無料ブログはココログ

« 「燃えよ剣」と「新選組」 | トップページ | 平将門 »

2019年2月13日 (水)

いとしのバレンタイン

Franksinatramyfunnyvalentin408872    スーパーの棚にはチョコレートが並べられ、バレンタインデーが待ち遠しいシーズン。むかしこの時期聴きたい曲は「マイ・ファニー・バレンタイン」。なかでもフランク・シナトラ盤はネルソン・リドルの指揮・演奏でシナトラの名唱中の名唱。シナトラとキム・ノヴァック主演の映画「夜の豹」(1957年)に挿入されていた。もともとはロレンツ・ハート作詞、リチャード・ロジャーズ作曲による1937年の作品。同年のミュージカル「ベイブス・イン・マイ・アームズ」で使われた曲だった。このミュージカルは2年後MGMで映画化され、ジュディ・ガーランドが歌って知られるようになった。バレンタインとは男性の名前。つまり、この曲はバレンタインデーとは関係がない。「私のいとしのバレンタイン様」とあこがれの男性に思いを伝える女性が歌うべき曲ではあるが、なぜかベン・ウェブスター、マイルス・ディビス、チェット・ベーカーなど男性ミュージシャンに人気が高い。ロレンツ・ハートの歌詞にはvalentineと小文字で、つまりバレンタインデーにカードを送る相手、つまり「恋人、特別な人」を意味するともいわれる。でもこの曲の最後の歌詞に「毎日がバレンタインデーなんだから」と彼氏の名前をつなげているので、やっぱりバレンタインデーにふさわしい名曲なのだ。(MY FUNNY VALENTINE)

« 「燃えよ剣」と「新選組」 | トップページ | 平将門 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

いつも素晴らしい記事を拝見しておりますが、いろいろと勉強になり深謝申し上げています。バレンタインデー関連のご説明も知識の粮にさせていただきました。小生はやがて後期高齢者となりますが、この14日の朝枕元に異物を感じ、手に取ると老妻からのチョコでした。考えてみれば長いプレゼントなのです。小生は昔の人間、歯の浮くようなセリフは吐けません。ただ気持で感謝しただけでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「燃えよ剣」と「新選組」 | トップページ | 平将門 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31