無料ブログはココログ

« マーティン・マルプレレット論争 | トップページ | まんがの日 »

2018年11月 2日 (金)

英国カトリック陰謀事件

1678年から1681年に発生したイングランドのカトリック教徒がロンドンを放火し、チャールズ2世を暗殺し、プロテスタントを虐殺し、カトリック復活を計画しているという陰謀の捏造と、それに伴う集団ヒステリーの事件・社会現象である。タイタス・オーツとイズレイエル・トングが事件の仕掛人である。2年半にわたってカトリックを敵視した立法・裁判が横行した。この無謀なたくらみによって、35人におよぶ無実の人々が処刑された。

« マーティン・マルプレレット論争 | トップページ | まんがの日 »

世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マーティン・マルプレレット論争 | トップページ | まんがの日 »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30