無料ブログはココログ

« 人生の至楽は読書にあり | トップページ | 「エ」 事項索引インデックス »

2020年2月 8日 (土)

崩壊し続ける南極大陸

Antarctica_map2

  南極は16世紀までは想像の大陸であったが、1772~1775年にイギリスのクックがはじめて南極大陸を周航し、1820年にべリングスハウゼンやブランズフィールドが大陸部(グレイアムランド北西岸)を発見した。その後、19世紀から20世紀はじめにかけて、極点に挑む探検が繰り返され、1911年にノルウェーのアムンゼンが南極大陸に到達した。太平洋、インド洋、大西洋に囲まれた南極大陸は、面積が約1205万平方キロで、その98%以上が厚さ1800~2000mの氷でおおわれている。しかし近年、地球温暖化による影響で南極の氷が解けはじめている。南極ウィルキンス棚氷はこの10年間で崩壊し続け、2012年にNASAが南極で30㎞の長さに渡る巨大な亀裂を確認した。そしてその亀裂はついに完全に分離して、氷河から非常に巨大な氷山が分断されたといわれる。南極大陸の面積は正確に数値は確定しにくいが、これまで1310万k㎡といわれていたが、現在は環境白書によると、1205万K㎡となっている。2020年2月6日、エスペランサ観測基地で最高気温18.3度が観測された。 

 

Nasacrack01
 南極の亀裂
 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 人生の至楽は読書にあり | トップページ | 「エ」 事項索引インデックス »

地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人生の至楽は読書にあり | トップページ | 「エ」 事項索引インデックス »

最近のトラックバック

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30