無料ブログはココログ

« 残虐刑の歴史 | トップページ | 三日見ぬ間の桜かな »

2019年11月13日 (水)

水の都ベネチアが浸水

Photo_4

   イタリア・ベネチアの歴史地区が12日、高潮の被害を受けて水没した。中心部にある観光名所のサンマルコ広場は一面、数センチの高さにので浸水し、文字通りの「水の都」となっている。ところでベネチアはヴェネチア、ベニス、ヴェニスなど様々に表記されることがある。文学では「ヴェニスの商人」「ヴェニスに死す」だが、歴史の教科書では「ヴェネチア共和国」である。外国地名の表記は、「できるだけ原音に近く、同時に読みやすい表記を用いる。ただし、慣用の固定しているものは、これに従う」(朝日新聞の用語の手びき)これに従えば、イタリア語のヴェネチアが一番原音に近い。ところが「ベニスの商人」「ヴェニスの商人」という英語が早くに知られ、慣用が固定しているともいえる。ついついヴェネチアではなく、ベニスと言ってしまうことが多い。

« 残虐刑の歴史 | トップページ | 三日見ぬ間の桜かな »

地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 残虐刑の歴史 | トップページ | 三日見ぬ間の桜かな »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30