無料ブログはココログ

« 読んでからみるか見てから読むか | トップページ | 「エ」 事項索引インデックス »

2019年10月 5日 (土)

枯葉

   数あるシャンソンの名曲の中でも、きわめつけの代表曲といえば「愛の讃歌」と「枯葉」の2曲にしぼられる。「愛の讃歌」は日本では越路吹雪や美輪明宏、最近では美川憲一や大竹しのぶ等が歌っているが、一方の「枯葉」のほうは何故かあまり最近耳にしない。「枯葉」は、散りゆく秋の枯葉に移ろいゆく恋や人生の姿をよせて歌った内容で、作詞はジャック・プレヴェール、作曲はハンガリー生まれのピアニスト、ジョセフ・コスマ。もともとは1945年に初演されたローラン・プチのバレエ「ランデ・ヴー」のために作られた曲だった。翌年に映画「夜の門」のなかでイヴ・モンタンが歌った。それほどヒットしなかったが、その後ジュリエット・グレコ、レオ・マルジャンヌ、コラ・ヴォーケール等が歌った。1950年代にアメリカでも流行し、世界的なヒット曲となる。最初に英語詩をつけて歌ったのはビング・クロスビーで続いてナット・キング・コール等がリリースするも決定打とはならず、ピアノのロジャー・ウィリアムスのインストゥルメンタルが1955年に全米で大ヒットした。日本では1953年に高英男が歌いラジオのシャンソンブームで広く知られるようになった。同名異曲に原大輔の「枯葉」がある。70万枚のヒット曲「秋冬」を持つ歌手だがシャンソンやカンツォーネも歌い現在も活躍している。アリスが作詩・作曲した横山みゆき「秋止符」(1983)も深まりゆく秋にふさわしい歌だ。

 

 

 

 

« 読んでからみるか見てから読むか | トップページ | 「エ」 事項索引インデックス »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 読んでからみるか見てから読むか | トップページ | 「エ」 事項索引インデックス »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31