無料ブログはココログ

« 漢字3000年の歴史と漢字制限 | トップページ | 敦盛は生きていた? »

2019年2月 6日 (水)

知ってる?県名の由来「佐賀」

  玄海灘と有明海の2つの海に接する佐賀県。吉野ヶ里遺跡、ムツゴロウ、大隈重信、葉隠などで知られるが、唐津・伊万里・有田などは古くから陶磁器の産地として有名である。最近は中国人や台湾人などアジアからの観光客にも人気が高い。「桃源郷」と称せられほど自然豊かで温泉があり、グルメもおいしい。ところで佐賀県の地名の由来には諸説ある。

①大きなクスノキが繁っているのをみた日本武尊が、「この国は栄の国(さかのくに)と呼ぶのがよい」といった。「肥前国風土記」の記述に由来し、「さか(栄)」が変化した。

②「砂州」「低湿地」を意味する「すか」が変化した。

③「さか(坂)」が変化した。

➃佐嘉川(現在の嘉瀬川)の河口付近は、満潮時に潮流が逆流するため、「逆流する川」の意味で「さか川」となり、この地域を「佐嘉」「佐賀」と呼ぶようになった。

« 漢字3000年の歴史と漢字制限 | トップページ | 敦盛は生きていた? »

地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 漢字3000年の歴史と漢字制限 | トップページ | 敦盛は生きていた? »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31