無料ブログはココログ

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月31日 (月)

除日、講起ス

歳暮ニ、菅得庵、林羅山ニ謂ヒテ曰ク、

「余、イマダ通鑑綱目ヲ読マザル。

請フ、先生、明春ヲ以テ、余ノタメニ之ヲ講ゼント」

羅山曰ク、「子ノ心誠ニ之ヲ求メバ、何ゾ来年ヲ待タント」

即チ、除日ニ講起ス。

                       (先哲叢談)

2018年12月29日 (土)

まんぷくのダネイホンとはどのような意味で何語?

  朝ドラ「まんぷく」では栄養失調で困っている人たち助けようと立花萬平が栄養食品「ダネイホン」を開発する。ダネイホンとはどのような意味で何語か?もとは栄養という意味のドイツ語Die Ernahrungからきている。ディ・エアネールング→ディアネーフン→デネイフン→ダネイホンと日本語で言いやすく変化させたものである。

2018年12月28日 (金)

歌謡映画はたいがい当たる

51rkhosdlal       歌謡曲に着想を得た所謂「歌謡映画」(ミュージカルや挿入歌が多くある映画でなく、ヒットした歌謡曲をタイトルとした映画のことを便宜上よぶ)が作られるのはいつごろからか。「♪あいたさ見たさにこわさを忘れ暗い夜道をただ一人」(籠の鳥)という歌が1922年に流行し、2年後帝国キネマが歌川八重子で映画化している。これが本邦初の「歌謡映画」のルーツであろうか。1934年には東海林太郎「国境の町」を新興キネマが映画化している。戦後は水島道太郎「夜のプラットホーム」(1948)、美空ひばりの「悲しき口笛」(1949)、山根寿子「湯の町悲歌」(1949)などがある。島耕二は「銀座カンカン娘」「上海帰りのリル」「有楽町で逢いましょう」と歌謡映画の名人といえる。

Photo_3     舟木一夫の「高校三年生」(1963)を主題歌に大映が映画化。富島健夫の小説「明日への握手」が原作で、倉石功と姿美千子が主演。舟木は原作にはなく、付け足しだった。深作欣二の「やくざの墓場 くちなしの花」もヒットした。21世紀になると「涙そうそう」(2006)が妻夫木聡と長澤まさみでヒットした。一青窈の「ハナミズキ」(2004)をモチーフにした映画「ハナミズキ」(2010)は興業収入27億を超える大ヒットになった。新垣結衣は「恋空」に続く成功でトップ女優となった。お互いに大好きなのに遠距離恋愛で結ばない物語。前半はウォーレン・ビューティ、ナタリー・ウッドの「草原の輝き」(1961)のような感じだったが、結末は一転してハッピーエンドになった。来年2月には中島美嘉の冬のラブソングの名曲「雪の華」をモチーフとした映画が登坂広臣、中条あやみ主演で映画化される。ベタな歌謡映画は大衆路線で安定した観客動員が見込まれる。

2018年12月26日 (水)

バタフライ

1933年アメリカの水泳選手ヘンリー・メイヤーズが平泳ぎのとき両手を水上から前に返して泳いだのがはじめてで、「バタフライ平泳ぎ」とよばれていた。1954年長沢二郎が「ドルフィンキック」という新しい足の動きを発明し、当時の200メートルバタフライの世界新記録を更新した。1956年のメルボルン大会から「バタフライ」という独自の種目となった。

2018年12月24日 (月)

世界史の文献目録

20thcentury    人類誕生から現在にいたる人間の生活のいとなみや政治・社会の発展過程を知ることによって、歴史的思考力を養うことは重要である。すべての人は自国だけでなく世界全体についての知識が求められている。およそ100年間にわたる世界史の基本図書を整理してみよう。高校世界史の名著といえば吉岡力の「世界史の研究」(旺文社)である。

   日本では明治期に国史(日本史)と万国史(外国史)という区分が生まれたが、ついで後者が西洋史と東洋史に二分された。そして1940年代になると研究者の間で「世界史」の構想がはかられ、戦後になって新制高校の教科目として「世界史」が誕生した。

 

万国歴史全書 東京博文館 1889~
世界歴史譚 博文館 1909
通俗世界全史 全19巻 早稲田大学出版部 1915
世界興亡史論 レオナルド・フォン・ランケ著 川村堅固訳 平凡社 1930
現代史学大系 共立社 1931
世界古代文化史 全6巻 西村真次ほか 東京堂 1931~33
世界歴史大系 全26巻 鈴木俊ほか 平凡社 1933~36
世界文明史物語 ヘンドリック・ヴァン・ルーン著 前田晁訳 早稲田大学出版部 1933
世界文化史概観 上下 岩波新書 ウェルズ著 長谷部文雄訳 岩波書店 1939
世界史の哲学 高山岩男 岩波書店 1942
世界歴史 全10巻 辻善之助ほか監修 河出書房 1940
東方古代世界史 ルイ・ジョゼフ・ドラポルト著 板倉勝正訳 三邦出版社 1943
世界史講座 全7巻 弘文堂書房 1944
世界の歴史 全6巻 毎日新聞社 1947-1954
世界史のおける東洋社会 飯塚浩二 毎日新聞社 1948
世界文化史 1・2 北川三郎著 大鐙閣 1949
古代史物語 父から娘への手紙 ジャワハルラル・ネール著 戸叶里子訳 日本評論社 1950
世界史の研究 吉岡力 旺文社 1950
世界史めぐり 中村孝也 妙義出版社 1950
詳解世界史 木村正雄 昇龍堂 1951
世界史 村川堅太郎・江波波夫共著 山川出版社 1951
人物世界史 東洋(毎日ライブラリー) 仁井田陞編 毎日新聞社 1951
世界史 秀村欣二 学生社 1952
世界歴史地図 亀井高孝ほか編 吉川弘文館 1952
世界史 秀村欣二 学生社 1952
世界史研究 新学生研究叢書 酒井忠夫 績文社 1953
世界思想史 学燈文庫 仁井田大三郎 学燈社 1953
世界歴史講座 全6巻 民主主義科学者協会歴史部会編 三一書房 1953-1954
世界文化交流史 伊瀬仙太郎 金星堂 1953
最新世界史 太田広 法文社 1954
最新世界史研究 山崎宏 金子書房 1954
世界史の研究 中崎米次 堀書店 1954
世界史の総合研究 有高巌 池田書店 1954
世界史の総合研究 中屋健一 学燈社 1954
世界文化史物語 図説文庫 富永次郎 偕成社 1954
世界文化地理大系 平凡社 1954-58
世界史講座 東洋経済新報社 1955
世界史図説大系 松田寿男編 福村書店 1955
世界史におけるアジア 歴史学研究会 1955
世界歴史事典 全25巻 平凡社 1955
少年少女世界史物語 全6巻 朝日新聞社 1955
世界文化史年表 加茂儀一編 三省堂 1956
世界史概説 江口朴郎 秀英出版 1956
世界史における現代のアジア 上原専禄 未来社 1956
世界史の傾向と対策 吉岡力 旺文社 1956
精解世界史 木村正雄 昇龍堂 1957
岩波小辞典世界史(東洋) 山本達郎編 岩波書店 1958
世界史大系 全17巻 誠文堂新光社 1958-1960
世界文学大系 全96巻+別巻2 筑摩書房 1958-1968
図説世界文化史大系 全27巻 角川書店 1958-1961
世界文明史物語 上下 ヴァン・ルーン著 角川文庫 1958
世界史 ソビエト科学アカデミー版1・2 商工出版社 1959
世界史の基礎研究 岸辺成雄・藤田重行著 山田書院 1959
要約世界史 根本誠、五十嵐久仁平著 旺文社 1959
歴史 全17巻 中央公論社 1960
世界考古学大系 全16巻 大修館書店 1960
世界史 大学教養演習講座 吉岡力編 青林書院 1960
世界の歴史 全17巻 筑摩書房 1960
世界の歴史 目で見る学習百科9 尾鍋輝彦 偕成社 1960
アジアの嵐 少年少女世界史談3 浅野晃 偕成社 1961
(大学受験)世界史綜合整理 徳久鉄郎 東文社 1941
世界の歴史 全8巻 ホームスクール版 中央公論社 1962
世界文化交流史 伊瀬仙太郎 金星堂 1963
世界文化史物語 少年少女・世界の名著11 ウェルズ著 金沢誠訳 偕成社 1964
世界史の基礎 バイタルズシリーズ 鈴木健一 研数書院 1965
世界歴史 全7巻 人文書院 1965
教養としての世界史 講談社現代新書 西村貞一 講談社 1966
ライフ人間世界史 全21巻 タイムライフブックス 1966
人物世界史 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ 旺文社新書 堀米庸三編 旺文社 1967
世界史の研究 吉岡力 旺文社 1967
大世界史 全26巻 文芸春秋 1967-1968
世界の文化史蹟 全16巻 講談社 1967
世界歴史シリーズ 全23巻 世界文化社 1968
目で見る大世界史 全18巻 国際情報社 1968
世界の歴史 カラー版 全26巻 河出書房 1968
世界の歴史 全12巻 集英社 1968
世界の歴史 全17巻 中公バックス 1968
世界の歴史 年表要説 現代教養文庫 三浦一郎・金沢誠編 社会思想社 1968
アシェット版・世界の生活史 全23巻 河出書房 1976
日本と世界の歴史 全22巻 学習研究社 1969~71
デュラント世界の歴史 全32巻 日本メールオーダー 1969
岩波講座世界歴史 全31巻 岩波書店編 岩波書店 1969-1974
世界歴史シリーズ 世界文化社 1969
世界史事典 山崎宏・兼岩正夫編 評論社 1970
沈黙の世界史 全13巻 新潮社 1970
世界古代史双書 全10巻 創元社 1971
新しい世界史の見方 謝世輝 講談社 1972
世界史年表 日比野丈夫編 河出書房新社 1973
岩波講座世界歴史 31 総目次・総索引 岩波書店 1974
世界の歴史 現代教養文庫 全12巻 社会思想社 1974
ランドマーク世界史 全15巻 講談社 1975
世界の歴史 全25巻 講談社 1976
世界歴史 図詳ガッケン・エリア教科事典3 学習研究社編 学習研究社 1976
世界の民族 大林太良監修 平凡社 1979
世界歴史地図 朝日タイムズ G・バラクラフ総監修 朝日新聞社 1979
人物世界の歴史 全4巻 学研の図鑑 木村尚三郎監修 学習研究社 1984
ビジュアル版・世界の歴史 全20巻 講談社 1984
民族の世界史 全15巻 山川出版社 1984~1987
世界の戦争 全10巻 講談社 1985
世界歴史大事典 全22巻 江上波夫・梅棹忠夫監修 教育出版センター 1986
世界文化小史 角川文庫 ウェルズ著 下田直春訳 角川書店 1991
世界史年表 歴史学研究会編 岩波書店 2001
戦争の世界史 技術と軍隊と社会 ウィリアム・ハーディー・マクニール著 刀水書房 2002
人類と家畜の世界史 ブライアン・フェイガン著 河出書房新社 2016
図説世界史を変えた50の指導者(リーダー) チャールズ・フィリップス著 原書房 2016
性病の世界史 ビルギット・アタム著 瀬野文教訳 草思社 2016
マクニール世界史講義 ウィリアム・ハーディー・マクニール著 筑摩書房 2016

 

 

 

 

漱石、冬の句

Img_0009

   「漱石をして小説家たらしめるに至った原動力は子規であった」と小宮豊隆は言っている。夏目漱石は、生涯2431句もの俳句を詠んだ「俳人漱石」でもあるが、写生を唱えた子規が、漱石の口語体小説の完成に大きな影響をもたらしたことはいまさら言うまでもあるまい。ここでは冬の句を並べてみる。

武蔵野を横に降るなり冬の雨

黙然と火鉢の灰をならしけり

埋火や南京茶碗塩煎餅

病あり二日を籠る置炬燵

水仙の花鼻かぜの枕元

くさめして風引きつらん網代守

口切にこはけしからぬ放屁哉

雪の日や火燵をすべる土佐日記

凩や海に夕日を吹き落とす

漸くに又起きあがる吹雪かな

汽車を逐て煙這行枯野哉

わが影の吹かれて長き枯野かな

愚陀仏は主人の名なり冬籠

淋しいな妻ありてこそ冬籠

うき除夜に壁に向へば影法師

映画最新情報

   「おとなの恋は、まわり道」最悪の結婚式で出会った"こじらせ男女"の恋。キアヌ・リーヴス、ウィノーナ・ライダー。▽「マチルダ 禁断の恋」ロシア帝国最後の皇帝とバレリーナの許されざる恋物語。ラース・アイディンガー、ミハリナ・オルシャンスカ。▽「ときめき♡プリンセス婚活記」王女の結婚相手を相性占いで決める婚活騒動が勃発。イ・スンギ、シム・ウンギョン。▽「暁に祈れ」刑務所でムエタイに希望を見いだした男。ジョー・コール。▽「パッドマン」生理用品の普及に人生を捧げた男の実話。アクシャイ・クマール、ソーナム・カブール。▽「くるみ割り人形と秘密の王国」少女クララの不思議な冒険の旅。マッケンジー・フォイ、キーラ・ナイトリー。▽「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」エディ・レッドメーン。▽「喜望峰の風に乗せて」コリン・ファース。▽「オール・イズ・トゥルー」ケネス・プラナー。▽「グリード炎の宿敵」シルベスター・スタローン。▽「シュガー・ラッシュ・オンライン」ディズニー・アニメーション。▽「サスペリア」ダコタ・ジョンソン。▽「来る」岡田准一、妻夫木聡、黒木華、小松奈菜。▽「そらのレストラン」大泉洋、本上まなみ。▽「こんな夜更けにバナナかな」大泉洋、高畑充希。▽「春待つ僕ら」土屋太鳳。▽「かぞくいろ」有村架純。「ニセコイ」中島健人、中条あやみ。▽「十二人の死にたい子どもたち」杉咲花。▽「DAY AND NIGHT」阿部進之介、清原果耶。▽「斬」池松壮亮・蒼井優。あの綱淵謙錠の時代小説とは無関係。▽「ハード・コア」山田孝之・佐藤健。▽「この道」大森南朋・AKIRA

「きよしこの夜」と「ホワイト・クリスマス」

Bingcros   クリスマスの定番曲といえば、古くから伝わる讃美歌とワムや山下達郎のような20 世紀に入ってからのポビュラーソングのクリスマス曲がある。古くからのクリスマス曲の代表といえば「きよしこの夜」。1818年オーストリアのザルツブルク近郊の小さな村オーペンドルフの司祭ヨゼフ・モールが作詞し、教会のオルガン奏者フランツ・クサーヴァー・グルーバーによって作曲された。今年はこの有名なクリスマスキャロルが初演されてちょうど200年となる。1859年ジョン・フリーマン・ヤングによって英語に訳され、世界中に広まった。日本人で最初にクリスマス・ソングをレコード化した歌手は誰か?正確にはわからない。戦前にすでに録音された曲もあると思われるが不明でただいま調査中。戦後になると美空ひばりが昭和28年に「クリスマス・ワルツ」(米山正夫作曲)を発売している。間奏に「きよしこの夜」が入っている。

 

   ポピュラーソングの代表曲といえば「ホワイト・クリスマス」。この曲は、元々は映画「スイング・ホテル」(1942年)の劇中歌。作曲者アーヴィング・バーリンが初めてのリハーサルでこの曲を弾いたとき、ビング・クロスビーはこの曲の可能性を十分に認識しなかった。クロスビーは「この曲は何も問題ないね、アーヴィング」と言っただけだった、と伝えられる。クロスビーにとっては普段の調子ですぐに歌える簡単なメロディーだったのだろう。いまでは多くの歌手にカバーされており、史上もっともヒットした歌曲の一つとされている。「ホワイトクリスマス」は従来の宗教のわくを離れて、アメリカの新しいクリスマスを祝うスタイルを理想化した作品といわれている。(Bing Crosby)

2018年12月20日 (木)

現代人にとって神は不要なのか?

Img_0001

    現代は原子力の時代、宇宙開発の時代といわれ、もはや神の存在は不要になったのであろうか。そんな疑問をいだかせる本が「バカの壁」である。平成15年に出版され400万部という大ベストセラー「バカの壁」を遅まきながら読む。養老孟司は次のようにいう。「私の考え方は、簡単に言えば二元論に集約されます。イスラム教、ユダヤ教、キリスト教は、結局、一元論の宗教です。一元論の欠点というものを、世界は、この150年で、嫌というほどたたき込まれてきたはずです。だから、21世紀こそは、一元論の世界にはならないでほしいのです。男がいれば女もいる、でいいわけです」

   おそらく無信仰の多い日本人には養老孟司の話は受け入れやすいだろう。とくにキリスト教は日本では増えていない。仏教、神道といっても冠婚葬祭だけの話である。つまり養老の説は宗教、思想、哲学を研究しても無意味だという話になりかねない。ほんとうに信頼できるのは合理的に実証できる科学だけだ、といっていることと同じであろう。(データの改竄、捏造はあるが)最近の科学論(科学哲学)の世界でも「パラダイムの転換」にみられるように、一元論ではなく、二元論、多元論が優位であることは事実である。つまり養老のスタンスは科学者の立場からはあたりまえのことを言っているにすぎない。おもえば近代科学の学者たちは、神に対する信仰を弱めさせる説を提唱してきた。ダーウィン、マルクス、ニーチェ、フロイト。文学者の魯迅も儒教が中国の近代化を遅らした弊害を厳しく批判した。20世紀マルクス主義の唯物論の大学教授は隆盛を極めたが今は空しい結果となっている。二元論、多元論が正当性があるかの如く広まっているが、神や宗教が多くの人々にとって時代遅れの代物に思う時代は悲しい。たとえば愛する人を失った時、人はどうするであろうか。現代医学の力をもってしてもどうすることもできない。人は無力であり、ただ哀しむだけである。そして宗教、あるいは信仰によって慰めをうることができるはずである。花束で死者を悼んでも死者は甦らない、と合理的に考えても、心は癒されるはずがない。「一元論か二元論か」、この問題は古代ギリシア以来の哲学の根本問題である。養老孟司のいうように「この世に男と女がいるから二元論だ」という説には賛成できない。信仰者にとっては「まことの神」が唯一であり、一元論も誰にも否定できない。それは21世紀だけの課題でなく、人類永遠の課題でもある。人は神に全てをゆだねることによって世の中にある理不尽さを乗り越えることが出来るのかもしれない。

雑学教室3集

Trivia やくみつる「雑学の威力」(小学館新書)博識の漫画家であり、最強のクイズ王である著者が、雑学の威力を伝授する。雑学を身につけ、それを正しく使うことができれば人生が好転する!

 ティラノサウルス、実は走れなかった。▽優雅で上品な雰囲気が漂うモーツァルトの曲に「俺の尻をなめろ」という変な題の曲がある。▽1958年から1976年にかけて起きたアイスランドとイギリスとの漁業紛争を、Cold War(冷戦)をもじって、Cod War(タラ戦争)という。▽松本明子はスター誕生決勝大会で、本田美奈子や徳永英明を抑えて優勝している。▽漫才師ヒロシの芸名はアナウンサー生島ヒロシに由来する。たまたま家にあった雑誌の表紙に生島が写っていた。▽「3年目の浮気」ヒロシ&キーボーには「5年目の破局」という曲がある。▽マギー司郎の「マギー」とはドイツ語magieで「魔法の」「不思議な」の意味。▽タヌキの置物で知られる信楽焼は古くは奈良時代にまでさかのぼることができる。▽「だんだん」とは島根・出雲地方の方言で「ありがとう」の意。▽「あまちゃん」に出演している女優・伊勢志摩は三重県ではなく岩手県の出身である。▽ペギー葉山が歌って大ヒットした「南国土佐を後にして」は最初、丘京子が歌った。▽プラモデル生産日本一は静岡県。▽太宰治の故郷として有名な金木町は、津軽三味線の誕生地でもある。▽三国志に孔子の20代目の子孫、孔融がいる。後漢の忠臣のひとりだが、曹操に斬罪される。▽タヒチ島で有名なゴーギャンだが、死亡したのはタヒチから1300㎞離れたマルキーズ諸島である。C5b2427bs ▽1951年好感度タレント。三船敏郎、佐田啓二、乙羽信子、岡晴夫、川路龍子。川路は松竹歌劇団の男役スター。戦争で若い男性が不足していたので男装の麗人が流行ったから。▽アグネス・チャンは6人兄弟。3姉妹の末っ子。アグネス・ラムは4姉妹の末っ子。▽1966年ビートルズ来日公演。そのときの前座はブルー・コメッツとザ・ドリフターズだった。▽デビュー時の中森明菜のキャッチフレーズは「ちょっとエッチな美新人娘(み・ルーキー・っこ)」▽史劇「ナポレオン」(1831)などで有名なドイツの天才的劇作家クリスチャン・ディートリッヒ・グラッベ(1801-1836)。飲酒癖と結婚の失敗が因となって窮乏のうちに病死した。グラッベの名言「女は深く見るが、男は遠くを見る。男にとっては世界が自分で、女にとっては自分が世界」▽三陸海岸の宮古以北は隆起海岸であるため、厳密に言えば沈降が条件となるリアス式海岸ではない。▽ルリユール reliure 製本。特に、職人が手作業でつくる、工芸品としての装丁やその技術のこと。フランス語。(Christan Dietrich Grabbe,Napoleon oder die Hundert Tage、雑学ブログ)

2018年12月19日 (水)

どこまで続くブサカワブーム

 朝ドラ「まんぷく」で毎回、塩軍団たちが「タカちゃんは美人か否か?」という奇妙な論争が繰り広げられている。たしかに女優岸井ゆきのの容姿はビミョーだ。AKBの指原莉乃が渡辺麻友を7万票の大差をつけて一位を獲得したときも同様の疑問が噴出した。愛らしい容姿の麻友が見た目ではさほどかわいくない莉乃になぜ苦杯の涙をのんだのか。いま若者たちを支配しているブサカワブームのためではないだろうか。不細工と可愛いの組み合わせた語で、「ブサかわいい」とも表現される。美人とは評しがたい容姿ながら、どこか愛らしさを感じて、心惹かれる、そんようなタイプをいうらしい。ブサカワランキングというのがある。ダントツの1位は「いきものかがり」の吉岡聖恵。明るく元気で真っすぐな聖恵ちゃんは、鼻ぺちゃだってだってお気に入り。

   NHKはブサカワがお気に入りのようで、「とと姉ちゃん」のヒロイン高畑充希、相楽樹も顔立ちはビミョーである。10月からの朝ドラ「べっぴんさん」のヒロイン芳根京子はすでに表高でお馴染みで、美人というよりも完全なブサカワ派。だがブサカワの代表的な女優は多部未華子であろう。「ドS刑事」「デカワンコ」「あやしい彼女」でみせる変幻自在な顔面芸は「変顔の多部」といわれる。そのほか最近売れている蓮佛美沙子や松岡茉優も雰囲気美人の役所ながら本質的にブサカワ派である。ほかに田畑智子、木南晴香、aiko、峯岸みなみなどもブサカワ派。正統派美人、北川景子、武井咲、佐々木希、桐谷美玲など美しく整った顔立ちは逆に性格が悪そうに取られる時代となっている。だがこのブサカワブームもいつか飽きられるのではないだろうか。

死への不安と恐怖について

  人生とは、死ぬことと見つけたり。人は必ず死ぬ。どんなに健康で長寿であろうと、死は万人が受け入れざるを得ない宿命だ。自然災害が多かった「災」(2018年今年の漢字)の凶年も残り「あと12日」。はたして平成最後の年が越せるかどうかわからないが毎日注意して生きて行こう。火事で一家死亡といういたましいニュース。ドラマも最終回は主役の死が多い。「大恋愛」ではヒロイン戸田恵梨香の死に涙ぐみ、西郷どんでまた号泣。映画「シン・ゴジラ」を観ていると、今年亡くなられた俳優の大杉漣さんが総理役で出演していた。撮影当時は自分の死など意識になかったのだろうと想像すると泣けて来る。仕事でも遊びでも全力投球の人だから、知らず知らずに疲労が蓄積していたのか。人生は短くはかないものだが、私も俗人で、生きることが好きなので一日一日を大切にして、健康な日々を過ごしたい。

2018年12月18日 (火)

行雲流水

Iseiseimei

   Qさま。天明麻衣子が難問を「行雲流水」と見事に解答して優勝。意味は自然のままに動き回るもののこと。行く雲、流れる水、という。物事に執着しない意味にも用いる。夏目漱石・吾輩は猫であるに「なあに、二、三行ばかりですがね。その文は行雲流水のごとしとありましたよ」とある。幕末から明治にかけて四字熟語が流行した。西郷隆盛の「敬天愛人」ほど知られていないが、大久保利通は「為政清明」をモットーにしていた。明治11年5月11日朝、福島県令山吉盛典に「為政清明」と揮毫したあと、暗殺に遭い、不慮の死を遂げた。

0005_l 0181
  為政清明       敬天愛人

2018年12月17日 (月)

南部坂雪の別れ

Img_0006_3

    浅野長矩の正室阿久里は浅野氏一族の備後三次藩初代藩主・浅野長治の次女であるから、長矩とは遠縁ということになる。夫の浅野長矩の凶報に接したとき、阿久里は何よりも先に内匠頭の弟の浅野大学長広に吉良上野介の生死を確かめたが、答えを得ることができなかったので、「兄の刃傷を聞きながら、相手の生死のほども確かめず、まことに惜しいことです」と、あわてる大学をたしなめるほどの気丈な女性であった。その夜、阿久里は鉄砲洲の江戸の上屋敷で髪をおろし、寿昌院と号して殉じたが、のちに将軍綱吉の生母の桂昌院の「昌」の文字をはばかって、瑤泉院と改めた。夫の内匠頭が切腹したとき、阿久里は28歳であったが、浪士の遺児たちの赦免に尽力をつくすなどした。瑤泉院の俗説では「南部坂雪の別れ」が巷間よく知られる。討入りを翌日に控えた13日の夜、内蔵助は瑤泉院に永のお別れの挨拶をしたいと考え、南部坂(港区)にある浅野家下屋敷を訪れた。ところが吉良方の密偵が奥女中となって潜入に気づいた内蔵助は、座が定まるのも待ちきれず瑤泉院は仇討ちはいつ、とつめよるのだったが、心中にこみあげるものをぐっとこらえ、「法事が終りしだい、山科に立ち帰り、かの地に永住の所存でございます。今生のお別れに、御霊牌の前に御焼香をお許し下さいますよう」と申し出たが、瑤泉院は「折角ながら、その儀はなりませぬ」と、屹ッとして言うと、静かに仏間の方へ去った。内蔵助は、じっと差しうつむいたまま、ついに一言の弁明もせず、座を蹴って去った瑤泉院のうしろ姿に平伏するのみであった。これが有名な南部坂雪の別れの泣かせどころであるが、この話も講釈師(桃中軒雲右衛門といわれる)の作り事で、実際は討入りより1年前の元禄14年11月、事件後はじめて内蔵助は瑤泉院のご機嫌伺いに行っている。瑤泉院、それも瑤泉院付きの士・落合与左衛門宛に書状を認め、自身は赴かず、「預置候金銀請払帳」を添えて近松勘六の家来・甚三郎に三次藩邸へ届けさせたと言われる。その後、瑶泉院は静かに暮らし、赤穂義士が討ち入って11年後(正徳4年)41歳で生涯を終えた。

おもしろ地名、西表をなぜイリオモテと読む?

   北海道や東北地方にはアイヌ語がルーツとなった地名が数多くある。長万部はアイヌ語「オ・サマム・ペッ」(川尻が横になっている)から。倶知安は「クッ・シャン・イ」(くだのを流れ出たところ)」から。クッシャニとなってさらに、クドサニとなり倶登山(くどせん)川となり、倶知安が生まれた。沖縄にも方言に漢字を当てたおもしろい地名がたくさんある。西表はなぜ「イリオモテ」と読むのか?昭和40までは「イリオモテ」と読める人は誰もいなかった。「生きた化石」といわれるイリオモテヤマネコがこの島で発見されたことから、西表島は広く知られるようになった。沖縄では、太陽が西の海に「入る」から西のことをイリという。▽モンテネグロには人口100人ほどの村Japan(ヤーパン)村が存在する。参考:「日本の地名がわかる事典」浅井建爾著 日本実業出版社

神崎与五郎・吾妻下り堪忍袋

Img_0006

   神崎与五郎則休(1666-1703)。代々、美作津山森家に仕えた武士の家に生まれ、その少年時代を津山の城下町で過ごした。森家改易の後、赤穂浅野家に召し抱えられ、五両三人扶持と役料五石が与えられた。

    元禄15年3月、神崎与五郎は、大石内蔵助の内命を帯びて、京から江戸へ向かった。内匠頭に仕えてわずか5年、五両三人扶持の微禄ながら誠実の士であり、お家断絶ののちも内蔵助の任あつく、このたびも、その機敏、堅実、忍耐と三拍子そろった人柄を見こまれての出府であった。与五郎は道中を急ぎに急ぎ、やがてさしかかったのが箱根の山であった。とある茶屋でしばしの憩いをとっていた。そこへ馬方がひとりはいってきた。街道一の暴れ者として人々に嫌われている丑五郎というならず者である。「お侍さん、馬はどうだね」呼びかけられた与五郎は、何気なく「わしは馬は嫌いだ」と答えた。「なに!侍のくせに馬が嫌えだと、ふざけるねえ、ただの雲助とはわけが違うぜ!」罵ったかと思うと、いきなり与五郎の胸をどんと突いた。与五郎も思わず無礼者め!と刀の柄に手をかけたが、いや待て、たとえ雲助ひとりでも刀にかければ何かと取調べがあり、江戸入りが遅くなると思いなおし、「いや、わしが悪かった、許せ」と涙をのんで大地に両手を突き、丑五郎のいうままに詫証文を書いて与えた。この話は最近の忠臣蔵ドラマなどでは、詫証文を書くだけでは物足りないと感じたのか、与五郎が馬方の股をくぐるシーンが見られる。詫証文にしろ股くぐりにしろ、真偽のほどは明らかではなく、韓信の股くぐりの故事から講釈師が採った創作であるが、これが大人気となった。

07bh

2018年12月16日 (日)

チャングムとサイムダン

    イ・ヨンエは透明感のある洗練された美しさで韓国映画界を代表する国民的女優といえる。その正統派としての存在は日本の吉永小百合に比されることがある。だが清純ではあるがどこか不可解で近寄りがたい存在であり、かつてはそれが演技の幅を狭めていた。ドラマ「パパ」や「ドクターズ」の女医ミンジュなどは都会派の知的なキャリア志向の女性で、身勝手で現実味がなく、大衆の共感できないものがあった。あの大ヒットした「JSA」でさえ、彼女に求められたのはクールな美しさであった。本当の意味で女優として開眼したのは「春の日は過ぎゆく」「ラスト・プレゼント」あたりからであろう。「宮廷女官チャングムの誓い」でアジア諸国でも最も愛される女優となったが、その後、結婚・出産し、長い沈黙が続いた。2016年ドラマに復帰、「師任堂 色の日記」ではとても46歳とは思えない美貌で大女優の貫禄すらみせている。ところでチャングムとサイムダンは共に16世紀前半の中宗(在位1506-1544)時代の実在の人物だそうである。ただしチャングムは「朝鮮王朝実録」の中宗実録の項で「長今」と「大長今」という単語が13ヵ所あるだけで、ドラマは物語を膨らませて創作しているようだ。

2018年12月15日 (土)

精進が大事か、いまのままでいいのか?

  羽生選手の4回転ジャンプなどを観て気になることがあった。超難度の技を競うことで、自らの肉体に疲労を与えているのではないかと。円成(えんじょう)は物事の完成、まどかになる事。円満成就のことを「成満(じょうまん)」と呼ぶ。人生何事も目的に向かって一生懸命に精進を尽くせ、という意味。ところが禅語「個個円成」はすこし意味が変わってくる。それぞれが、それぞれのやり方で完成に向かうこと、または、それぞれがそれぞれなりに既に完成しているということ。小さいもの、大きいもの、弱いもの、強いもの、それぞれのあり方に違いがあっても、すべてが完成へと向かう。そして、宇宙の調和はそれらがすべての存在によって成り立っている。才能があるとかないとか、運がいいとか悪いとか、持っているとか持っていないとか、すべて宇宙の真理からみると無関係だ。最近のドラマ「僕らは奇跡でできている」はそのようなことが言いたかったのかな、私は考えている。

東京ローズ

Photo_5  あるテレビ番組の街頭インタビューで「東京ローズを知っているか?」と70歳代以上の人にたずねたところ、「売春婦」「ストリッパー」などほとんど正確に知っている人はいなかった。 

1942年4月1日、対米宣伝放送「ゼロ・アワー」が開始された。アメリカ将兵によって女性アナウンサーに「東京ローズ」という愛称がつけられたが、13人の女性が交代で東京ローズに該当するのが誰であるかは、明確に判らない。1943年11月からアナウンサーに加わったアイバ・郁子・戸栗・ダキノ(旧姓・戸栗郁子、1916-2006)は「東京ローズ」として知られた。

2018年12月14日 (金)

忠臣蔵脱盟者たちの知られざるその後

374b0c11e5fffb584596e021637277ed   刃傷事件が起こってから討ち入りまでの1年9カ月の間、さまざまな理由で義士になれなかった者たちがいる。家老の大野九郎兵衛は「逐電家老」と罵られ、岡林直之は「一家の恥」と責め立てられ、切腹に追い込まれた。小山源五右衛門、進藤源四郎、奥野将監、小山田庄左衛門、高田群兵衛、毛利小平太、萱野三平、瀬尾左坐衛門、橋本平左衛門なども討ち入りには参加できなかった。瀬尾は池宮彰一郎の小説「四十七人の浪士」では大石の命でお軽とその子の面倒を頼まれて脱盟したことになっている。

   赤穂浪士の1人、奥野将監定良(1647-1727)が隠れ住んだという屋敷跡が兵庫県加西市下道山にある。加西市の一部は赤穂藩の飛び地の領地だったらしい。将監は、赤穂藩で大石良雄に次ぐ重臣で、江戸城刃傷事件の後、大野九郎兵衛に代り、大石と明け渡しに努力し、最初の義盟にも加わった。しかし元禄15年7月、浅野家再興が不可能になると、8月、奥野弥五郎と共に脱盟した。その後、将監の娘が磯崎神社の神宮寺に嫁いでいるのを頼り、ここにしばらく居を構えた。奥の墓石は将監の娘の子の墓と伝えられる。将監はその後、現在の中町の延明寺に移り住んだ。享年は82歳といわれ、長命だった。

2018年12月12日 (水)

河盛好蔵「Bクラスの弁」

  エッセイを書いたり、読んだりすることが好きだ。随筆、短文を書いたり、読んだりすることは、言語感覚を磨いて、表現する能力が向上する。河盛好蔵は随筆の達人である。「Bクラスの弁」という随筆のなかで、河盛好蔵はこう書いている。「自分はBクラスに属する」が、それは「卑下して言っているのでは毛頭ない」。「精神の世界」ではAクラスとBクラスとは「横につながる階級であって、縦につながる階級ではない」。いたずらにAクラスに憧れるのではなく、その二つの階級の位置関係を定め、Aクラスのための地盤を用意し、「常に批評精神を働かせて、より高次なものを生むために、自分がその養いとなる覚悟をもつ」ことこそがBクラスの生き方だという。これは評論家としての河盛氏の自己定義であるが、この見事な覚悟は各分野でもいえるのではないだろうか。たとえば科学における基礎研究、あるいは歴史学における実証的な研究。それらは目立たぬ地道な研究であるが、最先端の研究者にとって有益なデータとなるであろう。願わくばこのブログがBクラスとまではいかないまでも、せめてCクラスに入れてもらい、何んらかのお役に立つといいのだが。(参考:清水徹「昭和文学全集31」)

謡「鶴亀」

能の音楽は、大別して「謡(うたい)」という声楽と、「囃子」という能楽で構成されています。能は歌舞劇ですので、物語に沿って舞台が進行します。観世流「鶴亀」。
庭の砂は金銀の。庭の砂は金銀の。珠を連ねて敷妙乃。五百里の錦や瑠璃の樞。硨磲の。行桁瑪瑙の階。池の汀乃鶴亀は。蓬莱山も外ならず。君乃恵みぞ。ありがたき君の恵みぞありがたき。

2018年12月11日 (火)

秋ドラマもついに最終回

     朝ドラ「まんぷく」が抜群の安定感で評判も上々。インスタントラーメンを発明した日清食品創業者の夫妻をモデルにした物語。妻の福子を演じる安藤サクラ(32歳)は史上初ママさんヒロインで、あの五一五事件で暗殺された犬養毅首相が曽祖父。ほかは新垣結衣が普通のOLを等身大に演じる「獣になれない私たち」が注目されるが、視聴率苦戦に「ガッキーの無駄遣い」の声も?話題性では有村架純が教師を演じる「中学聖日記」が一番だ。新人女教師が生徒、年の差を超えて惹かれていく。花火大会の夜の突然のキスから2人の仲は急展開する。主題歌Uruが歌う「プロローグ」もヒット。深夜枠では「深夜のダメ恋図鑑」が注目。3人の若い女性の女子会。話題になるのは恋バナ。そしてダメ男の話。尾崎衣良の恋愛漫画を馬場ふみか、佐野ひなこ、久松郁美のトリプル主演で実写ドラマ化。「僕らは奇跡でできている」風変わりな話だが味がある。本クールの人気は「大恋愛」。若年性アルツハイマー病に侵されながらも、本気で一人の男性・間宮に恋する女医・北澤尚を戸田恵梨香が熱演。ムロツヨシの二枚目ぶりと10年にわたる2人の愛の軌跡が共感を呼んでいる。マイ・ベスト・ワンは「僕らは奇跡でできている」低視聴率だったが素晴らしいドラマ。やりたいことは簡単に見つからないが、スプーンはスプーンのままで、そのものを活かすことを考える。相川先生が集めた缶箱のように。

誘拐法廷セブンデイズ 松嶋菜々子
SUITS スーツ 織田裕二 今田美桜
ハラスメントゲーム 唐沢寿明
僕らは奇跡でできている 高橋一生
中学聖日記 有村架純 小野莉奈
黄昏流星群 佐々木蔵之介 中山美穂 石川恋
文学処女 森川葵
今日から俺は 橋本環奈、清野菜名、若月佑美
まんぷく 安藤サクラ
獣になれない私たち 新垣結衣
忘却のサチコ 高畑充希
リーガルV 米倉涼子
大恋愛 戸田恵梨香
僕とシッポと神楽坂 相葉雅紀
フェイクニュース 北川景子
あなたは渡さない 木村佳乃
下町ロケット 阿部寛
ダイアリー 蓮佛美沙子(9月スタート)
居酒屋ぼったくり 片山萌美、高月彩良

2018年12月10日 (月)

日々の話題あれこれ

  強い寒気、各地で今年一番の冷え込み▽6日未明、高知沖で米軍機2機が空中衝突し墜落▽2日漫才日本一「M1グランプリ」審査をめぐって上沼恵美子に対して暴言騒動。▽1日、乃木坂46上海ライブ。チケット即日完売。「情熱大陸」で斎藤飛鳥の魅力を紹介。母はミャンマー人でアジアン・ビューティー。▽日本テレビ朝ドラ「生田家の朝」本日スタート。ドラマというよりコント。▽「今夜、勝手に抱いてもいいですか」ホームドラマチャンネル。矢作穂香は「鈴木先生」の頃から知っている。▽「妻が夫をおくるとき」脚本家橋田寿賀子の自伝的ドラマ。大杉漣が亡夫の役でいっそう泣ける。▽「ケネディ暗殺とオズワルドの謎」全6回。

2018年12月 8日 (土)

ロマネスク美術「枠組みの法則」

Photo 11世紀から12世紀にかけて西欧でみられたキリスト教美術をロマネスクとよぶ。聖堂の柱や梁、壁には数々の彫刻が施されているが、身体が不自然にデフォルメされたり、変に曲がっていることがある。フランスの美術史家アンリ・フォション(1881-1943)は、この奇怪な造形の秘密を「枠の法則」というルールで説明している。つまり聖堂の浮彫などは建築の構造に支配されているので、必然的にデフォルメされることがある。画像の浮彫りはシャルトル大聖堂の枠組みの法則の実例。 Henri Focillon

2018年12月 6日 (木)

ラコニア号遭難事件

1200pxu156_3735_laconia_1942_09_1_2   第二次世界大戦中、英国客船ラコニア号が南大西洋でドイツの潜水艦によって沈められ、約1100人が命を落としたという、痛ましい事件。1942年9月12日、イギリスの帰休兵、傷病兵、婦女子、イタリア兵の捕虜など約3000名を乗せ航行中のラコニア号は、U156に攻撃され、沈没した。Uボートの艦長ヴェルナー・ハルテンシュタイン(1908-1943)はイタリア兵捕虜が乗船していたことを知り、司令官に報告。これによりU506、U507、U459およびイタリアのカッペッリーニが救援に参加した。9月17日、現場を飛来したアメリカ軍の爆撃機がこれを発見。ハルテンシュタイン艦長は赤十字を甲板に表示したが、米軍機はUボートを攻撃した。これによりU156は損傷し、救命ボートは顛覆した。この事件後、デーニッツ提督はUボートによる救命作戦を禁止した。ハルテンシュタインは1943年3月8日にバルバトスの東沖でまたアメリカ軍機に襲撃されて乗員56名とともに戦死した。

   近年この事件をもとに英国BBCはドラマ「ラコニア号 知られざる戦火の奇跡」(2010)を製作している。(参考:「ラコニア号遭難事件 世界ノンフィクション全集46」ローレンス・ペイヤール著) Werner Hartenstein

2018年12月 5日 (水)

ドイツ中世史 皇帝権と教皇権を中心に

 ヴェルダン・メルセン条約によって三分割されたフランク王国、中の東フランク(ドイツ)では911年にカロリング家が絶え、諸侯の選挙によってコンラート家(フランケン家)が王位についたが、ついでザクセン家のハインリヒ1世が王に選ばれた。その子がオットー1世である。彼は教会・修道院に土地を寄進して宗教諸侯とし、それによって世俗諸侯の勢力を抑え、また東方から侵入したアジアの遊牧民マジャール人を撃破し、さらにイタリアに遠征してイタリア王を兼ね、教皇ヨハネス12世の窮状を救った。そのため教皇は962年2月2日、ローマ皇帝としてオットーに戴冠した。これが1806年の神聖ローマ帝国の消滅までの起源である。しかし事実上「神聖帝国」の称は1157年に、また「ローマ帝国」の名はコンラート2世統治下の諸領を示すものとして1034年にさかのぼり使用しているが、厳密には、神聖ローマ帝国の称は1254年以降のものにすぎない。ローマ皇帝という名は、オットー2世(983年)に由来して「神聖ローマ帝国」の称より古いが、カルル大帝からオットー1世までは、単に「皇帝にして尊厳なる者」imperator augatus という表現が、特定の領土と結びつけられずに使用された。神聖ローマ皇帝権の成立は、次第に世俗的権力を有するようになった。教皇権との間にいわゆる叙任権闘争という現象を生むに至った。1095年、教皇ウルバヌス2世のクレルモン公会議の召集と、翌年の第一次十字軍の出発以来、教皇権の勢威が日増しに高まっていった。

   教皇権の最盛期はインノケンティウス3世(イノセント3世、在位1198-1216)の時代であった。かれはドイツ系のイタリアの貴族であり、教皇の指導の下に単一の共同体としてのキリスト教世界を樹立することを志していた。

   彼は、神聖ローマ皇帝の選挙に干渉して、シュタウフェル家の候補者を退け、オットー4世を支持した。またフランス王フィリップ2世の離婚問題に干渉して王を破門にした。イギリス王ジョンをもカンタベリー大司教任命問題をめぐって破門にし、乞いを入れて王を封臣とした。このほか、アラゴン、ブルガリア、デンマーク、ハンガリー、ポーランド、ポルトガル、セルビアの君主に封建家臣として臣従の誓いをさせた。イノケンティウス3世時代には、「教皇は太陽、皇帝は月」といった考えが優勢になる。太陽の前で月が光を失うように、皇帝権は教皇権にかなわないというのである。

 

しかし、かかる教皇権もやがて14世紀初頭ボニファティウス8世が北イタリアのアナーニにおいて、フランス王フィリップ4世に屈服した事件を契機として没落への道を歩むに至った。これと共に中世封建社会制度の理念的統一は崩壊して、新しい時代、近世への転換がなされるのである。

 

 

三位一体を信じなければクリスチャンとは言えませんか?

  「三位一体」という用語は高校世界史の教科書にも使用されているが、なかなか理解するに難解な語であろう。「カトリック入門」(中央出版社)によると、「①父と子と聖霊はそれぞれ別なかたでありながら唯一の神であられ、救いはその共同のみわざである。②父と子と聖霊は内的に互いに愛し合う限りない知恵と愛のいのちであり、その交わりは人知をはるかに越えた神秘である。③父と子と聖霊の愛の交わりが人々の心をひとつに結び、つねにより深く愛し合うように促し、助け、導いていく」とある。欧米キリスト教世界では、これまでクリスチャンであるかどうかは「三位一体の神秘」を信じるか否かだといわれてきた。

    ところがこのような説に対して、最近、デンマークの宗教社会学者のアニーカ・フフィタマルは、人々に自分がクリスチャンだと思う理由を尋ねたが、三位一体の神を信じているからだと応えた人はほとんどいなかった。三位一体の教理はキリスト教神学における難解な問題の一つである。三位一体の教理がわからずとも、イエスが命じた事柄を守り行なおうと努力している人は、確かにクリスチャンであると言えるのか、あるいは、三位一体を信じなければクリスチャンとは言えないのか、日本人にとっては理解しにくい問題だ。

2018年12月 4日 (火)

なぜ四つ葉のクローバーを見つけると幸せになれるのか?

   四つ葉のクローバーは学名をトリフォリウムといい、「三つ葉」という意味です。葉は3つの小さな葉が集まってできていることが多く、四つ葉は珍しく、見つけるのが難しいから、と一般にいわれています。キリスト教以前の古代ケルトのお守りとしてアイルランドなどで「シャムロック」と呼ばれていました。その後、アイルランドへキリスト教の福音を伝えるためにやってきた守護聖人である聖パトリックが、異教信仰との融和を図るため、シャムロックの葉が小さな三つ葉になっていることから、三位一体の教え(信仰、希望、愛)を認めさせたと伝えられています。キリスト教を受け入れたアイルランドでは、このシャムロックを国の象徴として採用しました。このように、三つ葉のクローバー自体も古来から幸運のシンボルであるといわれていました。そのため、もっと珍しい四つ葉のクローバーには、より強い力が宿ると、信じられてきたのである。

2018年12月 3日 (月)

私がTVで見たいもの

   世の中、4Kだ8Kだと騒いでいるが、私はハードにはあまり関心がない。さんま御殿のようなひな壇にタレントを並べて笑いをとろうとするバラエティ番組を8Kで見ても無意味だ。やはり良質の映画作品をみたいものだ。本日のラインナップから。「プライベート・ライアン」(1998年)スティーブン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演。「若者よ挑戦せよ」(1968年)千葉泰樹監督。小林桂樹、白川由美。「クリスマス・イヴ」一挙放送。清水美沙がポケ・ベルを使っていた。「壁の中の懲りない面々」渡瀬恒彦。「明治の偉人、夏目漱石」「にっぽん歴史鑑定、忠臣蔵討ち入り」「忘却のサチコ」「必殺忠臣蔵」藤田まこと。「スーサイド・スクワッド」ウィル・スミス。

「銀ブラ」の語源

Img_0001
 昭和4年の心斎橋筋

    NHK連続テレビ小説「花子とアン」第85回。物語は大正8年12月ころ。朝市と武が東京・銀座へやって来た。安東かよは銀座のカフェで女給をしている。「銀ブラの意味わかってます?」「バカにするじゃねぇ。銀座をブラブラするからだろ」「違います。銀座でブラジルコーヒーを飲むからです」

   一般に「銀ブラ」は「東京の繁華街銀座通りをぶらぶら散歩すること」(広辞苑)と説明されてきたが、近年、「カフェー・パウリスタ銀座店でブラジル・コーヒーを飲むこと」に由来するというブラジル・コーヒー説が有力である。大正2年(大正4年説もある)に慶応大学の学生たち(小泉信三、久保田万太郎、佐藤春夫、堀口大学、水上滝太郎、小島政二郎)などが作った言葉とされる。しかしこのブラジル・コーヒー説は商業的に宣伝したもので、捏造の疑いがあり、文献で証明されたものではない。

   朝ドラ「カーネーション」では、「心ブラ」も出てくる。昭和初期、大阪心斎橋筋2丁目にカフェー「心ブラ」が出現した。「心ブラ」は「銀ブラ」をもじった言葉で、「心」は心斎橋、「ブラ」はぶらつくこと。「心ブラ」という言葉は今や死語に近いが、昭和初期には十合(そごう)や大丸の百貨店が営業を始めると心斎橋はなかなかの賑わいをみせ流行語となった。和辻陸二(兵庫県出身。明治41年生)は初め南区周防町にカフェーを営業するとき、「銀ブラ」に対抗して「心ブラ」と命名したことがルーツかもしれない。お店は大人気となったが、道路拡張に従って、立ち退きを余儀なくされ、新店が心斎橋筋二丁目に進出し、文字通り「心ブラ」の中心地となった。アール・デコの建築も豪華で、業界第一のカフェーとして知られた。

参考文献:「心斎橋筋の文化史」 橋爪紳也監修 心斎橋筋商店街振興組合刊 1997年

 

みかんの日

Photo_4 きょうは「みかんの日」。「いいみっか(3日)ん」の語呂合わせ。市場でミカンがみかける頃となった。日本の正月風景は、家族で囲んだ炬燵があり、その上に必ずミカンがあるというのが定番である。日本のミカンはオレンジと違い、テレビを観ながらでも手で皮がむけることからアメリカでは「テレビオレンジ」という愛称があるそうだ。とくに温州ミカンは、日本の全柑橘生産量の約4分の3を占めている。温州ミカンの歴史は意外と新しく、明治時代中期以降のことである。有吉佐和子の小説「有田川」には、「紀州ミカン」が「温州ミカン」と移り変わる明治33年当時のようすが描かれている。果実が100gにもなる温州ミカンと50gほどの小ミカンでは勝負は明らかだった。温州(うんしゅう)みかんの呼び名は、江戸時代の本草学者が中国のミカンの名産地である浙江省温州府という古名に因んだものである。原産地は浙江省とは無関係で、鹿児島県出水郡長島町であり、筑後地方に入って各地に広まった。

   近年は温州市は高度な経済発展をとげる中国人が住むところとして、「温州商人」という呼称がある。投資と商才に長けた人たちをさす。(12月3日)

2018年12月 1日 (土)

宇治原はスカーレット・ヨハンソンを知らなかった

   クイズ番組Qさまの常連タレント、ロザン宇治原がある有名人の写真を見て「こいつ誰や?」とつぶやく。宇治原は外国スターはあまり知らないらしい。金髪の女性は米女優のスカーレット・ヨハンソン。米国人がこの番組を観たら驚き呆れるだろう。Forbes誌で「2018年世界で最も稼いだ女優」ランキングで第一位だ。これまで「真珠の耳飾りの少女」「理想の女」最近では「アドベンチャー」シリーズのブラック・ウィドウ役が有名だ。2016年からラックスCMに出演しているので映画館へ行かない日本人でもお茶の間のTVで一度は見たことがあるはずだ。 それにしても大女優のスカーレット・ヨハンソンが日本での認知度が低いのは不思議だ。

 

 

ペンネーム・芸名にまつわる奇話あれこれ

  名前には不思議な力が宿るので正確に覚えたいものである。井原西鶴、太宰治、司馬遼太郎、レーニン、トロッキー、スターリン、魯迅などはみな本名ではなく筆名である。世界史の人物では第三回十字軍のアラブの英雄サラディン。サラーフ・アッ・ディーンが正しい。

  第48代横綱大鵬には本名の納谷幸喜( なやこうき)のほかに、イヴァーツ ・ボリシコというロシア名がある。森鷗外の「鷗外」は友人・斉藤勝寿の号「鷗外漁史」を拝借したもの。小説「舞姫」を発表した際に「鷗外」と名乗ったことに始まるが、彼はその後も作品で使い、このペンネームが有名になってしまったのだ。

   小説家は、小説の精神をそのまま具現化して読者に伝える主役や脇役の名前の命名に苦心を払うらしい。かの文豪シェイクスピアがハムレットやオフィーリアをどのように生み出したのか興味深い。ところで名前は平凡な名前と珍しい名前のどちらかに二分される。山田太郎、鈴木一郎、ジョン・スミス、ウイリアム・ウィルソンなどは平凡な名前、ありふれた名前の代表格だろう。

    対照的に珍しい名前、珍名、奇名、難しい名前などはインパクトがあるので小説などによく使われる。けれども不思議なもので何度も聞くうちに、めずらしくなくなって、ひとつの存在としてのアイデンティテーを確立してしまう。星飛雄馬などは梶原一騎が考案した最高のネーミングだろう。このようにスター性のある人にはなにかしら名前そのものにパワーがあるから不思議だ。「純と愛」に出演している吉田羊や「まれ」の土屋太鳳もインパクトある名前だ。広瀬アリスは事務所社長の鶴の一声で決まった。芸名の由来は本人も分からないそうだが、華やかな顔立ちにピッタリだ。

   「しりあがり寿」「辛酸なめ子」、女性器をテーマにした作品で知られる「ろくでなし子」など珍名は漫画家に多い。お笑い、寄席芸人にも珍名は多い。ケーシー高峰は医学漫談でアメリカのドラマ「ベン・ケーシー」に因む。高峰は高峰秀子のファンだから。桜金造も桜田淳子に因む、あこがれ型芸名。プリティ長嶋は長嶋茂雄に由来。反町隆史はボクサーの龍反町に由来する。珍しい芸名では丹古母鬼馬二。「たんこばきばじ」と読む。ゲスの極み乙女のドラマー「ほないこか」。脇役の螢雪次朗は1960年代に大映作品などで活躍した蛍雪太郎に因んでいる。

  珍名芸人といえば「たけし軍団」がとくに目立つ。そのまんま東、ガダルカナルタカなどは著名人だが、なかにはヒドイ芸名をつけられたという被害者もいる。阿部定忠治(のち鳩山来留夫に改名)、無法松、お宮の松、玉袋筋太郎、犬神クヒオ、ガンビーノ小林、マダ村越。江頭2:50。深夜2時50分以降に酔いが回って暴れ出すことから名付けられた。ダンカンはシェイクスピア「マクベス」の登場人物スコットランド王ダンカン。

    歴代相撲の四股名では、猫又三吉、三毛猫泣太郎、自動車早太郎、文明開化、凸凹大吉、ヒーロー市松、成瀬川土左衛門、山本山。ボクシングでは、ガッツ石松、ベンケイ藤倉、牛若丸あきべぇ。

    珍しい名前といえば、「玄武岩」という名を見て驚いた。ヒョンムアン(玄武岩)さん(北海道大学大学院准教授。1969年生まれ。)ペンネームには変わった名前が多い。団鬼六、吉田戦車、荻原魚雷、わかぎゑふ(若木F)、などは一度聞いたら忘れないほどインパクトがある。

    珍しい芸名が裁判になったこともある。高知東急という俳優が、1996年、東京急行電鉄から「高知に東急が進出したと誤解を受ける」と芸名使用停止を求められた。裁判で敗訴し、その後、「高知東生(たかちのぼる)」と改名している。企業のかなりコジツケのような言いがかりだったが、裁判所は一個人命名の自由よりも大企業に贔屓したとみている。

 

 

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30