無料ブログはココログ

« 「む」 ファースト・ネームから引く人名一覧 | トップページ | 日本で最初の和訳聖書はいつか? »

2019年4月19日 (金)

なぜ地図は北が上か?

Orai07b 1800年旧暦閏4月19日、伊能忠敬(1745-1818)が蝦夷測量に出発した日を記念して本日は「地図の日」。1816年の測量完了までに4万km、つまり地球を一周歩いた距離に等しい。地図の編纂は死後3年目の1821年に高橋景保によって完成し幕府に上呈した。これが日本沿海與地全図(伊能図)である。大図214枚、中図8枚、小図3枚。それまでは日本の正確な実測図はなかった。オルテリウス地図帳のテイセラ日本図(1595年)には蝦夷地の未記入で、本州も不正確である。伊能忠敬の実測図をシーボルトが持ち帰ってから日本の地図が世界図に正確に記るされる。

  ではなぜ地図は北が上なのか?大航海時代、羅針盤もない頃、船乗りは地軸のほぼ真北に位置する北極星を目印にして、地図で航海したからと考えられる。

 

 

 

Photo_5
 
オルテリウス地図帳(1595)

« 「む」 ファースト・ネームから引く人名一覧 | トップページ | 日本で最初の和訳聖書はいつか? »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

伊能忠敬はすごい人物ですね。
欧米の専門家も精密な測量技術に舌をまいたということです。

日本の技術の高さは江戸期からのもので、国民的資質でしょうか。(。・w・。 )

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「む」 ファースト・ネームから引く人名一覧 | トップページ | 日本で最初の和訳聖書はいつか? »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30