無料ブログはココログ

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月31日 (木)

ヒマラヤ登山の歴史(20世紀前半)

  20世紀になるとヒマラヤ登山は、早くも1907年、ガルワール・ヒマラヤにあるトリスル(7130m)が、トム・ロングスタッフ(1875-1964)によって初登頂された。7000m峰に人類が立った最初だった。さらにイギリスのアレクサンダー・マイケル・ケラス(1868-1921)は1911年、パウンフリ(7128m)に登っている。1909年、イタリアのアプリッチ公の率いる大遠征隊がカラコルムにはいり、K2に失敗後、チョゴリザ(7654m)に試頂し、7500m近くまで登って記録を更新した。1899年から1912年にかけてアメリカのワークマン夫妻が、7回にわたりカラコルム周辺を探り、1906年ワークマン夫人(ファニー・ブロック・ワークマン)はヌンクン山群のピナクルピーク(6930m)に初登頂して、女性最高到達記録をつくった。しかし、7000m峰は、わずか3つしか登れなかった。

   第一次世界大戦によって中断されたヒマラヤ登山は、大戦終了とともにふたたび活発な時代にはいった。1921年、イギリスは初のエベレスト偵察隊を派遣して以来、1938年までに合計7回に及ぶ攻撃をくり返し、1933年、約8572mまで達したのが最高だった。カンチェンジュンカは、1929年と31年にドイツ隊が、K2は38年と39年にアメリカ隊が8000m近くまで登ったが落ちず、ナンガパルバット(8126m)は32年から39年まで5回、ドイツ・オーストリア隊の攻撃にもかかわらず、犠牲のみ多く成功しなかった。1936年、8000m峰ヒドンピークをねらったフランス隊も撃退され、8000m峰はついに一つとして陥落しなかった。一方、7000m峰では、1931年、スマイス隊がカメートを、36年、ティルマン隊がナンダデビーに登り、また同年、日本から初めて送られた立教大学隊が6000m峰ナンダコットに初登頂して、ヒマラヤ登山は隆盛をみた。しかし第二次世界大戦の勃発とともにふたたび休戦の時代にはいった。

五つ子誕生の日

1

    1976年月のこの日、鹿児島市立病院でNHK政治部記者山下頼充、紀子夫妻に五つ子が誕生。5人は元気に今年で43歳になる。世界には、オーストラリアの九つ子をトップに、メキシコで八つ子、スウェーデン、ベルギー、アメリカの七つ子が知られている。(1月31日)

2019年1月30日 (水)

チャールズ1世の処刑

King_charles_i_1628_ad   英国王の名前は、1000年の歴史でもリチャード、エドワード、ヘンリー、ウィリアム、チャールズ、ジョージ、ジョンなど10種類くらいしかない。1649年のこの日、チャールズ1世が清教徒革命で処刑された。12年後、王政復古によりクロムウェルの墓が暴かれ、遺体の首が刎ねられたのも今日である。チャールズ1世は英国史でも有名な国王の1人で、関ヶ原合戦の年に生まれたので、1600年から1649年と生没年が記憶しやすい。

    王権神授説を信じたイギリス王チャールズ1世は、議会を解散し、以後11年間にわたって議会を開くことなく、専制政治をおこなった。1639年、カルヴァン派(長老派)の強いスコットランドに国教を強制したことから反乱が起こった。1642年国王は北部のヨークに逃れ、ノッティグガムで兵を挙げた。1642年10月、エッジ・ヒルの戦いは勝敗なく終わったが、議会派にオリヴァー・クロムウェルが現れると、鉄騎兵を編成し、1644年7月2日、マーストン・ムーアの戦い、1645年6月、ネーズビーの戦いで国王派は敗れ、第1次内戦は終結した。

   1647年12月、チャールズ1世はスコットランドへ逃亡し、これと軍事同盟を締結して革命軍に対抗し、第2次内乱が始まった。革命軍は国王軍ならびにスコットランド軍を破り、1648年3月再び国王は囚われた。一旦は脱出したものの、1648年11月、国王はワイド島のカリスブルック城に難を避けた。しかるに議会の多数派なる長老派は王との妥協を決議した。ここにおいて、クロムウェルはプライド大佐(?-1658)に命じて長老派議員140名を議会から締め出して、わずか60名の独立議員(ランプ議会という)で1649年1月1日、国王チャールズ1世の特別裁判所設置法案が可決された。反逆罪で裁かれたチャールズ1世は、1月27日に死刑の判決が下され、1月30日ロンドンのセント・ジェームズ宮殿からホワイトホールの門を出て、ホール前につくられた処刑台に登った。最後まで身につけていた宝石と勲章をカンタベリー大司教に渡し、首切り台に身をかがめると、群衆のうめき声のうちに、チャールズ1世の首がころげ落ちた。(Charles,Henrry,William)

 

7341903111t

2019年1月29日 (火)

人口調査記念日(1月29日)

2012011700000316giz0000view

    明治5年、初の全国戸籍調査が実施されたことに由来する。当時の調査結果では、男性1679万6158人、女性1631万4667人の総人口3311万825人となっている。総務省統計局発表の最新人口(2019年1月1日現在)1億2540万人。厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は、2060年までの日本の将来推計人口は、8674万人と、半世紀で約3866万人減少すると予測している。

2019年1月28日 (月)

焼跡と映画館

06_01_01
 名古屋栄町のバラック(昭和20年)

  昭和20年8月、日本は太平洋戦争に敗れて、混乱と絶望におちいっていた。終戦後、配給は1人1日1合だった。不法だが闇市で買うしかない。近郊農家への買い出しが男の仕事だった。「戦後いちはやく復興し始めたのは、陸の玄関名古屋駅前であった。焼跡にはバラックやマーケットが建ち始め、大がかりな闇市、納屋橋河畔の大道市、笹島東北角にずらりと並んだアロハ・アーケードなど現在の姿からは想像もつかない状景であった」(名古屋中村区誌)

     戦後の混乱のなかで広小路にいちはやく目をつけた人物がいる。今は無き日本ヘラルド・グループの創業者である古川為三郎(1890-1993)だ。焼跡に立ち、戦後は必ず映画の時代が来ると予想した彼は、昭和21年に「今池国際劇場」「メトロ劇場」、昭和35年には「毎日ホール大劇場」「毎日地下劇場」を開館する。古川の予想どおりどの映画館も長蛇の列ができた。

製紙法と印刷術の世界史

Photo   トーマス・フランシス・カーター(1882-1925)は、その著書「中国における印刷の発明とその西漸」のなかで「紙の発明とその伝播は印刷の発明とともに、宗教改革の道をひらき、教育の普及を容易にし、火薬・羅針盤の発明とならんで、近代世界を形成する上に大きな役割を果した」と述べている。

  紙の歴史は長く、一般には紀元前2500年にエジプトで作られたパピルスに始まるといわれているが、厳密な意味で今日いうところの紙といえるものは、2世紀はじめ中国において後漢の宦官・蔡倫が樹皮・麻くず・ぼろ・魚網くずなどの植物繊維を原料としてつくつたのが最初であると後漢書が伝えている。紙文明は、15世紀のグーテンベルクの印刷術の発明とともに、近代文明と教育の普及を担ってきた。いわば紙は約500年間中国人の独占物であり、その後500年間は、もっぱらイスラム教徒のほとんど排他的ともいうべき支配下におかれていた。紙がヨーロッパに導入された後、その受け入れにはいくつかの障害があった。まず第1つに、パーチメントがまだ十分評価に耐えうる素材であり、ヨーロッパ製の初期の紙よりはるかによいものであった。第2に、ヨーロッパでの教育は、遅れており、字の読める人間の数は僅少であった。さらに、当初、教会は紙の受け入れに難色を示した。というのは、それがもっぱらイスラム教徒ないしユダヤ教徒に起源をもつものであったがためである。そこから、公的な記録や重要な証書として紙の使用を禁ずる法令が出ている。1221年における皇帝フレデレック2世の布告は、紙に書かれた証書は、法律的に無効であるとうたっている。したがって、紙は長い間、君主然たるパーチメントに対して臣従的なきわめて低い地位を占めていたに過ぎない。だがヨーロッパの舞台に印刷術が出現するとともに、紙のもつ本来の有用性が日の目をみることになる。だが21世紀以降の印刷物の氾濫は膨大な量に達し、その保存・整理が問題視されてきた。今年、日本でもアイ・パッドの発売により、紙の図書をめぐる状況は大きな変化をみせている。自分でスキャナーを購入して、紙の本を裁断機で切断して、スキャンして、自分で電子書籍をつくる人も出てきた。愛書家が聞いたら卒倒しそうな話だが、狭いマンション暮らしの人にとっては本の保管スペースなどをコストで換算すれば、処分するほうが得策と考えるのだろう。税金で運営される公共図書館でも書庫の収納限界に達した館では、電子化が促進される時代になってきた。本に対する専門的な知識を持たない職員の多いところでは、貴重な書籍が失われていく現状を知っているものにとっては、電子書籍元年という呼び声(新商品の販売戦略の営利行為)が愚行、蛮行の時代の時代の到来であることを確信している。なおカーターの大著は「中国の印刷術」として東洋文庫の一冊として翻訳されているが、執筆動機にはフランスのぺリオ(1878-1945)の千仏洞の経典の発見などの影響もみられる。つまり欧米人が砂漠の敦煌から東西文明の交渉史に衝撃を受けた著作なのである。文化史や文明論、および文化行政は1000年スパンの巨視的な態度でみなければいけない。

   紙の生産はそれぞれの文明国で作られてきたが、製紙業が今日のように近代産業としての地位を築いたのは紙すき機とパルプの発明があったからである。すなわち、1799年フランスのエロール製紙工場で働いていたルイ・ロベールは苦心のすえ連続的に紙をすく長綱式抄紙機(しょうしき)を発明し、1801年から1808年にかけてイギリスのフォードリニア兄弟(HenryとSealy Fourdrinier)の改良によって、紙の大量生産が可能になった。また、1840年にドイツ人フリードリヒ・ゴットロープ・ケラーが砕木パルプ法を発明したことによって、四季を通じ、しかも大量に紙の原料を供給することができるようになった。

 

生類憐みの令出る

E5beb3e5b79de7b6b1e59089851d6     三代将軍家光には、家綱、綱重、綱吉という3人の子がいた。家光が死んだので、家綱は11歳で将軍になり、40歳で死んだ。次男の綱重は兄より先に35歳で死んだ。そこで三男の館林城主・綱吉が次期将軍になるはずであったが、大老酒井忠清は綱吉はふさわしくないと考えた。理由は綱吉が低身長症を患っていたからだ。しかし綱吉は勇猛果断で学問好きの英明な君主だった。堀田正俊らの意見で綱吉は35歳で五代将軍職についた。歴史上、綱吉が暗君といわれるのはあの「生類憐みの令」のためだろう。「伊勢屋稲荷に犬の糞」という言葉があった。江戸に多いものをいう。江戸に犬が多かったことは、綱吉の「生類憐れみの令」とも関係する。俗説では綱吉が戌年生まれであるから、犬を愛護したといわれる。実際は野犬が増えて疫病が発生したからである。「生類憐れみの令」は貞享4年(1687年)1月28日に初めて発布された。1695年11月13日、中野、大久保に犬小屋が設けられ、江戸中の野犬を収容し、お犬奉行以下の役人をおいて丁重に世話をさせた。この令を犯したものは、死罪、遠島などの極刑に処せられたが、誤って刑にふれるものが多く数万人にものぼったという。しかしこの数字はのちの新井白石らの記録によるもので誇大な数字と考えられる。「生類憐みの令」は24年にわたり130もの法令が発令された。とくに1707年8月11日の法令には、どじょう、うなぎ、鳥を扱う商売が禁止された。

   綱吉の悪評は大地震、勅願大火、宝永富士山噴火など自然災害に悩まされた庶民がその原因を為政者に押しつけたからであろう。綱吉は戦国遺風を儒学を重んじる文治政治に変革した名君であった。新田開発などの成功により、減税で庶民の暮らしに余裕がでて元禄文化が生れたのも綱吉の治世の成果である。生類憐れみの令は1709年には廃止された。(11月13日)

 

 

 

 

2019年1月27日 (日)

香水の歴史

250pxsimone_martini_046   身体および衣服に付香する風習は、古代からさまざまな王国でおこなわれてきた。最初の香料は焚いて芳香を出すいわゆる香が主であった。しかしこのほかに油脂に芳香をしみこませたものもあり、古代エジプトでは自然流出の芳香性樹脂などで軟膏状の化粧剤を製して皮膚に塗っていたことが、遺物などによってうかがわれる。この化粧剤はギリシア人にも用いられた。ローマ人も香料をひじょうに好んだが、この時代には芳香性物質を油に溶かした液体のものがあり、現在のアルコール性香水の遠因ともいえる。中世に入り蒸留法によって香水が作られる。1370年ハンガリー王カーロイ1世の王妃エルジェーベト(1305-1380)の命令により作られたハンガリーウォーターが最初である。ハンガリアンウォーターは香水好きのフランス王シャルル5世に献上され、ヨーロッパ各地に広まり、西洋香水の原型となった。その後、ローマ貴族フランギバニが香粉をつくり、その末孫が香粉のかおりをアルコールに移すことに成功した。すなわちフランギバニ香水である。こうして香水はイギリスのエリザベス女王時代には広く男女ともに用いられ、18世紀前半ルイ15時代にはオーデコロンが現れる。19世紀ナポレオン3世の皇帝妃ウェジニーはパリ社交界の華となり、皇后にふさわしい香りをつくった。香水メゾン、ゲラン(1828年開店)は、蜂の塑像をあしらったオーデコロン「アンペリアル」、結婚式用に「ブーケ・ド・ウジェニー」を創作し、皇室御用達となった。

実朝暗殺の謎

Photo   源実朝の右大臣拝賀式は承久元年(1219年)1月27日、鶴岡八幡宮で行われた。早咲きの梅の花を見て、「出でていなば主なき宿となりぬとも軒端の梅よ春をわするな」と詠んだ。辞世の歌のような悲しいひびきがある。その儀式の夜、日暮れから降りはじめた雪はしんしんと積もった。実朝が雪の石段を下りたところ、頼家の遺児の公暁はイチョウの木の陰から突然おどり出して、将軍実朝を殺し、太刀持ちの源仲章も斬り伏せた。公暁は実朝暗殺のあと、三浦義村を頼ったが、義村に裏切られ、長尾定景に謀殺されてしまった。将軍実朝は30歳に満たない若い命を散らし、公暁も死に、ここに源氏の嫡流は絶えてしまったのである。

   鶴岡八幡宮の石段わきには「公暁の隠れ銀杏」といわれるイチョウの大木がある。高さ約30m、周囲6.8m、樹齢800年以上ともいわれている。ところが2010年3月夜の強風のため、この大木が倒れてしまった。樹齢800年であれば、公暁が隠れたイチョウの木はこれ以前の木かもしれない。それにしても「公暁の隠れ銀杏」の話は江戸時代以降に見られることで、慈円の「愚管抄」などの鎌倉時代の文献には、イチョウのことは一つも書かれていない。このことから史実ではなさそうだ。

    この実朝暗殺が、公暁一人の計画でなかったことはほぼ推察できる。しかし、これが北条義時の陰謀であるのか、あるいは三浦義村が暗殺計画の黒幕であるのか(永井路子の小説『炎環』)、さまざまな憶測は可能であるが、その真相はいまだに歴史上の謎につつまれている。

2019年1月26日 (土)

世界女優史サラ・ベルナール

Img_0028

   サラ・ベルナール(1844-1923)。パリ大学の学生E・ベルナールを父に、ユダヤ系オランダ人のジョリ・V・アールを母として、1844年10月23日パリに生れた。国立音楽演劇学校を卒業したのち、1862年に18歳でコメディー・フランセーズでデビューしたが、翌年には同座を去った。その後、ジムナーズ座に出演中ベルギーの貴公子に愛されモリスを産んだ。男に捨てられたサラはモリスをかかえて劇場を転々としながら、1866年に第二国立劇場オデオン座に入り、もちまえの努力と天性の美声によってフランソア・コベ作「行人」で初めて成功を収めた(1869)。普仏戦争後、ビクトル・ユゴー作「リュイ・ブラス」で大成功を収め(1872)、コメディー・フランセーズの支配人E・ぺランの懇望で同座に復帰した。ラシーヌ作「フェードル」で名声を得、以後、演劇界に大女優として君臨する。1879年にはヨーロッパ、南北アメリカを巡演。1893年にはルネサンス座の座長、1897年には自分の名をつけた劇場の座長となった。1915年、足を切断したが、演劇への情熱は衰えをしらなかった。なお、1900年には当時の俳優たちが重視していなかった活動写真にいち早く出演している。映画という新ジャンルのエンターテイメントが全世界に広まる時代は、すぐそこに迫っていた。

「り」 ファースト・ネームから引く人名一覧

53968  リチャード・ジョージ・ロジャースはイギリスの建築家。パリの「ポンピドゥー・センター」やロンドンの保険会社本社ビル「ロイズ・オブ・ロンドン」の設計が知られる。▽「リチャード・ヘンリー・トーニイ」1880-1962。イギリスの経済史家。▽「リリアン・ラッセル」1860-1922。19世紀末から20世紀初頭の米国ブロードウェイで活躍したオペレッタの女優。

リー・グラント
リー・J.コッブ
リー・トレビノ
リー・トンプソン
リー・ハーヴェイ・オズワルド
リー・バン・クリーフ
リー・マービン
リー・ミッシェル
リー・モーガン
リー・レミック
リーアム・ニースン
リーアム・ヘムズワース
リヴ・ウルマン
リヴ・タイラー
リーヴ・シュライバー
リヴァー・フェニックス
リカルド・モンタルバン
リザベス・スコット
リシャール・ボーランジェ
リス・エヴァンズ
リース・ウィザースプーン
リタ・ヘイワース
リチャード・アークライト
リチャード・アッテンボロー
リチャード・アーミテージ
リチャード・イヴリン・バード
リチャード・ウィドマーク
リチャード・ウィルソン
リチャード・カーティス
リチャード・ギア
リチャード・クレイダーマン
リチャード・クレンナ
リチャード・クロムウェル
リチャード・ジェンキンズ
リチャード・ジョンソン
リチャード・チェンバレン
リチャード・ドナー
リチャード・ドレイファス
リチャード・トレヴィシック
リチャード・ニクソン
リチャード・バック
リチャード・バートン
リチャード・ハリス
リチャード・プライヤー
リチャード・ブリンズリー・シュリダン
リチャード・ベースハート
リチャード・ベイマー
リチャード・ヘンリー・トーニイ
リック・モラニス
リドリー・スコット
リナ・ホーン
リノ・バンチュラ
リーバイ・ストラウス
リヒャルト・ゾルゲ
リリー・コリンズ
リリー・ソビエスキー
リュー・エアーズ
リュシアン・フェーヴル
リュシエンヌ・ドリール
リュシエンヌ・ボワイエ
リュック・ベッソン
リュドミラ・サベーリエワ
リリー・パーマー
リリアン・ギッシュ
リリアン・ヘルマン
リリアン・ラッセル
リリウオカラニ
リンゴ・スター
リンジー・ローハン
リンジー・ワグナー
リンダ・ダーネル
リンダ・ハミルトン
リンダ・ブレア
リンダ・フィオレンティーノ
リンドン・ベインズ・ジョンソン

帝銀事件と三菱銀行人質事件

Yohgisha    帝銀事件と三菱銀行人質事件。東京と大阪に起こった2つの事件は51年の隔たりはあるがともに1月26日に発生している。1948年、東京豊島区の帝国銀行椎名町支店で行員12名が毒殺され、現金・小切手18万1千円が強奪された。警察は毒物の専門的知識を持つ者の犯行として、犯人像を旧関東軍の細菌兵器研究部隊(731部隊)関係者とみていた。ところが事件から7ヵ月後、突如、捜査方針が転換した、8月22日、テンペラ画家平沢貞通が逮捕された。物的証拠がなく、毒物の入手経路も判明しないまま、昭和30年に平沢の死刑が確定した。しかし、死刑は執行されず、平沢は昭和62年95歳で獄死した。
    昭和54年1月26日、三菱銀行北畠支店で強盗事件が発生した。犯人梅川昭美は猟銃で警官と行員4人を殺害し、客らを人質に42時間籠城、28日に梅川は射殺された。

2019年1月25日 (金)

日本最低気温の日

 古本のめくる頁も寒さかな

  全国各地で厳しい寒さが続いている。1902年のこの日、北海道の旭川市で、日本の最低気温の公式記録氷点下41℃を記録した。ちなみに世界で一番の寒さは1983年7月21日に南極にある旧ソ連のボストーク基地で観測された氷点下89.23℃です。(1月25日)

消えていくリアル書店

   初雪や 消える街角 古本屋

Cajw6bff   街を歩いていて、なにがしかのオーラを放つ本屋さんに出会うと、うれしくなる。店内に入ると、大量の紙とインクの匂いがなつかしさを感じる。でも最近街の小さな古本屋や貸本屋をほとんどみかけなくなった。新刊書店も減少している。活字離れなどを背景に、経営不振などによる書店・古本屋の閉店が相次いでいる。リアル本屋は斜陽業界なのだ。1999年には2万2296店だった本屋が、2017年には1万2526店、つまりこの18年間で1万店ほど減った。原因としては①ネット書店の普及②若者が本を読まなくなった③不景気、ながびくデフレと低所得④図書館を利用するほうが安上がり、などの理由が考えられる。

   地方の書店が減ることは当然、出版業界にも悪影響を及ぼす。優秀な人材は出版界に就職しなくなる。良書を出版していた零細出版社は倒産する。村上春樹の小説がいかに売れようが、新潮社や講談社が肥大になろうが、問題は多様性を失うことで日本の言論は大きく低下し民主主義はさらに失速する、という悪循環がおこる。やはり地方の書店を育てなければならない。かつて公共図書館は地元の図書館から直に本を購入していたが、コンピューター化と装備の委託化で大手の取次ぎから直接購入するようになった。これも地方の書店の経営を悪化させた。寡占化が文化を滅ぼす。

2019年1月24日 (木)

「ロ」 事項索引インデックス

Romanholidayposterb1119   映画「ローマの休日」の脚本家ダルトン・トランボはマッカーシズムにより、赤狩りのため禁固刑の実刑を受け、刑期終了後も事実上ハリウッドから追放されていた。だが、いくつかの偽名を使って脚本家として仕事を続けた。「ローマの休日」はトランボの友人でイギリスの脚本家イアン・マクラレラン・ハンターの名義で執筆し、ハンターの名でアカデミー賞脚本賞(原案)を受賞したのである。2010年にはクレジットが本来のトランボの名前が変更され、トランボの名誉が回復された。▽「ロウリュ」フィンランドに伝わるサウナ風呂。▽「ロヒンギャ難民」19世紀までにバングラデシュ周辺から移住したイスラム教徒の子孫とされ、ラカイン州に約80万人が生活している。▽「ローレライ」ライン川が流れるサンクト・ゴア―ルスハウゼンの右岸に聳える高さ132mの岩山にローレライがある。黄金の櫛で髪をすきながらその歌声で船乗りたちを魅惑し、危険な流れの中に船を転覆させたという乙女の伝説は、ドイツのロマン派の詩人ブレンターノが1801年に発表した小説「ゴッドウィ」で主人公を慕う少女ヴィオレッテが「ローレライ」という物語詩を歌うのが起源といわれる。さらにハインリッヒ・ハイネによってその名は永遠に生きることになった。▽「ロボトミー(lobotomy)」精神病の外科治療として脳の白質の一部を切断するロボトミー手術が流行したが、大きな副作用があるため現在ではほとんど行われなくなった。▽「ロンゴ神」ポリネシア神話に出る神。農業や豊饒の神。(ろろろろ)

ロイクラトン祭り(タイ)
ロイド・ジョージ
ロイヒリン
狼鹿交配説話
老子
老人と海
老荘思想
ロウリュ
ロカルノ条約
ローガン山(カナダ)
六四天安門事件
ロケット
盧溝橋事件
ロココ式
ローザ・ルクセンブルク
ロサンゼルス
ローザンヌ条約
ロシア構成主義
魯迅
ロゼッタ・ストーン
ローゼンバーグ事件
ロダン
六ケ所村
ロック
ロディー朝
露土戦争
ロバート・オーウェン
ロヒンギャ
ロビンソン・クルーソー
ロフォーテン諸島
露仏同盟
ロベスピエール
ロボトミー
ローマ
ローマは一日にしてならず
ロマネスク式
ロマノフ家
ロマン主義
ロマン・ローラン
ロミオとジュリエット
ローラー作戦
ローラット法
ローランの歌
ロリータ
露梁海戦
ローリンソン
ロールスロイス
ローレライ
ロロ
論語
ロンゴ神
ロンドン会議
ロンドン塔
ロンメル
論より証拠
ロンバルディア同盟
ロンバルド王国
ロンバルド族
ロンボク島(インドネシア)

ああ思い違い一行ネタ集

Img786472e4zik3zj_4 デング熱をテング(天狗)熱と思い違い。デングはスペイン語で「引きつり、こわばり、硬直」の意味。▽唱歌「故郷」♪うさぎおひしかのやま~。「ウサギ美味し」と思い違い。▽磁器「有田焼」は「ありた」、「有田みかん」は濁って「ありだ」。▽小説家の万城目学は「まきめ」、作曲家の万城目正は「まんじょうめ」。▽はんにゃ金田(かなだ)。▽叶姉妹を本当の姉妹と思っていた。▽ピアスは和製英語なのでそのままでは欧米人に通じない。▽関西学院と関西大学、かんせいがくいん・かんさいだいがく。▽FNNニュースで内田嶺衣奈アナウンサーが龍虎が亡くなったニュースの際、「訃報(ふほう)」を「けいほう」と誤読した。「訃」が「罫線」の「罫(けい)」に似ているためか。▽むかしNHKの女子アナウンサーが「団塊の世代」を「男根の世代」と、トホホの誤読。▽宅配便の箱に「天地無用」と書かれている。上下逆さまになってもかまわないと誤解する人が多いが、実際は「上下逆さまにしてはいけない」ということ。▽フリーマーケットのフリーは free(自由)ではなく、蚤を意味するflea(フりー)である。▽向田邦子のエッセイ「ないものねだり」に「モロッコの首都はカサブランカです」とある。著者の思い違いでラバトである。▽「天才バガボン」の歌に「♪西から昇ったお陽様が東へ沈む」とある。この歌に影響されていまだに太陽が西から昇ると思い込んでいる中年がいる。▽誤読例。「凡例」を「ぼんれい」(正しくは「はんれい」)。「根抵当権」を「こんていとうけん」(正しくは「ねていとうけん」)。「世迷い言」を「よまよいごと」(正しくは「よまいごと」)。「諸刃の剣」を「もろはのけん」(正しくは「もろはのつるぎ」)。「依存心」を「いぞんしん」(正しくは「いそんしん」)。▽ネット選挙という新語。政党や候補者がインターネットを使って選挙運動できるようになったことだが、ネットで投票できると誤解する人が多い。▽NHK新BS日本のうた、会場は座間市。ところで座間市は沖縄県ではなく、神奈川県にある。▽米ワシントン州。東部ではなく、西海岸最北部にある。▽出汁は「でじる」ではなく、「だし」と読む。▽道頓堀のくいだおれ人形。モデルは大村崑ではなく、杉狂児。

ローマ皇帝カリグラ

Originalheadofcaligula   第3代ローマ皇帝カリグラは悪名高い狂人である。カリグラとは、正式の名前ではない。本名はガイウス・ユリウス・カエサル・アウグストゥス・ゲルマーニクス、という。初代皇帝アウグストゥスの娘ユーリアと、アウグストゥスの右腕といわれた将軍アグリッパとの間に生まれたアグリッピーナを母に持ち、これもローマの名家の出であるゲルマニクスを父として、西暦12年8月31日に生まれ、41年1月24日に没した。

   カリグラという愛称も、「小さな軍靴」という意味だ。ローマ軍団の兵士たちは、「カリガ」と呼ぶ。25歳で即位した直後のカリグラ帝は民衆に愛され、高貴で穏健な君主だった。ところが10ヵ月のちに、重い病に罹り、回復したのちは人が変わったように暴君となった。西暦41年、近衛隊の者によって暗殺されたらしい。カリグラだけでなく、妻も幼い娘も殺されたという。 

ところで1月24日はカリグラの命日ではあるが五賢帝の一人ハドリアヌス帝の誕生日(西暦76年)でもある。 Caligula、Hadrianus

エムス電報事件

   ナポレオン1世の甥で、第二共和政大統領のルイ・ナポレオンは1852年ナポレオン3世として第二帝政の皇帝となった。しかしその対外政策は、ほとんど成功しなかった。メキシコの遠征に失敗し、普墺戦争における中立の代償としてライン左岸を要求してビスマルクの拒否にあい、1867年にはオランダからルクセンブルグを買収しようとして、ビスマルクに妨げられ果たしえなかった。ドイツをつねに分裂状態に置くことはフランスの伝統的政策であったが、ナポレオン3世がビスマルクの巧妙な外交政策に妨げられ、これ以上プロシアの強大化を許すことはフランスの安全をおびやかすものであったから、ナポレオン3世は、プロシアと対立する南ドイツ諸邦と結ぶために積極的に働きかけた。いっぽうビスマルクは、フランスとの衝突の不可避を予期して軍備の拡張を進め、ナポレオン3世の領土的野心を暴露してドイツ国民の敵愾心をあおり、秘密のうちに南ドイツ諸邦と攻守同盟を結んでフランスに対抗した。こうしてドイツ統一の完成にあたり、プロシア・フランスの決戦はさけられない情勢となったが、衝突の直接の動機となったのは、スペイン王位継承問題であった。

    1868年にスペインに革命が起こり、新政府はプロシア王の一族レオポルド親王を国王に立てようとした(1870)。これに対しフランスの世論は大いに沸騰し、ナポレオン3世は欧州の勢力均衡を破壊するという理由で、プロシア王に強硬な反対意見を通告した。1870年7月13日、ビスマルクは、西ドイツの温泉場エムスで休養中のプロシア王とフランス大使ベネデッチの会見を報じた電文を、フランス大使が不当な要求をしたかのように内容をゆがめて発表した。この有名なエムス電報事件という策略により、大いにドイツ国民は激昂し、対仏戦争に結集させることに成功した。同時にフランス人の敵愾心は爆発し、議会は1870年7月17日プロシアに宣戦を布告した。ナポレオン3世は病気にもかかわらず、軍の指揮をとったが、プロシア軍に撃破されスダンに追い込まれ、普仏戦争はわずか40日間の戦いでフランスの大敗に終った。1871年1月、ヴィルヘルム1世はヴェルサイユ宮殿でドイツ皇帝として戴冠式を行い、ドイツ帝国が誕生した。(参考:吉岡力「世界史の研究」)

2019年1月23日 (水)

青森歩兵第五連隊八甲田遭難始末記

Img545c77e8n1gh4c

    日本陸軍は対ロシア戦に備えて、雪中行軍の訓練を計画した。開戦した場合、津軽海峡と陸奥湾を封鎖されると、青森・弘前、青森・八戸間の交通は八甲田山系を縦断する道路を利用せざるを得なくなるが、雪深い冬期の交通が可能か否か、未だ確認されていなかった。そのため陸軍の実験行軍を決定、青森の歩兵第五連隊と弘前の歩兵第31連隊に八甲田山の縦走を命じた。明治35年1月23日6時、青森歩兵第五連隊215人(神成文吉、山口鋠)は出発する。だが途中、吹雪のため進退を決するべく作戦会議が開かれた。悪天候を見れば退却は明らかであったが、大隊長の決断で前進が決まった。こうして猛吹雪で道を迷って彷徨、25日には199人が凍死した。この大惨事は準備不足と天候の急変が原因であるが、加えて指揮官の無謀な判断が多大な犠牲を強いる結果となった。同じ時期、反対側の三本木から青森へ進んだ弘前歩兵第31連隊(福島泰蔵)は11日間にわたる全行程を踏破し、無事に青森に帰還している。新田次郎の小説「八甲田山死の彷徨」は二隊を対比し、自然との闘いを迫真の筆致で描いている。

2019年1月22日 (火)

国民食、カレーライスの謎

Yukichi_s   今日はカレーの日。1982年に全国学校栄養士協議会が1月22日の給食のメニューをカレーにすることを決め、全国の小中学校で一斉にカレー給食が出されたことにちなんで定められた。インド発祥の料理にして、今や日本の国民食といわれるカレーライス。カレーはタミル語「カリ(kari)」から転じたもので、「汁」という意味である。1908年に海軍が手軽に肉と野菜をバランスよくとれる食事としてカレーライスを採用したことが普及した理由といわれる。そして文献の中でカレーを初めて紹介した人物は福沢諭吉(1835-1901)であるということもクイズなどで知られている。福沢は「増訂華英通信」(1860)に簡単な意味やカタカナの発音を付記し刊行した。「Curry」は「加兀 (コルリ)」とある。はたして福沢がカレーを賞味していたかどうか定かではない。

 

0908282

 

左2段目にCurryの語がみえる(増訂華英通信)

ジャズが流れる部屋

Armstrongandholiday_neworleans1947_

   本日は「ジャズの日」。1月22日が何故か?JAZZの「JA」がJanuaryの先頭2文字であり、「ZZ」が「22」に似ていることからという。

    ジャズといえば中高年の男性というイメージがある。ジョン・コルトレーンだ、ソニー・ロリンズだ、マイルス・デイビスだとか、ジャズにうるさいのが友達にいる。ところが最近、「女子ジャズ」という言葉が生まれ、いま若い女性にジャズがうけているというオジサンたちにちょっと嬉しいようなニュース。ジャズにもいろいろあるので、女子ジャズがどんな傾向なのかは知らない。1910年代にニューオーリンズで生まれたジャズも、1930年代ではスイングジャズとしてダンス音楽として広まり、戦後1950年代からジャズは世界中の音楽して多様化してきた。ヨーロッパ映画のヌーヴェル・ヴァーグにもジャズが取り入れられ、日本も1960年代の映画・ドラマの音楽にもモダンジャズがバックに流れた。戦後の洋楽はジャズが中心だったといってよい。ケペルの趣味は、懐古的でサッチモやベニー・グッドマン、トミー・ドーシー、グレン・ミラーといったビッグバンドのスイングジャズが好みだ。もっとも自分ひとりで聞くにはいいが、BGMとしてはうるさ過ぎるので、女子ジャズといわれるものが心地よさそうだ。(New Orleans)

You'd be so nice to come home to   Helen Merrill  1956

Lallaby of Birdland  Sarah Vaughan  1954

You Belong To Me  雪村いづみ

Fools Rush ln(恋は愚かと言うけれど)Jimmy Dorsey 1945   

Strange Fruit(奇妙な果実) Billie Holiday

2019年1月21日 (月)

薩長同盟の締結日について

20070705_286420    江戸幕府に反抗をするため薩摩藩と長州藩との間で結ばれた慶応2年の軍事同盟を「薩長同盟」というが、その日は1月の21日説と22日説とがある。京都二本松の薩摩藩邸で、西郷隆盛、大久保利通、小松帯刀、島津伊勢、桂久武、吉井友実、奈良原繁、木戸孝允、坂本龍馬が同席した。龍馬の「坂本龍馬手帳摘要」の22日付には、「木圭(桂)、小(小松)、西(西郷)、三氏と会う」と記載されている。だが龍馬と同行して寺田屋で待機していた三吉慎蔵の日記には「21日、桂小五郎、西郷との談判約決の次第」と記されており、薩長同盟の期日の決定を欠き定説はないが、一般に21日が有力である。(1月21日)

2019年1月20日 (日)

義仲忌

紅梅を近江に見たり義仲忌   森澄雄

    倶利加羅峠の戦いで、木曽義仲が近くの民家から500頭の雄牛を集めさせ、角に松明を結んで火をつけた。狂うようにして暴走した牛の群れが、平家軍の中へ突っ込んでいく。恐怖に度を失った平家は、つぎつぎと深い谷底へと転がり落ちていった。「源平盛衰記」に描かれた義仲の火牛の計は本当だろうか。どうも司馬遷の「史記」田単列伝を引用したらしい。戦国時代の斉の将軍・田単は前279年、火牛の計で燕軍を即墨城外へ撃破した故事が有名である。旭将軍とたたえられた義仲も、わずか二月年たらずで落日の人となる。元暦元年(1184年)正月20日には北陸に敗走中、粟津で義経・範頼の大軍に敗死する。愛人の巴は女武者であったが、「女連れで死ぬのは恥ずかしい」という義仲のことばに、泣きながら、いずこへか去ったと伝えられる。大津の義仲寺には義仲と芭蕉の墓が隣り合わせに建てられている。

バスケット・ボール

110324113611   1892年のこの日、マサチューセッツ州のYMCAトレーニングスクール(現スプリングフィールド大学)で、同校の講師ジェームズ・ネイスミス(1861-1939)が考案したバスケット・ボールの初の公式試合が行われた。日本に伝わったのは、大森兵蔵が1908年に東京YMCAで初めて紹介された。(1月20日)

2019年1月19日 (土)

やかんの湯気

Be054900_2

    蒸気機関を改良した技術者ジェームズ・ワットは1736年のこの日、スコットランドの大工の子として生まれる。1763年グラスゴーでのこと。家族そろってのティータイム。ワット家では、食卓のヤカンが沸騰している。息子がヤカンの口をふさぐと、沸騰した蒸気の力で蓋がカタカタと音をたててもちあがった。それをみんなが楽しそうに眺めていた。だがワットはふと「蒸気の力」に気づいた。その日からワットはニューコメン機関の改良に関心を抱くようになり、新しい蒸気機関を発明したという。このワットの有名な逸話は実は、作り話である。17世紀のウスター卿が炉の上の鉄瓶の蓋が湯気で持ち上がるのをみて、蒸気ポンプを作ったという逸話をワットにすりかえたものらしい。

   スコットランド南西部のグラスゴーは産業都市。「国富論」を著わした経済学者アダム・スミス(カコーディー出身)はグラスゴー大学で学び、ジェームズ・ワット(グリーノック出身)はグラスゴー大学で機械工作の仕事に従事していた。

(James Watt,Adam Smith,Glasgow,Greenock,Kirkcaldy,1月19日)

2019年1月18日 (金)

リメイク作品はオリジナルを超えられるか?

A0212807_159554

   市川崑や木下恵介が晩年、自らの作品をカラーで再映画化した。なぜ大監督は再映画化したがるのかその心理はよくわからない。リメイク作品がオリジナルより良いという例はほとんどない。アクションや特撮ものであれば技術の向上により面白い作品に仕上がるケースはある。しかし小津安二郎などの名作をリメイクすることは、かなり冒険に近いことである。山田洋次はここ数年、小津作品に関心を示している。既に舞台の演出で「麦秋」「東京物語」を手がけてきた。そして「東京物語」をモチーフに、舞台を現代に移し、家族の在り方を描く「東京家族」の制作を発表している。映画「東京物語」は世界の映画監督が選んだ「最も優れた映画」の第1位に選ばれた作品である。英国BBCは「その技術を完璧の域に高め、家族と時間と喪失に関する非常に普遍的な映画をつく上げた」と評価した。

 小津作品のリメイクには高いハードルがあるだろう。当初予定していた主演演級の菅原文太、市原悦子、室井滋らは降板するという異例の事態となった。そして小津作品リメイクに対して「天を恐れぬ所業」(河谷史夫)との批判も噴出した。映画は観てから批判すべきだと思うのだが、なにやら暗雲がただよう。芸術は既成の名作を破壊して新しいものを創造していくことに真価があるとおもうのだが、80歳を過ぎた巨匠にはやはり過去をよりどころにするしかないのであろう。映画界も話題性と安全性とでリメイク映画が生れるのだろうか。

   ハリウッドも最近リメイクブームが続いている。CG技術の向上で、スペクタクル作品が安価で作られるようになり、知名度の高い作品は映画興行だけでなく、ソフトコンテンツの収益が見込まれるからだろう。「ベンハー」「オリエント急行殺人事件」、テレビ版「戦争と平和」などなど。1964年「メリー・ポピンズ」の続編をエミリー・ブラント主演で「メリー・ポピンズ リターンズ」(2018)。1967年にボニーとクライドを主人公にした映画「俺たちに明日はない」をクロエ・グレース・モレッツとジャック・オコンネルで撮影が行われている。はたして旧作を超えることができるだろうか。

厄神詣で

Photo_6
多井畑厄神(神戸市須磨区)毎年1月18日から1月20日まで行われる厄除け祭には多くの参拝者で賑わう

    男42歳、女33歳の大厄を初め、その他の厄年にあたった人が、厄難をまぬかれるために厄払いをする。厄払いにもいろいろ方法がある。家を出て身につけたものをわざと途中で落とし、顧みず、乞食などに拾わせる。褌を落としてくるふぐりおとし。年の数だけの銭を包む厄払いの包み銭など。厄神参り、厄神詣でと呼ばれるものもある。

   「やあらめでたや、こなたの御寿命申さば、鶴は千年、亀は万年、浦島太郎が八千歳、東方朔が九千歳、三浦の大介百六つ。かかるめでたき折柄に、いかなる悪魔が来るとも、西の海へさらり」などという。

2019年1月17日 (木)

竹林の七賢

   魏・呉・蜀のうち北中国を統一したのは魏である。しかし魏の文帝が在位7年で死去したあと、後継の座についた明帝は、晩年、奢侈に溺れ失政が目立つようになった頃から、衰えはじめた。明帝には子供がなく、重臣間の闘争が激化し、249年に司馬氏一族が権力を握った。この時代に老荘思想の無為自然をモットーに、酒や詩を愛した文人たちを竹林の七賢と呼ばれる。阮籍、稽康、山濤、劉怜、阮咸、向秀、王戎の七人をいう。もっともこの7人が実際にグループを組んで活動したわけではなく、7人を一括りにすることを好む後世の人が作り上げた架空のグループといわれている。

コロッセウム

Giovanni_battista_piranesi_the_colo
18世紀ピラネージの銅版画

 

Vespasian3
ウェスパシアヌス皇帝 (在位69-79)

   ローマで一番に人気のある観光スポットといえばコロセウムである。日本語での表記は様々で、英語でコロシアム、イタリア語でコロッセオ、ラテン語でコロッセウム。正式にはフラウィウスの円形競技場といい、フラウィウス朝の皇帝ウェスパシアヌスと彼の息子ティトゥスとドミティアヌスが完成した。名前の由来はネロ帝の宮殿の址に建設され、ネロ帝の巨大な石像(コロッセオ)があったことから「コロッセオ」と呼ばれた。

   この名高い闘技場でたくさんの剣闘士たちが傷を負ったり死んだりしている。猛獣と人間との戦い、剣闘士による人間同士の戦いを観て、大観衆が流れる血にわきかえる。このような残忍なローマの風習はなぜ長く続いたのか。一説では、この競技は、エトルスキ人の宗教儀式に起源をもつと考えられる。紀元1世紀に、キリスト教会の創始者の1人で、アンティオキアの司教でぁつた聖イグナティオスがライオンに身体を引き裂かれ、ここで殉教している。西暦404年には、キリスト教の修道士聖テレマコスが、ある剣闘士の闘いを止めさせようと間に入るが、群衆に石を投げつられて殺されてしまう。この蛮行に立腹した時の皇帝ホノリウスは、ローマでは剣闘士の登場する娯楽はすべて廃止した。それでも細々と続いていた剣闘士競技も5世紀半ばには行われなくなり、こうしてコロセウムも次第に衰退していった。ルネサンスの古代崇拝にもかかわらず、コロッセウムは長い間に荒廃していった。おそらく1231年の大地震のときに、南西部の外郭全体が崩落し、形をとどめない石のかたまりになってしまった。数百種の珍しい植物が生い茂り、1855年にはリチャード・ディーキンの「コロッセウムの植物誌」が出版されるほどであったが、周辺の衛生環境は悪く、当時のコロッセウムはチフスなど病気の発生源ともなっていた。ナポレオンがローマを占領してから、フランス人によって雑草が除去され、19世紀から20世紀はじめにかけて修復工事がおこなわれた。

2019年の正月テレビ番組

 レモンを持った嵐が表紙のテレビガイドを購入し、年末年始の番組をチェックする。クラッシック音楽やドキュメンタリーや深夜番組もいっぱい観たい。紅白はサザン&ユーミンの共演で41.5%の高視聴率で演出成功。フジテレビ「レ・ミゼラブル終わりなき旅路」。大河ドラマ「いだてん」が低視聴率で大コケ。かなり時代錯誤なしろもの。杉咲花「ハケン占い師アタル」好調発進。斎藤飛鳥主演の「ザンビ」残念ながら関西では見れない。今年活躍が期待される女優は、本命「浜辺美波」、対抗馬「清原果耶」と「上白石萌歌」。

1日(火)ニューイヤー駅伝▽東京フレンドパーク▽ニューイヤーコンサート▽嵐にしゃがれ

2日(水)新春ドレミファドン▽家康、江戸を建てる▽平成ネット史▽細野晴臣イエローマジックショー(103)

3日(木)アナと雪の女王▽大沢たかおインカ帝国▽石原さとみinスペイン▽VS嵐

6日(日)いだてん▽レ・ミゼラブル▽3年A組▽モンローが死んだ日▽崖っぷちホテル一挙放送

7日(月)忘却のサチコ最終話

12日(土)世界ふしぎ発見「始皇帝」

13日(日)大相撲初場所

18日(金)トクサツガガガ

19日(土)ゾンビが来たから人生見つめ直した件

天災は忘れたころにやってくる

   阪神淡路大震災から24年。多くの遺族や被災者が午前5時46分に黙祷をささげた。1995年の兵庫県南部地震によって引き起こされた大地震は死者・行方不明者6439人、住宅全半壊約25万棟、住宅全焼失約7000棟とされる。

   日本は世界でも有数の地震国であり、また日本列島は地震活動期に入っており、毎日のように地震速報がだされている。現在、どこで巨大地震が起きても不思議ではない。東大地震研究所は「震災をきっかけに首都圏では地震活動が活発化してM7級直下地震が4年以内に70%の確率で来る」と発表した。東大地震研究所は大正14年、東京帝国大学付属地震研究所が設立された。初代所長は末広恭二(1877-1932)、2代目所長は石本巳四雄(1893-1940)。地震研究所の設立には寺田寅彦(1878-1935)も大きく協力していたようだ。正面玄関の壁には寺田による碑文が今も掲げられている。

   明治24年濃尾地震の災害に鑑みて震災予防調査会が設立され、我邦における地震学の研究が漸く其緒に就いた。大正12年帝都並びに関東地方を脅かした大地震の災禍は更に痛切に日本に於ける地震学の基礎的研究の必要を啓示するものであった。この天啓に促されて設置されたのが当東京帝国大学付属地震研究所である。(中略)本所永遠の使命とする所は地震に関する諸現象の科学的研究と直接又は間接に地震に起因する災害の予防並びに軽減方策の探求である。この使命こそは本所の門に出入りする者の日夜心肝に銘じて忘るべからざるものである。

   有名な警句「天災は忘れたころにやってくる」は寺田寅彦全集をはじめ彼の著作物からその出所を明らかにすることはできない。「天災と国防」(1934年)という随筆には地震による被害が増大すると指摘し、防災の必要性を説いている。この言葉は寺田が地震研究所にいたころ生まれたのではないだろうか。だれかれということなく、寺田の考えを要約した警句として流布していった。中谷宇吉郎の「天災」という一文の中に、寺田寅彦の名言として紹介され、江湖に広まった。同様の言葉は英語の諺にもあるらしい。

Natural disasters comes when we've forgorten all about then.

    寺田寅彦は明治11年11月28日、寺田利正・亀の長男として東京で生まれた。明治14年、郷里の高知に転居。明治30年、熊本第五高等学校の学生だった寅彦は両親のすすめで、阪井重季の娘・阪井夏子(1883-1902)と結婚する。夏子は少女時代から目立つ美人で、松山に住んでいた頃、松山の中学生だった安倍能成(1883-1966)が憧れていたといわれる。目が大きく、「お夏さんの目が光るからランプはいらぬ」と親族の子どもから言われた。だが寅彦と夏子の幼い夫婦は熊本と高知と離れ離れの新婚であった。

    明治31年1月17日の寅彦の日記には次のようにある。「夏子より手紙きたる。先日、送りやりし泰西婦女亀鑑の礼や、夏の休暇の待たるる事やしたためたる末に、近来川田兄のしきりに伉儷を詮索される旨も書き添えたり」とある。伉儷(こうれい)とは夫婦の意。つまり寺田寅彦夫婦は両家公認ながら内密なものであった。その理由は、父親同士が陸軍仲間で夏子は不倫の子であり、祖母に育てられた夏子を幸せにしてあげたいという周囲のおもいやりからでたものという。寅彦の欠落した日記は結婚の経緯を秘密にしておくためだったと朝日新聞は推測している。明治32年東京帝国大学に入学した寅彦は夏子と東京での同居が始まり暮らし、明治34年に長女貞子も生まれるが、翌年の秋、僅か19歳で夏子は肺結核で亡くなる。(参考:牧村健一郎「愛の旅人・ハンカチ振る浜辺の妻」朝日新聞2008.1.12,寺田寅彦「天災と国防」)

2019年1月16日 (水)

オクタヴィアヌス

Scaugustus   紀元前27年のこの日、ローマ政界一の実力者ガイウス・オクタヴィアヌスが元老院からアウグストゥス(尊厳者)の尊称を受けた。この結果、オクタヴィアヌスが軍隊の駐屯が必要とされる属州の大半を統治することになり、事実上の専制君主、初代皇帝となり、ローマ帝政が開始されることになる。(1月16日、Augustus)

2019年1月15日 (火)

ブラック・ダリア殺人切断事件

C54e9a92c3d68f785bcee2d660aaa030     戦争中の殺人事件の増加や、簡単に人を殺す風潮は、多くの人間が戦地で死んでいく状況で生命の価値が軽視されていたことと強く結びついている。戦争によって人間性を踏みにじられた軍人たちが、どのような精神状況で終戦直後を生き抜いたか知ることはなかなかできない。世界的にみても終戦直後の数年は犯罪は、暴力犯罪は55%、性犯罪はほぼ40%も増加した。日本においても金田一耕助シリーズの小説にみえる猟奇的な犯罪が多く終戦直後という時代設定にしているという事も無関係といえない。

   1947年1月15日、ロサンゼルスで起きたエリザベス・ショート(1924-1947)という若い女性の迷宮入りとなった悲惨な殺人事件がよく知られている。女優志望の被害者エリザベスは売春婦・ウェイトレスなどをして稼いでいたが、いつも黒い下着を身につけていたことから、ブラック・ダリアと呼ばれている。女性の死体はウエストの下で2つに切断されていた。片方の大腿には「BV」の文字が刃物で刻まれており、一方の乳房は半ば切り取られ、口の両端は頬まで深く切り裂かれていた。そして死体からは、明らかに血液が抜かれていた。このアメリカ犯罪史上、最も有名な猟奇殺人では40人あまりの嘘の自白があった。この事件では、男性だけではなく女性からも自首してきて、虚偽の自白をした。彼女たちの告白には、べスが自分の男を盗んだので殺したというものが多かったが、自分を捨ててほかの女のもとに走ったので殺したと言った女性もいた。結局、事件から70年近くが経つが真犯人は判らず、迷宮入りとなってしまった(Black Dahlia,Elizabeth Short)

2019年1月14日 (月)

「け」 ファースト・ネームから引く人名一覧

Pic4    トルコ革命の指導者ケマル・アタテュルク。本名はムスタファ・ケマル。「アタテュルク」とは「父なるトルコ人」という意味の称号。ケマル・パシャともいうが、パシャは軍司令官に与えられる称号。

ゲアハルト・ハウプトマン
ケアリー・マリガン
ケイティ・ペリー
ケイ・フランシス
ケイト・グリーナウェイ
ケイト・モス
ゲイル・ラッセル
ケヴィン・クライン
ケヴィン・コストナー
ケヴィン・スペーシー
ケヴィン・ベーコン
ゲオルギ・ディミトロフ
ゲオルギー・プレハーノフ
ゲオルギー・マレンコフ
ゲオルギオス・ツァラゴグル
ゲオルク・ウィッティヒ
ゲオルグ・イェリネック
ゲオルク・オーム
ゲオルク・カイザ
ゲオルグ・クリストファ・アインマルト
ゲオルク・ケルシェンシュタイナー
ゲオルク・ジーモン・オーム
ゲオルグ・ショルティ
ゲオルク・ジンメル
ゲオルク・フォン・ヘルトリング
ゲオルク・ミヒャエリス
ケーシー・アフレック
ケーティー・ホームズ
ケート・ウィンスレット
ケート・キャプショー
ケート・ハドスン
ケート・ブランシェット
ケート・ベッキンセール
ケート・ボズワース
ケネス・クラーク
ケネス・コールグローブ
ケネス・スコット・ラトゥレット
ケネス・ノーランド
ケネス・ブラナー
ケネス・モア
ゲプハルト・レベレヒト・フォン・ブリュッヒャー
ゲラルドゥス・メルカトル
ケーリー・エルウェス
ゲーリー・オールドマン
ゲーリー・クーパー
ケーリー・グラント
ゲーリー・シニーズ
ゲーリー・ビジー
ケリー・マクギリス
ケリー・ラッセル
ケリー・リンチ
ゲルト・フォン・ルントシュテット
ゲルト・フレーべ
ゲルハルト・ベルガー
ゲルハール・ヘンリック・アルマウェル・ハンセン
ゲルマン・チトフ
ケン・アナキン
ケン・ローチ
ケンドリック・ラマー

ジェニファーといえばジェニファー・ローレンスという現在

  ジェニファー・ローレンスの「世界にひとつのプレイブック」(2012年)を見る。いまや世界で最も注目を集めている女優のひとり。ハワイで大麻疑惑やニコラス・ホルト、クリス・マーティンとのロマンスと公私ともどもゴシップ欄を賑わせている。まだ数本の作品しかしらないので、画像で金髪や黒髪やらで顔や表情がとても変化に富む。映画では3年前に夫を事故で亡くして、職場の男性と片っ端からSEXして気分の浮き沈みが常に激しく情緒不安定。ダンスに情熱をもやし、大会に出場するもセクシーすぎて評価されず。この一作でジェニファーという女性名前はローレンスが独占したようなもの。これまでジェニファーといえば、ジェニファー・オニール、ジェニファー・ビールス、ジェニファー・ロペス、ジェニファー・アニストン、ジェニファー・コネリー、ジェニファー・ラブ・ヒューイット等がいた。でも私はやはりジェニファーといえば、ジェニファー・ジョーンズ。

ジェニファー・ローレンスはその後も「ハンガー・ゲーム」と「X‐MEN」の人気シリーズ、「パッセンジャー」や「レッド・スパロー」などヒット作を連発している。その魅力はどこにあるのか。ふわふわとした金髪。スタイルもよく美人そうだけど、そうじゃない気もする。胸は大きくないが、胸チラの露出度は高い。セクシー系というより癒し系。見ていて親近感がわく、ちょうどよい美人。男性客が映画館でみたい女優No.1というだけのことはある。

Cn_image_0_size_jenniferjones500

Img_0001_2

Terminalstationjenniferjones

72444


17c4c801d0ae9a67f180591adec627d2


Bernadette09


Lajenniferjones1946_kutngnnc






赤坂喰違の変、武市熊吉ら処刑

Dscn0132

    明治7年1月14日の夜、岩倉具視(1823-1883)は公務を終え、赤坂の仮皇居から退出して自宅へ帰る途中高知の征韓論派の武市熊吉ら9名に襲われた。岩倉は眉の下と左腰に軽い負傷はしたものの、皇居の四ッ谷濠へ転落し、辛うじて助かった。前年の秋に西郷隆盛らは征韓論に敗れ、征韓論に反対した岩倉への不満が暗殺の動機だった。同年7月9日、9名全員(武市熊吉、武市喜久馬、山崎則雄、島崎直方、下村義明、岩田正彦、中山泰道、中西茂樹、沢田悦弥太)は死刑に処せられた。

2019年1月13日 (日)

森雅之から菅田将暉まで

   最近、「俺たちの旅」の再放送をみている。カースケ、同級生オメダ、それに同郷の先輩グズ六の青春ドラマ。それ以前に日本テレビ系で放送された学園ドラマの生徒たちも多数ゲスト出演している。寺田農、石橋正次、保積ペペ、水沢有美、清水昭博、佐久間宏則、三景啓司など。ワカメという渾名で浪人生の森川正太は準レギュラーでこのドラマ以降、名前を知られるようになった。その森川が「売れない役者」という本を書いている。むかしスタジオで出番を待っていた森川は「何時間またせるんだ!」と怒鳴った。そのとき同じように出番を待ていた年輩の役者から「役者は待つのも仕事のうちだ」とやさしく諭されたと書いている。帰宅後、母にその話をしたところ、その俳優は森雅之だった。森雅之は「或る女」「カインの末裔」などで知られる小説家有島武郎の長男で、戦後「安城家の舞踏会」「羅生門」などの映画をはじめ、数々の舞台で名演技をみせている名優。森川の母も息子の行状にあきれて絶句したという。ちなみに森は1911年1月13日に北海道札幌市で生まれた。1955年度キネマ旬報賞男優賞を受賞している。2010年以降の主演男優受賞者は次のとおり。豊川悦司、原田芳雄、森山未來、松田龍平、綾野剛、二宮和也、柳楽優弥、菅田将暉。

儚い砂の器

   5人組(現在は4人組)ムード歌謡グループ「純烈」。紅白やレコ大など年末年始のテレビでもひっぱりだこだった。大ブレイクするかに見えたが、わずか10日で事態は暗転。メンバーのひとり友井雄亮の過去のDVや金銭トラブルが発覚する。スーパー銭湯などの地道なライブ活動から夢の紅白初出場と話題をふりまいたが、ファンを裏切ることとなった。「純烈」はメンバーの履歴がユニークだ。5人のうち4人は戦隊ヒーローの俳優出身。リーダーの酒井一圭は「あばれはっちゃく」子役だ。小田井涼平は映画評論家Lilicoと結婚。ほんまもんプロポーズだった。白川裕二郎はなんと大相撲の力士だった。最年少の後上翔太は東京理科大学中退のインテリ。騒動を起こした友井雄亮は「仮面ライダーアギト」の俳優。演じた役柄も野性的で粗暴なヒーローだった。「好事魔多し」というが、紅白目指して一生懸命、頑張ってきたのに、砂の器のようにはかないものだ。和賀英亮と友井雄亮、「亮」の1字が哀しい。

乳母車

   深夜、屋敷町の塀に沿って続く一本道を歩いていた。すると、自分の先方にギイギイという乳母車を押す音がする。追いついて見ると、うら若い女である。私は思い切って話しかけた。「お坊ちゃんですか…お嬢さんですか」「女でございます」そう答えた声は闇に沁み通るようであった。私の不躾な突然の質問に対してまるで当然のように落ち着いて言うのである。「おいくつですか」「三つでございます」「大変でございますね」私は何ということもなしに曖昧なことを言った。それに対して女は「はあ」と軽く言ったきりであとは黙っていた。私もそれで接ぎ穂がなくなり、ただ女と歩調を合わせて歩いて行った。車はひっきりなしにギイギイと厭な音を立てている。突然、今まで厚い雲の中に隠れていた月が雲の切れ間から現れたのである。私はそっと乳母車の中を覗き込んだ。明るい月の光に隅々まで照らし出された乳母車の中には意外にも子供の姿は見えなかった。ただ一つ美しい京人形が青白い月光を浴びて輝いていた。私は眼を上げて女の顔に視線を移した。女は乳母車を止めてじっと月を仰いでいた。女の顔は月の光に銀のように冴えて白かった。(氷川瓏、宝石1946年5月号掲載)

2019年1月12日 (土)

映像化された世界文学作品(戦前)

  最近、F・スコット・フィッジェラルドの小説「The Graeat Gatsby」レオナルド・ディカプリオ主演を観る。1920年代アメリカのジャズ・エイジ、禁酒法時代に生きる富豪青年の愛と挫折を描く。旧作ロバート・レッドフォード版と比べ、CG技術が一段と向上しているものの、華麗な社交界のムードはあまり甘美なものではなかった。これはアメリカ人の郷愁なのであろうか。文学作品の映像化にはさまざまな困難が伴うものであるが、その知名度ゆえに辛辣な批評はあっても興行的的に無難なケースが多い。過去に何度も映画化され、これからもさらに映画化を重ねて行くことだろう。記録にみる最も初期の文学作品の映画化はイタリア映画の「カルメン」(1909)といわれている。その後も、無声映画ではジェラルディン・ファラー、セダ・バラ、エドナ・パーヴィアンス、ポーラ・ネグリ、ラケル・メレ、ドロレス・アル・リオがカルメンに扮した。トーキーになってからはマルグリッド・ナマラ、インペリオ・アルヘンディーナ、ヴィヴィアンヌ・ロマンス、リタ・ヘイワースなどの女優たちが妖艶さを競った。おそらく世界中でこの100年間、最も数多く映画化された世界文学作品は「カルメン」ではないだろうか。

「不思議の国のアリス」1903年 セシル・ヘプワース監督

「ベン・ハー」1907年 シドニー・オルコット監督

「王子とこじき」1909年 

「椿姫」1910年

「復活」1910年

「ロミオとジュリエット」1911年

「二都物語」1911年

「虚栄の市」1911年

「ベニスの商人」1912年

「噫無情」1912年 カペラニ監督

「戦争と平和」 1912年 チャルディーニン監督

「クロイチェル・ソナタ」 1912年 チャルディーニン監督

「カルメン」 1915年 セシル・B・デミル監督

「戦争と平和」 1915年 ウラジミール・ガルディン監督

「復活」 1916年 マリオ・カゼリーニ監督

「スペードの女王」 1916年 ヤーコフ・プロタザノフ監督

「カルメン」 1918年 エルンスト・ルビッチ監督

「モヒカン族の最後」 1920年 モーリス・ターナー監督

「巌窟王」 1920年 アンリ―・プークタール監督

「椿姫」 1921年 レイ・C・スモールウッド監督

「カラマゾフの兄弟」 1921年 カール・フレーリッヒ監督

「サロメ」 1922年 チャールズ・ブライアント監督

「オセロ」 1922年 デミトリ・ブコウエツキー監督

「罪と罰」 1923年 ロベルト・ウイーネ監督

「ピーター・パン」 1924年 ハーバート・ブレノン監督

「ウィンダミア夫人の扇」 1925年 エルンスト・ルビッチュ監督

「女優ナナ」 1925年 ジャン・ルノワール監督

「ロード・ジム」 1925年 ヴィクター・フレミング監督

「ベン・ハー」 1926年 フレッド・ニフロ監督

「カルメン」 1926年 ジャック・フェデー監督

「ファウスト」 1926年 F・W・ムルナウ監督

「タルチュフ」 1926年 F・W・ムルナウ監督

「アンナ・カレニナ」 1927年 エドマンド・グールディング監督

「復活」 1927年 エドウィン・ケリュー監督

「マッチ売りの少女」 1927年 ジャン・ルノワール監督

「テレーズ・ラカン」 1927年 ジャック・フェデー監督

「鉄仮面」 1929年 アラン・ドワン監督

「三文オペラ」 1931年 G・W・バプスト監督

「カラマゾフの兄弟」 1931年 フョードル・オツェプ監督

「戦場よさらば」 1932年 フランク・ボゼージ監督

「にんじん」 1932年 ジュリアン・デュヴィヴィエ監督

「雨」 1932年 ルイス・マイルストーン監督

「ロビンソン・クルーソー」 1932年 エドワード・サザーランド監督

「夜間飛行」 1933年 クラレンス・ブラウン監督

「ボヴァリー夫人」 1933年 ジャン・ルノワール監督

「痴人の愛」 1934年 ジョン・クロムウェル監督

「女優ナナ」 1934年 ドロシー・アーズナー監督

「虚栄の市」 1935年 ルーベン・マムーリアン監督

「罪と罰」 1935年 ジョゼフ・フォン・スタンバーグ監督

「アンナ・カレニナ」 1935年 クラレンス・ブラウン監督

「噫無情」 1935年 リチャード・ボレスラヴスキー監督

「罪と罰」 1935年 ピエール・シュナル監督

「ロミオとジュリエット」 1936年 ジョージ・キューカー監督

「どん底」 1936年 ジャン・ルノワール監督

「サボタージュ」 1936年 アルフレッド・ヒッチコック監督

「うたかたの恋」 1936年 アナトール・リトヴァク監督

「椿姫」 1937年 ジョージ・キューカー監督

「大地」 1937年 シドニー・フランクリン監督

「城砦」 1938年 キング・ヴィダー監督

「四人の姉妹」 1938年 マイケル・カーティス監督

「風と共に去りぬ」 1939年 ヴィクター・フレミング監督

「オズの魔法使」 1939年 ヴィクター・フレミング監督

「さよならチップスさん」 1939年 サム・ウッド監督

「嵐が丘」 1939年 ウィリアム・ワイラー監督

「二十日鼠と人間」 1939年 ルイス・マイルストン監督

「ベラミ」 1939年 ヴィリー・フォルスト監督 

「レベッカ」 1940年 アルフレッド・ヒッチコック監督

「怒りの葡萄」 1940年 ジョン・フォード監督

「タバコ・ロード」 1941年 ジョン・フォード監督

「ジキル博士とハイド氏」 1941年 ヴィクター・フレミング監督

「誰がために鐘は鳴る」 1943年 サム・ウッド監督

「カルメン」 1943年 クリスチャン・ジャック監督

「深夜の告白」 1944年 ビリー・ワイルダー監督(ジェームズ・M・ケインの「殺人保険」)

サイコロの1の目が赤いのはなぜ?

    サイコロの起源は古くインダス文明のハラッパー遺跡からも出土している。最初は必ずしも立方体ではなかった。日本にも中国から奈良時代に伝来している。今日見られるようなサイコロの1の目が赤く塗られているのは、それほど昔のことではなく戦後からと考えられている。NHKのバラエティ番組「チコちゃんに叱られる」のスタッフが調査したところ「1926年に和歌山のサイコロ製造業者が日本の国旗の日の丸をイメージして1の目を赤くしたサイコロを販売したところから全国に広まった」との情報をつかみ問い合わせたが、この説は都市伝説でてあると否定された。大阪商業大学アミューズメント産業研究所の高橋浩徳氏に問い合わせたが「わからない」という回答を得るに至って、いまだ未解決問題となっている。

記憶力と暗記力

  スマホに代表されるように世の中、デジタル時代となり、言葉や故事・ことわざなど簡単に情報が得られるので、記憶や暗記は不要と思われるかもしれない。はたしてそうだろうか。記憶とは以前に起こった経験が保存され、その後の機会にそれが適用される心的作用である。もし、人間にこのような記憶作用がなかったなら、われわれの精神生活はまさに瞬時的となり、その歴史的発展は、もはやのぞめないであろう。古事記編纂の稗田阿礼の出身地、奈良県大和郡山市では毎年「記憶力大会」が開かれている。競技の部、自慢の部、記憶力日本選手権大会(顔と名前、単語、数学、短文、トランブ)の3部門が実施される。円周率をどこまでいえるか(産医師異国に向う 3.14159265)、化学元素の周期(水兵リーベぼくのフネ)、ルート3(富士山麓オウム鳴く)、国旗の国名当て、首都当て、難読漢字、歴史の年号など丸暗記も大切。記憶力の限界に挑む。

   思い出そうとしてもなかなか出てこないことがよくある。英語でTip of the tongueと表現することから、TOT現象という。新聞記者がトルコの首都をアンカラと書くべきところをイスタンブールと誤記した。野球選手が素振りやキャッチボールをするように、著述家・ブロガーにも日常的な作文トレーニングが必要だろう。たとえば世界の首都。オセアニア14カ国、言えますか?

040253pohnpei_national

オーストラリア キャンベラ

キリバス    タラワ

サモア     アピア

ソロモン諸島 ホニアラ

ツバル     フナフティ

トンガ      ヌクアロファ

ナウル     ヤレン

ニュージーランド ウェリントン

バヌアツ     ポートビラ

パプアニューギニア ポートモレスビー

パラオ      マルキョク

フィジー     スバ

マーシャル諸島 マジュロ

ミクロネシア  パリキール  

古代ローマ人の道路建設

Photo_2

   すべての道はローマに通ず(ラ・フォンテーヌ「寓話」)

  AII roads lead to Rome.

  ローマ帝国は放射状の道路があらゆる地方へと結ばれ、いくつもの道路を建設したことで名高い。その建設には捕虜や奴隷が用いられ、全長は約8万㎞に及んだ。これらの軍道は建設した役人(ケンソル)の名をとってフラミニア街道、アエミリア街道、アンニア街道、カッシニア街道、サラリア街道、ラディナ街道などと名づけられた。その中で最も有名なのはローマから南東に向かうアッピア街道で、前312年にアッピウス・クラウディウス・カエクスによって建設され、ローマからカプアまでいく道だった。後ベネウェントゥムを通ってアドリア海に面した港ブルンディシウムまで延長された。全長540㎞、幅8m。舗装の厚さは約1.5m。中央部をやや高くして、雨水が側溝に流れ込むように設計されている。土を盛ることを、ローマ人は「アッゲル」と言った。アッゲルとはもともと「土手」とか「城壁」を意味する言葉で、道路自体を周辺地盤より高く盛り上げることをいい、土手道とか盛土道と訳されることもあった。表面には頑丈な玄武岩などが隙間なく埋め尽くされた。

    道路は最初は軍事用に建設されたものが多かったが、まもなく経済面で役に立つようになり、大量の商業運輸に使われた。州境では輸入税が課せられ、帝政時代後期には荷の積み過ぎを防ぐために荷車を検査する任務の役人がいた。道路維持経費の一部は、道が通ることで利益を得る地域社会が負担させられた。Via Appia 

日本映画脇役列伝

152651287_thumbnail   昨年、大杉漣さんが急性心不全で死去された。「ソナチネ」以降、旺盛な活躍で脇役が脚光を浴びる時代の先鞭をつけたと思われる。現在活躍中の平成のバイプレーヤーで思い浮かぶのは、平泉成、塩見三省、笹野高史、伊武雅刀、平田満、角野卓造、岸部一徳、國村隼、小日向文世、寺田農、光石研、温水洋一、遠藤憲一、滝藤賢一、田口トウロヲ、正名僕蔵など。ここでは昭和映画黄金期の名脇役について記す。高瀬実乗(1897-1947)はサイレント時代から活躍していたが、トーキー以降の「わしゃかなわんよ」、「アーノネおっさん」等のギャグで人気があった。

 

Yaku42_a  新国劇出身の上田吉二郎(1904-1972)は肥った身体でダミ声をだす時代劇の敵役、悪役を得意とした。「羅生門」「七人の侍」「どん底」はじめとする黒沢作品の常連で名作の出演も多い。

 

伊藤雄之助(1919-1980)は長身で長い顔の怪異な容貌で「巨人と玩具」「椿三十郎」などアクの強い演技で多数の映画で活躍した。

 

000honmajidaishyo_007x

 

71537db4890c1fa0f6b3d3e0dda665bd

  新国劇出身の石山健二郎(1903-1976)は禿頭の頑固親父のイメージで「天国と地獄」「白い巨塔」など忘れ得ぬバイプレイヤーであった。

 

10116167237

 

    新劇出身の加藤嘉(1913-1988)は、ふけ役専門で「米」「神々の深き欲望」「砂の器」など性格俳優として重用された。「白い巨塔」の大河内教授役はハマリ役で、映画・ドラマの両方で演じている。4度結婚したが、3番目の妻は山田五十鈴(1950年~53年)。

 

T02200190_0348030110227001708
 榎木兵衛(1928-2012)は「俺は待ってるぜ」など日活映画のチンピラ役の出演が多い。

 

 その他、印象に残る俳優さんたち。

 

Img_12 Img_1 Pn2010011401000288___ci0003
    高品格                川谷拓三          奥村公延

 

11808 T02200293_0240032010370783414 Con01_06_004_01
    佐田豊              小林昭二         中条静夫

 

Kusanagi2_2 Img_2 163cb935
    草薙幸次郎         垂水悟郎        横森久

 

  脇役と一口に言っても、個性的で印象に残る脇役と、地味で平凡な役を得意とする脇役がいる。佐田豊は東宝の特撮映画や黒澤明作品の常連であるが、ほとんど印象が無く、存在感のうすいタイプの典型。「ゴジラ」の対策本部員、「透明人間」の南条の仕事仲間、「大学の若大将」の板前、「乱れる」の商店主。「天国と地獄」の運転手だけはよく覚えている代表作は「私は貝になりたい」。現在104歳とご健在である。

 

Img_0430   綾瀬はるか主演のドラマ「きょう会社休みます」。父親の役者が見覚えない顔である。浅野和之という。多数の作品に出演している俳優である。むかしドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」で亜紀が入院していた医師で綾瀬と共演しているが、記憶にない。

 

 

 

 

 

 

 

 

レルヒ少佐とゼッケン

Photo_2   本日は「スキーの日」。スポーツ選手が競技で識別のため用いる番号票をレースナンバー(racing number)、あるいは「ゼッケン」という。このゼッケンという言葉の語源は不詳で広辞苑には「馬の鞍に敷く毛布の意のドイツ語Deckeの転訛など諸説あるが未詳」とある。明治の新聞では「番号票」という語が使われていたが最初に「ゼッケン」が使われたのはいつ頃からであろうか。1911年1月12日に高田歩兵第58連隊営庭でテオドール・レルヒ少佐(1869-1945)が初めてスキー指導を行ったことはスキー史で知られているが、このときの報告書に「レルヒのゼッケンの番号は10」という記述がある。おそらくこれが「ゼッケン」という語が使われた最初であろう。(Theodor Lerch,Decken)

2019年1月11日 (金)

敵に塩を送る

   1569年のこの日(新暦1月27日)、上杉謙信が、塩不足に悩む交戦中の武田信玄に塩を送ったとされる。この故事にちなみ本日を「塩の日」としている。

   甲斐の国は、海に面していないので、塩を作ることができなかった。塩は交易によって他国から購入するしかなかった。そこで今川氏真と北条氏康は共謀して甲斐への塩の輸送を断つ「塩留(しおどめ)」を行った。これを聞いた上杉謙信は今川・北条の行為は卑怯だとして、宿敵信玄に義塩を送ったという。この話は、江戸時代の学者、頼山陽によって有名となった「敵に塩を送る」だが、実際に行われたかどうかは定かではない。塩留は現在の経済制裁によく似ている。(1月11日)

女性参政権

Photo
 ケイト・シェパード

   1918年1月11日、イギリスで30歳以上の女性に参政権を実現させた日である。ただし年間5ポンド以上の家賃を支払っている世帯主、あるいはその妻、など条件つきのものであった。イギリスで普通参政権が実施されたのは1928年のこと。世界初の女性参政権は、イギリスではなく、リチャード・セドン首相在任時のニュージーランドである。現在ニュージーランドの10ドル紙幣の肖像に使われているケイト・シェパード(1848-1934)は1893年に世界初の女性参政権実現に活躍したリーダーである。だが、日本ではそれより以前に高知県上町の女性、楠瀬喜多(1836-1928)が「戸主として納税しているのに女性だからといって選挙権がないというのはおかしい」と明治11年に県令に訴えている。明治13年、県令もその抗議に折れて、日本で初めて女性参政権を認める法令が成立している。ところが、明治政府は4年後に区町村会法を改訂して、女性を選挙から排除した法律をつくった。

   世界の主要国が女性参政権が成立した年は、1893年ニュージーランド、1908年オーストラリア、1906年フィンランド、1915年デンマーク・アイスランド、1917年ソ連、1918年カナダ・ドイツ、1919年オーストリア・オランダ・ポーランド・スウェーデン、1920年アメリカ、1928年イギリス、1945年に日本である。

    なお現在、国立国会図書館・図書課別室にはイギリスの婦人参政権運動家へレン・ブラックバーン(1842-1903)の「ヘレン・ブラックバーン・パンフレット・コレクション」のマイクロフイルムが所蔵されている。この資料の中には、選挙権実現の前年の動向を伝えるシェパードからブラックバーンに宛てた手紙もあり、女性参政権の世界的広がりを示す貴重な資料であろう。このほかアメリカのシカゴで初めてセツルメントを建設した社会事業家ジェイン・アダムス(1860-1935)、産児制限運動の指導者マーガレット・サンガー(1842-1903)関連の資料も含まれているという。(1月11日)

2019年1月10日 (木)

田中絹代から吉岡里帆まで(日本映画女優史)

   大原麗子は大女優のわりに主演の映画作品が少ないといわれる。若い時代、東映は男優中心で彩りを添える傍役が多かったからだ。「居酒屋兆治」は高倉健の相手役である。「セカンド・ラブ」くらいか。70歳を超えた今も舞台やドラマで活躍している山本陽子も主演映画がない。日活時代は吉永小百合や松原智恵子の陰となり、70年代「白い影」「白いパイロット」「となりの芝生」など話題のドラマに立て続けに出演し、高視聴率女優と言われたが、その後も映画界から主演作品の話はなかった。安いコストでシネコンで上映されるようになった現在、若手女優の主演映画が続々と作られるのは幸せな時代なのかもしれない。ちなみにキネマ旬報社の「現代日本映画人名事典」(2011)をサーチすると、山本陽子や水野久美、大空真弓、島田陽子、内藤洋子、吉沢京子、坂口良子、山口百恵、檀ふみの名前がみえない。凡例には「現代」の起点を1995年以降にデビューし、現代まで活躍し続けている若手の女優陣を大量に加えて330名を収録したとある。主演級の美人女優が中心で、菅井きんや赤木春江、佐々木すみ江などのベテラン脇役女優の名前はない。1996年以降で朝ドラヒロインで収録されない女優は次の通り。中江有里(走らんか)、菊池麻衣子・岩崎ひろみ(ふたりっ子)、須藤理彩(天うらら)、佐藤夕美子(甘辛しゃん)、岡本綾(オードリー)、高野志穂(さくら)、藤澤恵麻(天花)。なかには引退した人もいるが、主演級から傍役へシフトし地道な女優活動している人もいる。近年は朝ドラを終えた主演女優がすぐに民放連ドラで活躍するケースが多い。波瑠、高畑充希、芳根京子、有村架純、葵わかな、永野芽郁。本書掲載された最高齢は1909年生まれの田中絹代であるが、現代最も注目されている女優の1人である吉岡里帆を次回には追加してほしい。この本が刊行された年には橋本環奈がデビューし、翌年には広瀬すずがデビューしている。女優史は絶え間なく書きかえられる。ここで「現代日本映画人名事典」に未収録の残念な女優さんを挙げる。岩崎加根子(1932年生まれ)舞台・映画・ドラマに多数出演の大女優だが、舘ひろしの新作「終わった人」にも母親役で出演、いまだ現役。美人で現役の女優を選ぶ。

中村メイコ(1934年生まれ)代表作「東京チャキチャキ娘」(1956)
岩本多代(1940年生まれ)「ガラスのうさぎ」(1979)
土田早苗(1948年生まれ)「これが青春だ」(1966)
田島令子(1949年生まれ)「電車男」(2005)エルメスの母役
仁科亜季子(19953年生まれ)代表作「はつ恋」(1975)
斉藤とも子(1961年生まれ)代表作「悪魔が来りて笛を吹く」(1970)
野村真美(1964年生まれ)代表作「吉原炎上」(1987)
川上麻衣子(1966年生まれ)代表作「うれしはずかし物語」(1988)
有森也実(1967年生まれ)代表作「キネマの天地」(1986)
田中美奈子(1967年生まれ)代表作「新宿鮫 眠らない街」(1993)
吉本多香美(1971年生まれ)代表作「皆月」(1999年)
粟田麗(1974年生まれ)「真木栗ノ穴」(2007)「白夜行」(2011)
臼田あさ美(1984年生まれ)「鈴木先生」)(2013)
佐津川愛美(1988年生まれ)「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」(2007)。
前田敦子(1991年生まれ)「もらとりあむタマ子」(2013)
吉岡里帆(1993年生まれ)「音量を上げろタコ!!」(2018)

「ろ」ファースト・ネームから引く人名一覧

Robertfranciskennedy    ロバート・ケネディ(1925-1968)ジョン・F・ケネディの実弟。1963年に兄が暗殺された後、ニューヨーク州の上院議員選に出馬して勝利したが、1968年ロサンゼルスでの選挙集会で暗殺される。▽「ロバート・キング・マートン」1910-2003。パーソンズと並ぶ機能主義の社会学者。▽「ローレンツ・ハート」1895-1943。作曲家リチャード・ロジャーズと組んで数々のヒット・ミュージカルを作詞した。

ロアルド・アムンセン
ロアルド・ダール
ロイ・シャイダー
ロイ・ロジャース
ロイド・ブリッジス
ローガン・ラーマン
ロザ・モタ
ロザナ・アークェット
ロザムンド・クァン
ロザリオ・ドースン
ロザリンド・ラッセル
ロザンナ・アークェッド
ロージー・オドネル
ロージー・ハンティントン・ホワイトリー
ロージー・ペレス
ロジェ・マルタン・デュ・ガール
ロジャー・コーマン
ロジャー・ムーア
ローズ・マッゴーワン
ローズマリー・クルーニー
ローズマリー・サトクリフ
ロック・ハドソン
ロッサナ・ポデスタ
ロッサノ・プラッツィ
ロッド・スタイガー
ロッド・テイラー
ロディ・マクドウォール
ロドリゴ・サントロ
ロドリゴ・ドゥテルテ
ロドリゴ・ロア・ドゥテルテ
ローナ・ミトラ
ロナルド・アーサー・ビッグズ
ロナルド・コールマン
ロバート・アルドリッチ
ロバート・ウォーカー
ロバート・ウォルポール
ロバート・エズラ・パーク
ロバート・エドウィン・ピアリー
ロバート・エドワード・リー
ロバート・オーウェン
ロバート・オッペンハイマー
ロバート・オルトマン
ロバート・カーライル
ロバート・キャパ
ロバート・キング・マートン
ロバート・クライヴ
ロバート・サウジー
ロバート・ショー
ロバート・ショーン・レナード
ロバート・スコット
ロバート・スタック
ロバート・ゼメキス
ロバート・ダウニー・ジュニア
ロバート・テーラー
ロバート・デニーロ
ロバート・デュバル
ロバート・ドーナット
ロバート・レコード
ロバート・パティスン
ロバート・バーンズ
ロバート・ピアリー
ロバート・ピール
ロバート・フィルマー
ロバート・ブラウン
ロバート・フランシス・ケネディ
ロバート・ペイン
ロバート・ベーデン・パウエル
ロバート・ボイル
ロバート・ボーン
ロバート・ストレンジ・マクナマラ
ロバート・ミッチャム
ロバート・モンゴメリー
ロバート・ライアン
ロバート・ロドリゲス
ロバート・ワイズ
ロバート・ワーグナー
ロバート・ルイス・バルフォア・スティーヴンソン
ロバート・レッドフォード
ロビン・ウィリアムズ
ロビン・ライト
ロブ・ライナー
ロブ・ロウ
ロベール・オッセン
ロベール・カブリエ・ド・ラ・サール
ロベール・シューマン
ロベルト・シューマン
ロベルト・デ・ノビリ
ロベルト・バッジョ
ロベルト・ベニーニ
ロベルト・ムージル
ロマーヌ・ボーランジェ
ロマン・デュリス
ロマン・ポランスキー
ロマン・ロマノヴィッチ・ローゼン
ロミー・シュナイダー
ローラ・インガルス・ワイルダー
ローラ・サン・ジャコモ
ローラ・ダーン
ローラ・リニー
ローランド・エメリッヒ
ロリ・シンガー
ロリ・ペティ
ロリータ・ダビドビッチ
ロレイン・ブラッコ
ロレッタ・ヤング
ローレン・バコール
ローレン・ホリー
ローレンス・オリビエ
ローレンス・ハーベイ
ローレンス・フィッシュバーン
ローレンス・ロバート・クライン
ローレンツ・ハート
ロレンツォ・ギベルティ
ロレンツォ・ダ・ポンテ
ロレンツォ・デ・メディチ
ローワン・アトキンソン
ロン・チャニー
ロン・パールマン
ロン・ハワード

 

 

 

 

賽は投げられた

Rubicon

  西洋歴史にまつわる格言や名文句の類が歌謡曲の歌詞で引用されることはほとんどない。阿久悠の作詞「ジョニィへの伝言」二番目の歌詞で「サイは投げられた」と使われている。紀元前49年1月10日、カエサルはローマの属州ガリア・チザルピナと都ローマの境のルビコン川まで来た。ここで軍を率いて川を渡ると必ず市民戦争になる。だがカエサルは目的達成を前にひるむような男ではない。プルタルコスによると、カエサルはギリシャの詩人メナンドロスの言葉を引用した。Anerriphtho kybos (賽は高く投げられた) これをラテン語に翻訳して、アーレア・ヤクタ・エスト Alea iacta est.とプルタルコスは書いている。「賽は投げられた」という言葉はどんな結果になるかわからないが冒険に目をつぶって飛び込むようなときに、よく使われることわざとなった。(Caesar,Rubicon) 世界史こぼれ話

110番の日

F7682   110番はGHQの勧告で1948年10月1日に、東京等の8大都市で始められた。東京では最初から110番だったが、大阪・京都・神戸では1110番、名古屋では118番、と地域によって番号が異なっており、全国で110番ら統一されたのは1954年からだった。緊急性がない場合は、相談ダイヤル#9110へ。アメリカの緊急ダイヤルは警察と救急が同じ番号で911番。(emergency dial、1月10日)

2019年1月 9日 (水)

まんぷく英語教室

世良が米国から帰国。福子らと雑談する。米国で「ザ・セブンイヤー・イッチ」という映画を観たという。すでに日本で公開されていた。邦題は「七年目の浮気」。itchとは「かゆみ」で「ムズムズかゆい」ときに使う。転じて「何かをしたくてたまらない気持ち」という意味にもなる。映画はもとはジョージ・アクセルロッドの3幕ものの舞台劇「7年越しのムズムズ」。英語で浮気は「fickle」という。「七年目の浮気」は映画から生まれた言葉だが、現在もしばしば使われている言葉である。「三年目の浮気」という言葉もある。

内村鑑三不敬事件

021893_kumamoto_03m

   近代日本思想におけるウッチャン、ナンチャン、そしてマルチャンとは、内村鑑三、南原繁、丸山真男。明治23年10月30日に発布された教育勅語について文部省はその謄本を作成して、全国の国公私立の学校に配布した。内村鑑三が嘱託教員として勤務していた第一高等中学校では、明治24 年1月9日にその奉読式を実施した。その際、内村は、拝礼が宗教性を帯びると判断して、偶像崇拝を否定するキリスト教の信念に従い、軽く会釈する程度の敬意を表することにとどめたが、生徒および教員の一部から、この内村の行為は皇室に対する不敬であるとの非難が発生し、同年1月から、その記事・論説の数は143、掲載新聞の数は56種に達したが、そのほとんどは、「不忠の臣」「外教の奴隷不敬漢」というものであった。生徒の中には、封筒の中にカミソリを入れ、「不敬者、これで腹を切れ」という手紙を出した者もいた。新聞報道などによって「不敬事件」として一挙に社会問題となったが、内村は自分がけっして勅語の趣旨を批判するものではないと弁明し、宗教上の拝礼ではなく社会的な敬礼であればと、たまたま病床にあったために友人の教授木村駿吉に代理敬礼を委嘱した。事件後1ヵ月も経たない同年2月3日病気を理由に同校を依願退職した。全国から激しい非難を浴びた内村は、その後、病床に就く。看病した妻加寿子は、心身の疲れから、急逝した。

   しかし、この機会にキリスト教の弊害を指摘しようとする国体論者や仏教界の一部などからの画策もあって、帝国大学教授井上哲次郎が「教育と宗教の衝突」を発表するや、問題は単なる内村の一「不敬行為」への糾弾からキリスト教一般への攻撃へと展開していった。内村は井上に反論する形で「基督教徒の慰め」を出版。内村は、孤立してでも自分の信仰を守ることを主張している。のちに丸山真男は「こういう事件は、直接の被害者はひとりか数人であっても、タブーを社会的に拡大し、無数の人々の思想に目に見えない統制を加えるという点で、大きな意味をもつわけであります」と分析している。(「思想と政治」1957年8月 信濃教育第849号)

2019年1月 8日 (火)

ムーミンだけじゃない森と湖の国フィンランド

Photo   フィンランド共和国は、フィンランド語でスオミ(沼人の国)と呼ばれているように森と湖の国である。ナポレオン戦争の時代にロシアに併合されたが、ロシア戦争が起こると、1918年フィンランド共和国として独立した。初代首相はペール・スヴィンヒュー(1861-1944)。第一次、第二次とソ連・フィンランド戦争により、敗北し、8年間ソ連に賠償金を支払うことになった。フィンランドで代表的な料理はニシンを初め、サケ、タラなどの豊かな魚介類が料理の重要な材料となっている。バルト海で捕獲されるニシンをシラッカ、バルト海以外の海のものはシッリと区別している。複雑な料理はなく、軽く塩味をつけた生のニシン「クラーヴィシラッカ」を好んで食べる。偉人としては作曲家ジャン・シベリウス、小説家のフランス・エーミル・シランぺー。国花はスズラン。トーべ・ヤンソンの童話「ムーミン」は世界中の子供から愛されている。国連の世界幸福報告で第1位の国。ちなみに日本は54位と低い。(Finland,Silakka,Kraavisilakka)

平成スタートの日

S64heisei

   1989年1月7日、足掛け64年にわたった「昭和」が幕を閉じた。昭和天皇は87歳と8ヵ月のご生涯だった。翌日から新しい元号「平成」がスタートした。この年、亡くなった方々には著名人が多い。2月9日に漫画家の手塚治虫、4月27日に松下幸之助、6月24日に歌手の美空ひばりが他界し、まさしく昭和の終焉を感じさせた。この年はまだバブル景気といわれた後半の時期にあたる。消費者は高額商品を買うこと、「生活の豊かさ」を感じ、海外の高級ブランド品や高機能の家電製品を買いあさった。しかし1990年をピークに景気は下降し、バブルは崩壊し、長い平成不況が続く。俳優の平泉征は、このころ芸名を「平泉成」と改名した。すると脇役として次々が舞い込み、「平成」期になって売れ出した。(1月8日)

2019年1月 7日 (月)

大河ドラマの常連俳優

   昨夜放送の「いだてん」。嘉納治五郎がオリンピック参加を唱えるが、日本体育会長の加納久宜が反対する。演じている俳優の名前が思い出そうとしても、思い出せない。喉まで出かかっているのに。答えは「辻萬長」。「つじばんちょう」と覚えていたが、正しくは「つじかずなが」という。若いころからドラマでよく見かけるが、74歳になられたとか。これまで大河ドラマ出演は「いだてん」で10作品目。いちばん大河に多く出演した俳優は誰か?

   山県狂介、黒田官兵衛、島津久光、今川義元、近松文左衛門。これらの人物の共通点はなんだろうか?答えは江守徹。大河ドラマ第四作の「源義経」から始まって、「花燃ゆ」まで19作品に出演し、主要登場人物の出演回数において抜きん出たトップを誇る。この記録に続く大河10回以上の出演者は、久米明、北村和夫、金田龍之介、佐藤慶、磯部勉、西田敏行、石坂浩二、辻萬長など。

あれっ?人の名前が出ない・・・

Obraindreams570  ある人物を思い浮かべたとき、その人の容姿、趣味、職業、人柄、口癖まで思い出せるのに、名前が思い出せないということがある。この心理現象を「ベイカー・ベイカー・パラドクス」という。由来は、「その人の職業がパン屋」というところまで思い出せるのに、ベイカーという名前が思い出せないというジョークから。名前のど忘れはアルツハイマー病のような病気ではなく、原因はヒトの脳の記憶の仕組みにある。記憶はすべて均等に他の概念と結び付いているのではなく、名前は特に記憶しにくいと考えられる。英語では、on the tip of the tongue (のど元まで出かかって思い出せない) という表現もある。(baker baker paradox)

刑事コロンボ、ルノワール、チャイコフスキーの共通点

201107021452335c9   コロンボ警部、印象派の画家ルノワール、作曲家のチャイコフスキーの共通点は何か?とんちクイズみたいだが、答えは、3人とも名前が「ピーター(Peter)」。刑事コロンボに扮するのは俳優ピーター・フォーク。フランスのピエール・オーギュスト・ルノワール。ロシアのピョートル・イリイチ・チャイコフスキー。英語の「ピーター」、ドイツ語「ペーター(Peter)」、フランス語の「ピエール(Pierre)」、ロシア語の「ピョートル(Pyotr)」は同じ名前。ドイツの気候学者ウラジミール・ペーター・ケッペンも「鉄道員」のイタリア映画監督ピエトロ・ジェミルなども言語による相違であり、もともとはイエスの弟子ペテロ(Petros)である。ロシアの革命家ピョートル・アレクセイヴィッチ・クロポトキン。

   ところで「刑事コロンボ」の中で、ピーター・フォークがおどけた調子で口ずさむメロディーがある。「おじいさんが、ひとつおしばい。親指人形で芝居する。おじいさんが、ふたつおしばい。くつ人形で芝居する。」マザー・グースの数え歌「おじいさんの歌(This old man)」である。歌詞の意味はよくわからないが、ただなんとなくクスクス笑えてくる。「別れのワイン」でコロンボが電話中に手持ちぶさたアドリフで口ずさんだが、以後その曲がシリーズでしばしば使われてコロンボのテーマ曲となった。

人生は航海なり

A_picture_training_ship_investigati  人生については、多くの偉人・賢人がいろいろな名言を残しているが、詩人ヴィクトル・ユーゴー(1802-1885)のこの言葉は最も簡明なものであろう。ユゴーは晩年の19年間を英仏海峡のジャージー、ガーンジー両島で過ごした。「人生は航海なり」という有名なユーゴーの名言の出典を探したが見当たらない。同様の表現として、次のような一文がある。

 なるほど人生とは、ある港を出帆して大洋を航海するようなものであり、楽しいうちにも困難に遭い、目的の港に向かって進んでいくのである

  俳優のアラン・ドロンもこの名言を継いで、「老人は難破船に乗っているようだ」とNHKのインビューで率直に答えている。引退宣言した後で、体調が思わしくないらしい。「わびしい、苦しい、さびしい、しんどい」ネガティブな苦痛や老境の淋しさは世紀の二枚目ですらおとずれるようだ。

  (Victor Hugo)

ブログ中毒

    仕事や家事がおろそかになるほど長時間インターネットを利用する「インターネット依存」の疑いがある人は、全国の推計で420万人余りに上り、スマートフォンの普及などを背景に、この5年間で1.5倍に増加したことが厚生労働省の研究班の調査で分かった。若い人ほど依存の割合が高く、特に20代前半の男性のうち依存の疑いがある人は19%と、5人に1人の割合を占めている。自分もネット依存に入るのではないかと思う。、新聞購読をやめたのでニュースはネットから知るし、気分転換にYouTubeによくアクセスにする。ノート代わりにメモもPCに書き込む。ブログネタさがしにもPCを利用する。だけど1日に10回以上更新すると、ちょっと自分もブログ中毒かな、と思うことがある。ブログ中毒で検索すると実に多くヒットする。もうブログ中毒は日本語として定着しているみたいだ。それほど日本にはブログ人口は多い。2700万人と言われ、世界のブログのうち37%が日本語で投稿されている。

ネット依存(嗜癖)に関しては、現時点で世界的に認められた診断基準はない。一般的なものをあげる。

8930a1aa417f4b7bfc1788085dbb706d

英語に「addiction」という語がある。「常用、ふけること」だが「中毒」「嗜癖」という意味もある。ゲームやスマホなどつい熱中してぎて長時間になることもある。どんなことでもやり過ぎは身体に毒なので、ほどほどにしましょう。

七草がゆ

Img_355540_11327972_0

    きょうは七草粥。せり、なずな、ごぎょう、はこべら、すずな、すずしろ、春の七草を刻んで食べる。万病を除くおまじないであるが、おせち料理で疲れた胃を休める効能もある。泉隆寺(神戸市中央区)は古来から水はけが良く、良質の大根を産出してきたらしい。醍醐天皇のときにこの地で栽培した若菜(七草のすずしろ=大根)を宮中へ献上したのが由来となって、毎年1月7日に若菜をそえて、食する習わしが始まった。別名「若菜寺」と呼ばれる泉隆寺では、いまでも七草がゆ法要が行われている。

2019年1月 6日 (日)

「いだてん」三島弥彦と金栗四三

180pxyahiko_mishima_2 Shisou_kanaguri_3
    三島弥彦                  金栗四三

   3日、熊本県和水町で震度6弱の地震が発生。大河ドラマ「いだてん」のモデル、金栗四三の生家があることで知られる。来年はオリンピック・イヤー。ドラマは日本初参加のストックホルム大会から1964年の東京五輪までの歴史物語。前半はストックホルム大会の参加選手は短距離の三島弥彦(1885-1954)とマラソンの金栗四三(1891-1983)。三島は明治の内務官僚・三島通庸の息子。100m、200mは予選敗退したが、400mは準決勝へ。しかし足痛のため棄権。金栗は競技中に失踪し、行方不明。54年後、ストックホルムの競技場にゴールテープが用意され、マラソン記録に決着がついた。記録は54年と8ヵ月6日。「長い道のりでした。この間に孫が5人できました」とコメントしている。後半はアジア初の東京五輪開催に奔走した田畑政治が主役になる。脚本は宮藤官九郎、制作統括は訓覇圭で「あまちゃん」コンビに期待が高まる。出演者には橋本愛、平泉成、小泉今日子、杉本哲太、荒川良々など「あまちゃん」組が続々いる。

ヒーローとピーポー

Img_0006

   兵庫県立美術館で12日から「Oh!マツリ☆コト昭和・平成のヒーロー&ピーポー」展が始まる。これまで美術の領域ではおさまらない紙芝居、漫画やアニメ、特撮などを取り上げるらしい。行けないがサブカルには興味ある。「♪タケダ、タケダ、タケダ…」というコマーシャル・ソングで始まる「月光仮面」第2部「パラダイ王国の秘宝」は日曜日夜7時からの30分番組であった。ケペルは「月光仮面」世代であるが、まだ家庭にテレビはなく、銭湯で見た記憶がある。

    乏しい制作費のためセットなしのオールロケ。今からみるとチープなドラマづくりであるが、なぜ当時の子供たちをあれほど惹きつけたのか謎であった。映画評論家・樋口尚文の新著「月光仮面を創った男たち」は緻密な検証の上に、その謎への独自の解明が試みられている。いわば「三丁目の空き地」説とでもいうべきもので、以下、梗概を記す。

    「月光仮面」の人気を決定づけた第1部(全71話)のほとんどは、夕方6時から10分間の帯番組として週6回放送されていた。すなわち、こどもたちが学校を終えて空き地で大暴れをして帰宅するや、そのタイミングでテレビでわずか10分の安づくりなヒーロー物が始まるのである。単純なストーリーは、空き地での決戦の一日のしめくくりとして、このうえなく画期的で愉しいものだったのではないか、と推論している。それと「月光仮面」の颯爽たるバイク姿が、その時代の勢いを背負った夢のプロダクトでもあった、としている。

    誰もがみんな知っている「月光仮面」だが、実は誰もがみんな知らずにいる、昭和の奇跡があった。大瀬康一のインタビュー、川内康範(作家)、船床定男(監督)、小林利雄(制作、宣弘社)など緻密な調査がされていてノンフィクション、ルポルタージュとしても優れている。

    なぜ「月光仮面」世代の当人たちがあまり「月光仮面」についての綿密な調査に無関心だったのだろうか。それは人生のうちでおそらく最も楽しかったであろう日々の思い出は、だだぼんやりとした記憶にとどめておきたいからであろう。「月光仮面がなぜ人気があったか」などという詮索は「ウルトラマン」世代にお願いするほうが客観性があっていいだろう。

広辞苑で何故「アーヴィング」が1ページ目にくるのか?

Eike_von_repgow_oldenburger_sachsen   百科事典などで「あ」の項目は多い。「a」は母音で発音しやすく、明るい感じがする。広辞苑をみると外国人名で最初に掲載されているのは「ホテル・ニューハンプシャー」の現代アメリカ文学を代表する作家ジョン・アーヴィングである。「スケッチ・ブック」のワシントン・アーヴィングより先なのはファースト・ネームを比べて「じ」のほうが「わ」よりも50音順で先だからだろう。

   だが他の事典をみると古代の悲劇詩人アイスキュロスが、先に載っている。これは排列規則の相違からくることである。広辞苑では長音符「ー」は、すぐ上の片仮名の母音を繰り返すものとみなして、その位置に排列する。世界大百科事典では「音びき(ー)」のあるものは、音びきのないものの後にする」とある。つまり長音符は無視して排列する。広辞苑では「アーヴィング」は「アアヴィング」と見なし、世界大百科事典では「アヴィング」と見なしているのである。

    世界大百科事典では、ドイツ最古の慣習法書「ザクセンシュピーゲル」の著者アイケ・フォン・レープゴー(画像、1180-1233)が最初にくる外国人名である。ブリタニカでは古代インドの数学者アアヤバータ(Aryabhata 476-550)がトップにくる。アアヤバータは円周率の近似値を3.1416とした。(ウィキペディアではアリヤバータと表記される)

   またほとんどの事典では外国人名においてファミリー・ネーム(日本の姓にあたる)の現地読みに近い片仮名表記の50音順で排列している。ちなみにファースト・ネームの50音順で排列すると、著名人では「アイザック・アシモフ」がトップにくる。

  もし詳細な外国人名事典を編集したら誰が一番最初にくるであろうか。古代エジプトのヒクソス時代の王アアウセルラー・アペピやアアフメス1世が有力候補である。テーベ西岸の貴族の墓から「アアシェフィトエムワセト」という被葬者の名前が確認できる。(「古代エジプト百科事典」原書房、612p)(Eike von Repgow)

時は金なり

96ede4f38c164b34dd9d1d6b7e36d90d    本日は、1706年ベンジャミン・フランクリンの誕生日。1733年、フランクリンは格言入りのカレンダー「貧しいリチャードの暦」を出版した。

時は金なり

Time is money.

人とメロンは中味がわからぬ

Men and melons are hard to know.

生きんがために食え、されど食わんがために生くるなかれ

Eat to live,and not live to eat.

天は自ら助くる者を助く

Heaven helps those who help themselves.

早寝、早起きは、人を健康にし、金持ちにし、そして賢くする

Early to bed and early to rise,makes a man healthy,wealthy,and wise.

    いちばん有名なのは「時は金なり」だろう。すべてがフランクリンの創作というわけではないが、古いことわざにも彼の工夫が入っている。「時は金なり」の語源は複雑である。原典ははっきりとしないが、起源はかなり古く、ギリシアの哲学者ディオゲネスの文献に「時は人間が消費しうるものの中で最も貴重なものである」というのがあり、ローマの詩人ホラティウスは「その日を生きること」と言っている。そしてラテン語になって「時は高い出費」となる。16世紀フランスの作家ラブレーの文献にも見える。アメリカで最初に金言として使用したのはフランクリンだろう。フランクリンがカレンダーを出版し、勤勉に仕事にはげむことの大切さを簡潔な言葉に表したものとして、その功利精神がアメリカ人に広く受け入れられた。フランクリンの小論文「若き商人への手紙」(1748年)に次のようにみえる。「憶えておくこと。時は金なり」 (Remember,that Time is Money,1月6日)

2019年1月 5日 (土)

日本の正しい読み方は、「二ホン」か、それとも「ニッポン」か?

  壬申の乱とは大友皇子(天智天皇の子・弘文天皇)と大海人皇子(天智天皇の弟・天武天皇)との間に行なわれた皇位継承をめぐる争乱。672年、吉野宮に隠棲していた大海人皇子は、坐して死を待つよりは、東国で兵を集めて近江方と決着をつけようと、妃の讃良皇女(持統)らを伴いあわただしく吉野の宮を出ていった。

   吉野を脱出した大海人皇子は美濃に本拠をおき、大軍を近江・大和にくり入れた。1ヵ月に及ぶ決戦ののち近江朝廷方は敗退し大友皇子は山崎で自害、大海人皇子は飛鳥に帰り浄御原宮に即位し天武天皇となった。673年2月のことである。なお、「天皇」「皇后」号や「日本」という国号も、このころ定められたとする学説が有力になっている。701年に制定された大宝律令によって「日本」が明文化される。東洋史家、愛宕松男は「天皇という一見日本独自の元首号も、じつは唐の第三代皇帝たる高宗の尊称を襲用したものと推定できる」と説いている。

   このころは「日本」と書いて「やまと」とか「ひのもと」と読んでいたが、やがて漢字の知識が広がり、「にほむ」と発音するようになる。江戸時代はハヒフへホをファフィフフェフォと発音し、「ニフォン」はあるが「ニホン」という発音はなかった。「ニホン」「ニッポン」と両方の読み方が定着したが、1934年に文部省国語調査会が国号を「ニッポン」にする案を提出したが、ついに法制化には至らなかった。その後、1970年7月14日には日本の呼称を「ニッポン」に統一することが閣議決定されている。しかし一般に浸透せずに終り、2009年麻生内閣のときは「ニッポンまたはニホンという読み方はいずれも広く通用しており、どちらか一方に統一する必要はない」と答弁している。つまり、どちらの読みでもよいとされる。

「ニッポン」とする例
日本橋(大阪)
日本鋼管
日本放送協会
日本銀行
日本共産党
日本教職員組合

「二ホン」とする例
日本海
日本橋(東京)
日本郵船
日本学術会議
日本棋院
日本大学

Nihonu_type1600

大江戸の春

Photo_3

  鐘一つ売れぬ日はなし江戸の春  (其角)

    江戸では元旦からが春である。春とともに新年を迎えて、江戸では七日までが松の内。この間は家の掃除を行わないが、それは箒で幸福をはき出したりしないため。七日まで手足の爪を切らないのも理由は同じ。

    「一年の計は元旦にあり」というように、元旦は心身ともに改まって屠蘇を飲み、雑煮を食べる。雑煮は元は烹雑(ほうぞう)と呼ばれており、いろいろの物(餅・大根・芋・昆布・いりこ)を煮まぜたから雑煮と呼ぶようになった。室町時代にはすでにあったが、この料理が次第に武家社会において儀礼化していき、やがて一般庶民に普及したものとみられる。一般的に関東では澄まし仕立てで四角い餅を入れ、関西では白味噌仕立てで丸餅が多くみられる。新年の行事としては、元旦の恵方(えほう)参り。初日の出。若水汲み。年賀の回礼。二日は初夢。初商い。三日は芸事初め。「恵方参り」とは、その年に歳徳神(としとくじん)が来る方角が恵方で、その方角にある神社仏閣に元旦未明に参詣する。今の初詣の原型がみられる。松の内に七福神を祀る寺社を順に参詣する。初日の出は江戸の東端、洲崎が有名であった。だが現代の東京と違って高層ビルがなかったので、高輪や芝浦の海辺、須愛宕山や神田明神、湯島天神の高台など江戸の市街からも初日の出がよくみえた。

日本に島はいくつある?

Plate01

  日本はアジアの東端に沿って弧状をなしている。本州・北海道・九州・四国の4つの大きな島と多くの小さな島々から成る日本列島と北には千島列島、南に南西諸島が続いている。そもそも島の定義とは?海上保安庁は「満潮時に海岸線の総延長が100m以上ある陸地」と定義している。そうすると日本列島を構成する島の総数は6852島あるといわれ、総務省統計局もこの数値を採用している。日本の国土の約3分の2は森林地帯である。戦前は、日本の人口の約7割は農山漁村に居住していた。戦後、多くの労働力が農漁村から流出し都市に移動した。都市への人口集中は多くの問題を生じている。

  また太平洋をとりまく火山帯・地震帯の一部にあたる日本は、近い将来巨大地震が発生することが予測されている。そのうえ台風の常襲地域にもなっている。1960年代以後、工業化や都市化の進展によって、自然破壊が進められた結果、生態系が悪化し、樹木が枯れ、貴重な植物が死滅した。地すべり、がけ崩れも多発している。また原発事故により、相当期間にわたる放射能汚染による人体や生物の健康・生命が害される恐れが生じている。食糧・資源の確保、新エネルギーの開発、過密地域と過疎地域の格差、減少する人口問題など、日本の将来を左右する重要課題が山積している。狭い国土にバランスよく居住する多極分散型の地域開発計画が求められる。昭和48年の小松左京のベストセラー「日本沈没」は決して荒唐無稽な物語ではない。地球温暖化により水面は今後上昇していく。

松井須磨子の墓

E4c141eac3fb65f390685e698c14687e    東京都新宿区弁天町の多聞院に大正時代に一世を風靡した新劇女優松井須磨子の墓がある。長野県清野村に生れた須磨子は17歳で上京。1908年坪内逍遥が主宰する文芸協会演劇研究所第1期生になる。1913年、演出家島村抱月と芸術座を旗揚げし、トルストイ原作の「復活」のカチューチャ役が当たり人気女優になる。「カチューシャの唄」も大ヒットし、日本の流行歌第1号といわれる。しかし、1918年抱月はスペイン風邪のため急死すると、2ヵ月後の1月5日に後を追って自殺した。その遺書には抱月と同じ墓に埋めてほしいと書かれていたが、はたされなかった。

2019年1月 4日 (金)

チンボラソ山

Img_0010

  高さだけが山の魅力の尺度ではない。南米エクアドルにチンボラソ山(標高6267m)がある。もちろん世界最高峰はエベレスト(標高8848m)だが、18世紀まではチンボラソが世界一高い山と考えられていた。アレキサンダ・フォン・フンボルト(1769-1859)とエメ・ボンプラン(1773-1858)の2人は1799年から1804年にかけて南米へ学術探検をおこなった。オリノコ川の探検を終えて、チンボラソを登った。2人は頂上から450mのところまでは行ったが、割れ目があって渡れず、そこから引きかえした。しかし、5875m地点まで登ったというのは、当時の最高記録だった。その後も長い間、登山家たちを寄せつけなかった。初登頂は1880年1月4日、スイス・アルプスのマッターホルンの初登頂者として有名なイギリスの登山家エドワード・ウィンパー(1840-1911)である。(Chimborazo,Ecuador)

2019年1月 3日 (木)

外国人名の漢字表記

Xinsrc_25212042516062651073532_2   シェイクスピアを「沙翁」と書かれるのはよく知られているが、「卓別麟」「基辛格」を、「チャップリン」「キッシンジャー」と読めるだろうか。欧米人名を漢名あるいは漢訳名で表記することは明治の日本や中国で幾種類の表記がされてきた、ここではおよそ中国でなされている一般的な表記をあげる。 中国では西洋人名・事物をすべて音訳して、もとの発音に近い漢字で表記する。

アインシュタイン 愛因斯坦

アウグスティヌス 奥古斯丁

アウグストゥス 奥古斯都

アクバル 亜格伯

アーサー 亜撒

アショーカ 阿育

アムンゼン 阿夢森

アルキメデス 阿基米得

アレキサンダー 亜歴山

アンデルセン 安得仙  安従生

イエス  耶蘇

イソップ 伊曽保

イプセン 易卜生

ウィリアム・テル 維廉・底爾

ウェーバー 韋伯

ウェブスター 韋白斯特

エジソン 愛迪生(恵智遜)

エマーソン 愛黙生

エリザベス 以利沙伯

エンゲルス 恩格思

オバマ 奥巴馬

カエサル 該撒

ガリバルディ 加里波地

ガリレオ 伽利略

ガンディー 甘地

カント 康徳

キッシンジャー 基辛格

キリスト 基督

グーテンベルク 哥天百格

グラッドストーン 虞蘭得将軍

グリム 格林

クレオパトラ 久麗王葩都羅

クロムウェル 格朗穵

ゲーテ 歌徳

ケネディ 肯尼迪

ゴーゴリ 果戈里

ゴッホ 梵高

コロンブス 哥倫布(閣龍)

ザビエル 雑未耶

シーザー 獅威挫

シェークスピア 沙士比阿

シーボルト   施福多

ジャンヌ・ダルク 惹安達克

シューベルト 叔伯特

シューマン 叔曼

ショパン 蕭邦(肖邦、暁邦)

ショーペンハウアー 叔本華

シラー 席勒 昔爾列爾

ジンギスカン 成吉思汗

スターリン 斯達林

ソクラテス 瑣格刺底

ゾラ   佐拉

ダーウィン 达爾文

ダンテ    丹第 、丹丁

チェーホフ  柴霍甫

チャイコフスキー 柴可夫斯基

チャーチル 察赤爾、丘吉尓

チャップリン 卓別麟

チョーサー 綽塞

ディケンズ 迭更斯

ディズニー 迪斯尼

デカルト 笛卡児

テニソン 丁尼生

デュマ 仲馬 杜馬

トゥルゲーネフ 屠格涅夫

ドゴール     載高東

ドストエフスキー 陀斯妥以夫斯基

ドビュッシー    徳布西

トルストイ 托爾斯泰

ナイチンゲール 奈亭給爾

ナポレオン 拿破崙 奈破崙 奈破翁 那破翁

ニーチェ 尼妥

ニュートン  奈端 牛頓 紐頓

ヌルハチ 奴児哈赤

ネルソン 寧耳遜

ネロ     尼禄

ノーベル   諾貝尓

ハイドン   海頓

ハイネ   海涅

バイロン  拜倫 

パスカル  巴斯格

バッハ    巴哈 巴赫

バルザック 巴爾扎克

ピョートル大帝 彼得大帝

ヒラリー・クリントン 希拉里克林頓

フォーレ  佛瑞 

プーシキン 普希金

プーチン  普京

ブッダ    仏陀

フビライ   忽必烈

プラトン   普拉土 柏拉図

ブラームス 勃拉姆斯

フロイト    弗洛伊徳

ヘーゲル   海格爾

ヘッセ     蘇塞

ベートーベン 貝多芬 比沙文

ペリー     彼理

ホッブズ    霍布斯

ホメロス     荷馬

マッキーバー 馬雪浮

マテオ・リッチ 利瑪竇

マホメット 馬何美 馬哈黙

マーラー 馬勒

マルクス 馬克思

ミケランジェロ 弥開爾安曰洛

ミルトン  彌爾敦

メーテルリンク 梅徳林克

メンデルスゾーン 孟徳爾頌

モーゼ    摩西

モーツァルト 莫扎特

モリエール 莫里哀

モンテーニュ 孟泰尼

ユゴー 維夕爾

ライプニッツ 来布尼疵

ラスキン 拉斯金

ランボー 蘭波

リスト   李斯特

リンカーン 林肯 琳閣倫

ルター 路徳

ルソー 盧騒

ルノワール 雷諾同

レオナルド・ダ・ヴィンチ 達芬奇 雷渥那徳

レーニン    列寧

ロダン    羅丹

ロック    洛克

ロッシーニ 羅西尼

ロムニー  羅姆尼

ワシントン 華盛頓、華聖頓

ワット    瓦徳

ワレンシュタイン 華倫斯坦

参考:漢訳・漢名西洋人名字典 仙田正雄等編 天理大学学芸部図書館研究室 1964

好きなことは散歩と雑学

 正月も三日になると外に出たくなる。近所の末広中央公園に散歩する。往復1キロを15分ほど歩く。家の近所のお寺には緑が多く、お散歩コースに最適である。雑草が雨に濡れた無縁墓地など儚げで人の世のあわれを感じる。散歩という習慣は江戸時代にもあるものと考えるが、意外にも明治以降、文人の間にブームになったものらしい。実際に欧米に留学し、ステッキをついて散歩を楽しむ紳士を目の当たりにしてきた夏目漱石や森鴎外などは、東京近辺をしばし徘徊した。健康のために散歩を普及させた人物は福澤諭吉である。体を動かす三つのことを健康のために日々実践してきた、その三つとは居合いの鍛錬、米をつくこと、そして散歩をすることである。晩年になっても続いた散歩は、毎朝の習慣になっていて、広尾、目黒、芝などを巡る一里半の道のりを、1時間程かけて歩いたそうである。

   高齢になると衰えてくるのは体力だけではない。脳の働きが衰えてくる。そこで脳を活性化すめためには、つねに新しい情報(ニュース)や活字などを親しむのがよい。テレビなどを見ても新発見を自分から探すようにする。日本人が好きな歴史人物、戦国時代の三英傑のひとり徳川家康。これまで数々の俳優が徳川家康を演じてきたが、いちばん最初に家康を演じた俳優は誰れ?正確に記した記事は見つけられなかったが、おそらく1911年「家康公(徳川栄達物語)」の尾上松之助ではないだろうか。

新大陸の真の発見者は?

Photo
 
北アメリカ最北端の景色

    1492年クリストファー・コロンブスが新大陸アメリカを発見した。しかし新大陸の名称はコロンビア大陸とはならず、航海者アメリゴ・ベスプッチにその名誉をかっさらわれてしまった。日本では、ふつう「アメリカ」いえばアメリカ合衆国の略称として用いられることが多い。だが北米、中米、南米および西インド諸島を含むいわゆる新大陸の総称として、「アメリカ」(州)として用いられることもある。それは1507年にドイツの製図師マルティン・ヴァルトゼーミュラー(マーチン・ワルトゼーミュラー、マルティ・バルドゼーミュラーなど)が、「世界地誌」のなかで「世界の第四の地方」として、新大陸、とくに南アメリカを「アメリカ」と呼ぶことを提案したのが起源である。それはアメリゴ・ベスプッチ(1454-1512)の1502年の南米探検(パタゴニア地方)によって、アメリカ州が東インドではなくヨーロッパ人にとっての南アメリカは新大陸と指摘したので、「アメリゴ・ベスプッチ」の名前から「アメリカ」と名付けられたと普通いわれている。しかし近年の研究によると、イギリスではすでに15世紀末には北米を「アメリカ」と称していたと研究者は言っている。それはジョン・カボット(1450-1498)がカナダ東南岸のケープ・ブレトン島からニューファンドランド島などの探検により、探検出資者リチャード・アメリク(Richard Amerik)の名前を取って「Amerik's land」として知られていた。ヴァルトゼーミュラーは「新大陸」を「アメリカ」と呼んだのは、北米・中米・南米を総称するにふさわしい名称として提案したのではないだろか。

   つまりアメリゴ・ベスプッチ「アメリカ起源説」には疑問があるわけである。イタリア人アメリゴ・ベスプッチがその名をヨーロッパで知られたのは1503年にパンフレット「新世界」(Mundus Novus)を出版したからである。アメリゴのラテン名アメリクス・ベスプッチの語尾を地名接尾辞ア(a)と置き換えて、アメリカ(America)「アメリゴの(土地)」を意味すると説明づけられてきた。しかし、通常、地名に発見者が因む場合、ファースト・ネームを使う場合はほとんどない。たとえばタスマニア島の発見者アベル・タスマンAbel Tasmanはタスマンに地名接尾辞iaをつけて「タスマン氏の島」と命名している。通常、ベスプッチに敬意をはらうのであれば「ブスプニア」など氏に因むのが通例であろう。またベスプッチが南米の探検が中心で、北米への探検がないのにアメリカの総称というのも不思議な話である。第三にベスプッチは商人であり、その報告書は不正確で航海知識もなく、人物像に疑問がある。以上の疑問から、アメリカ地名の起源の人物はイギリス人のリチャード・アメリクに由来するという説のほうが妥当性が高いと考えている。

   新大陸の真の発見者はコロンブスか、アメリゴ・ベスプッチか、アメリクか。スペイン南部の都市セビリアのロドリゴ通りにロドリゴ・デ・トリアーナという船乗りの銅像が建っている。町の人々はコロンブスではなく彼こそが新大陸アメリカの真の発見者だという。ロドリゴはビンタ号のマストに昇っていて、真っ先に陸地を発見したらというのだ。(Amerigo Vespcci)

Img_0027
 16世紀の南北アメリカ地図(1540年)

チャルメラのルーツ

Gaka3vCharumeraojisan  明星食品は1966年即席めん「明星チャルメラ」を発売。屋台のラーメン屋おじさんの吹くチャルメラのトレードマークで40年以上も続くロングセラー商品となった。

 チャルメラのメロディーは「♪ドレミーレド ドレミレドレ~」(または♪ソラシーラソ、ソラシラソラ~)明治時代はラーメン屋ではなく、飴売りの楽器だった。石川啄木の歌に「飴売のチャルメラ聴けば うしなひし をさなき心 ひろへるごとし」とある。

 ところでこのチャルメラという楽器は複簧をもつ日本の管楽器だが、ルーツは7世紀ササン朝ペルシアで軍楽隊が使用していたもの。日本には中国の楽器「哨吶」(スオナー)が安土桃山時代に長崎に渡来し、「唐人笛」と呼んでいたが、ポルトガル人がそれを「チャラメラ charamela」と呼んだことから、「チャルメラ」に転訛した。江戸時代は正月の獅子舞が使っていたが、明治時代は飴売の専門の楽器となった。中華そば屋でチャラメラが使われるようになったのは、明治30年代後半の横浜が最初である。その後大正時代には、東京にもチャルメラを吹く屋台がいたるところに見られるようになった。

鴎外、漱石の墓

    明治29年1月3日、根岸の子規庵で俳句会が催された。第1回には夏目漱石、内藤鳴雪、高浜虚子、五百木瓢亭、河東可全、第2回には森鴎外、河東碧梧桐らが加わった。つまり子規、漱石、鴎外の3人が揃ったのはこの時だけであろう。記録によれば、漱石と鴎外が会ったのはこれが初めてであり、両者は互いに言葉をかわすことはなかったという。実際に5歳の年の差があり、漱石が作家となったのも鴎外の存在があったからであるという江藤淳の指摘がある。表面冷ややかで無関心を装い、鴎外と漱石の親しい交友は生まれなかったがお互いに敬意を抱いていたと思われる。

Photo_3
三鷹禅林寺 鷗外墓 隣に後妻の志げ子の墓がある

Img_1038371_25558995_0
 雑司ヶ谷霊園 漱石、鏡子、ひな子(五女)

2019年1月 2日 (水)

トビアの晩

  ドイツやスイスなどのヨーロッパ諸国の一部地域では、結婚初夜から2、3日、新婚夫婦の初夜の性交を禁じる風習があった。これは、「経外書(ラテン語のウルガータ版とギリシア語のアルドゥス・マヌティウス版から抜粋して再編した聖書)や「トビト記」などに登場する伝説のユダヤ人男性「トビト」に由来し、彼の娶ったサラという女性の前夫たちはいずれも結婚初夜に悪魔アスモデウスによって殺害されていたため、これを回避しようとした故事にならっている。つまり性を原罪視するキリスト教会の教義と結びついたのであり、教会法によって新婚初夜の交わりを禁じたのである。これをトビアの晩(Tobias night)という。

初夢に見ると縁起が良いとされる「一富士二鷹三茄子」はなぜ

   古来から目出度い夢の順序をいったものに「一富士、二鷹、三茄子」が夢に現れれば吉兆とされているが、科学的な根拠はない。その由来についても諸説ある。「一富士二鷹三茄子四扇五煙草六座頭」で駿河国の名物をうたったものだという説がある。また曽我兄弟の富士の裾野の仇討ち、鷹の羽根のぶっちがいを紋所とする赤穂浪士の仇討ち、荒木又右エ門の伊賀上野の仇討ちを暗示しているという説もある。近頃の説では、「一富士」は「不死」に通じ、「二鷹」は「高・貴」に通じ出世栄達、「三茄子」は「成す」に通じ子孫繁栄を読み取り、人間の三大欲望が叶えられる吉兆としての初夢縁起とするものである。

   「四扇」は末広がりで、財産や子孫繁栄を示す。「五煙草」は煙がたち昇ることから、出世、栄達を示している。「六座頭」とは、むかし僧の姿をした盲目の人のことで、盲目の人の目が開く瞬間を見られるのは幸運とされたからである。俗説には坊主は、毛がない、つまり「怪我ない」に通じるとも。また、単純に、富士は日本一の山であり、鷹は強い鳥、茄子は物事が「成す」にひっかけたものという説もある。ちなみに、このあと四は葬式、五は火事という説もある。一見、縁起が悪そうだが、夢で出会えば、実人生では出会わない、と解釈されている。(参考:「3秒に1回驚く雑学の本」、1月2日)

2019年1月 1日 (火)

初心忘るべからず

    一年の始めの月を象徴するにふさわしい色は、何といっても白だろう。真っ白な雪、お供えやお雑煮の餅、社に詣でると魔除けのための白い色。「清浄」、「真っ白な心」、「純粋な心」、「素朴」、「初心」どれもいい言葉だ。そして「初心忘るべからず」という言葉を連想する。

   広辞苑をみると「学び始めた当時の気持ちを忘れてはならない。常に志した時の意気込みと謙虚さをもって事に当たらねばならないの意」とある。つまり、ある程度、技量がついて自信をもち始めた時期が「慢心」という陥穽にはまる時期であり、この時期こそ「初心を」といさめているのである。

   出典は、世阿弥の「当流に、万能一徳の一句あり。初心忘るべからず」(『花鏡』)である。世阿弥(1363-1443)は観阿弥の子で足利義満に認められて、以後その支援をえて、二条良基ら当代一流の文化人との交流をつうじて芸道・学問に精進し、名声をたかめ、乞食の所行とさげすまれてきた猿楽を室町時代を代表する芸能にまで押し上げることに貢献した。生まれたままの心で、初心を忘れず、自然に感謝し、小さい一草一花の美しさに新鮮な喜びを感じたいものである。(1月1日)

年賀状の由来

Thumb5

   郵便も やや遠のきし 六日かな (蘭聚)

 正月の楽しみは年賀状だろう。だが終活をしていくうちに年賀状を出さなくなった。今年は家内も年賀状を書けずに電話でするすという。

江戸時代には武家も町人も、年始回りで、新年の挨拶をした。江戸城には元日早朝から、将軍家に挨拶する人たちがぞくぞくと集まってきた。町人も得意先や近所に年始回り。職人は親方のところへ、子供も寺子屋のお師匠さんに挨拶に行った。ただ、年始回りに行ったが、先生も年始回りに行って留守だった、とか、あまりに年始客が多すぎていちいち顔を出していられない、という場合もあった。そういうときは、玄関に置いてある帳面に名前を書いて帰った。それでも、先生の家が遠方だったりして、どうしても回りきれないところが出てくる。そのため、松の内が終わってから、年賀状を書いて飛脚に託したり、お使いの人に持って行かせたりした。

   明治になっても、年始回りの習慣は続いた。ただ、社会的にも個人的にも人々の交際範囲は広がり、松の内の年始回りでは追いつかなくなった。いきおい、年賀状ですませるのだが、その時期に日本にも普及しだした郵便制度である。明治6年、郵便葉書の発行により、はがきで年賀状を送る習慣が急速に広まっていった。もちろん、このころは年が明けてから書いた。

   ところが、知恵者がいて、正月に配達する年賀状を暮れのうちから受けつけたらどうだろう、と思いついた。明治32年、年賀郵便特別取扱制度ができた。明治38年には全国どこの郵便局でも前年のうちに年賀状を受け付けることになった。(1月1日)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31