無料ブログはココログ

« 現代人にとって神は不要なのか? | トップページ | 史上最大の海難事故ドニャ・パス号の沈没 »

2018年12月20日 (木)

人類の過去と未来

    十年一昔、金融ビッグバンとか規制緩和という言葉が新聞紙面を賑わした。3.11、原発事故後の今は復興、増税、放射線、震災ナショナリズムなど社会は一変したから恐れ入る。今世紀は宇宙開発、原子力利用など前世紀の所産の理想と現実に直面する時代なのだろう。「歴史は、人間の知恵と人間の意欲の生みだしたものである」というベネデット・クローチェ(1866-1952)の言葉を思い出す。

    確かに、50年ほど前、人類の歴史はおよそ100万年といわれた(現代教養文庫に「人類の百万年」という本がある。1968年刊行)が、のちに500万年といわれた。ところが近年は猿人や旧人は絶滅したと考えられてホモ・サピエンスはおよそ5万年前といわれている。2018年現在、世界の人口は75億人に達している。過去に生れてきた人類すべての数と比較すると、どのくらいの比率になるのか。過去の人類+現在の人類=1082億人。これが人類誕生して以来の総数になる。つまり、現在生存している人類だけで、過去すべての人類の7%に相当する。2050年には100億人に達すると試算されているので、その頃の比率だと1割に近づく。ちなみにほとんどの時代において、平均寿命は30歳前後である。

Photo

« 現代人にとって神は不要なのか? | トップページ | 史上最大の海難事故ドニャ・パス号の沈没 »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 現代人にとって神は不要なのか? | トップページ | 史上最大の海難事故ドニャ・パス号の沈没 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31