無料ブログはココログ

« 鎌倉幕府の成立 | トップページ | マラー民衆の英雄、あるいは独裁者? »

2019年7月12日 (金)

唐詩選二首

 「薛華に別る」    王勃

こつこつ歩む人生には ふくろ小路が多い

せかせかと独り渡し場へのみちをたずねる

荒涼としてつづく千里の道

うらぶれはてた一生百年のこの身

心ばえは どちらもさすらい人

一生涯 二人とも苦労のしつづけ

去るものと止まるものへだてなく

お互いに夢の中の人なんだ

 

 「花を惜しむ」 陸龜蒙

人間は百までも生きたいと望むのに

花の咲くのはただ一春だけ

その間も雨風がやってきて

朝に夕にたちまち落ちて塵となってしまう

もし花に愁いを理解させることができるなら

花ははかないわが身を 花をみる人間よりも悲しく思うだろう

 

« 鎌倉幕府の成立 | トップページ | マラー民衆の英雄、あるいは独裁者? »

漢詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌倉幕府の成立 | トップページ | マラー民衆の英雄、あるいは独裁者? »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31