無料ブログはココログ

« 両世界大戦の人的被害状況 | トップページ | 読んでからみるか見てから読むか »

2019年10月 4日 (金)

細川政元

足利義政の死後権勢をふるった畠山正長を明応2年に倒し、11代将軍足利義澄を擁して政権を掌握したが、眼にあまるほどの専横な振る舞いが多く一揆が起こった。永正4年、養子澄之、澄元の家督争により、政元は薬師寺長忠、香西元長らに湯殿に入っている時に殺された。政元は「我はいつか空を飛びたい」と天狗の業の修業に凝っていたという。

 

« 両世界大戦の人的被害状況 | トップページ | 読んでからみるか見てから読むか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 両世界大戦の人的被害状況 | トップページ | 読んでからみるか見てから読むか »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29