリート、若い頃のデニス・ホッパーのクラントン一味で出演している。フランキー・レインの歌声も最高だ。カーク・ダグラスの代表作を挙げればキリがないかもしれないが、「チャンピオン」「探偵物語」炎の人ゴッホ」「バイキング」「スパルタカス」「テレマークの要塞」「大西部への道」映画の黄金時代だった。西部劇・戦争アクションの俳優のイメージがあるが、長台詞が得意な名優だった。

 

 

« 「サ」 事項索引インデックス | トップページ | 敦盛は生きていた? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「サ」 事項索引インデックス | トップページ | 敦盛は生きていた? »

最近のトラックバック

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30