無料ブログはココログ

« リンカーン「死の枕」 | トップページ | 捨欠伸(すてあくび) »

2019年4月14日 (日)

「陽気な未亡人」のメロディ

 映画音楽には二種類あって、その映画作品のためにオリジナルにつくられた楽曲とすでにあった楽曲を場面にあわせて使用する場合である。最近の日本映画などをみていると多くは監督が好きな楽曲を使用していることが多い。40年代から60年代までのハリウッドでは会社専属の音楽家がいて名曲が多くつくられた。パラマウントのビクター・ヤングのように。しかしヒッチコック作品にはなぜか話題になるようなテーマ音楽が多くない。「レベッカ」「汚名」「めまい」「サイコ」「鳥」いずれも名作だが主題歌のような曲はない。スリラーのため美しいメロディーよりも効果音を重視したのであろうか。ある日スーパー万代で買い物ををしていると不気味な音楽がいつも流れている。たぶん私だけが感じることなのだろうか。フランツ・レハールが1905年に作曲した「メリー・ウィドウ・ワルツ」である。「陽気な未亡人」という明るい楽曲なのだが、何故か不吉な不安感におそわれる。ヒッチコックの「疑惑の影」(1943年)というサスペンス映画で全編に流れているからだ。映画を観て覚えている方ならたぶん同じような感情を引き起こすかもしれない。ありふれた日常に起こる不安・恐怖といったものを。

« リンカーン「死の枕」 | トップページ | 捨欠伸(すてあくび) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リンカーン「死の枕」 | トップページ | 捨欠伸(すてあくび) »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31