無料ブログはココログ

« ケペル先生の何でも相談室2 | トップページ | 平成スタートの日 »

2019年1月 7日 (月)

大河ドラマの常連俳優

   昨夜放送の「いだてん」。嘉納治五郎がオリンピック参加を唱えるが、日本体育会長の加納久宜が反対する。演じている俳優の名前が思い出そうとしても、思い出せない。喉まで出かかっているのに。答えは「辻萬長」。「つじばんちょう」と覚えていたが、正しくは「つじかずなが」という。若いころからドラマでよく見かけるが、74歳になられたとか。これまで大河ドラマ出演は「いだてん」で10作品目。いちばん大河に多く出演した俳優は誰か?

   山県狂介、黒田官兵衛、島津久光、今川義元、近松文左衛門。これらの人物の共通点はなんだろうか?答えは江守徹。大河ドラマ第四作の「源義経」から始まって、「花燃ゆ」まで19作品に出演し、主要登場人物の出演回数において抜きん出たトップを誇る。この記録に続く大河10回以上の出演者は、久米明、北村和夫、金田龍之介、佐藤慶、磯部勉、西田敏行、石坂浩二、辻萬長など。

« ケペル先生の何でも相談室2 | トップページ | 平成スタートの日 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ケペル先生の何でも相談室2 | トップページ | 平成スタートの日 »

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31