無料ブログはココログ

« 「コ」 事項索引インデックス | トップページ | 「ス」事項索引インデックス »

2018年11月 9日 (金)

夏目漱石「道草」あらすじ

   洋行帰りの健三は、かつて絶縁したはずの養父・島田から金銭的な援助の申し込みを受ける。実は、健三のもとに同様の相談をしてきたのは島田だけではない。健三の姉や養母、細君の父までもが健三を経済的な拠り所とみなして相談を持ちかけてきた。健三の出世によって、彼らの自分への態度が一変したことに違和感を覚えながらも、健三は昔の彼らと今の彼らの違いを観察することで、幼い頃の記憶を手繰り寄せていく。漱石の唯一自伝的な小説として知られている長編。(伊藤かおり「漱石作品案内」)

« 「コ」 事項索引インデックス | トップページ | 「ス」事項索引インデックス »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「コ」 事項索引インデックス | トップページ | 「ス」事項索引インデックス »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30