無料ブログはココログ

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月29日 (土)

ニンニク

5113035909 2月29日は「ニンニクの日」。ニンニクの生産量日本一の青森県田子町(たっこまち)が実施。漢字で「忍辱(ニンニク)」と書くのは、僧が仏教でこれを食することを禁じられていたので隠して忍び食ったところからの称である。古代から自生し、「ニニク」といった。「ニ」は二ホヒ(匂)で、「ニク」はニクム(嫌)の略である。徳川家康は好物としていた。その武将、本多忠政も食べた。関東・九州・愛知・鹿児島ではヒル、関西ではロクトーという。

 

 

2020年2月28日 (金)

千利休死因の諸説

Img_0001

   千利休画像 表千家蔵

 茶人・千利休の1591年の忌日。利休が豊臣秀吉によって処罰され、切腹を命ぜられた原因については、古来からさまざまな異説が唱えられている。ながでも有名なのが、利休の娘が秀吉から側室に所望されたが、これを拒絶したために、秀吉の怒りに触れたとする説である。天正17年2月のこと。豊臣秀吉が京都の東山に鷹狩に出かけ、黒谷のあたりを通りかかると、花見の帰途らしく、30余りの年ごろの女房が、乗り物を供のものに持たせ、幼子を三人と男女のもの10人ばかりを連れて歩いて来るのに出会った。秀吉はその女房の美しさに心をうたれて、「何者の妻女であるか」といって、供の家来に尋ねさせると、「千利休の娘で、万代屋の後家である」と言上した。秀吉は彼女のもとに使者をつかわし、「聚楽第へ奉公に出頭せよ」と命じた。しかし、「幼少の子どもがたくさんいるので、ご容赦くだされたい」と、辞退してきた。そこで秀吉は、京都奉行の前田玄以を、かの女房の父、利休のもとにつかわし、娘を奉公を出すように命じた。すると利休は、「わが娘をご奉公に出したのでは、利休めは何事も娘のおかげでしあわせがよいのだと、人びとに評判される。そんなことでは、これまでの佳名も水泡に帰する」と、覚悟を決め、秀吉の申し出をきっぱりと拒絶した。それでも、秀吉は三度まで執拗に娘を所望してきた。しかし、利休がついに承諾しないので、秀吉は、利休のことを深く憎んだ。が、このようなことで利休を罰したのでは、人のうわさもどうかと、秀吉も考慮し、さすがに思いとどまっていた。しかし秀吉は、もしも利休に何か過ちがあったならば、それを好機に誅伐しようと、心中に考えていた。だから、大徳寺山門の金毛閣に利休が雪見している姿の木像を安置したことを知ると、さっそく、そのことを罰状として、利休を処罰した、というのである。   千利休には、千紹二の妻、石橋良叱の妻、万代屋宗安の妻、三人の娘がいた。この秀吉と利休の娘の事件は、次女であるとも、末女であるともいわれ、はっきりしない。海音寺潮五郎の「天正女合戦」や今東光「お吟さま」では、利休の娘は「お吟」となっている。つぎに、利休がキリシタンであり、改宗しなかったため、秀吉に処罰されたという説がある。また、利休が秀吉の朝鮮出兵に反対したためとする説もある。(2月28日)

 

 

マダガスカルの歴史

  アフリカ大陸の南東、インド洋西部に位置する世界第4位の面積を持つマダガスカル島。この島には、鉄器時代からインドネシアと東アフリカの船乗りたちが住んでいた。インド洋は中世初期にインドネシア人とインド人によって盛んに航海が行われており、現在の住民構成にもその跡を残している。9世紀からはアラブのイスラム教徒がアフリカ東海岸にも移民していた。南東岸では彼らは先住民、特にアンテモロ族と混血していった。北西岸にはいくつかの大きなアラブ植民地があり、アノロツェンガナ、マジュンガその他の港を支配し、その固有の風俗を保持していた。17世紀初めのおもな王国はアンテモロ、アンテサカ、ベツィレオ、ならびにメリナであったが、いずれもまだ小地域を支配するにすぎず、メリナ族はタナナリブ周辺を支配するだけであった。18世紀の末にはアンバリアナムボイニメリナ(在位1787-1810)という英雄が現れ、分裂していたメリナ王国を統一した。しかし19世紀になるとフランスからの攻撃を受け、やがてメリナ王国は衰退の道をたどる。1897年フランスはマダガスカルを占領し、メリナ王国の最後の国王ラナヴァルナ2世は退位した。1946年までフランス植民地であり、58年までフランス連合内の海外領土。それ以後はフランス共同体に属する一国となった。1960年マダガスカル共和国として独立する。

アイアイ

14b8e31590a999760f8d969f720bc479

 

    アフリカ大陸の南東、インド洋西部に位置するマダガスカル島には珍しい動物や植物が数多く見られるが、なんといっても風変わりなのはアイアイである。アイアイという和名は英語の名称(Aye-aye)に因む。丸い目と長い尻尾(40cmぐらい)を持ち樹上性で完全な夜行性、昆虫などを食べる。長い小枝のような中指を持っており、毛を手入れする以外にも、卵黄やココヤシの汁など口の中にかき込むのにその指を使う。葉のよく茂った木の枝をたわめながらかみ合わせて、直径約50cmの球状の巣を造り、その中で昼間眠ったり、子どもを育てたりする。島では「悪魔の使い」という異名がある。

ビスケットの日

B10_8014_36

   水戸藩の蘭医・柴田方庵(1800-1856)はオランダ人からビスケットの製法を学び、安政2年(1855年)2月28日、水戸藩に宛てて製法を手紙に書いて送った、と「方庵日記」に記されている。この故事をもとに、全国ビスケット協会は1981年にこの日を「ビスケットの日」として制定した。 日本人で初めて西洋菓子を食べたのは、織田信長といわれている。ポルトガル人の宣教師ルイス・フロイスが、1569年に金平糖を献上したと「耶蘇会士日本通信」に記録されている。その後、本格的に西洋菓子を作り販売するようになったのは明治になってから。両国若松町にあった米津風月堂は1872年に開業し、有平糖をはじめ、1877年にケーキ、1878年にチョコレート、洋酒入りボンボン、ビスケットを製造販売した。その当時チョコレートは「貯古齢糖」、ビスケットは「乾蒸餅」と書いた。ビスケットは日本陸軍が日清戦争のころから軍隊の携行食として乾麺包(かんめんぼう)、いわゆる「乾パン」として普及した。

2020年2月26日 (水)

著名人の戒名

Bagpgv8ceail7qk   戒名・法名を眺めていると、故人の生き様、思想、人柄、社会的業績を垣間見ることができる。例えば、浅野長矩の戒名は長い。「冷光院殿前少府朝散太夫吹毛玄利大居士」無念の思いは長い戒名にも表れている。

   だが最近は葬式もせず、骨を散骨することを希望する人も増えた。志賀直哉も無宗教で戒名はない。白洲次郎にいたっては「葬式無用、戒名不用」と遺言している。

落語家の立川談志は生前から自ら戒名を考えていた。立川雲黒斎家元勝手居士(たてかわうんこくさいいえもとかってこじ)。ところが納骨のさい「うんこくさい(雲黒斎)では引き取れない」とお寺に断られた。1年以上も自宅に置かれたままだったが、数年してようやく小石川に受け入れてくれるお寺がみつかった。お墓の側面にはあの戒名が刻まれている。

戒名中には、辞典にも見られない漢字も使われることがある。棟方志功の戒名は「華厳院慈航真カイ志功居士」カイは「毎」の下に「水」がある漢字が使われている。

位牌は、宋の時代に儒教・禅宗の中で生前の皇帝に対する皇帝碑として発生し、やがて禅宗の日本への伝播とともに、鎌倉時代から室町時代にかけて上層階級の間で普及した。室町幕府を開いた足利尊氏が、院殿号を最初に用いた人物とされている。江戸時代になって、元禄から享保年間の頃、広く一般化されたものである。(参考:保坂俊司「戒名と日本人」祥伝社)

   有名人の戒名調べるが、坂本竜馬や松尾芭蕉のようにわからない人物もいる。一説によると「芭蕉桃青法子」とあるが信憑性はない。

 

足利尊氏 等持院殿仁山妙義大居士

 

楠木正成 霊光院大圓義龍卍堂

 

武田信玄 法性院機山信玄

 

織田信長 惣見院殿贈大相国一品泰巖尊儀

 

明智光秀 秀岳宗光禅定門

 

豊臣秀吉 国泰裕松院殿霊山俊龍大居士

 

石田三成 江東院正軸因公大禅定門

 

真田幸村 大光院殿月山伝心大居士

 

徳川家康 東照大権現安国院殿徳蓮社崇誉道和大居士

 

宮本武蔵 新免武蔵居士

 

石川五右衛門 融仙院良岳寿感禅定門

 

新井白石 慈清院殿釈浄覚大居士

 

近松門左衛門 阿耨院穆矣日一具足居士

 

本居宣長 高岳院石上道啓居士

 

小林一茶 釈一茶不審退位

 

平賀源内 智見霊雄居士

 

田沼意次 隆興院殿耆山良英大居士

 

国定忠治  長岡院法誉花楽居士

 

清水次郎長 碩量軒雄山義海居士

 

高杉晋作  全義院東行暢夫居士

 

近藤勇   貫天院殿純義誠忠大居士

 

土方歳三  歳進院誠山義豊大居士

 

西郷隆盛 南州寺殿徳隆盛大居士

 

福沢諭吉 大観院独立自尊居士

 

山県有朋 報國院釋高照含雪大居士

 

大隈重信 鳳猷院殿尚憲重信大居士

 

森鷗外   貞献院殿文穆思斎大居士

 

夏目漱石 文献院古道漱石居士

 

国木田独歩 天真院独歩日哲居士

 

板垣退助 邦光院殿賢徳道圓大居士

 

萬鉄五郎  法雅院霊鑑居士

 

芥川龍之介 懿文院龍之介日崇居士

 

岸田劉生 清秀院殿劉誉到岸居士

 

中原中也 南無放光院賢空文心居士

 

与謝野晶子 白桜院鳳翔晶耀大姉

 

山本五十六 大義院殿誠忠長陵大居士

 

東条英機 光寿無量院英機居士

 

吉田茂   叡光院殿徹誉明徳素匯大居士

 

太宰治   文綵院大猷治通居士

 

谷崎潤一郎 安楽寿院功誉文林徳潤居士

 

石坂洋次郎 一乗院殿隆誉洋潤居士 

 

林家三平  志道院釈誠泰

 

美空ひばり 茲唱院美空曰和清大姉

 

石原裕次郎 陽光院天真寛裕大居士

 

森繁久彌  慈願院釋浄海

 

松本清張  清閑院釈文帳

 

司馬遼太郎 遼望院釋浄定

 

手塚治虫  伯藝院殿覚圓蟲聖大居士

 

三島由紀夫 彰武院文鑑公威居士

 

大鵬    大道院殿忍受練成曰鵬大居士

 

淀川長治  長楽院慈眼玉映大居士

 

植木等    宝楽院釋等照 

 

田村高廣  慈照院俊岳廣道居士

 

宮脇俊三  鉄道院周遊俊妙居士

 

平尾昌晃  慈嚴院照音晃道居士

 

西城秀樹  修音院釈秀樹

 

樹木希林  希鏡啓心大姉

 

 

二・ニ六事件

Img_71362_216092_0
反乱軍は赤坂の山王ホテルを占拠し、司令部にしていた

 

    ニ・ニ六事件を起こした将校たちは「陸軍歩兵大尉野中四郎外同志一同」の名をもって「蹶起趣意書」を遺している。そこには「万民の生々化育を阻害して塗炭の痛苦に呻吟せしめ」ている「元老重臣軍閥官僚政党」の「君側の奸臣軍賊を斬除して」「彼の中枢を粉砕する」とある。この実現のため軍隊組織を最大限に動かし、兵器・弾薬を使用して決行したクーデターがニ・ニ六事件(昭和11年)である。

    それは昭和5年ごろから、軍人や国家主義者は、クーデータを計画し、暗殺を決行した。その主な事件は次のものである。

浜口雄幸狙撃事件(昭和5年11月14日)決行

三月事件(昭和6年2月~3月)          未遂

十月事件(昭和6年9月~10月)        未遂

満州事変(昭和6年9月18日)           決行

血盟団事件(昭和7年2月、3月)      決行

五・一五事件(昭和7年5月15日)      決行

神兵隊事件(昭和8年1月~7月)    未遂

相沢事件(永田斬殺事件)(昭和10年8月12日) 決行

  そして昭和11年2月26日の複数の場所への一斉襲撃が、革新運動の最後・最大の事件であった。前夜から降り始めた雪は、東京で実に30年ぶりという大雪となり、その中を、第一師団隷下の歩兵第一、第三連隊の将校、兵を主力とする約1400名の兵士が決起した。岡田啓介首相、斉藤実内大臣、高橋是清蔵相、鈴木貫太郎侍従長、渡辺錠太郎教育総監の公邸、私邸を襲撃。河野大尉の一隊は湯河原の旅館に牧野伸顕前内大臣を襲った。いわゆるニ・ニ六事件である。

   参謀本部は、佐倉、甲府、高崎の連隊、約7000で叛乱軍を包囲し、説得を続けた。28日、天皇の奉勅命令が出されるや、反乱軍は降伏した。反乱軍を指揮した将校たちへの軍法会議は一審制、非公開、弁護士なし、であった。北一輝など民間人を含む19名の死刑、将校下士官は無期禁錮などに処せられる厳罰が下された。荒木貞夫、真崎甚三郎大将を頂点とする皇道派はここに壊滅し、陸軍はこの事件のもたらした脅威を最大限に利用して日本ファシズム体制を完成し、日本の全権力を握って、戦争へと突入していくのである。

2020年2月25日 (火)

死の舞踏

666_michael_wolgemut_the_dance_of_s  中国で発生した新型肺炎は、韓国、日本、イタリアなどに急速に拡大。北米・中東にも飛び火し、死者、感染者が確認された。WHOは24日、世界的な大流行を意味する「パンデミック」に備えるよう各国に呼び掛けた。人類の歴史の中で、なんどとなく疫病・感染症の大流行が記録されているが、およそ100年に1回の周期で起こる伝染病の危機ではないか。1918~19年のスペイン風邪、そして17世紀、19世紀のペストの大流行。とくに 中世ヨーロッパのキリスト教社会ではネコは魔女の手先とされたため、大量のネコが殺された。そのためにネズミが増えて、ペストが大流行。「死の舞踏」とは14世紀に黒死病によって大量の死亡者が出た頃にはじまった教訓劇で、上は法王から下は農民にいたるまで、人間はすべて死んで、審判をうけなければならないという覚悟をうながしたものである。また舞踏をすれば死神にとりつかれないという、迷信によっているのが多い。絵画、文学など主要テーマとなる。ホルバインの版画集(1538年)は特に有名。文学ではストリンドベルイの戯曲「死の舞踏」(1901年)やクローデルの詩などがある。17世紀フランスの劇作家ピエール・コルネイユの言葉「人生は一歩一歩、死に向っている」もそのような西洋の思想が背景にあるのかもしれない。日本人の2018年の平均寿命は女性が87.32歳、男性が81.25歳。しかし驚くことに世界では平均寿命が40歳以下の国もある。原因は主に貧困、医療水準の低さ、政治による紛争の影響、生活環境など様々な要因があげられる。(La Danse Macabre,Pierre Corneille)

菅原道真の怨霊伝説

0902142

   菅原道真は901年太宰府に左遷され、2年後、2月25日、59歳で薨死した。道真の死後、天変地異が多発したことから、無念の死をとげた道真の崇りだと人々が考えた。時平が909年に早世し、923年には醍醐天皇の皇太子が夭折し、930年に醍醐天皇が46歳で崩御した。 事態を重く見た朝廷は、道真の霊を鎮めるため、子孫を京都に呼び戻し、官位を追贈したほか、京都に北野天満宮を創建し、王城鎮護の神として祀るなど、道真への敬意を表わした。この名誉回復の結果、道真一族は、五男淳茂、長男高視の息・文時が文学博士となった。中世となると、菅原氏は紀伝道を家業とし、明治になると子爵を授けられ、一族は繁栄した。配流の地で悲運の死を迎えた道真が、毎日恩賜の御衣を捧持して君恩を忘れなかったという話は、学校教育の場で忠臣の姿として称賛され、広く知られる。

 

 

 

 

ネロは暴君ではなかった(異説世界史)

Nero_mus_munchen    ネロ・クラウディウス・カエサル(37-68、在位54-68)。アヘノバルブス家の出身で、本名ルキウス・ドミチウス・アヘノバルブス。彼の父グナイウス・ドミチウス・アヘノバルブスは40歳ぐらいで死去し、彼の母で、アウグスツスの曾孫の小アグリッピナは、49年に彼女のおじにあたる皇帝クラウディウス1世の皇妃となった。クラウディウスと彼の前妃メッサリアの子ブリタニクスは、ネロよりも三歳しか年少ではなかったが、アグリッピナはクラウディウスを説得して50年2月25日、ネロを養子にさせた。その後、ネロとブリタニクスの姉オクタウィアを結婚させ、さらにまたさまざまな栄誉を与えて、ネロをクラウディウスの後継者に仕立てた。54年クラウディウス1世は急死したが、アグリッピナによって毒殺されたものらしい。アグリッピナはただちに近衛軍の支持を取付けて、ネロをローマ皇帝と宣言させた。ここに初めて、帝権がまだ17歳に満たない一少年に付与されることになったのである。

   ネロは、ストア派哲学者セネカを家庭教師としてギリシア的教養を身につけたローマ人であり、ギリシア旅行をしたり、詩を作ったり、演劇に興じたり、竪琴をひいて音楽に興じることを好んだ。ネロは後世に脚色されて暴君の典型とされるが、実際は賢明で寛大な政治を行なった。後年に、政治に口を挟もうとする母親のアグリッピナを暗殺して以後、現実社会を嫌悪するようになった。64年になると、ネロは過密となったローマに放火させ、焦土と化したローマを理想的な都市として再生しようとした。火事は蜜集したローマの半分を焼き尽くし、ネロは莫大な費用を費やしてローマを再建した。しかし、のちに放火の事実がばれそうになると、ネロの側近はキリスト教徒に放火の罪を押し付け、多くの信者をとらえられて公開火刑に処した。これが、ローマ帝国における最初のキリスト教徒迫害事件である。孤立したネロは、翌年政府転覆事件を口実に師のセネカにも自殺を強要し、強権政治を強めた。しかし、横暴な支配のためにネロは、元老院、近衛兵からも見放され、68年6月9日、ローマから脱出して自殺した。ここに暴君ネロの支配は終わり、ユリウス・クラウディウス朝は断絶した。(参考:宮崎正勝「世界史の海へ」小学館) Nero,Augustus

2020年2月23日 (日)

富士山と日本人

 本日は天皇誕生日であるが「富士山の日」でもある。富士山と天皇とはいかにも日本的である。天皇陛下60歳の還暦の祝と日曜日が重なっているが、新型コロナウイルス流行のため盛大な集会が行われないのは残念である。富士山は古くから日本人のあこがれや信仰の対象として親しまれてた美しい山である。ある照明装置の会社が富士山のライトアップを計画したところ、反対の意見が多数寄せられた。霊峰富士山はすべての日本人がそこに回帰する心のふるさと、信仰の対象なのである。また外国人からみてもフジヤマは日本の象徴なのだ。戦時中、富士山をペンキで赤く染める作戦がたてられていたそうだ。ダウンフォール作戦という。富士山の姿をかえることで、日本人の戦意を失わせようと考えたから。ところが、とんでもないペンキの量と、ペンキを運ぶ飛行機が必要とわかり、作戦は中止となった。

  これまで、数多くの文人・画家・武人から一般の庶民にいたるまで、あらゆる階層の人びとが富士を語り、作品に表現している。だがなぜ日本人は富士山を三峰に描くのだろうか。実際にはほとんど三峰には見えない。藤原成一は「三峰に富士山が描かれた場合は、これは普通の絵ではなく、聖なる絵、聖画といっていい」と言う(NHK「美の壺」276)。鎌倉時代には山頂が三峰に分かれた三峰型富士の描写法が確立された。室町時代に描かれた「富士曼荼羅図」は現存する最初の三峰型富士である。仏の三尊様式にのっとって、薬師如来、阿弥陀如来、大日如来の姿が象徴されている。(参考:天野紀代子・澤登寛聡編「富士山と日本人の心性」)  Operation Downfall、2月23日

 

Sattamihofuji1

 

 

金印が志賀島で発見される

   1784年のこの日、福岡県の志賀島で農民甚兵衛が、福岡藩の郡役所に田から掘り出したという金印を持参、口上書とともに提出した。金印は後漢初期の一寸にあたる約2.3㎝四方、重さ109g、少量の銅を含む21金で、「漢委奴国王」の5文字が刻まれている。これは、西暦57年に「倭奴国」が後漢に朝貢し、皇帝である光武帝から「印綬」を賜わったという後漢書東夷伝の記事と照応する。2月23日

グーテンベルク「ワインと印刷」

Img_0028

 1455年のこの日、グーテンベルクが「グーテンベルク聖書」の印刷を開始した。アメリカの書誌学者ダグラス・C・マクマートリーは「人類の文化史上、重要さの点で活版印刷術の発明に勝る大きな出来事はない」と言い、イギリスの評論家トーマス・カーライルは「近代文明における偉大な3要素は、火薬と印刷と新教徒の宗教である」と言っている。

  長い間いろいろな説があったが、今日では、ドイツの金属職人ヨハネス・グーテンベルク(1399-1468)を印刷術の発明者とするに異議をはさむ者はほとんどいない。グーテンベルクが発明した印刷機は、オリーヴやブドウの搾り機からヒントを得て、木製の平圧式印刷機を作った。金属の活字にインクを付け、紙に押しつける、この技術がブドウ搾り機によく似ている。その実用化は一般に1445年頃とされる。これを企業化させたのは、ヨハン・フスト(1400-1466)とペーター・シェッファ(1430頃-1503)で、彼らはグーテンベルグから未完のまま引き継いだ「グーテンベルグ42行聖書」(1455年刊)を完成させ、「聖詩篇」(1457年刊)、「48行聖書」(1462年刊)、その他数多くの書物を刊行した。(2月23日、Johannes Gutenberg)

 

 

2020年2月22日 (土)

忍者の火器と胴火

Photo    本日は「忍者の日」。忍者の忍、忍術の忍など、忍を重ねた「ニン(2)ニン(2)ニン(2)」と読む語呂合わせから。忍者は今日でいうところの理化学の知識に長け、火薬などを自在にあやつることを得意していた。だが火薬の製法など秘伝で不明なところも多い。火縄の点火を目的とした携帯用容器を「胴火」(どうび)という。画像の胴火はかなり高級品である。もともとは忍者が発火用に麻殻などを小袋に入れて「胴の火」と呼んでいたことに始まる。防寒具としても用いられた。つまりライターとカイロとを兼用していたのである。(2月22日)

猫の日

A0250573_16393

 本日2月22日は「にゃん、にゃん、にゃん」の語呂合わせで「猫の日」。ネコの学名は「フェーリス・シルウェストリス・カトゥス」。終日なにもしないでゴロゴロ過ごそう。身近なペットといえば犬と猫で、犬が987万頭、猫が984万頭のペットがいる。猫より犬のほうが多いが、なぜか猫に関する慣用句の方が多い気がする。「猫に小判」「猫の額」「猫と鰹節」「猫の手も借りたい」「猫の目」「猫も杓子も」「猫を被る」などなど。

   むかしは路地のあちこちで野良犬や野良猫を見かけたが、最近は見かけなくなった。動物捕獲業者が夜中に攫っていくのだろう。とくに猫は三味線の皮にするので高く売れる。動物愛護の観点から問題があるが、野良犬・野良猫が減ることは衛生上からは望ましい。犬・猫の居住率が高まったの世話をする飼い主が増えたこともあるだろう。猫カフェ、猫タクシー、グーグーだって猫である、などなどの映画・漫画も作られ、猫好きの人が増えた。本日BC、CSで「ぬくぬく」(温水洋一)「ねこばん」(伊武雅刀)「先生と迷い猫」(イッセー尾形)「猫が教えてくれたこと」(トルコ)が゜グーグーだって猫である」(小泉今日子)が放送される。他に近年の猫映画に「ネコナデ」「猫なんかよんでもこない」「レンタネコ」「ネコタクシー」「こっぴどい猫」

おでんの日

 本日は「おでんの日」。波乱万丈、貧乏暇なし、平々凡々と、人にはさまざまな人生があるものの、所詮はみんな同じ一生である。  江戸川柳に、「どぶろくとおでんは夜の共稼ぎ」がある。屋台の寒い冬には屋台のおでんが美味しい。ホトトギスの高浜虚子(1874-1959)には、何故かおでんの句が多い。虚子は若いころから酒好きであったが、大正8年に軽い脳溢血で倒れた。そのため大好きな酒はたしなむ程度にしたが、おでん屋でおでんを食べながら少量の酒を楽しんでいたようだ。虚子におでんの句が多いのは、平凡を愛する心が人生観となっているからであろうか。虚子は明治7年2月22日、愛媛県温泉郡町新町で生まれた。

 

  振り向かず返事もせずにおでん食ふ

 

  おでんやを立ち出でしより低唱す

 

  戸の隙におでんの湯気の曲り消え

 

  硝子戸におでんの湯気の消えていく

 

  志 俳諧にあり おでん食ふ

 

  おでんやの娘愚かに美しき

 

 

スエズ運河の国有化宣言

Nasser109b   1958年のこの日、エジプトとシリアが連合協定に調印し、アラブ連合共和国が成立した。 その2年前、エジプトのナセル大統領がスエズ運河の国有化を宣言して、一躍ナセルの名前が世界中に知れ渡った。ナセルのフルネームは、ガマール・アブドゥン・ナーセル。 

「成せばなる。ナセルはアラブの大統領」

    林家三平のおかげでいまでもエジプトといえばナセル大統領の名前が思いうかぶ。現在の大統領は誰か?2013年6月30日にアドリー・マンスールが暫定大統領に指名された。小学校の社会科でマダガスカルの首都はタナナリブと覚えたが、いまではアンタナナリボという。(Nasser,Tananarive,Antananarivo,Madagasikara,Mohammed Mursi,Adly Mansour)

2020年2月21日 (金)

楚漢抗争と漢王朝の成立

鴻門の会 前206年12月、項羽は咸陽に入城したが、既に劉邦が陥れていた。劉邦は項羽100万の大軍に恐れて鴻門に入り謝罪する。項羽の謀将范増はこの機に劉邦を殺そうと図ったが、部下の張良と樊噲によって劉邦は危うく逃れることができた。

十八王の分封 項羽は西楚覇王、劉邦は漢王となる。

垓下の戦いと漢の成立  漢の臣下韓信は、斉の都の臨菑を陥落させた。斉王韓信、漢王劉邦は項羽を垓下(現在の安徽省蚌埠市固鎮県)に包囲する。前202年2月21日、劉邦は項羽を敗死せしめて中国を統一し、諸侯は漢王を挙げて皇帝とした。これがすなわち漢の高祖であり、ここに漢王朝が誕生する。

ネアルコス(「ネ」事項索引)

Nightsweatsconcerns

[  ね  ]

「ネアルコス」アレクサンドロスに仕えたマケドニア王国の将軍。紀元前360年頃ー紀元前300年。▽「寧夏の乱」1592年、寧夏の総兵ボハイが起こした反乱。▽「ジェームズ・ネイスミス」バスケット・ボールの考案者。▽「ネーフェルスの戦い」1388年、スイス自由連邦がハプスブルク家アルブレヒト3世の軍を破る。▽「ネミロビッチ・ダンチェンコ」ソ連の劇作家。▽ネオ・グェルフ主義はイタリアのリソルジメント期に現れた自由主義カトリック運動。▽「ネフェルティティ」エジプト第18王朝の王イクナートンの后。▽「ネスラー試薬」微量のアンモニアを検出するために用いられる試薬。 ▽「ネコ2世ウェヘムイブラー(パロ)」古代エジプトのサイス朝第3代のファラオで前609年、メギドの戦いでユダ王国のヨシヤを破る。▽「ローマ皇帝ネルヴァ」五賢帝のひとり。▽「寧馨児(ねいけいじ)」すぐれた子供、の意味(ねねねね)

 

寝汗
ネアルコス
ネアンデルタール人
寧王の謀反(1519年)
寧夏の乱
寧馨児
ネイスミス
根雨(鳥取県)
ネ・ウィン
ネオグェルフ主義
根尾谷断層(岐阜県)
ネオリアリズモ
ネクタイ
ネクラーソフ
ネグロス島(フィリピン)
ネゲブ砂漠(イスラエル)
ネコ
ネコ2世
猫瀬戸(広島県)
猫に小判
猫又山(富山県)
根来一揆
根来塗
ネストリウス派
ネーズビーの戦い
ネズミ
鼠小僧
鼠鋳鉄
ネスラー試薬
寝違
ネッカー川(ドイツ)
ネッカーの立方体
熱帯
ネップ(レーニンの新経済政策)
ネーデルラント
ネネツ語(ウラル語族)
ネバダ州
ネパール
涅槃西風
ネーピアの定理
ネーフェルスの戦い
ネフェルティティ
ネプテューン
ネブカドネザル2世
ねぶた
ネフローゼ症候群
ネッド砂漠(サウジアラビア)
ネブラスカ州
ネヘミア記
ネマトーダ
ネミ湖(イタリア)
ネミロビッチ・ダンチェンコ
眠れる美女
根室市
根室半島チヤシ跡
ネモフィラ
寝屋川市
練馬区
ネルー
ネルヴァ
ネルソン
ネルチンスク条約
ネロ
年金
年貢
拈華微笑(ねんげみしょう)
年号
年羹尭(ねんこうぎょう)
捻挫
年中行事
粘土板
捻匪
念仏踊
年輪
年齢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンドラチェフの波

Wave1

 

Photo_3  平均周期が50年(40~60年)のコンドラチェフの長期波動に関心が高まっている。景気の長期循環を唱えたニコライ・コンドラチェフ(1892-1938)は旧ソ連の経済学者で、1930年、当局と意見が対立してソ連政府に逮捕され、1938年9月17日、不遇のうちに獄死している。景気循環の統計的研究により、資本主義経済には長期波動が存在する。本日はコンドラチェフの誕生日。(Nikolai Kondratiev、2月21日)

 

 

2020年2月20日 (木)

志賀直哉生誕地 石巻

76d863d6fd9aa96755036739ee5edd59_2
 幼稚園ころの志賀直哉

 

   羽黒山北麓と、蛇行して南流する北上川とに囲まれた平野に立地する石巻村住吉町(現・石巻市)で、明治16年2月20日、志賀直哉(1883-1971)は生まれた。兄の直行は、前年、満2年8ヶ月で早世。父直温は第一銀行石巻支店員としてこの地に在勤中で31歳、母銀は元勢州亀山藩の家臣佐本源吾の4女で21歳であった。2年後には一家は東京麹町内幸町へ移転しているので、幼い志賀直哉には石巻の記憶はないが、志賀は生涯に3度も石巻を訪れている。

    明治政府は石巻と小倉を日本の2大要衝視し、明治4年4月に東山道鎮台本営を設置したが、同年11月仙台に移された。昭和10年代には鰹の水揚げ全国一になっている。平成23年、東日本大震災での石巻の被害は甚大で、死亡者数3014人、行方不明者2770人、避難者数7632人。(平成23年5月20日)。

2020年2月19日 (水)

アルザス・ロレーヌ

フランス中東部、ライン川西岸地域。ドイツに近い地域がアルザスである。呼称は2016年、グラン・テスト地域国となる。アルザス・ロレーヌは鉄鉱石・石炭を産出するため、しばしば仏独間で係争地となったことで知られている。1648年のウェストファリア条約によりアルザスはフランス領となるが、1871年のフランクフルト条約によってドイツ領となる。1918年までドイツ領でドイツ化された。第一次大戦では激戦地になり、ドイツの支配下におかれたが、第二次大戦は仏米連合軍により奪還され、戦後はフランス国土となる。

 

あさま山荘事件とは何だったのか

Imgp466711
 あさま山荘

  日本列島、おそらくほとんどの日本人がその地名も知らない場所が、あるとき急に有名になることがある。成田市の三里塚も空港反対運動が起こるまでは日本人が誰も知らない場所だった。御巣鷹山や雫石も航空機事故が起きるまでは誰も知らない場所だった。吉野ヶ里も遺跡が発見されるまでは誰も知らない場所だった。100年、200年、1000年と歳月が過ぎれば、また元のように誰も知らない場所に戻るのだろうか。軽井沢の浅間山荘は事件から48年が過ぎ、何事もなかったかのように静かに建っている。

  1972年2月16日、群馬県妙義山中で連合赤軍の2人逮捕。17日2幹部(永田洋子、森恒夫)逮捕。2月19日、連合赤軍の坂東国男ら5人があさま山荘の管理人の妻、牟田泰子さんを人質にとり籠城。28日、警察が山荘破壊を含む強行作戦で人質救出、全員逮捕。この年、札幌冬季五輪(2月)とミュンヘン五輪(8月)が開催される。NHK番組「連合赤軍」を見る。植垣康博(スナック経営)、加藤倫教(農業)、吉野雅邦(木工おもちゃ製造)らがインタビューを受け当時の心情を淡々と語る。みな穏やかな日々を過ごしていることに驚きを感じる。歳月は流れたのだ。

 

 

それからの那須与一

Photo_3    1185年のこの日、一ノ谷の戦いで敗れて屋島に逃れた平家を源義経が奇襲した屋島の合戦があった。この戦で船上の扇の的を射落とす功名を得た若武者、那須与一だがその後どうなった。死亡時期は文治五年、建久元年など諸説あるが、わずか22歳で京で病死してしまったといわれる。ただし、関西地方には、那須与一には7人の子があり、近江にそれぞれが寺を建立し、弘誓寺(滋賀県東近江市)も7ヵ寺のひとつとされる。与一は病にかかり顔がかわってしまっため出家し、貞永元年に中風のため摂津国で没した。享年64歳。弘前大学教授夫人殺人事件で無罪となった那須与一は那須家36代当主。(2月19日)

 

 

2020年2月18日 (火)

神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世とシチリア

200pxfrederick_ii_and_eagle   世界史上において二人の有名なフリードリヒ2世がいる。ひとりは18世紀プロシアの:「啓蒙専制君主」フリードリヒ大王(1712-86)である。そしてもうひとりは13世紀神聖ローマ皇帝の「最初の近代君主」フリードリヒ2世(1197-1250)である。ここでは後者の13世紀のフリードリヒのイタリア政策について論ずる。

   地中海の中央に位置するシチリアは、当時ノルマン人が支配しており、ヨーロッパ最高の文化を誇っていたが、ノルマン朝はドイツの神聖ローマ帝国に征服された。神聖ローマ皇帝ハインリヒ6世がシチリア王となったが、1197年ギリシア外征中に死んだ。やがてハインリヒに嫁いだ王女との間に生まれたフリードリヒ2世が戴冠した。幼くして孤児となり、ローマ法王に養われて成人した身でありながら、フリードリヒの一生は法王との対立に終始した。「最初の近代君主」あるいは「13世紀を通じて最大の変わり者」とまでいわれるフリードリヒは、ノルマン文化を血と肉とした当時最高の教養人だった。ナポリに世界最初の大学を開き、アラビア語に訳されていたギリシア哲学やアラブの学者たちの著作をラテン語に翻訳させたのは彼である。彼はまた、キリスト教の道徳律には完全な嫌悪を示し、科学的精神を重んじた。そして、教会組織を難ずる点ではルターよりも300年先んじた男といわれるほどで、教皇庁と対立するのは当然のことだった。法王は彼を破門したが、第6回十字軍として出征した彼は、1229年2月18日、アイユーブ朝アル・カーミルと10年間の休戦協定を結び、話し合いにより一兵も失わずに聖地エルサレム返還を合意する。現代の国際政治学の見地から見れば最良の解決策であり、ノーベル平和賞ものの業績だが、このようなやりかたは十字軍の精神にもとるものとして法王の怒りを増すばかりだった。かくしてヨーロッパは皇帝派と法王派に分かれて争うことになり、フリードリヒは1250年シチリアの富を軍備に変えて、アラブ騎兵を先頭に全軍をあげてローマへ進撃したが、その城門を目前にしたところで急死した。ローマは救われ、フリードリヒの子孫はその後20年足らずのうちに根絶やしにされた。1273年、ハプスブルグ家が皇帝位に就くまで続いた大空位時代とは、この間の皇帝派対法王派の紛争を指す。こうしてシチリアは、法王の息のかかったフランスのブルボン家の「シチリアの晩祷事件」(1282年)の後はスペインのアラゴン家のものとなって、急速にヨーロッパの辺境と化していく。(参考:牟田口義郎「世界歴史の基礎知識1」有斐閣)

 

 

ポメラニア地方の変遷

   バルト海南岸地帯でポーランド、一部ドイツにかけての歴史的地名ポメラニア。ポメラニアはラテン語・英語で、ドイツ語ではポンメルン、ポーランド語ではポモージェという。スビッツ系に属する小犬ポメラニアンはこの地名にちなんでいる。ポモージェ地方は、ポモージェ・グダニスキェとポモージェ・サホドニュの東西二地域に分けられる。ウィスラ川に沿う東部のグダニスキュは、現在のグダニスキュ県の大部分とビドゴシュチ、コシャリン両県の一部、またオドラ(オーデル)川沿いの西部はシチュチン、コシャリン両県および東ドイツ領のロストック地方とノイブランデンブルク地方の東部を含む。大部分が湖沼の多い平野部で、この両地方は5世紀からスラブ人の一種族ポモジェ人(Pomorze)が住む。この地方は合併と分裂の歴史を繰り返し、10世紀には、神聖ローマ帝国、デンマーク、ドイツ騎士団、ポーランド王国、スウェーデンなど周辺諸国との間で争奪されてきた。14世紀初めにドイツ十字軍団の支配を受けてゲルマン化した。18世紀まではいくつかの侯国に分かれたが、1871年のドイツ統一により、ポメラニアはドイツ領となる。19世紀にはゲルマン化がいっそう強まった。第二次大戦のドイツ敗戦により、全域はソ連軍の占領下となる。冷戦時代、東部はポーランド、西部以西は東ドイツに統合されたが、大規模なソ連軍が駐屯していた。1990年代になるとソ連軍はこの地から引き上げた。

嫌煙運動の日

    昭和58年2月18日、東京四谷で市民グループが「嫌煙権確立をめざす人々の会」を結成し、日本でも本格的な嫌煙運動がスタートした。この日にちなんで「嫌煙運動の日」がある。さらにそれより74年も前の明治38年、東京の市電で車内禁煙が実施された日でもある。ふるい映画やドラマをみると刑事がカッコいいスモーカーだった。

ハイライト 昭和は遠くなりにけり

 

File200912302129330

 

 

2020年2月17日 (月)

諸子百家(春秋戦国時代の文化)

    前7~前6世紀の頃に生じた中国社会の激動と変化は、文化・思想の上にも及んできた。この時期には後代の東洋文化の基底となる多くの思想・学問・技術が起こっている。周代の宗法がくずれ、封建制度がすたれ、氏族的秩序に代わって個人の実力主義の世となり、各国の君主は才能ある者を求め、能力によって人材を登用し、自国の富国強兵をめざしたため、諸種の思想が活発に展開した。一般にこの時期の多彩な思想家を総称して諸子百家あるいは九流百家と呼び、儒家、道家、墨家、名家、法家、陰陽家、縦横家、兵家、農家などがそれである。

   儒家は春秋時代の末に孔子が現れ、古典の教養を重視し、その弟子たちに「周易」「書経」「詩経」「春秋」などの経書を通じて夏・殷・周のいわゆる先王の道を学ぶことを奨励した。孔子の思想は、仁を説き、仁の根本は孝悌なりとし、この孝悌に忠という公平の心と、恕という同情とを加えて、隣人郷人を愛し、次第に範囲をひろめて遂に人類全体に仁すなわち博愛を実行することを説く。孝悌は宗法社会の秩序を維持する根本道徳であり、この孝悌を中心とする道徳を以て政治を行うべきことを彼は主張する。孔子の死後、七十子の徒といわれる多くの弟子たちは、孔子の提唱した仁愛と礼楽の理想を受け継ぎ、儒家という思想的集団を形成し、次の戦国時代にかけて曾参の「孝経」、子思の「中庸」、孟軻の「孟子」などが著わされた。また孔子一問の問答が「論語」にまとめられた。

    孔子より少し遅れて現れたのが墨子で、儒家の仁を別愛として排斥し、兼愛交利を説き、またその礼教を煩雑とみて素朴主義を採り、勤労と倹約を尊んで、戦争を憎んだ。墨子の集団は宗教結社に似た同志的感情で結ばれ、戦国時代を通して大きな勢力を持っていた。

    楊朱は前4世紀前半ごろに出て快楽説をとり、墨家の兼愛に対して為我(自愛)説を立てた。彼は道家の系統を引いている。道家は老子および荘子によって代表される。老子は何時ごろの人であるかよく分からないが、荘子は前4世紀、孟子とほぼ同時代の人である。道家思想の出発点は、世の中の混乱は人々が知識と欲望を求め過ぎるところにあるとみて、無為にして自然の道に従えばよいと主張する所にある。そして宇宙の最高原理である道は無であり、人の感覚を越えた存在であるとし、道の体現者である王への服従を説いた。

   名家は独特の論理学が発達し、既成の概念にとらわれずに対象を認識することを主張した恵施や、ものの名と実とは一致すべきだと説いた公孫龍などが現れた。しかし名家は概念そのものを体系化することができず、ついに詭弁論理学に陥ってしまった。白馬非馬論・堅白異同論などが有名である。

    法家は春秋末期より各国で成文法が作られ、また商鞅のように新法の制定によって秦に重く用いられたものもあるが、法治こそ国家支配の根本原理であるとして、法家思想の体系化を行ったのは、前3世紀末に出た韓非である。彼は初め李斯とともに荀子に学び、荀子の礼を尊ぶ思想から出て、法家思想へと進んだ。「韓非子」は彼の著作である。なお李斯は秦の始皇帝の宰相として法家思想を実行した。

    陰陽家は万物の生成と変化や宇宙間の現象をすべて陰陽二気の働きによってを説明しようとした。陰陽説は、後には五行説と結びついて陰陽五行説とも言われ、しだいに迷信化していった。五行説は木火土金水の5要素の循環あるいは相克から宇宙間の現象を説こうとするものである。

   兵家は諸侯の国々において対外関係の解決を軍事に求める以上は、兵法によらなければならないと説くものである。孫武、呉起賀活躍し、「孫子」「呉子」などが著わされた。

    縦横家は軍事によるよりも弁論によって対外関係を有利に展開させようと説くもので蘇秦、張儀のような外交戦略家が現れ、その活躍のさまは「戦国策」に描かれている。このような外交戦略家を諸侯は争って迎えたが、なかでも斉の王族孟嘗君、趙の平原君、魏の信陵君、楚の春申君などは有名である。

    農家は農業改革を推し進める者たちで、その農家の中でも重税を否定し、逆に素朴な農耕社会を理想とする神農家などがあげられる。君主も民も平等に農耕すべきとする平等説を主張した。

   戦国時代の初め、儒家の思想は魯・衛を中心として黄河以北に、墨家は比較的広く、道家は黄河以南に伝わったが、これら学派の集まったのは斉の都臨淄であった。斉の威王・宣王の学術奨励によって稷門の下に集まる諸派の学士70余人によって「稷下の学」と呼ばれる学問が発達した。しかし、斉は諸国の討伐にあい、学士も分散した。やがて秦が統一をすると、各地に分散した各派の学者たちは、宰相呂不韋のもとに集まり、儒家の思想を中心とした各学派の説を折衷した「呂氏春秋」を編纂することになったのである。(参考:大澤陽典「アジアの歴史」法律文化社)

諸葛孔明と日本人

Img_0006

 

    いま映画「レッドクリフ」連作の上映で再び三国志ブームだという。乱世の奸雄曹操、赤壁で防いだ孫権と周瑜、義人劉備と関羽と張飛。三顧の礼で迎えられた軍師諸葛孔明。三国志に登場する英雄で誰が一番に人気があるのか?中国では、時代劇をする場合、登場人物を赤顔(善人)と白顔(悪人)に分ける。白顔の代表は曹操、映画ではチャン・フォンイーが演じていた。関羽は中国では一番人気だ。他に趙雲、呉の周瑜(トニー・レオン)なども人気だ。しかし金城武の美男すぎる孔明像により新たに「三国志」の女性ファンが急増したようだ。日本では昔も今も至誠の忠臣、稀代の軍師として諸葛孔明には絶大な人気がある。そもそも日本の文献で孔明の名が初見されるのは、かの弘法大師、空海(774-835)の「招提寺の達嚫文(だつしんぶん)」という文章においてである。これは唐招提寺に供物を捧げた際の文で、如宝(?-814)という人物を「法城の葛亮(諸葛孔明のことをさす)なり」とたたえている。つまり天皇と如宝との関係を「水魚の交わり」のようだといったのである。以来中世には『太平記』『義経記』などにも登場するが、江戸期の湖南文山の『通俗三国志』のベストセラーの影響が大きいであろう。

   諸葛孔明(181-234)。名は亮。孔明はその字。没後、忠武と名を贈られたので、諸葛武侯ともいう。諸葛孔明は日本人にとっては、おそらく孔子についでよくその名が知られている中国人ではないだろうか。明治期、とくに土井晩翠(1871-1952)の「星落秋風五丈原」(「帝国文学」明治31年11月号、『天地有情』明治32年4月刊行)によって愛唱され、ますますその人気は高まった。

 

  祁山悲秋の風更けて

 

  陣雲暗し五丈原

 

 零露の文は繁くして

 

 草枯れ馬は肥ゆれども

 

 蜀軍の旗光無く

 

 鼓角の音も今しづか

 

 丞相病篤かりき

 

 草盧にありて竜と臥し

 

 四海に出でて竜と飛ぶ

 

 千載の末今も尚

 

 名はかんばしき諸葛亮

 

   土井晩翠は、後年「無題録」(『雨の降る日は天気が悪い』所収)で次のように述べている。

「私は小学校時代から父に八犬伝、水滸伝、三国志に対する趣味を鼓吹された。孔明に対する崇拝はその頃からである。大学卒業後、星落秋風五丈原を書いたのも思えば父の教えからであった」

   明治から昭和戦前期にかけて大家も孔明に関する著作をのこしている。内藤虎次郎「諸葛武侯」(明治30年)、白河次郎「諸葛孔明」(明治42年)、猪狩又蔵「諸葛亮」(大正2年)、宮川尚志「諸葛孔明」(昭和15年)、そして吉川英治「三国志」が昭和15年に刊行されている。東洋史家の市村讃次郎も「諸葛亮伝」(教材講座第3巻1-2)を昭和3年に発表し、『支那史研究』(昭和14年)として刊行された。戦後、植村清二「諸葛孔明」(昭和39年)や狩野直禎らが多数の諸葛孔明関連の論文を著述している。

 

 

高校世界史 あの「人類進化の図」は間違いだった!?

Img_0002

 

   世界史教科書は人類進化の説明で始まる。ここ数年、DNAの解析によって人類の進化過程は大きく変化している。だがむかし学校で学んだ誤解はなかなか消せるものではない。大きな誤解の一つは、アウストラロピテクス(猿人)→ピテカントロプス(原人)→ネアンデルタール人(旧人)→サピエンス(新人)という人間へ向けての進化を示す模式図にある。近年のDNAの研究の結果、わずか10数万年前にアフリカを出た一団が現生人類(ホモ・サピエンス・サピエンス)となって、世界各地に広がり、現代人の祖先となったとする単一起源説が有力である。これに対して、北京原人などが原シナ人と関係するとする多地域起源説を唱える学者も一部にいる。またネアンデルタール人がクロマニョン人と混血したと考える学者もいる。すべての解明は今後の研究を待つしかないが、画像にみられるような猿人、旧人、新人という一直線的な単純な図式はある誤解を生む。伊藤嘉昭の「人間の起原」(紀伊国屋新書、1966年)の「人間へむけてのヒトニザルの進化を示す模式図」(48p)は教科書や副教材に転載され、よく見られた図版の一例である。この図を生徒が見れば、ホモ・エレクトゥスからネアンデルタール人へと進化し、クロマニョン人になったと誤解するだろう。なにか1つの種がほかの種に変わって、そしてまた別の種に変わっていくということはない。偶然に各地で発見された人類化石を発達段階に並べても、絶滅している場合もあるので、相互に関係していないことが多い。かつて20種にもおよぶ人類が誕生と絶滅を繰り返してきた。それは「優れた者が生き残る」という進化の物語とは少し違い、時には強者が絶滅し、弱者が生き残ることもあったと考えられている。また文化的特性にも誤解は多い。北京原人が火を使用したことは歴史学習では常識であったが、現代の欧米の学者たちは北京原人の火の使用までも疑問視している。日本ではネアンデルタール人が花をもって死者を悼み、埋葬したことが広く知れ渡っているが、ネアンデルタール人の前頭葉から考えると、ネアンデルタール人の生死観に懐疑的な見解を示している。ジャワ原人、北京原人、ネアンデルタール人たちは絶滅してしまったのだ。つまり化石人類の文化的特徴を誇張するよりも、むしろ新人との相違を理解させることがより重要ではないだろうか。( keyword;Homo sapiens sapiens )

製紙法の西漸

Kezdo   後漢の宦官蔡倫によって発明された製紙法は、その後改良により実用化され周辺諸国に広がり、東アジア文化圏の礎となった。8世紀唐代になってイスラム世界に伝わった。751年タラス川の戦いで唐が大敗した際、捕虜となってサマルカンドに連行された兵士の中に紙すき職工がいた。アッバース朝ではサマルカンドに製紙工場を設けて紙をつくらせ、やがてバグダッドをはじめとするイスラム世界の各地に製紙工場が設立された。ルートはサマルカンド(751年)→バグダッド(794年)→カイロ(900年)→コルドバ(1144年)→ナポリ(13世紀)→フランス(1320年)→イギリスには1494年に製法が伝わった。(世界史)

参考:「紙の歴史」 桑原隲蔵 芸文2-9、10  1911
「紙幣発達史」 曽我部静雄 印刷庁 1951
「中国製紙技術史」 潘吉星著 佐藤武敏訳 平凡社 1980

煙も見えず雲もなく

Photo_7   伊東祐亨(いとうすけゆき、1843-1914)は天保14年、薩摩藩士伊東祐典、喜多の四男として鹿児島城下上清水馬場に生まれる。長崎海軍伝習所、江川塾で学び、戊辰戦争に従軍。明治海軍の初代連合艦隊司令長官。

   伊東は樺山資紀海軍軍令部長より、黄海の制海権維持のため、清国北洋艦隊の撃滅を命ぜられた。連合艦隊は、明治27年9月17日、丁汝昌提督の率いる北洋水師を視認した。当時、まだ望遠鏡すら未発達のため、敵艦発見はもっぱら水平線上の煤煙の視認に頼っていた。「煙も見えず雲もなく、風も起こらず波たたず、鏡のごとき黄海は、曇り初めたり時の間に」と「勇敢なる水兵」で歌っている。

   午前10時50分、先頭を進む「吉野」のマストに信号旗が上がった。「敵艦隊東方に見ゆ」。両艦隊が会敵し、黄海海戦の戦闘が開始された。「鎮遠」の主砲弾が、旗艦「松島」を直撃し、90余名の死傷者が出た。水兵・三浦虎二郎は、瀕死の重傷を負いながら、副艦長向山少佐に「まだ定遠は沈みませんか」と尋ねた。向山少佐は「定遠は戦闘不能になった。これからは鎮遠をやるのだ」と答えた。これを聞いた三浦水兵はほほえんで「どうか仇を討ってください」の一言を最後に絶命した。この話が軍歌「勇敢なる水兵」(作詞・佐々木信綱、作曲・奥好義)の元となった。

   しかし、実際は「定遠」も「鎮遠」も沈まなかった。5時間後、北洋艦隊は威海衛めざして退却した。日没とともに伊東司令長官は戦闘中止を下令。黄海海戦は、撃沈数で比較すると、連合艦隊の最初の勝利と言える。しかし、朝鮮半島周辺の制海権を握るという戦略目標からすると、問題が残っていた。北洋艦隊の主力艦「定遠」「鎮遠」のほか、巡洋艦4隻、砲艦1隻などが残存し、根拠地である旅順港か威海衛から出撃してくる可能性があった。明治28年2月4日、5日の威海衛夜襲が行なわれた。2月17日には威海衛が占領され、北洋艦隊の撃滅に成功する。

   伊東祐亨は、日清戦争後、海軍軍令部長となり、より近代的な艦隊編成の形成や北清事変への対応など、内外の諸問題に対処した。その後、日露戦争終結後まで軍令部長としてその職にあり、在職期間は明治38年12月に至るまで続いた。これは歴代海軍軍令部長のなかで最長である。

2020年2月16日 (日)

女性天皇

日本は過去、歴代126人天皇の中で、8人10代の女性天皇が在位した。推古、皇極、斉明、持統、元明、元正、孝謙、称徳、明正、後桜町天皇である。ただし斉明天皇は皇極天皇の、称徳天皇は孝謙天皇の重祚。つまり同一人物である。

 

ワシントンと桜の木

Georgewashingtoncherrytree

 

 2月14日放送の日本テレビのクイズ番組「頭脳王」でパーソン・ウィームズを問う設問があった。 ワシントンといえば桜の木の逸話で知られる。ジョージは、叔父さんから斧を借りると、ためし切lりがしたくなった。そして庭にある一本の桜の木が目についた。「よし、あれを切ってみよう」と思いたった。父のオーガスチンが帰ってきて驚いた。「だれだ、あの桜の枝を切ったのは」そしてジョージに訊ねた。「お前だね。桜の枝を切ったのは」「はい、ぼくが切りました」とジョージは正直にいいました。「ジョージ、お前のしたことはたしかに悪い。切った木はもとにもどらないからね。でもねぇ、わたしはお前が正直にわびてくれたので、とてもうれしいよ。よし、許してあげよう」ジョージは「ほんとうに、ぼくが悪かったと思います。これからは気をつけます」と心から反省した。あまりにも有名なこの逸話は、後世の伝記作家パーソン・ウィームズ(メーソン・ロック・ウィームズ)が子ども向けの本「The Life of Washington」(1800年)で書いた創作といわれている。

ファーストレディ

   安倍晋三の首相の夫人、安倍昭恵。これまで日本の歴史では総理夫人の活動はほとんどメディアの注目するところではなかった。安倍昭恵さんの頃から海外の例に倣い「ファーストレディ」と呼ばれることもある。女性が輝く時代となったということなのだろうか。隣国中国の習近平夫人、彭麗媛は元歌手。イギリスのボリス・ジョンソン首相はマリナ・ホイーラー夫人。ロシア大統領プーチン元夫人リュドミラ・プーチナ。2013年に二人は離婚した。のちプーチナは21歳年下の実業家と再婚。プーチンは現在独身。さてご本家アメリカ合衆国では現職のファーストレディ、メラニア・トランプは元モデルで、たえずメディアの注目を浴びている。ヒラリー・クリントン、ジャクリーン・ケネディ・オナシス、エレノア・ルーズベルトも活動的なファーストレディとして知られた。初代ファースト・レディのマーサ・ワシントンや第2代大統領ジョン・アダムズの夫人アビゲイル・アダムズもよく知られている。

 

 

天気図記念日

Weather_map002   1883年のこの日、東京気象台が日本初の天気図を作成。ドイツ人の気象学者エリヴィン・クニッピング(1844-1922)の指導のもと、7色刷りの天気図が作成された。2000年に発行された20世紀デザイン切手シリーズ第12集に、1959年の伊勢湾台風当日の天気図が描かれている(2月16日)

 

 

 

 

 

 

 

Knipping_l
 Erwin Knipping

2020年2月15日 (土)

春一番

Photo   「春一番」とは立春を過ぎて最初に吹く強い南風のことで、気象予報官の創作ではない。最初にだれが言い出したかよくわからないが、口から口に語り伝えられたらしい。平凡社の世界大百科事典によると、民俗学者の宮本常一が長崎県の郷ノ浦を訪れて語を採集し、壱岐で用いられている語として『俳句歳時記』(1959)で紹介したとある。これをきっかけに、「春一番」は新聞などで使われるようになった。朝日新聞1962年2月15日の朝刊で「春の突風」という記事で「春一番」という語が使われたことから、2月15日を「春一番名付けの日」とされている。「春一番」、英語では、the firtst spring gale、映画「七年目の浮気」でマリリン・モンローのドレスがまくれ上がるのは、「春一番」ではなくて、地下鉄の通気口から吹き上げる風だが、巨大モニュメントでは自然の風のように見える。

漢字3000年の歴史と漢字制限

    漢字はもともと中国でうまれたもので長い歴史のため現在伝えられる漢字は、5万字以上(「康熙字典」)あるいは8万5000字(「中華字海」1994)あるといわれるが、実際に日常生活で使われるのは7000字前後(JIS第2水準)だろうか。戸籍で用いられる漢字は、IPAによると、5万8861文字ある。

    NHK「美の壺 漢字」台湾国立故宮博物院所蔵の顔真卿が安史の乱で非業の死をとげた甥を悼んで撰した祭文の草稿「祭姪文稿」が東京国立博物館で公開されている。ほかに王義之、欧陽詢、懐素、空海らの作品が一堂に会する。番組では漢字の歴史をコンパクトにまとめている。現代中国では簡体字のほかに、繁体字復権の兆しがあるのも興味深い。

    わが国の所謂「国語国字問題」での大きな節目となるのは幕末維新、文明開化の明治初期、昭和20年の敗戦時、そして現在であろう。前島密は郵便制度を日本に創った人物として知られているが、将軍徳川慶喜に「漢字御廃止の儀」を上申している。ついで明治になって、南部義籌(よしかず)や西周らは漢字を廃止しローマ字採用を唱えた。敗戦後、GHQは日本人の識字率が高かったので、ローマ字国字論は消えた。志賀直哉のように日本語そのものをなくしてフランス語にという極論も許されるほど価値観は混乱していた。文部省は昭和21年2月16日、戦前の常用漢字、標準漢字を修正して、当用漢字1850字を定めた。このとき当用漢字以外に人名用として特別に漢字92字が定められた。(その後も人名漢字285字と増加し、現在983字)。当用漢字は昭和54年に見直され、常用漢字1945字となった。つまり常用漢字と人名漢字と合わせた2928字が赤ちゃんの名前に使える漢字なのである。本年6月には改定常用漢字2136字、と増加する。

   漢字には長い年月にわたる東洋文化の英知が込められている。国民教育の普及に障害となるので明治以来、漢字制限と漢字普及で揺れているが、現代のような高学歴社会では逆に難読漢字を駆使しようとする漢字検定ブームも見られる。これから漢字の運命はどうなるのだろうか。漢字制限への批判を考慮してか、「改定常用漢字答申案」には「漢字表内の漢字だけで文章を書かねばならないという制限的なものではなく、振り仮名などを用いれば表外の漢字も使える」としている。

 

 

食中毒で死んだお釈迦さま

0718b646

 

  イエス・キリストは十字架磔刑の壮絶な死であったが、釈迦はどのようにして亡くなったのだろうか。前483年(前383年説もある)、80歳の老齢となって首都ラージャグリハを出て、自分の生まれ故郷のほうに向かって最後の旅に出た。途中、鍛治工チュンダの供養したキノコの料理を食べて激しい下痢をおこした。まもなく、クシーナガラ(現ビハール州カシア)の沙羅双樹の下で安らかに没したといわれる。涅槃絵は3月15日に行われる。(2月15日)

2020年2月14日 (金)

叙任権闘争とカノッサの屈辱

Img_1537168_27540274_0
   1076年のこの日、教皇グレゴリウス7世は神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世を破門した。国王は、王妃、王子と数名の従者を伴い、1076年の暮れ、教皇に謝罪するため、ひそかにブルグンド王国にむかって旅立った。それは異常な寒波がおそった冬だった。国王の一行はブルグンド王国の首都ブザンソンで、護衛の一隊をととのえて、アルプスを越え、おりからグレゴリウスの滞在するカノッサ城外に到着した。ところが、グレゴリウスはなかなかハインリヒに会おうとしなかった。しかしトスカナ女伯マティルダの仲介により、ハインリヒは、三重の城門の第二門のなかに入ることを許された。1077年1月25日から27日までの3日間、かれはただひとり、無帽、はだしで、わずかに粗毛の修道衣をまとったまま、雪の上に立ちつづけ、やっと城門をといてもらうことができた。これが「カノッサの屈辱」とよばれる事件である。ところがカノッサ事件は、これで終わらなかった。

    その後、諸侯を武力で制圧したハインリヒ4世が教皇に軍を差し向け、1084年、ローマを包囲した。グレゴリウス7世は、なんとか追っ手を逃れて脱出したが、翌年、二度とローマに戻ることなく亡くなった。その後も、皇帝と教皇の争は、1122年にウォルムス協約が成立するまで、30年以後も続くものの、ハインリヒとグレゴリウスの闘争は、ハインリヒが勝利をおさめたのである。だが東京大学教授・堀米庸三は次のようにみている。「カノッサ事件は、しばしばいわれるようにハインリヒのグレゴリウスに対する外交的勝利であったのだろうか。短期的な見通しに立てばそういえないこともない。だが、いってみればこれは楯の一面にすぎない。カノッサがたとえ一つの演戯にすぎなかったにせよ、そのような方便に訴えざるをえなかったところにハインリヒの精神的敗北がある。これはハインリッヒが結局、法王をドイツ国内の問題に関し裁定者として認めたことを意味し、1075年12月8日の法王側の要求に屈服したとみるほかないのである」と。(「岩波講座世界歴史10」1970) 歴史事件を皮相的にみるのでなく、多元的、複眼的にみることが必要だ。あなはカノッサ事件をどうみるでしょうか。(2月14日)

 

 

 

 

バレンタインデーの起源

St_valentine_being_martyred
 皇帝クラウディウス・ゴチクスの命令で首を刎ねられる聖バレンタイン

 

    2月14日はバレンタインデー。好きな人にチョコレートを贈ったり、自分へのご褒美にしたりする恒例行事だが、起源はキリスト教の宗教儀式であることはあまり知られていない。バレンタインデーの起源は古代ローマ時代にさかのぼる。ローマ帝国では、2月13日から15日まで豊穣と結婚の祭りルペルカリアが盛大に行われ、とくに2月14日はユノ(JUNO)の祭日である。むかしローマ皇帝クラウディウスが帝位についてほどなく、ゴート族を撃退し、「ゴティクス」という添名がついた。皇帝はより軍隊を強くするため、兵士たちが愛する妻がいると勇敢に戦えないとして、結婚を禁じた。ところが、司教のウァレンティヌス(バレンタイン)は秘密に兵士を結婚させたため、捕らえられ処刑された。あえてユナの祭日を処刑の日に選んで2月14日としたという。西暦269年のことである。311年、コンスタンチヌス大帝のキリスト教寛容令が出されてから、殉教者の聖バレンタインの人気がでた。いつしか聖バレンタインの命日が「恋人の日」といわれるようになり、愛する人に贈物をする風習が始まった。日本では1958年頃より流行し、一般的には女性から男性にチョコレートを贈る習慣になっている。でも海外を見ると事情は少し異なっているようだ。まず欧米では男女関係なく恋人や親しい人にハラ、ケーキ、カードといってものをプレゼントします。ホワイトデーのようなお返しの習慣はありません。ベトナムでは男性から女性へ花束をプレゼントする。インド・サウジアラビアでは宗教上の理由でバレンタインを祝うことは禁止されていますが、一部ではプレゼントのやり取りがあります。韓国ではバレンタインの習慣は日本から入ってきたようで、日本と同じ女性から男性へチョコレートを渡す日となっています。ホワイトデーの習慣もあります。面白いのは4月14日に「ブラックデー」というのがあります。これはバレンタインデー、ホワイトデーともに縁のなかった「ぼっち」が集まって慰め合う日です。黒い服を着て黒いものを飲食するという変わったイベントです。中国ではバレンタインデーは「情人節」と言われて、男性から女性にプレゼントを渡します。贈るのはバラが一般的で、バラの本数で思いをあらわします。

 

 

2020年2月13日 (木)

異なる意味の英単語

Kyam_47_2  「ドロップ(drop)」と聞けば、日本では英語を知らない人でも「サクマのドロップ」を連想する。英語では「落ちる」が原義。名詞は「しずく」。飴玉がしずくの形をしていることから。▽「ドライブ(drive)」という語はクルマの運転をイメージするが、「やる気」という意味もある。▽「クレーン」と聞けば起重機を思いうかべる。ところが英単語のcraneは、もともと長い首が特徴的なツルから来ている。▽「マフラー」は襟巻き。でもアメリカでは古語で、ふつうは自動車の消音装置のこと。▽「アーチン(urchin)」は「ウニ」と「いたずらっ子」という意味がある。古語で「浮浪児」のことで、「ウニ」のときは「sea urchin」という。▽「ラスト」には「最後の」と「この前の」の意味がある。ワㇺの「ラストクリスマス」は「去年のクリスマス」のほうの意味です。異なる2つの意味がある英単語を集める。

 

age     年齢、時代
bank   銀行、堤
bat     こうもり、野球のバット
blue    青い、憂鬱な
broom  ほうき、エニシダ
case   箱、場合
crane   鶴、起重機
cross   横切る、十字架
die      死ぬ、サイコロ
figure  人の姿、数字、フィギュア(舞踊)
field    野原、分野
grave   墓、重大な
kind     親切な、種類
marble  大理石、おはじき
match   マッチ、試合
mean   意味する(動詞) 卑しい(形容詞) 平均的な(形容詞)
muffler  消音装置、襟巻き
nail       つめ、釘
own     自分自身の、ひとりで
pink      桃色の、なでしこ
plane   飛行機、平面
rape    強姦、菜の花
saw     のこぎり、ことわざ
school  学校、魚などの群れ
star      星、人気者
staff     職員、つえ
staple   主要産物、ホッチキスの針、繊維
story     物語、建物の階
strip     脱ぐ、薄い金属板
swallow  飲み込む、つばめ
tear       涙、引き裂く
toast      トースト、乾杯
top         頂上、独楽
trip        旅、トースト
trunk      旅行用かばん、象の鼻
urchin     ウニ、いたずらっ子
vessel     容器、船
well        上手に、井戸
wire        針金、電報

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苗字制定記念日

Habe  江戸時代、苗字を使っていたのは貴族と武士だけだったが、明治3年9月19日、「平民苗字許可令」により平民も苗字を持つことが許された。しかし、苗字を附けたら税金を課せられるという噂が広まり、なかなか苗字を名乗ろうとする者は少なく、苗字制度はなかなか確立しなかった。そこで明治8年2月13日「平民苗字必称義務令」を出し、国民が姓を名乗ることが義務づけられた。推進者は大久保利通である。いきなり苗字を考え出して名乗るわけだから、おもしろい苗字も数多くできた。富山県射水市の新湊にはめずらしい苗字が多く残っている。「釣」「網」「魚」「波」「海老」「米」「菓子」「酢」「飴」「風呂」「桶」「地蔵」「牛」「菊」などがある。

    「名字由来net」が便利だ。たとえば「剛力」と入力し検索すると、読み「ごうりき」、全国順位42871位、全国人数およそ60人。静岡県発祥の高力氏と関連する説もあると解説。難読稀姓調べによい。「中二病でも恋したい」のヒロイン小鳥遊六花。「小鳥遊」は難読稀姓の典型例だが、「たかなし」と読む。信濃国の高梨盛光が、長男に高梨、次男に鳥梨、三男に小鳥遊、四男に仁科の姓を与えたことからと解説する。小鳥が遊ぶ→天敵(鷹)がいない→たかなし。映画監督の神代辰巳の「くましろ」は珍しい。「四月一日」は「わたぬき」と読む。四月一日に綿入れの着物から綿を抜くから。

 

 

2020年2月12日 (水)

ふるさとの偉人

Photo  映画「翔んで埼玉」のワン・シーン。埼玉県が「反町隆史」「竹野内豊」を上げたのに対抗して、千葉県側は「小島よしお」と「小倉優子」を上げた瞬間に、「弱いっっ!!!」と反省。そして「市原悦子」を上げる。「 郷土ゆかりの著名人」を現在の都道府県別で調べると愛知県や山口県のように、列挙するに事欠かない県もあれば、島根県、徳島県のように3人探すのに苦労するところもある。ケペルが選んだ「ふるさとの偉人ベスト3」(なるべく歴史上の人物から)を紹介する。

 

北海道 シャクシャイン 安倍公房 大鵬幸喜

 

青森県 津軽為信 陸羯南 太宰治

 

秋田県 安東実季 大井満安 佐竹義宣

 

山形県 上杉鷹山 本間宗久 最上徳内

 

岩手県 石川啄木 宮沢賢治 高野長英

 

宮城県 伊達政宗 工藤平助 吉野作造

 

福島県 山本覚馬 山川健治郎 野口英世

 

茨城県 平将門 佐竹義宣 徳川斉昭

 

栃木県 足利尊氏 田沼意次 田中正造

 

群馬県 関孝和 内村鑑三 萩原朔太郎

 

埼玉県 渋沢栄一 熊谷次郎直実 太田道灌

 

千葉県 日蓮 佐倉惣五郎 長嶋茂雄

 

東京都 勝海舟 夏目漱石 浅沼稲次郎

 

神奈川県 源頼朝 北条早雲 二宮尊徳

 

静岡県 今川義元 杉山彦三郎 清水次郎長

 

愛知県 織田信長 豊臣秀吉 徳川家康

 

岐阜県 土岐頼遠 斎藤道三 明智光秀

 

山梨県 武田信玄 早川徳次 小林一三

 

長野県 佐久間象山 天下の糸平(田中平八) 木下尚江

 

新潟県 上杉謙信 直江兼続 田中角栄

 

富山県 佐々成政 安田善次郎 松村謙三

 

石川県 前田利常 野口遵 西田幾多郎

 

福井県 橋本左内 由利公正 岡田啓介

 

滋賀県 井伊直弼 石田三成 伊藤忠兵衛

 

三重県 九鬼嘉隆 松尾芭蕉 荒木又右エ門

 

京都府 紫式部 平清盛 本阿弥光悦

 

大阪府 大塩平八郎 与謝蕪村 井原西鶴

 

奈良県 蘇我馬子 柳生宗厳 津村重舎

 

和歌山県 徳川吉宗  南方熊楠 華岡青洲

 

兵庫県 黒田官兵衛 赤松円心 大石良雄

 

島根県 西周 森鷗外 山中鹿之助

 

鳥取県 名和長年 後藤又兵衛 水木しげる

 

岡山県 吉備真備 雪舟等揚 犬養毅

 

広島県 毛利元就 頼山陽 土生玄碩

 

山口県 吉田松陰 高杉晋作 伊藤博文

 

高知県 長曾我部元親 坂本龍馬 岩崎弥太郎

 

徳島県 細川頼之 賀川豊彦 鳥居龍蔵

 

香川県 空海 平賀源内 菊池寛

 

愛媛県 河野通有 村上義弘 秋山真之

 

福岡県 鳥居宗室 立花宗茂 栗山大膳

 

佐賀県 竜造寺隆信 大隈重信 鍋島直正

 

大分県 大友宗麟 島田虎之助 福沢諭吉 三角寛

 

長崎県 大村純忠 末次平蔵 長岡半太郎

 

熊本県 天草四郎 横井小楠 宮崎滔天

 

宮崎県 小村寿太郎 伊東義祐 高木兼寛

 

鹿児島県 西郷隆盛 大久保利通 東郷平八郎

 

沖縄県 尚巴志 野国総管 遠弥計赤蜂(おやけあかはち)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「司馬遼太郎」筆名余話

Shibaryotaro  本日は菜の花忌。小説家・司馬遼太郎の1996年の忌日。筆名の由来は、「司馬遷に遼(はるか)に及ばざる日本の者(故に太郎)から来ている」とある。この説明は事実であるものの、寺内大吉の証言(上田正昭との対談)によれば、司馬(当時は福田定一)は深い意味で考えてつけたのではなく、「ペンネームはとっさにつけたらしいです」と語っている。「講談倶楽部」という雑誌の懸賞応募作品「ペルシャの幻術師」で初めて、司馬遼太郎のペンネームを使ったが、寺内の記憶によれば、司馬は自分がどんなペンネームを使ったかまるっきり覚えていなかったという。懸賞に応募する時にたまたまつけたので、「さあ、なんて名前だったかな」と言っていた。それを聞いた上田は「いや~僕はもっと深い意味があるのかなと思っていましたが」と答えた。寺内は「深い意味でつけたやつはダメなんですよ。気軽につけたやつが案外良いのです。変に姓名学みたいに凝った奴がダメなんでね」と語った。出典は、「姫路文学館紀要9」2003年3月所収の「青春の司馬遼太郎」より。

催眠術ブーム(昭和50年)

   催眠術ブームに便乗、「異常性格や神経症的体質、苦悩を解消」とビラで宣伝し、若い女性などの患者を集めて3年間に1400人から1億円近くの治療費を騙しとった催眠カウンセラー北野正治が1975年のこの日、逮捕された。北野はインチキ療法を行い、性交、わいせつ行為を繰り返していた。さらに驚くべきことに40年後も北野は2015年スーパーテクニック催眠と称してウェブサイト上で何でも治せると誇大広告していた。特定商取引法違反で逮捕されている。(2月12日)

ブラジャーの日

Mary_phelps_jacobs  ブラジャーは1889年にフランスのエルミニー・カドルが発明し、1913年2月12日、アメリカのメアリー・フェルプス・ジェイコブ(1891-1970)によって発明、特許をとったとされる。これを記念して「ブラジャーの日」が制定されている。

   日本には大正末期に登場し、大正15年に「乳房バンド」の広告が掲載された。昭和4年には「乳房バンド」のほかに「乳バンド」「乳房ホールダー」「胸美帯」「乳おさえ」などの名で広告や通信販売欄に掲載されているから、日本でも製造が始まったと見られる。このほか、松岡錠一もこのころブラジャーを生産した(「日本洋装下着の歴史」)。これらは薬局、小間物店、デパートで売られていた。日本でブラジャーという用語が登場するのは1930年代である。しかし一般に普及するには至らず、広く使用されるのは1950年代以降である。日活映画「憎いあンちくしょう」(1962)で浅丘ルリ子の下着姿が話題となった。

 

20120609161329

 

(横田尚美「1920年代の日本女性洋装下着」『ドレスタディ』vol33)Mary Phelps Jacobs,Hermine Cadille,brassiere

 

Img_0002_2
(左上)1920年代のスリップ(右上)1920年代のブラジャー(右中)1920年代のパンティ、下の2点は1920年代のコルセット

 

Img_0003_2
 主婦の友 昭和4年7月号の乳バンドの広告

 

 

2020年2月11日 (火)

建国記念の日

Img_525475_28026371_0   本日は「建国記念の日」。1874年以来、紀元節として奉祝されてきたが、1948年に姿を消す。その後、1967年に「建国記念の日」として復活。いまだこの日は全国各地で、紀元節奉祝行事と建国記念の日に反対する集会に分裂している。「日本書紀」にみえる辛酉年春正月庚辰朔に由来する西暦紀元前660年といえば、お釈迦さまも孔子もまだ登場していない時代から皇室が「万世一系」であるとは考えにくい。神日本磐余彦尊が日向の高千穂から東へ向かい、大和の豪族長髄彦を破り、橿原の地で即位した。戦前、津田左右吉は神武天皇以前の神代史の記述は帝紀を基礎とした、8世紀初頭の天皇制を正当化するための創作であると実証したが、有罪判決を受けた。もちろん他の学者も神話であることは理解しながらも、皇国史観批判に繋がるため、タブーとされてきた。戦後、津田は左翼からも支持されるに至るが、津田自身は雑誌「世界」に論文「建国の事情と万世一系の思想」を発表し、天皇制維持論を展開し、左翼勢力を落胆させる。津田は記紀の創作性は実証したが、日本神話そのものを否定したわけではない。どこの国にも建国説話はある。「出雲の国譲り」「天照大神の岩戸開き」「瓊瓊杵尊の天孫降臨」「海幸彦・山幸彦」など日本神話は日本人の心のよりどころである。世界各国の建国記念日をみると、アメリカは7月4日。1776年に独立宣言が公布された。中国は10月1日。1949年の国慶節。フランスは7月14日。イギリスは建国記念日にあたる祝日がない。(2月11日)

 

 

歌あればこそ世は楽し

   人気アイドル、ポップス、洋楽、クラシックから懐かしい歌謡曲まで多彩なジャンルの曲をなんでも聴く。家入レオの新曲「ずっとふたりで」。福士蒼汰主演のドラマ「愛したって、秘密はある」の主題歌。家入&福士のコンビは多いように感じたら今回で四度目。「太陽の女神」(海の上の診療所)、君がくれた夏、僕たちの未来(お迎えデス)

 

Family Song 星野源 過保護のカホコ

 

forevermore  宇多田ヒカル ごめん、愛してる

 

大丈夫です ソリョン(オレンジ・マーマレード)

 

しるし Mr.Children(14才の母)

 

My Buddy 超特急(警視庁いきもの係)

 

TT  TWICE

 

明日晴れるかな 桑田圭祐(プロポーズ大作戦)

 

もう一度 竹内まりあ(定年女子)

 

あすの花嫁 吉永小百合

 

枯葉(日本語) ナット・キング・コール  1965年

 

煙が目にしみる エンディー堀  1962年

雑学教室 第45集

Trivia_2  知っていても何の役に立たないムダな知識はある。でも無用の用を楽しむ心の余裕をもちたいものだ。関西人がよく言う「しょうもない」ことこそ雑学の王道である。雑学ネタの特徴としては、①雑学、つまり学問体系には分類されにくい事柄②百科事典、ウィキペディアの事項解説でもふれられない事柄③諸説あって、根拠が不確かであいまいな事柄、などなど。よく知られる雑学としては「タンポポの語源」が挙げられる。民俗学者柳田国男はタンポポの頭花を鼓にみなし、その音を擬した幼児語とした。

Photo   アルファベットはもともと角の生えた牛をかたどったもの。▽ベートーベンの交響曲第5番を「運命」と呼ぶのは日本だけで、外国ではほとんど通用しない。▽北半球の台風の渦は左巻き。▽古代ギリシアでは顎ヒゲを伸ばしていたが、アレクサンダー大王が「戦争中にヒゲをつかまれると不利になる」との理由で「ヒゲを切る令」が発布された。▽ジョージ・ワシントンはニューヨーク市立図書館から借りた本を221年間も延滞していた。▽日本に最初にメガネを伝えたのはフランシスコ・ザビエルである。▽ロカビリーの山下敬二郎は柳家金語楼の息子。▽王貞治・長嶋茂雄両選手をコンビにして「ON砲」と呼んだのは阪神びいきのデイリースポーツが最初である。▽昔の切手には、でんぷんを分解したデキストリンを用いて、裏のりにしていた。しかし、湿気があると切手同士がくっついてしまう。そこで日本が無害なPVAのりを最初に開発した。いまでは世界中の切手に用いられている。▽タラバガニはカニではなく、ヤドカリの仲間。▽米国東部の上流階級の女性が裾の長いドレスを着用したとき、滑るように歩く作法を「ブリンマー・ウォーク」という。▽豆腐屋が吹くラッパは宮本喇叭製作所で作られていたので「宮本ラッパ」という。▽インドのバターの生産量・消費量は世界一。▽原子力発電運転協会(INPO)はインポテンツと誤解されることが多い。▽土星の輪は岩石と氷の粒からできている。▽カーナビーツの高野アイは「♪おでんのチビ太」と唄っていた。▽兵庫県川西市の郵便番号は「666」。▽口角がギュッとあがった可愛い口元。いわゆる「アヒル口」の元祖は歌手の石川ひとみ▽目薬の製薬会社「ロート製薬」。目薬の形が漢語「漏斗(ろうと)」、つまり「じょうご」に似ているところからつけられたと誤解されるが、実はアウグスト・フォン・ロートムントに因む。020952 ▽本の栞紐(しおりひも)のことを「スピン」という。明治の和製英語で、言葉の来歴は謎だ。本の背のことを英語でspineというので、これに由来するのかもしれない。▽NHKのど自慢。合格の鐘は11音を叩く。▽ベルギーの小便小僧はむかしある少年がスペイン兵にオシッコをかけたという逸話をもとに作られた。 ▽フィリピンのジャズ歌手マリーンはデビュー時、「マリリン」という芸名だった。▽浜崎あゆみはデビュー時、「浜崎くるみ」という芸名だった。▽俳優の筒井道隆は小説家の筒井康隆とは無関係である。▽サザエさん像は課税対象だけど、葛飾区の亀有の両さんは自治体所有のため非課税。公共性と営利性がネックだ。▽TBS世界ウルルン滞在記の「ウルルン」とは、出会、泊ま、見、体験(たいけ)の略。▽アボカドをアボガドと濁音で発音するが、アボカドが正しい。▽ギプスをギブスと発音するが、正しくはギプスである。▽昼の12時を「午の刻の中心」という意味で「正午」という。これに対して真夜中の12時を「子の刻の中心」という意味で「正子」(しょうし)という。▽羊肉は生後およそ1年未満の子羊の肉をラム、生後2年以上から7年くらいまでの成長した肉をマトンという。▽ロシア語やモンゴル語で中国のことをキタイと呼ぶのは、10世紀に中国に「遼」を建国した遊牧民「契丹」に由来する。▽日本最初の校歌は明治8年にお茶の水女子大学が開校した際のもの。以降、早稲田大学校歌「都の西北」や京大寮歌「紅もゆる」などが有名。ちなみに東大には校歌とか学歌といわれる歌がない。▽歴史上の人物が愛した馬の名前。アレクサンドロス大王のブケファラス、ローマ皇帝カリグラのインキタトゥス、ナポレオンのマレンゴ、ビジール。三国志の劉備には的盧(てきろ)、関羽には赤兎馬(せきとば)、張飛には玉追(ぎょくつい)がいる。▽時代遅れの人やもののことを、日本では「シーラカンス」が一般的に使われるが、英語圏では「Dodo」です。ドードーはモーリシャス島に生息していたが、飛ぶことも速く歩くこともできないため乱獲されて絶滅した鳥。(Brynmawr walk,雑学ブログ)

シピオーネ・リヴァロッチ

 カフを組み合わせた水銀血圧計はイタリアの医師シピオーネ・リヴァロッチ(1863-1937)によって1896年に発明された。Scipione Riva- Rocci

2020年2月10日 (月)

日露戦争開戦

Img_1464000_56323562_3

 

    1895年、下関条約に対する三国干渉で日本に遼東半島を還付させたロシアは、代償として旅順・大連を租借し、東清鉄道を敷設して、着々と満州へ進出していたが、1900年に義和団の乱が起こると、いよいよ兵力を増強した。日本は、ロシアの南下に同じ脅威を抱く英国と日英同盟を結ぶとともに、内に軍備の増強に努めた。1904年2月10日、日本はロシアに対して宣戦布告した。実際はその2日前、連合艦隊が仁川港に入港し、夜襲によりロシア軍艦2隻を撃沈し、火蓋は切られている。日露戦争は翌年に終結し、ポーツマス条約で、南満州の諸権益を譲渡させたほか樺太南半を割譲させた。戦後は欧州の国際政局の変動もあり、両国は1907年に日露協約を結んで接近し、鮮満蒙の勢力範囲を協定した。大正時代には第一次世界大戦中に日本は大陸で帝国主義政策をすすめ、ロシア革命に際してはシベリア出兵を敢行したが、1925年の日ソ国交回復とともに撤兵した。昭和時代に入ると、日本の政策は軍国主義に傾き、1931年には満州事変を起こして、1933年に国際連盟を脱退したのち、翌年から日華事変を戦って米英との対立を深めると、1941年には日ソ中立条約を結んで南進策に転じた。その結果、太平洋戦争が起こったが、ソ連は米英と1945年にヤルタ協定を結んで突如参戦し、樺太・千島を占領した。戦後のサンフランシスコ講和条約にソ連は調印せず、1956年に日ソ協同宣言が採択されて国交は回復されたが、ロシアとなった現在も南千島を固有の領土と主張する日本との間に北方領土問題がまだ懸案として残っている。

沿海州

 シベリア、極東ロシアの東南端に位置する日本海沿岸にある地方。面積165,900㎢でおよそ北海道の2倍の広さがある。主都はウラジオストック。日本では慣用的にこの地域を「沿海州」と呼んでいるが、ロシア語では「プリモーリエ地方」Primorskii kralと呼ばれる。

 

日日是好日

  森下典子のエッセイ「日々是好日 お茶が教えてくれた15のしあわせ」の映画化。典子はお茶を習い始めて二十五年。就職につまづき、いつも不安で自分の居場所を探し続けた日々、失恋、父の死という悲しみのんなで、気づけば、そばに「お茶」があった。題名となった禅語の「日日是好日」にちにちこれこうじつの意味は、毎日いい日が続いてけっこうなことだ、などといった浅い意味ではない。日日是好日とは、日々の苦しみ、喜び、楽しみなどというこだわり、とらわれをきっぱり捨て切って、その日一日をただありのままに生きる、清々しい境地のことである。

人生の伴侶と長寿との関係

D28ed25e83358b2c4ac52279f4dd83c9157

 

 

 昨夜のドラマ「最高の離婚SP 2014」は面白かった。名言集「結婚とは長い拷問です」「男はプラモデルが好きで女はお人形が好きなんだよね。女は完成品を求めて男は未完成を求める」「離婚の原因が何かわかりますか?結婚です。結婚するから離婚するんです。朝目が覚めるとつらいなあと思って、夜寝るときつらいなぁって思います」

    だが健康で長生きできるかどうかは血圧、血糖値、筋力、喫煙などの要因のほか、学歴や伴侶の有無が関係しているというアメリカの調査結果がある。つまり「伴侶なし」は長寿をのぞむなら危険要因の一つと考えられる。老後、家庭内での不慮の事故の際、緊急対応も伴侶がいるかいないかで生死がわかれる。いくら資産家であっても孤独死より、家族に看取られて最期を終えたいものである。 

    多くの人が憧れるスターも最期はかならず来る。マリリン・モンローはジム・ドハティ、ジョー・ディマジオ、アーサー・ミラーと再々婚するがいずれも離婚。ケネディ大統領との交際も噂される中、謎の自殺を遂げている。オードリー・ヘプバーンはメル・ファーラー、アンドレア・ドッティと再婚するも上手くいかず、ロバート・ウォルターズと事実婚で、幸福な最期を送ることができた。日本を代表する歌手、美空ひばりも離婚後、不遇が続いた。ながい老後をひとりで生きるかどうか、人生50歳台は決断の時機だろう。

2020年2月 9日 (日)

ハリウッド「名声の歩道」

   ハリウッドの観光名所の一つ、ウォーク・オブ・フェーム。映画・テレビ・ラジオ・音楽などハリウッド・エンタメ界で活躍した著名人の名前が星型のプレートに5㎞に渡り歩道に刻まれている。1960年のこの日に女優のジョアン・ウッドワードが最初の星を獲得した。チャールズ・チャップリン、ダグラス・フェアバンクス、ルドルフ・ヴァレンティノ、グレタ・ガルボ、マレーネ・ディートリッヒ、ゲーリー・クーパー、ジュディ・ガーランド、フランク・シナトラなどなどハリウッドのスターの歴史である。20世紀のセックス・シンボル、マリリン・モンローは謎の死を遂げる2年半前、1960年2月8日、星が贈られ式典が行われた。ハリウッド商工会議所は2016年の映画部門に三船敏郎を選出した。これまで日本関係では早川雪洲、マコ岩松、ゴジラが「星」に選ばれている。「世界のミフネ」何をいまさら、遅すぎる、という感じがする。最近では2019年にアン・ハサウェイが仲間入りした。現在、2500以上の星がある。(2月9日)

 

Wf1711_2

 

 

 

 

「エクレア」おもしろ雑学事物起源

Photo   細長く焼いたシュークリームの上にチョコレートをかけたエクレア。正式名称は、フランス語でエクレール・オ・ショコラ。「エクレール」とは「稲妻・雷」のこと。中からシュークリームが飛び出すので、電光石火のごとく一瞬にして食べてしまうようにという意味で、こう名づけられたといわれる。

  エクレアはいつ頃から作られたのだろうか。19世紀初頭、フランスの菓子職人アントナン・カレームが外相タレーラン邸に出入りし、パーティの引き菓子として、エクレアを初めて作ったと言われている。日本には明治維新前後に、横浜の外国人居留地にあるフランス人の経営する洋菓子店で作られた。(eclair au chocolat)参考:「雑学全書」知恵の森文庫

 

 

西洋事物起源「スリッパ」

 現代の日本家屋は様式のフローリング床が多いので、室内履きのスリッパを使用する家庭が一般的なスタイルである。日本でスリッパという呼び名があるのは、江戸末期にオランダ医シーボルトが伝えた「上沓(スリップルス)」から来ているという説がある。明治初頭、室内で靴を脱ぐ習慣の無い西洋人が土足で屋内へ入り込む問題が生じたため、それを解決するために徳野利三郎が1907年(1876年という説もある)に発案した上履きが、現在のスリッパの原型であると言われる。当時は、靴の上から履くためのものだった。

  アジアや西洋の中世に起源をもつスリッパであるが、実際の形状にはさまざまで例外も多い。概して、かかと部分の高さがまったくないか、あってもくるぶしより低い、ヒールはないか、あっても低い、という特徴がある。典型はイスラム、インドのバブーシュカ(16世紀)と呼ばれるはきものや、朝鮮の婦人用のはきものなどに見られる。また西欧ルネサンス期の婦人用の室内ばき、タントゥフルと呼ばれたオーバーシューズの一種、さらに16世紀以降婦人用として流用したミュールなどもこの種に属する。のち、外出用のはきものが一般に閉鎖的で足にぴったりした形に変化すると、slipperの形状は欧米では室内ばきとして発達し、今では自室や風呂場など限られて使用されている。

 

翔んで埼玉

 2019年の大ヒットコメディ映画「翔んで埼玉」。原作は魔夜峰央が37年も前に描いた作品。主題歌はなわが歌う「埼玉県のうた」の原曲も2003年のもの。埼玉県を揶揄した「ださいたま」というタモリの造語も1981年の流行語である。自虐ユーモアの風潮はなぜか広く定着して現在も続いている。埼玉は東京都に隣接する東京のベッドタウンだが、東京都に虐げられ、差別されてきた自虐ネタをユーモアに昇華している。もはや「ダさいたま」とは言わせないと県民も熱く支持する。こまつな、ブロッコリー、ねぎ、ほれんそうの収穫量は全国有数で近郊農業がさかんである。そして、埼玉県には鳥取県の10倍の市がある。埼玉県の市の数は40市である。上尾(あげお) 朝霞(あさか) 入間(いるま) 桶川(おけがわ) 春日部(かすかべ) 加須(かぞ) 川口(かわぐち) 川越(かわごえ) 北本(きたもと) 行田(ぎょうだ) 久喜(くき)熊谷(くまがや) 鴻巣(こうのす) 越谷(こしがや) さいたま 、坂戸(さかと) 幸手(さって) 狭山(さやま) 志木(しき) 白岡(しらおか) 草加(そうか) 秩父(ちちぶ) 鶴ヶ島(つるがしま) 所沢(ところざわ) 戸田(とだ) 新座(にいざ) 蓮田(はすだ) 羽生(はにゅう) 飯能(はんのう) 東松山(ひがしまつやま) 日高(ひだか) 深谷(ふかや) 富士見(ふじみ) ふじみ野(ふじみの) 本庄(ほんじょう) 三郷(みさと) 八潮(やしお) 吉川(よしかわ) 和光(わこう) 蕨(わらび)

  市の数がいちばん少ない県は鳥取で、鳥取・倉吉・米子・境港の4市である。

 豪栄道や貴景勝を生んだ埼玉栄高校相撲部が有名。ところで只今、流行りの「埼玉ポーズ」って知ってる?手をオッケーサインの形にして胸の前でクロスさせ、左足を少し前に出す。広告クリエーターの鷺谷政明さんが考案したもので、ちょっとDAIGOの「ウッシュ」のポーズに似ているけど、埼玉県の県鳥「シラコバト」を表現しているという。

 

 

バレーボールの歴史

634_1   バレーボールはいつごろから始まったのか。1895年2月9日、アメリカでウィリアム・G・モーガン(1870-1942)が考案した。最初はミントネットと呼んでいた。1908年、アメリカに留学していた大森兵蔵(1876-1913)が日本に最初にバスケット・ボールとともに紹介した。1913年F・Hブラウンが東京・神田のYMCAで公開したのをきっかけに広まったといわれている。バレーボールが考案された当初、集まった選手たちが2チームに分かれてボールを打ち合い、落としたほうの失点という単純なルールだった。日本へ伝わったときもルールは明確に決まっていたわけではなく、1チーム12人であったり9人であったり規定はなかった。(Volleybaii,Mintonette,William Morgan)

2020年2月 8日 (土)

崩壊し続ける南極大陸

Antarctica_map2

  南極は16世紀までは想像の大陸であったが、1772~1775年にイギリスのクックがはじめて南極大陸を周航し、1820年にべリングスハウゼンやブランズフィールドが大陸部(グレイアムランド北西岸)を発見した。その後、19世紀から20世紀はじめにかけて、極点に挑む探検が繰り返され、1911年にノルウェーのアムンゼンが南極大陸に到達した。太平洋、インド洋、大西洋に囲まれた南極大陸は、面積が約1205万平方キロで、その98%以上が厚さ1800~2000mの氷でおおわれている。しかし近年、地球温暖化による影響で南極の氷が解けはじめている。南極ウィルキンス棚氷はこの10年間で崩壊し続け、2012年にNASAが南極で30㎞の長さに渡る巨大な亀裂を確認した。そしてその亀裂はついに完全に分離して、氷河から非常に巨大な氷山が分断されたといわれる。南極大陸の面積は正確に数値は確定しにくいが、これまで1310万k㎡といわれていたが、現在は環境白書によると、1205万K㎡となっている。2020年2月6日、エスペランサ観測基地で最高気温18.3度が観測された。 

 

Nasacrack01
 南極の亀裂
 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生の至楽は読書にあり

4271_nss__oxford_university__in_l_2

 

  何事にも意欲や興味がわかないのは、ひじょうに診断の難しい病だ。退屈病や、無気力病と混同されやすく、素人目にはたんに活力のない老人と見られがちだ。だが何もせずに放っておくと、人生を棒に振ることになる。死ぬまでに、新しい本を見つけて、すこしでも意欲ある人生を過ごしたい。そう決めても、この世のおもしろ本の全てを読めるわけではないのだが。どんな本を読もうかな。

 古本を漁りて過ごす桜桃忌

 

 

富山和子「川は生きている」

 

岡田淳「図書館からの冒険」

 

藤沢道郎「物語イタリアの歴史」 中公新書

 

中島京子「夢見る帝国図書館」 文藝春秋

 

歴史街道「土方歳三なぜ戦い続けたのか」

 

フランス文化読本 鈴木雅生 丸善出版

 

「四つの小さなパン切れ」 マグダ・オクンデール・ラフォン

 

柴崎友香「寝ても覚めても」

 

アダムとイヴ 岡田温司 中央公論新社

 

わたしはマララ マララ・ユスフサイ 学研プラス

 

韓国語完全対訳シナリオ「四月の雪」 脚本ホ・ジノ ワニブックス

 

平成生まれは知らない昭和の常識 服部淳 イースト・プレス

 

太平天国にみる異文化受容 菊池秀明 山川出版社

 

ジョゼと虎と魚たち 田辺聖子

 

黎明の世紀 大東亜会議とその主役たち 深田祐介

 

レンズが撮らえた19世紀ヨーロッパ 海野弘

 

危険学 畑村洋太郎

 

すごい古書店・変な図書館 井上理津子

 

女の人差し指 向田邦子

 

梅干と日本刀 樋口清之

 

図説日本史通覧 黒田日出男 高校の日本史の副読本ながら、情報量が多く安価である。70年代、80年代の文化には、山口百恵や松田聖子も写真付きで紹介されている。学研パーフェクトコース社会は中学生の参考書だがオールカラーで詳細である。

 

禅のすべて 篠原壽雄・佐藤達玄

 

文人たちの俳句 坂口昌弘

 

もういちど読む山川地理(新版 2017年)

 

できる大人の常識力事典 話題の達人倶楽部

 

ユーラシアの東西 杉山正明

 

忠臣蔵と元禄群像 中江克己

 

一冊でわかる朝鮮の歴史 井野誠一

 

名画で読み解く世界史 祝田秀全

 

ロビンソン・クルーソー 伊集院静

 

地図で訪ねる歴史の舞台 帝国書院

 

人間失格 上  太宰治

 

肩甲骨は翼のなごり  デイヴィッド・アーモンド

 

虚子俳話録 赤星水竹居 学陽書房 1949

 

ガラスの城の記憶  手塚治虫

 

アメリカ名詩選 岩波文庫

 

夏目漱石 文藝別冊 河出書房新社

 

文字と組織の世界史 鈴木薫

 

イギリス文学 名作と主人公 加藤光也

 

ギリシア人の物語 民主政のはじまり 塩野七生

 

現代政治の思想と行動 丸山真男

 

省略の文学 外山滋比古

 

こころの処方箋 河合隼雄

中間文化論 加藤秀俊

雑種文化 加藤周一

日中韓はひとつになれない 小倉紀蔵

一流の人は空気を読まない 堀紘一

ナポレオンで仕事上達 斎藤孝

文明が衰亡するとき 高坂正堯

名城と合戦の日本史 小和田哲男

本を愛しなさい 長田弘

パピルスが伝えた文明 箕輪成男

名張毒ブドウ酒殺人事件 田中良彦

年下の男 内館牧子

おもちゃと金米糖 戸田盛和

社会科学概論 森谷克己 法律文化社 1953

社会構成史大系 日本評論社 1950

社会と革命 世界平和への道 小島祐馬 宇田政治経済研究所 1954

社会史上から見た漢代の思想と文学の基本的性格の研究 田所義行 中国学術研究会 1965
社会主義の経済・貿易問題 中国を中心として 上野秀夫 晃洋書房 1973

社会主義への道 現代中国の歴史3 岩村三千夫 徳間書店 1966

社会人のための漢詩漢文小百科 田部井文雄ほか編 大修館書店 1990

 

あなたがほしい 安達千夏 集英社 1999

 

セーヌ川の書店主 ニーナ・ゲオルグ

 

文明ネットワークの世界史 宮崎正勝 原書房 2003

 

文学効能事典 エラ・バーサド フィルムアート社 2017

 

直木賞受賞エッセイ集成 文藝春秋 2014

 

暮らしの韓国語単語8800  今井久美雄 語研 2005

 

3秒に1回驚く「雑学」の本 王様文庫 三笠書房 2014

 

バリ島芸術をつくった男 ヴァルター・シュピースの魔術的人生 伊藤俊治 平凡社 2002

 

ねこMONO ねこグッズ😹パラダイス ダイアプレス 2014

 

いつも買うもやし・卵・とうふがおいしいおかず 主婦の友 2009

 

サピエンス全史の読み方 宝島社 2017

 

職業としての小説家 村上春樹 スイッチ・パブリッシング 2015

 

大辞泉 松村明監修 小学館

 

暗殺の歴史 リンゼイ・ボーター 創元社 

 

独立の民 ハルドル・ラックスネス

 

パレオマニア 池澤夏樹

 

銀漢の賦  葉室麟

 

ベスト・エッセイ2011  「光速老人」三浦しをん他。

 

夜型人間のための知的生産術 斎藤孝

 

ホトトギスの俳人101 阪西敦子ほか

 

マクベス 斉藤洋

 

聖書入門 大島力

 

図解日本音楽史 田中鍵次

 

「違うこと」をしないこと 吉本ばなな

 

ある男 平野啓一郎

 

江戸ものしり用語事典 宝島社

 

心理学英和・和英基本用語集 福村出版

 

なるほど日本地理 宇田川勝司

 

現代日本映画人名事典 女優 キネマ旬報社

 

現代日本映画人名事典 男優 キネマ旬報社

 

中国文章家列伝 井波律子

 

キネマ旬報 2018年12月号上旬号

 

新・冬のソナタ 上 キム・ウニ、ユン・ウンギョン

 

大いなる逃亡  田中光二

 

誤植聖書殺人事件 ロバート・リチャードソン

 

日本古代国家の構造 直木孝次郎 青木書店 1958

 

生活のための闘い ピーサレフ著 金子幸彦訳 岩波文庫 1952年

 

そして、バトンは渡された 瀬尾まいこ

 

初学者のための中国古典文献入門 坂出祥伸

 

東京都の歴史散歩 山川出版社

 

100のトピックで知るドイツ歴史図鑑 原書房

 

手塚治虫シェイクスピア漫画館 実業之日本社

 

詳細地理資料 COMPLETE2018  帝国書院

 

戦国武将 群雄ビジュアル百科 二木謙一 ポプラ社

 

英日対訳 日本現代史 ジェムズ・M・バーグマン IBCパブリッシング

 

あやうく一生懸命生きるところだった ハ・ワン ダイヤモンド社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安産祈願と絵馬

Photo

    祈願や報謝のために、社寺に絵馬を奉納する習俗の起源はいつからかはっきりとわからない。絵馬といっても画家の手になる大絵馬から、庶民の切ない個人祈願の小絵馬までさまざまである。最古の絵馬は、古代における神への生馬献上の習俗に発する。1999年に難波宮跡から出土した飛鳥時代のものが7世中頃とみられる。平安時代の今昔物語に「板に書きたる絵馬有り」と見え、その起源は平安時代(12世紀前半)に認められる。だが民間祈願の絵馬奉納が江戸期にどの程度普及していたかは分からない。子供誕生に際し絵馬を奉納する習俗が昭和期戦前に各地に見える。子供の氏子入りの行事と、子供の成長の無事を祈願する目的である。絵柄は武者絵であるが、戦時中は肉弾三勇士のような戦時色の濃いものとなった。戦後は干支が一般的である。近年は、安産祈願した神社に無事に生まれたお礼と挨拶をし、安産祈願のときの絵馬にお礼を書いて、3人の名前を記入して奉納するらしい。参考:奈良県立橿原考古研究所「飛鳥宮と難波宮・大津宮」2014年

「えんぶり」祭りと歴史

6308

 

  小正月に行われる豊作祈願の芸能の一つ。予祝の模擬田植えを演じる田遊びがさらに舞踏化したもので、名称は田面をすりならす農具の「えぶり」からきている。古くは「ゑぶりすり」と呼んだ。

   青森県八戸市を中心として岩手県九戸郡から青森県上北部にかけて分布する。現在、八戸市では新羅神社で2月17~20日に行われる。えんぶり組の踊り手(鳥帽子太夫)は3人か5人で農作業や縁起物を描いた鳥帽子をかぶり鳴子板・カンダイ(鍬)・松などを持って舞い、家々をまわる。

    江戸時代の学者・菅江真澄(1754-1829)によると、えんぶりは女性が男性の格好をして踊ったものと記している。明治以降は男性が踊るものと思われてきたが、昭和49年八戸で女性がえんぶりを行い、人々を驚かせたという。

こちらのサイトをご参考に http://www.city.hachinohe.aomori.jp/kanko/festival/enburi/

 

 

クリケット、野球、ボウリングの起源

  野球という球技はアメリカが発祥と言われていますが、実は原型となったスポーツは、イギリスの国民的球戯クリケットにその起源をみることができる。クリケットがラウンダーズ(バットとボールを用いる一種の遊び)となり、1830年にアメリカでラウンダーズを模倣したダウンボールが始まった。イギリスで1774年に刊行された「小さなかわいいポケットブック」に野球に関する記述が見つかる。これがアメリカに広まってベースボールとなっていった。だがクリケットは11人制。(ちなみにサッカー、ホッケーも11人) 実はアメリカのダウンボール(野球)も11人だった。なぜ1846年の野球規則で9人になったのだろうか?

    そもそも野球は3及び3の倍数が重んじられている。9回交互に攻守を行う。打者はストライク3つでアウトになり、3アウトで攻守を交替する。このようにすべて3×3が基本である。

    球戯で歴史あるスポーツといえばボウリング。メソポタミアや古代エジプト時代にすでにあったといわれる。3世紀頃にはドイツの宗教儀式に取り入れられる。中世にはボウリングは神意をはかるものとして行われ、ピンが倒れれば罪が赦された。ただしピンの数は国や時代によって異なっていた。16世紀の宗教改革の時代、ドイツのマルティン・ルターは「ピンの数は9本でなければならない」と主張した。ルターはボウリングの愛好家であり、アウグスティヌスの考えに沿った、神・キリスト・聖霊の三幅対(trias)によるものである。つまりキリスト教理によって、ボウリングのピンの数は9と定められた。

    その後、ボウリングはスポーツとして1840年代のアメリカで大流行したが、ピンが9個あるので、ナインピース(ninepins)、日本では明治に「九柱戯」と訳された。新教の国アメリカでは、ボウリングも野球もキリスト教理の3×3=9の影響の下に普及していったのである。

おでん種ランキング

    おでんが食べたくなる季節。高浜虚子のおでん好きはよく知られる。「志 俳諧にあり おでん食ふ」。2016年「おでん種、大人が好きなランキング」の結果は第1位は「大根」だった。

Photo_4 1位 だいこん
2位 玉子
3位 ちくわ
4位 こんにゃく
5位 餅入り巾着
6位 はんぺん
7位 しらたき
8位 牛すじ串
9位 じゃがいも
10位 さつま揚げ

 おでんのルーツは、室町時代に流行した「豆腐田楽」。田楽に「お」をつけて丁寧にし、楽を省略して「おでん」となった。みそ付き豆腐田楽は、その後、進化を続けた。江戸期には屋台や居酒屋で売られる。田楽の種類も豆腐・ナス・里芋・蒟蒻・魚と増えていく。江戸後期に近郊の銚子や野田で、醤油の醸造が盛んになり、醤油味の煮込みおでんが生まれた。大正期に、関西に伝わり、「関東煮(かんとうだき)」と呼ばれた。関西では、具材を昆布ダシの中で炊いて、甘味噌をつけて食した。関東大震災で関西かに来た人たちが炊き出しを行い、いわゆる関東煮を作ったので、それ以降、関東のおでんが関西風の味付けになったと言われる。煮込みおでんは下味がついているので、みそはつけなくてもよく、代わりにカラシをつけるようになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

郵便マークの日

Ishikawa_hitomi_06    本日は「〒マークの日」。明治20年2月8日、逓信省は郵便マークを制定した。逓信省の頭一文字、片かな「テ」を図案化したものといわれる。「逓」とは「つたえる」という意味。「次々と横に渡していく。リレーする」という意味がある。唐代駅伝の制度は都長安を中心に整備されたが、郵による官文書の逓送が行われた。「長安を出で逓に乗じて行く」と白居易の詩にもある。明の洪武帝は官物の輸送を担当した役所「逓運所」を設置している。日本では江戸時代、飛脚制度が整備され、江戸・大坂間は「定六」といわれて6日間が通例で急行が4日間であった。逓信省の語源は明らかでないが、郵便・電信・船舶管理・灯台業務を処理する機関であることから、駅逓+電信から逓信となったのか、本来から逓信という漢語が使用されていたのか定かではない。しかしながら、「逓」という字は戦前は小学生でも読めただろうが、現在では大人でも読めない人がいるだろう。〒マークは最初は甲乙丙丁の「丁」だったという。ところが外国では郵便料金不足の表示「T」と紛らわしいとわかり、14日に「〒」に変更したといわれる。

2020年2月 7日 (金)

敦盛は生きていた?

Atsumori   1184年のこの日、一ノ谷の合戦があった。源義経率いる部隊は、鵯越をこえて、背後からの奇襲で平氏軍を破った。この戦いでは多くの平氏の公達が死亡した。薩摩守忠度、平通盛らは戦死した。もっとも有名な話は敦盛の最期であろう。

  平敦盛は「平家物語」では一ノ谷合戦で源氏方の熊谷次郎直実との一騎打ちの末に討たれたことになっている。だが歌舞伎「一谷嫩軍記」では敦盛は実は後白河法皇のご落胤で、義経の命をうけて熊谷直実が救出するというストーリーである。一見、荒唐無稽な話のようだが、広島県の永江の里(庄原地方)には古くから「敦盛さん」という民謡が伝わり、それによると敦盛は討ち取られたのではなく、庄原に逃れて生涯を終えたという。熊谷次郎の一子の小次郎が身代わりとなって、許婚の玉織姫と共に逃れたという話も絶対に有り得ないとまでいえない。敦盛の「青葉の笛」も正式には「小枝」(さえだ)といい、鳥羽院から祖父忠盛が賜ったものであった。熊谷次郎が我が子を失ってまでも守らなければならなかった高貴な人というのは天皇家の血をひいているからであろうか。のちに熊谷直実は出家して法然の弟子となって蓮生坊と名のったという。(2月7日)

 

 

 

 

2020年2月 6日 (木)

カーク・ダグラス

 宍戸錠、梓みちよ、昭和のスターが相次いで亡くなっていく。そしてハリウッドでも不死身の男カーク・ダグラスが5日ロサンゼルスで死去。103歳だった。昨夜、BSテレ東で「OK牧場の決斗」を見たばかりなので未だその死が信じられない。保安官ワイアット・アープのバート・ランカスター、結核の賭博師ドク・ホリディをカーク・ダグラスが演じている。酒場女ケイトはあの「エデンの東」でジミーの母親役のジョー・ヴァン・フリート、若い頃のデニス・ホッパーのクラントン一味で出演している。フランキー・レインの歌声も最高だ。カーク・ダグラスの代表作を挙げればキリがないかもしれないが、「チャンピオン」「探偵物語」炎の人ゴッホ」「バイキング」「スパルタカス」「テレマークの要塞」「大西部への道」映画の黄金時代だった。西部劇・戦争アクションの俳優のイメージがあるが、長台詞が得意な名優だった。

 

 

シンガポール

5971233_134151915319  シンガポールはアジアと欧米諸国との接点である。18世紀末ころ、マレー半島南部を支配するジョホール王国はリアウ王国とパハン王国に分かれていた。イギリスのインド副総督トーマス・スタンフォード・ラッフルズ(1781-1826)はリアウにあったマレー派の王族フサインをジョホール王として即位させた。1819年2月6日、ラッフルズは条約を締結し、シンガポールを買収した。以後イギリスは、この島に関税のかからない、自由貿易港を建設し、東南アジア貿易の拠点として、イギリス東洋進出が始まった。(Thomas Stanford Raffles,Singapore,Johor Riau)

2020年2月 5日 (水)

人類と酒の起源

 ワイン、ウィスキー、ブランデー、ラム、ジン、スコッチ、カルヴァドス、ウォッカ、コニャック、テキーラ、日本酒、焼酎、泡盛。現代人にとって、酒は魅力的な飲み物だ。酒に含まれるエタノールには、脳内でセロトニン、ドーパミン、エンドルフィンなどの放出を促進する働きがある。つまり、酒を飲むと不安が和らぎ、楽しい気分になるのだ。トルコ南東部にあるギョベックリ・テぺ遺蹟は世界最古の宗教建築物で知られている。推定11,5000年前の遺跡で、旧石器時代に狩猟と採集の生活をしていた人類は、やがて定住して農耕を始めた。このころ人類史上の最大事件に酒が大いに関わっていたと考えられる。遺跡から出土した壺からアルコールの残滓が確認されている。文明の時代になると、酒の起源は多くの神話によって語られているが、エジプトではオシリス神がビールを教えたと伝えている。この神はエジプト人を開化にみちびいた農耕の神であるが、エジプト人が穀物から酒をつくることを知ったのは5000年以前のことであり、はじめこの酒をヘッタとよんだことが文献にのこされている。参考:NHKスペシャル食の起源「酒」飲みたくなるのは進化の宿命!?

 

 

 

「人生劇場」と三州横須賀村

Photo_5     尾崎士郎(1898-1964)は、明治31年2月5日、愛知県幡豆郡横須賀町上横須賀(現・西尾市)に、父嘉三郎、母よねの三男として生まれた。尾崎家は家号を辰巳家と号し、代々綿実買問屋を営んでいたが、かたわら明治半ば迄煙草製造にも手をそめていた。士郎が誕生の頃より、家運は傾いてきたものの、嘉三郎は明治20年より上横須賀郵便局長を兼業、まだまだ地元の名士だった。

    尾崎士郎といえば「人生劇場」である。「都新聞」文芸部長上泉秀信の依頼で同紙に連載した、尾崎士郎の自伝的長編小説「人生劇場」は、「青春篇」(昭和8年)「愛慾篇」(昭和9年)「残侠篇」(昭和11年)「風雲篇」(昭和14年)「遠征篇(後の離愁篇)」(昭和18年)「夢現篇」(昭和22年)「望郷篇」(昭和26年)「蕩子篇」(昭和34年)と戦後に至るまで諸紙誌に書き継がれた。物語は青成瓢吉が三州横須賀村から上京し、早稲田大学に入学。飛車角、吉良常などが絡みながら、人生いかにいきるべきかを求めて彷徨するという青春小説。尾崎家は、大正5年、父嘉三郎死亡した。生前相場に手を出し失敗、郵便局長の職は長兄重郎が継いだ。その長男も大正7年ピストル自殺した。郵便局の公金横領を苦にというのがその表向きの理由であった。ともかく一家は没落した。

   尾崎士郎の出身地である愛知県幡豆町横須賀町というのは、戦後吉良町上横須賀に住居表示が変更されている。「忠臣蔵」で知られる吉良上野介の所領であった横須賀村である。「人生劇場」の書き出しも次のように書かれている。

                                  *

   三州吉良港。一口にそう言われているが、吉良上野の本拠は三州横須賀村である。後年、伊勢の荒神山で、勇ましい喧嘩があって、それが今は、はなやかな伝説になった。そのときの若い博徒が、此処から一里ほどさきにある吉田港から船をだしたというので、港の方だけが有名になっているが、しかし吉良という地名が現在何処にも残っているわけではない。その、吉良上野の所領であった横須賀村一円で「忠臣蔵」が長いあいだ禁制になっていたことは天下周知の事実である。これは一面。吉良上野が彼の所領においては仁徳の高い政治家であったということの反証にもなるが同時に他の一面から言えば一世をあげて嘲罵の的となった主君の不人気が彼の所領の人民を四面楚歌におとしいれたこともたしかであろう。まったく「あいつは吉良だ!」ということになると旅に出てさえ肩身の狭い思いをしなければならなかった時代があるのだ。しかし、そうなれば、こっちの方にも(忠臣蔵なんて高々芝居じゃねえか)、という気持ちがわいてくる。(うそかほんとかわかるものか、あんなものを一々真にうけてさわいでいるろくでなしどもから難癖をつけられているうちのおとのさまの方がお気の毒だ)三州横須賀は肩をそびやかしたものである。相手にしないならしなくてもいい。そのかわり日本中の芝居小屋で「忠臣蔵」がどんなに繁盛しようとも、この村だけへは一足だって踏み入れたら承知しねぇぞ!平原の中にぽつねんと一つ、置きわすれられた村である。

2020年2月 4日 (火)

大石忌

Photo_3   1703年のこの日、江戸幕府が赤穂浪士46名に切腹を命じた。泉岳寺にある赤穂浪士46人の墓には戒名が刻まれている。すべての墓には「刀」や「剣」の文字がつけられている。彼らの戒名は泉岳寺の僧侶がつけたと言われるが、「剣」と「刀」の文字は、曹洞宗で、「命を投げ出すほど重要なこと」を意味し、忠義を尽くしたことを表わしている。(2月4日)

 

 

清盛、死因の謎

00901dsc_2570

 

  1181年閏2月4日、平清盛は熱病に倒れて世を去った。(玉葉集) 享年64歳。平家物語巻6に「入道相国、やまひつき給ひし日よりして、水をだにのどへも入給はず。身の内のあつき事、火をたくが如し」とある。

   医師の阿部麻鳥は清盛の病を「瘧」と見立てている。「瘧」(ぎゃく、おこり)という病は、今日でいうマラリアである。東南アジアの伝染病がなぜ感染したのか謎であるが、当時、福原で日宋貿易をしていたので積荷から感染したと考えられないこともない。しかし清盛1人だけというのも不可解である。高熱を発症したことから、腸チフス、髄膜炎、脳出血による視床下部・中脳圧迫、猩紅熱などが考えられる。

2020年2月 3日 (月)

カタカナ語を漢字で表現すると

Duola   中国ではどんな外来語でも漢字オンリーで充てている。例えば、阿司匹林(アスピリン)、電脳(コンピューター)。アンパンマンは「麺包超人」。トトロは「豆豆龍」。ミッキーマウスは「米老鼠」。ポパイは「大力水手」。ドラえもんは、むかしは「機器猫」だったが、1997年以降は「多拉A夢」と表記されている。

   飲み物。コーヒーは珈琲ではなく咖啡。烏龍茶(ウーロン茶)、普洱茶(プーアール茶)、奶茶(ミルクティー)、可可(ココア)、果汁(ジュース)、柳橙汁(オレンジジュース)、啤酒(ビール)、威士忌酒(ウィスキー)、礦泉水(ミネラルウォーター)。

   動物。大熊猫(ジャイアントパンダ)、小熊猫(レッサーパンダ)、子守熊(コアラ)、紅鶴(フラミンゴ)、更格盧(カンガルー)、海狸、河狸(ビーバー)、海豹(アザラシ)、膃肭臍(オットセイ)、食蟻獣(アリクイ)、倉鼠(ハムスター)、穿山甲(センザンコウ)、抹香鯨(マッコウクジラ)。

 その他。易餓病(過食症)。汽油(ガソリン)。

   辞書に載っていない卑猥な俗語を紹介する。セクハラのことは「性騒攪」。そのなかで「おさわり」は「咸猪手」という。

 

1389595379942

節分の豆撒き、恵方巻

Photo_2
  浅草寺節分会

 

  本日は節分。夜になって、「鬼は外、福は内」などと唱えながら豆を内外に投げ、鬼を追って戸口をとざす。節分の豆まきの習俗は何時ごろかわからない。陰陽道の影響があり、室町期に中国の風俗を採り入れたものと考えられている。江戸時代に民間に盛行し、社寺でも厄除神事として定着した。現代でも節分の豆撒きの風習は消えたわけではない。ただし入口に「立春大吉」のお札を貼ったりする風習は都会では見られなくなった。節分に恵方巻という巻き寿司・太巻きを食べる習慣は、1989年にあるコンビニ(セブンイレブン?)が売り出したのが全国に広がったという説が有力である。今年の恵方は西南西の方向。(2月3日)

 

Img_0005
入口に貼られた「立春大吉」のお札(昭和30年頃)

2020年2月 2日 (日)

全国ご当地お名前研究、東京ぼん太、横浜流星、名古屋章

  大相撲初場所は幕尻の徳勝龍が初優勝した。もうすぐ福祉大相撲。第1回慈善大相撲(1967年)に出演した解説者・北の富士さんは東京ぼん太「マアいろいろあらァな」を歌ったらしい。本人は全然記憶にないと否定。「俺には持ち歌、ネオン無情があるよ」真相は不明だが、選曲はナイスだ。「夢のチボーもないね」と栃木訛りのコメディアン、「東京ぼん太」のように地名と同じ名前をもつ有名人を調べる。東京ぼん太、横浜流星、横須賀昌美(女優)、千葉雄大、千住真理子(バイオリニスト)、赤坂晃(光GENJI)、渋谷哲平、大久保加代子、綾瀬はるか、町田啓太、日野啓三(作家)、野田佳彦、川口春奈、島田紳助、大島優子、伊豆肇、名古屋章、大坂志郎、神戸一郎、大津びわ子(ラジオパーサナリテイ)、金沢碧(女優)、堺正章、茨城のり子(詩人)、池田大作(大阪府池田市)、布施明(大阪府布施市)、芦屋雁之助、岡山天音(俳優)、福山雅治、広島日出国(マラソン)、土佐礼子(マラソン)、讃岐裕子(歌手)、仙台太郎、羽生結弦、伊達公子(テニス)、天童よしみ、久慈あさみ、秋田雨雀、佐渡豊、輪島大士(相撲)、加賀まりこ、山口百恵、長門勇、小野田寛郎、福岡翼(芸能レポーター)、長崎慶一(大洋ホエールズ)、宮崎奕保(永平寺貫主)。この他にもきっといろいろあるよね。ウィキペディアでも人の名字に使われる地名は「キリがないカテゴリ」とされている。

 

 

神聖ローマ帝国のイタリア政策の功罪

   962年のこの日、東フランク王国ザクセン朝のオットー1世はローマ教皇ヨハネス12世より戴冠された。神聖ローマ帝国の誕生である(ただし「神聖ローマ帝国」という名称そのものは15世紀のもの)。ドイツではザクセン朝、シュタウフェル朝と10世紀から11世紀までドイツ皇帝のイタリア介入は続いた。かつてのアウグストゥスやトラヤヌス、あるいはカール大帝の偉業を夢見て、神聖ローマ皇帝の関心はつねにイタリアに向けられた。世界史での評価は概ね「皇帝のイタリア介入は後年の皇帝対教皇の対立を生み、歴代のドイツ皇帝がイタリア経営に精力を注いで国内統治をおろそかにしたため、ドイツの領邦分裂につながった」としている。しかし一方で、ドイツのイタリア政策に好意的な評価もある。「イタリアを抑え、教皇を意のままに利用することが、ドイツ諸侯統御のために必要であった」との解釈も出されているから歴史の評価は難しいものだ。(2月2日)

 

 

2020年2月 1日 (土)

人名エポニム物語

Mainimg   パンなどに肉や野菜等の具を挟んだサンドイッチがイギリスの貴族、第4代サンドイッチ伯爵ジョン・モンタギュー(1718-1792)に由来している話は有名だが、このようにすでに存在する物の名前を使って命名された新しい物の名前をエポニムという。賭博好きのサンドイッチ伯爵はトーストにコールドビーフをはさんで、食事をしながら賭博をできるよう工夫した。これがサンドイッチの始まりである。このほか考案者の名前が命名されたものに立体パズル、ルービックキューブがある。ハンガリーの建築家エルノー・ルービックは、川の流れる様子から発明のヒントを得て作られたという。

   もっとも代表的な人名エポニムの一つにエッフェル塔がある。この世界一のノッポの塔を設計したアレクサンドル・エッフェルの身長は152㎝と小柄であった。競馬のダービーとは、1780年英国のダービー伯が、エプソムの競馬に多額の賞金をかけたのがはじまりという。フランスの要塞マジノ線は国防相アンドレ・マジノにちなむ。ナウマン象はハインリッヒ・ナウマンというドイツの地質学者に由来する。回転連発銃はその発明者ガトリングに由来する。女性の外部生殖器「バルトリン腺」。デンマークの解剖学者カスパール・バルトリヌス(1655-1738)に由来する人名エポニム。団結して排斥することを「ボイコット」というが、イギリスの横暴な大尉チャールズ・カニンガム・ボイコットの名前に由来している。ブーゲンビリアという花は探検家ブーガンヴィル(1729-1811)に因んでいる。19世紀のラッダイツ運動とネッド・ラッド。影絵のことを「シルエット」というが、フランスの大蔵大臣エティエンヌ・ド・シルエット(1709-1767)に由来する。彼は、倹約家で、肖像画を描かせるのに高価な絵の具は使わずに、黒一色のものにせよと主張し、輪郭だけの肖像画が流行したためシルエットの名前が使われた。ディーゼルエンジンは発明者のルドルフ・ディーゼルに因む。ハッブル宇宙望遠鏡は宇宙の膨張を発見したエドウィン・ハッブルに因んでいる。周波数の単位ヘルツや電気抵抗の単位オーム、温度の単位「華氏(ファーレンハイト)」、放射能の単位キュリー、ドップラー効果、ラマン効果、モンロー効果もみんな人名エポニム。女学生がはくスポーツ用のブルマはアメリカの女性解放運動家アメリア・ジェンクス・ブルーマー(1818-1894)の名前に因んでいる。ピアノの教則本バイエル。音楽家フェルディナント・バイエル。X線の発見者レントゲン(1845-1923)、モールス信号のサミュエル・モールス(1791-1872)、鉛筆(コンテ)のニコラ・ジャック・コンテ、視力検査表ランドルト環のエドマンド・ランドルト(1846-1926)など。病名は人名エポニムが多い。パーキンソン病、ハンセン病、アルツハイマー病、ベーチェット病、メニエール病、レイノー病、アスペルガー症候群、ダウン症、バセドー病、ギラン・バレー症候群など。ドルビー・サラウンド技術開発者レイ・ドルビー(1933-2013)。

   日本では川柳の柄井川柳、金時豆の坂田金時、隠元豆の隠元隆琦などが人名に由来する代表例である。ちなみに日本で溺死体のことを土佐衛門と呼んだり、馴れ合い勝負を八百長といったり、覗き魔のことを出歯亀といったりするのは、エポニムなのだろうか。ハヤシライスは丸善の創業者である早矢仕有的(はやし・ゆうてき)に由来する。歌舞伎の佐野川市松(1722-1762)は1741年「高野心中」で衣装に用いた、白と紺の袴の柄が人気をよび、「市松模様」と呼ばれるようになった。避妊法のオギノ式は産婦人科医荻野久作が考案。参考:「英語エポニム事典 人名をルーツにした英語」シリル・ビーチング著 法学書院 

 

 

英語で覚える植物、果物、木の名前

Appleseed     英語で親しい果実のうち、apple は最たるものであろう。アメリカでは、リンゴの栽培をひろめるのに尽力したジョニー・アップルシードことジョン・チャップマン(Johnny Appleseed 1774-1845)が、伝説的な人物として知られている。the apple of somebody'eye 「目に入れても痛くない人(物)」というイディオムがある。むかし瞳はリンゴの形をしていると考えられていて、そこから大事なもののことをそう喩えるようになった。

    appleやcherryのように日米共通の花・果実・樹木はよいが、日本では馴染みの薄い植物もある。「北国の春」という歌に出てくる、辛夷(こぶし)の花を何というのか。Kobush magnolia という。

acanthus    アカンサス

 

aceracede    カエデ

 

acorn        どんぐり

 

adnis        福寿草

 

alder    ハンノキ 

 

anemone    アネモネ、windflower

 

anise         アニス(セリ科の一年草)

 

ash           トネリコ

 

asphodel  アスフォデル(アスフォデリネ) ユリ科

 

aster         アスター

 

azalea        アザレア(ツツジ)

 

balloonflower  キキョウ

 

balsam       ホウセンカ

 

bay laurel   月桂樹

 

beech        ブナ

 

begonia      ベゴニア

 

belladonna   ベラドンナ

 

Bellflower  カンパニュラ(釣鐘草)

 

biffin         冬リンゴ

 

buckwheat  ソバ

 

bulrush        蒲(がま)

 

bouvardia    ブバルディア

 

borage        ボリジ

 

brich          カバノキ

 

broom        エニシダ

 

calla     カラー

 

camellia     椿

 

camphor tree  クスノキ

 

canna        かんな

 

cattleya     カトレア

 

carnation   カーネーション

 

cherry      サクランボ

 

chestnut   栗

 

chicory     チェコリ

 

chinaberry   センダン

 

chinese quince 花梨

 

chrysanthemum  菊

 

cineraria    シネラリア

 

clematis    クレマチス

 

clover         クローバー

 

cyclamen シクラメン

 

coral tree    デイゴ

 

cornflower   矢車草

 

columbine    オダマキ

 

cosmos    コスモス

 

crape myrtle  サルスベリ

 

crinum         ハマユウ

 

cumin          クミン

 

dahlia          ダリア

 

dandelion    タンポポ 

 

daffodil       スイセン

 

daphne       沈丁花、月桂樹

 

deodar       ヒマラヤスギ

 

dogwood  ハナミズキ

 

Dutchman's pipe cacutus  月下美人

 

elder     ニワトコ

 

elm            ニレ

 

eucalyptus  ユーカリ

 

false holly   ヒイラギ

 

fennel        ウイキョウ

 

fern     シダ 

 

fig             イチジク

 

fir              モミ

 

flag            ショウブ、アヤメ

 

flowering quince  木瓜

 

freesia        フリージア

 

forget-me-not  わすれな草

 

forsythia     レンギョウ

 

fuchsia       フクシア

 

gentian       リンドウ

 

geranium     ゼラニウム

 

ginkgo        イチョウ

 

hackberry   楡の木

 

heliotrope   へリオトロープ

 

hydrangea    アジサイ

 

Indian Hemp 麻

 

Japanese cypress ヒノキ

 

Japanese pagoda tree エンジュ

 

Japanese quince  木瓜

 

Japanese ceddar  杉

 

jasmine        ジャスミン

 

laurel     月桂樹

 

lily              ユリ

 

lily of the valley  スズラン

 

linden         菩提樹

 

lilac     ライラック 

 

loofa          ヘチマ

 

loquat         ビワ

 

lupine         ルピナス

 

hazel          はしばみ

 

hawthorn    サンザシ

 

iris             カキツバタ (アヤメ)

 

ixesis         苦菜(にがな)

 

lavender    ラベンダー

 

lycaste      リカステ

 

maple         モモ 楓

 

magnolia     モクレン

 

marjoram    マヨラナ、マジョラム(ハッカに似た香草)

 

melastoma  メラストマ(のぼたん)

 

melon        メロン

 

mimosa      ミモザ 眠り草

 

morning glory   アサガオ

 

moss             コケ

 

narcissus     水仙

 

nandina          南天

 

nemophila       ネモフィラ

 

nerine     ネリネ 

 

nightshade      ナイトシェード(ナス科の有毒植物)

 

oak                カシワ、ナラ、カシなどの総称

 

orchid            蘭

 

olive              オリーブ

 

palm              椰子

 

pansy            三色すみれ

 

paulownia      キリ

 

parsley         パセリ

 

peach blossoms 桃

 

pear           梨

 

persimmon  柿

 

peony         ボタン

 

poinsettia  ポインセチア

 

pomegranate   ざくろ

 

podocarpus    槇

 

phlox          フロックス(オイランソウ)

 

pine           松

 

pineapple    パイナップル

 

plum           スモモ

 

pot marigold   キンセンカ

 

Kiwi fruit     キウイ

 

Kumquat    金柑

 

Ranunculus ラナンキュラス(ハナキンポウゲ) 

 

rape  blossoms 菜の花

 

reed           葦

 

rice            イネ

 

rose           バラ

 

rosebay     シャクナゲ

 

saffron      サフラン

 

sawtooth oak クヌギ

 

sasanqua     サンザンカ

 

stock         ストック

 

strawberry  イチゴ

 

sumach       ウルシ(ハゼ、ヌルデの類)

 

snapdragon  キンギョソウ

 

sunflower   ヒマワリ

 

sweet  pea スイートピー

 

tampala   葉鶏頭

 

tarragon      タラゴン(ヨモギの一種)

 

thistle       あざみ

 

Thunberg's meadowsweet ユキヤナギ

 

thyme        タイム(タチジャコウソウ)

 

torreya      カヤ

 

tulip           チューリップ

 

violet         すみれ

 

zelkova      ケヤキ

 

zinnia    百日草

 

yew           イチイ

 

ginkgo    いちょう

 

hyacinth  ヒヤシンス

 

hawthorn  サンザシ

 

hazel    ハシバミ

 

horse chestnut トチノキ

 

holly         ヒイラギ

 

gladiolus  グラジオラス

 

gerbera   ガーべラ

 

salvia    サルビア

 

pine           松

 

petunia   ペチュニア

 

portulaca   ポーチュラカ

 

plum blossoms      梅

 

reed           葦

 

rhodo dendron シャクナゲ

 

violet            スミレ

 

walnut tree     胡桃

 

white birch    白樺

 

willow            柳

 

wisteria       藤

 

winter daphne 沈丁花

 

yew tree       イチイ

 

yucca           ユッカ

 

zinnia         ジニア(百日草)

 

 

 

 

テレビ放送記念日

Tv41

 

   1953年2月1日、NHKが日本初のテレビ放送を行った。当日は、東京千代田区内幸町の放送会館第1スタジオから菊五郎劇団の「道行初音旅」や映画などが放送された。当時の受信契約数は868、受信機18万円、受信料は月額200円だった。1962年にはTV受信契約が1000万台を突破し放送も全日になった。

   20世紀の大発明の一つがテレビである。言葉を超えた情報を伝えられるテレビは、地球を一つに結びつける有力な媒体として世界を変えた。だがテレビの発明は誰か御存知だろうか。テレビが実用化されるのは第二次世界大戦後だが、動く画像を電波に乗せて送る技術は戦前に開発されていた。アメリカに亡命していたロシア人、ウラジミール・ツヴォルキーン(1888-1982)が1933年にアイコノスコープ(撮像管)を発明。これによってテレビ放送はこの実現に向けて大きく一歩を踏み出すことができた。

 

 

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31