無料ブログはココログ

« 明治のうさぎブーム | トップページ | 「人生七十古来稀なり」 年齢の異称 »

2019年12月 7日 (土)

東海道新幹線の車体が青と白なのは?

 五歳の女の子の素朴な疑問「なんで東海道新幹線の車体の色は青と白なのか?」チコちゃんは知っています「色を決める会議の席にあったタバコの箱が青と白だったから」

  1964年東海道新幹線が開業した。その数年前のこと。車体の色を決める会議で赤派と白派が対立していた。ある幹部が机の上に置かれたタバコの箱をみて、「この色、いいんじゃない」と言った。当時人気があった「ハイライト」の白と青のシンプルなデザインはスピード感ある色合いだ。すぐに青と白の二色を参考にデザインすることに決定した。この挿話は新幹線の当時の内部資料にも残っているらしい。

« 明治のうさぎブーム | トップページ | 「人生七十古来稀なり」 年齢の異称 »

産業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明治のうさぎブーム | トップページ | 「人生七十古来稀なり」 年齢の異称 »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30