無料ブログはココログ

« グーテンベルク「ワインと印刷」 | トップページ | 富士山と日本人 »

2020年2月23日 (日)

金印が志賀島で発見される

   1784年のこの日、福岡県の志賀島で農民甚兵衛が、福岡藩の郡役所に田から掘り出したという金印を持参、口上書とともに提出した。金印は後漢初期の一寸にあたる約2.3㎝四方、重さ109g、少量の銅を含む21金で、「漢委奴国王」の5文字が刻まれている。これは、西暦57年に「倭奴国」が後漢に朝貢し、皇帝である光武帝から「印綬」を賜わったという後漢書東夷伝の記事と照応する。2月23日

« グーテンベルク「ワインと印刷」 | トップページ | 富士山と日本人 »

日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« グーテンベルク「ワインと印刷」 | トップページ | 富士山と日本人 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30