無料ブログはココログ

« 冬枯れの俳句 | トップページ | ことば発見(事項索引ア) »

2018年11月29日 (木)

謎の隠者ピエール

   世界史上でもっとも重要な事件である十字軍の遠征。隠者ピエールは11世紀末にフランス北部のアミアンにいた司祭で、第一回十字軍と深い関わりをもった人物である。1096年8月十字軍正規軍出動に先立って1096年4月初め民衆十字軍はエルサレムを目指して出発した。セルジューク朝はこれを攻撃し、キボトンユの戦いで壊滅させた。ピエールとごく少数の生き残りは越冬して本隊の助けを待った。1097年にかけてコンスタンティノープルで過ごし、本隊と集結し、エルサレム攻略戦に参加した。十字軍から間もない12世紀前半の年代記作者であったマルムズべリーのウィリアムは、隠者ピエールこそが第1回十字軍の真の発起人であったと書いている。隠者ピエールに対する今日の見方は、怪しげな扇動者というものから、民衆指導者としてのある程度の評価まで分かれている。

« 冬枯れの俳句 | トップページ | ことば発見(事項索引ア) »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬枯れの俳句 | トップページ | ことば発見(事項索引ア) »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31