無料ブログはココログ

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月30日 (金)

砧打ち

Photo    むかし着物は洗濯するとこわばるので、木の台に打って柔げた。これを砧打ちという。砧はもともと中国から伝わったもので中国では擣衣といい、古くから詩にうたわれている。「長安一片の月、万戸衣を擣(う)つの声」(李白)とある。ことに朝鮮では夏、洗濯した衣類にのりをつけてつや出しをするのに現在でも行われている。日本では、婦人が砧を打ったもので、秋の夜、その音が遠く近くひびくので、砧の音が夜寒を誘うというものが多い。「砧」は俳句でも秋の季語で、砧の音は淋しさ、哀しさ、貧しさを感じさせる。

 世に住まば聞けと師走の砧哉(西鶴)

 砧打て我にきかせよや坊が妻(芭蕉)

 憂き我に砧うて今は又止みね(蕪村)

 寒雁のほろりとなくや藁砧(原石鼎)

2018年11月29日 (木)

謎の隠者ピエール

   世界史上でもっとも重要な事件である十字軍の遠征。隠者ピエールは11世紀末にフランス北部のアミアンにいた司祭で、第一回十字軍と深い関わりをもった人物である。1096年8月十字軍正規軍出動に先立って1096年4月初め民衆十字軍はエルサレムを目指して出発した。セルジューク朝はこれを攻撃し、キボトンユの戦いで壊滅させた。ピエールとごく少数の生き残りは越冬して本隊の助けを待った。1097年にかけてコンスタンティノープルで過ごし、本隊と集結し、エルサレム攻略戦に参加した。十字軍から間もない12世紀前半の年代記作者であったマルムズべリーのウィリアムは、隠者ピエールこそが第1回十字軍の真の発起人であったと書いている。隠者ピエールに対する今日の見方は、怪しげな扇動者というものから、民衆指導者としてのある程度の評価まで分かれている。

冬枯れの俳句

万物の枯るる中吾も枯れゆくか

   悲しい句である。生きとし生けるもの、いずれはみな死ぬ。作者の藤松遊子(1924-1999)は晩年の一年を肺癌と闘って過ごした。「ホトトギス」に投稿し、写生、花鳥諷詠の道を歩んだ。

冬木立人は時間の中に住む

   作者の須藤常央の事は何も知らないが、人間の生命のはかなさを詠った一句。

退屈恐怖症

5c45f2d4463b53b0190944fdd767fd39    英デイリーメールによると、退屈を常に感じる人は、心臓病や脳卒中による死亡率が、そうでない人より2.5倍も高いという。退職後の人生、やることがなくて暇をもてあます。終日テレビを見続け、飽きると長々しい欠伸をし、無聊に苦しむ。退屈恐怖症という言葉があるそうだ。ネットで調べても解説は見つからない。講談社「日録20世紀1990年」の11月29日に「若い女性に退屈恐怖症広がる」と新聞にあるだけ。新聞記事索引を調べればわかるかもしれない。新語でもあまり流行らなかったようだ。だがバートランド・ラッセルがすでに60年も前に「Fear of  boredom(退屈を恐れる心)」と題して、現代人の堪え難い特殊な退屈を分析している。

2018年11月28日 (水)

芭蕉忌

Photo

   芭蕉忌。陰暦10月12日(陽暦の11月28日)。桃青忌、時雨忌、翁忌などとも呼ばれ、旧暦の気候にあわせて毎年11月の第2土曜日に法要が営まれる。

 秋深き隣は何をする人ぞ

    元禄7年秋、芭蕉(1644-1694)は各務支考と共に大坂に行く。園女亭で「秋深き」の句を詠む。斯波園女(1664-1726)は伊勢の神官の娘で芭蕉の門弟であった。数日後、下痢をして床につく。11月末、病床に侍していた呑舟を呼び、

 旅に病で夢は枯野をかけ廻る

    と書き取らせた。11月26日の暮れ方から高熱を発し、11月28日、申の刻(午後4時頃)、大坂南御堂前の旅舎で永眠した。享年51歳。その夜、遺骸を淀川の川船で伏見に送り、翌日、近江膳所の義仲寺に運んだ。埋葬し、門人の焼香者80人、まねかざるに来る会葬者は300人以上いたと伝えられる。芭蕉が木曽義仲が眠る義仲寺(大津市馬場)に葬られたのは、義経や義仲のような悲劇的な最期をとげた武人にとりわけ思いを寄せていたからといわれる。「木曽殿と背中合わせの寒さかな」の句がある。

  芭蕉忌とよばれるのは、江戸中期以降、俳壇で芭蕉復興が叫ばれるようになってから。素丸の句に「はせを忌の古則や茶飯(ちゃめし)茶の羽織」がある。芭蕉の命日には茶飯を食べて、芭蕉が愛した茶色の羽織を着るという習慣があったらしい。溝口素丸は1795年没。芭蕉発句註解の「説双大全」を著した。

2018年11月27日 (火)

史記・司馬遷関係文献目録

3748c057fa9942ec487fd6d091ac364b

  前漢武帝の治世の元朔3年(前126)、司馬遷20歳のとき、天下漫遊の旅に出た。河南、安徽、江蘇、浙江、江西、湖南、湖北、山東の各省にわたる大旅行で、前後二、三年はついやしたようである。司馬遷は淮陰に立ち寄った。この地は、漢王朝の成立後、劉邦にあっけなく滅ぼされたが、劉邦、項羽の漢楚興亡のただ中にあっては斉王となり、漢室の一敵国となした名将・韓信の故郷である。司馬遷はこの地の父老たちから韓信の人柄を示す故事を聞くことができた。韓信は若い頃、屠殺屋仲間の若者にばかにされて、その股をくぐらされた「韓信の股くぐり」の話は有名であるが、のちに韓信は、その若者を召し出し、「わしの今日があるのはおまえのおかげだ」といって厚く報いたという。司馬遷は、どのように、こうしたエピソードを集めたのであろうか。じつは「史記淮陰候列伝」の論賛に、司馬遷が収集の経緯の一端を語っている。

    わたしが淮陰に行ったとき、淮陰の人々はわたしにこういった。「韓信は平民であったときでも、その気がまえは普通のものとはちがっていました。彼の母が死にましたとき、貧乏で葬式もできなかったのです。ところが、彼は高爽な、ひらけた場所に墓をつくり、将来その周囲に何万軒もの墓守りをおけるようにしたのです。」と。わたしは彼の母の墓を見にいったが、まことにその通りであった。もし韓信が道理を学び、謙虚な態度をとって自分の功績を自慢せず、その才能を鼻にかけなかったならば、漢室に対して、その勲功はかの周公、召公や太公望などにも比せられて、後世ながく国家の元勲として廟に祭られることにもなったろうものを。ところが彼はそうなろうとつとめずに、天下が統合されたあとで、なお反逆をたくらんだ。一族全滅にみまわれたのも当然ではなかろうか。

    ここには司馬遷の韓信の人柄に対する愛情と、それ故にこそあえて加える批判の筆とがよくあらわれている。(参考:大島利一「司馬遷」清水書院)

史記 影印本「二十五史」所収 2冊 台北・芸文印書館
史記考要 柯維騏 明
史記啓弁 詳論註解 堤大介編 松林堂 1879
啓蒙史記列伝 太田秀敬 青梅堂 1881
史記列伝講義 太田才次郎 開新堂 1893
史記国字解 8冊 桂五十郎 早稲田大学出版部 1919~1920
史記読本 田中慶太郎校訂 文求堂 1930
史記会注考証 10冊 瀧川亀太郎 東方文化学院研究所 1932-34
司馬遷の見たる古代支那の人文地理に就いて 藤田元春 地球16-2、3  1931
史記の孔子伝大要 岡崎文夫 史林17-3  1932
司馬遷と班固 岡崎文夫 史林17-3  1932
史記新講 新撰漢文叢書 梁田忠山 三省堂 1933
史記列伝 上下(国訳漢文大成・経史子部) 国民文庫刊行会 1934
史記・書・世家 国訳漢文大成・経子史部14  国民文庫刊行会 1935
新撰史記鈔詳解 沢田総清・滝沢良芳編 健文社 1936
史記著作考 支那学翻訳叢書5 シャヴァンヌ著 岩村忍訳 文求堂書店 1939
史記編述年代考 山下寅次 六盟館 1940
史記及注釈綜合引得 北平・哈仏燕京学社 1947
史記物語 世界名作全集 増田渉 講談社 1956
史記会注考証校補 全15冊 水沢利忠著 史記会注考証校補刊行会 1955~1960
現代語訳史記4列伝篇 小竹文夫・小竹武夫訳 弘文堂 1957
史記 楚漢篇 新訂中国古典選11  田中謙二・一海知義 朝日新聞社 1967
史記 漢武篇 新訂中国古典選12  田中謙二・一海知義 朝日新聞社 1967
史記研究資料索引和論文専著提要 楊燕起・兪樟華編 蘭州大学出版社 1989
史記研究的資料和論文索引 中国科学院歴史研究所 科学出版社 1957
史記 上 中国古典文学全集 野口定男、頼惟勤、近藤光男、吉田光邦訳注 平凡社 1958
史記 中・下 中国古典文学全集 野口定男ほか 平凡社 1959
史記故事精選連環画 全4冊 冀汝枢等編絵 二世一世 1990
史記三家注引書索引 段書安 中華書局 1982
史記参考書目 二十五史史記後附録 開明書店 1935
史記書録 賀次君 商務印書館 1958
史記 楚漢篇 中国古典選 田中謙二・一海知義 朝日新聞社 1958
史記 世界文学大系 小竹文夫・小竹武夫 筑摩書房 1962
史記 中公新書 貝塚茂樹 中央公論社 1963
史記 中 中国古典文学大系11  野口定男訳 平凡社 1969
史記人名索引 呉樹平 中華書局 1982
史記人名索引 鐘華 中華書局 1977
史記 司馬遷の世界 講談社現代新書 加地伸行 講談社 1978
史記新論 白寿彜 北京・新華書店 1981
史記菁華録 楊姚荢田輯 王興康等標点 上海古籍出版社 1988
史記地名考 銭穆 
史記桃源抄の研究 全5巻 亀井孝・水沢利忠 日本学術振興会 1965~1969
史記桃源抄の研究 本文篇3 日本学術振興会 1970
史記・十八史略演習 吹野安編 笠間書院 1970
史記・十八史略新釈 吹野安編 笠間書院 1970
史記 1 筑摩世界文学大系6 小竹文夫・小竹武夫訳 筑摩書房 1971
史記 2 筑摩世界文学大系7 小竹文夫・小竹武夫訳 筑摩書房 1972
史記百三十篇篇目的研究 劉偉民 香港聯合書院学報第10期 1972
史記・十八史略 明解古典学習シリーズ 三省堂 1973
史記列伝 下 漢文大系7 重野安繹 冨山房 1973
史記列伝 全5冊 岩波文庫 小川環樹・今鷹真・福島吉彦訳 岩波書店 1975
史記研究之資料与論文索引 王民信編 台湾学海出版会 1976
史記選 項羽本紀 漢文講読課本6 朋友書店 1979
史記を語る 岩波新書 宮崎市定 岩波書店 1979
史記世家 上岩波文庫 小川環樹・今鷹真・福島吉彦訳 岩波書店 1980
史記を読む 研文叢書7 野口定男 研文出版 1980
史記世家 中岩波文庫 岩波書店 1982
史記列伝 世界古典文学全集20  小川環樹他訳 筑摩書房 1982
史記水滸伝唐代伝奇 朝日文庫 陳舜臣 朝日新聞社 1983
「史記」を中国語で読む 相浦杲 PHP研究所 1985
史記選注賄匯評 韓兆琦編注 中州古籍 1990
史記世家 下岩波文庫 岩波書店 1991
史記雕題 上 懐徳堂文庫復刻刊行会監 吉川弘文館 1991
史記探源 二十四史研究資料叢刊 崔適 北京・中華書局 1986
史記点描 人間の生きざまをつづった四十二話 山崎正 公人社 1987
史記・本紀1 新釈漢文大系 吉田賢抗 明治書院 1988
史記・本紀2 新釈漢文大系 吉田賢抗 明治書院 1988
史記・世家上 新釈漢文大系 吉田賢抗  明治書院 1988
「史記」小事典 久米旺生・竹内良雄・丹羽隼兵 徳間書店 1988
史記のつまみぐい 宮脇俊三 新潮社 2004
史記 ビギナーズ・クラシックス中国の古典 福島正 角川ソフィア文庫 2010 

「史才と文章上より見たる司馬遷」 日下寛 東亜研究2-5  1912
「司馬遷の性行と史記の文章」 児島献吉郎 東亜研究2-5  1912
「史記と外交」 武藤長年 東亜研究2-5  1912
「司馬遷年表並に其孝道」 中山久四郎 東亜研究2-5  1912
「司馬遷の経学」 狩野直喜 哲学研究3-7  1918
「司馬遷の自由放任説」 小島祐馬 政治経済学論叢1-1   1919
「公羊家の観たる史記」 小島祐馬 支那学1-1  1921
「司馬遷の歴史観に就いて」 本田成之 支那学2-8,9  1922
「史記ノ漢高本紀ニ就テ」 稲葉岩吉 東亜経済研究8-2  1924
「司馬遷の生年に関する一新説」 桑原隲蔵 史学研究(東京)1-1  1929
「史記貨殖列伝論稿」 穂積文雄 東亜同文書院論文集 1930
「司馬遷の人文地理学」 藤田元春 立命館大学1-12  1934
「史記と春秋学」 岡崎文夫 文化1-9  1934
司馬遷 東洋思想叢書 武田泰淳 日本評論社 1943
司馬遷 教養文庫 岡崎文夫 弘文堂書店 1947
司馬遷之人格与風格 李長之 上海開明書店 1948
司馬遷 史記の世界 創元文庫 武田泰淳 創元社 1952
司馬遷著作及其研究資料書目 上海市歴史文献図書館 1955
司馬遷 李鎮淮  上海人民出版社 1955
司馬遷年譜 鄭鶴声編 商務印書館 1956
司馬遷 岡崎文夫 弘文堂 1958
司馬遷 史記の世界 武田泰淳 文芸春秋社 1959
司馬遷 記録者の意義と生涯 小倉芳彦(世界の歴史3) 筑摩書房 1960
司馬遷所見考 金徳建 上海人民出版社 1963
司馬遷 筑摩叢書 バートン・ワトソン著 今鷹真訳 筑摩書房 1965
司馬遷 史記の世界 武田泰淳 講談社 1965
司馬遷 史記列伝 世界の名著11  貝塚茂樹編 中央公論社 1968
司馬遷 史記の成立 人と歴史シリーズ 大島利一 清水書院 1972
司馬遷 史記の世界 講談社文庫 武田泰淳 講談社 1972
史記3 支配の力学 丸山松幸・和田武司訳 徳間書店 1972
史記 中国古典シリーズ1 陳舜臣 朝日新聞社 1974
史記補注 池田四郎次郎 明徳出版社 1975
世界をとらえた生涯 司馬遷 市川宏 人物中国志3 1975
史記 中国古典選 田中謙二・一海知義 朝日新聞社 1978
司馬遷 中公バックス世界の名著11  貝塚茂樹編 中央公論社 1978
司馬遷 諷刺と称揚の精神 李長之著 和田武司訳 徳間書店 1980
司馬遷 起死回生を期す 中国の人と思想6 林田慎之助 集英社 1984
司馬遷評伝 肖黎著 吉林文史出版社 1986
史記世家 上中下 新釈漢文大系 吉田賢抗 明治書院 1986
史記 司馬遷 徳間書店 1987
司馬遷的創作意識與写作技巧 范文芳 文史哲出版社 1987
司馬遷和史記 劉乃和主編 北京出版社 1987
司馬遷與其史学 周虎林 文史哲出版社 1987
史記 中国古典百言百話 西野広祥 PHP研究所 1988
司馬遷 徳間文庫 李長之著 和田武司訳 徳間書店 1988
史記 呉越燃ゆ 久松文雄 講談社 1989
史記 世界の名作全集 渡辺武訳 国土社 1990

聖地奪回の十字軍を宣言(1095年)

Blackcathedral    西ヨーロッパの封建社会は11世紀から13世紀の間にもっとも安定した発展をみせてきた。人口は増加し、国王・諸侯・騎士は外へ向かっての発展欲や冒険心をかきたたせ、ベネチア、ピサ、ジェノバなどの諸都市は経済的利害から東方への進出を求めていた。またこのころの西ヨーロッパでは、人々の宗教心が旺盛であった。11世紀に広まった巡礼は、長い旅程の困難と危険を通じて自己の罪を懺悔し、霊魂の救済を得んとする禁欲精神の一つのあらわれであり、なかんずくトゥールのサン・マルタン教会よりトゥールーズのサン・セルナン教会をへてイベリア半島の西北端、コンポステラのサン・ジャック教会にいたる道程は著名であった。そしてキリストの墳墓のあるイェルサレムは、巡礼者が最後に赴くべきもっとも重要な聖地であった。

 そのころ東方は、8世紀以来、アラビア人にかわって、もとアラビアの傭兵軍であったセルジュク・トルコが支配していた。セルジュク・トルコはパレスチナを奪って巡礼するキリスト教徒を迫害したので、西ヨーロッパ人を激昂させた。こうしたときにビザンチン皇帝アレクセウス1世は、ローマ教皇に東方の実情と西欧騎士団の援助を要請を求めてきた。ローマ教皇ウルバヌス2世は、1095年11月17日から27日まで、クレルモン公会議を開いて聖地回復を決議し、ここに十字軍がおこなわれることになった。1096年8月15日の第1回十字軍より1270年の第8回十字軍まで、約2世紀にわたって聖地奪回の遠征がくりかえされた。(Clermont,Crusade,11月27日、世界史)

十字軍 とっくむ(1096年) 相手は イスラム教徒

2018年11月26日 (月)

カリフォルニア・ゴールドラッシュ

   1848年1月24日、カリフォルニア州(当時はまだ州になっていない)サクラメント付近のコロマ村のサッターズ・ミルというところで、スイス移民の大農経営主ジョン・サッターに雇われていた大工のジェームズ・マーシャルが、製材用の水車小屋を建て、水車を動かす放水路を掘っていたとき砂金を発見した。彼はサッターに報告した。はじめは信じないサッターも実物を見て驚喜するが、秘密にしておくことにした。しかし、他の使用人からうわさは広まり、カリフォルニアは一気に沸く。しかも、ジェームズ・ポーク大統領が年次報告で、金脈発見に言及したことが拍車をかけた。翌年から、世界中から一攫千金を夢見る30万人もの人々が、シエラ・ネヴァダ山脈に殺到した。カリフォルニアの金の産出額は、1858年までに金の採掘量は、約5億5000万ドルにものぼった。この大量の金は、通商・金融界に流通して、インフレ効果を伴いながら1850前半に世界的な好景気をもたらした。カリフォルニアは約12万人となり、1850年に州になり、サンフランシスコは小村から世界に知られたブームの町に成長した。コロマ村はまもなく、エルドラード(黄金郷)郡となる。(Coloma,Sutter' Mill )

いい風呂の日

Photo_7_2 児(こ)の眼澄むや雪の風呂屋の籠の中

 中島斌雄、昭和22年作。銭湯脱衣場風景。外は雪の降りしきる寒い昼だが、ここばかりはあたたかい湯気を立ちこめさせている。寒い日は風呂であったまるのがいいですね。11月26日は語呂合わせで「いい風呂の日」。太宰治は、東京のアパートの窓から見る富士山をクリスマスの飾り菓子といい、天下茶屋から見た富士山を「風呂屋のペンキ絵」と言った。「おあっらえむき」にできすぎて「恥ずかしく」俗な富士であると短編小説「富獄百景」で書いている。太宰独特のユーモア精神と通俗的な権威に対する反抗心でもある。

    都会の銭湯にペンキ絵が現れたのは大正になってから。大正元年、神田猿岩町にあるキカイ湯の店主、東雄三郎が子どもが喜んで銭湯に入れるようにと思い、川越広四郎画伯に依頼してペンキで富士山の絵を描かせたのが始まりという。しかしやっぱり富士山はいい。あの有名な言葉「富士には、月見草がよく似合う」と小説にある。この言葉は聖書の「マタイによる福音書」のソロモンの栄華と野の百合の対比を想起させる。だが太宰の欧米での文学評価のイマイチなのは、聖書からの引用が作品に深みを与えていなという指摘がなされていることにあるようだ。ドナルド・キーンも太宰が私生活でどの程度までキリスト教を信仰することができたか懐疑的であると述べている。海外では聖書の成句をヒントにした小話は文学的な深みを感じさせないようである。

Gnj1004060508015p1   風呂といえば視聴率アップの秘策として「水戸黄門」は毎回かげろうお銀の入浴シーンがあった。全部で200回以上されたが、1回の撮影に1時間かかる。実は由美かおるは長風呂が苦手だったとか。

2018年11月25日 (日)

王莽の簒奪

   紀元8年のこの日、王莽が新を建国した。新王朝(AD8-23)は、前漢と後漢との間に王莽(BC45-AD23)が建てたごく短命の封建王朝である。王莽は東平陵(山東省章丘)の人。漢の成帝の生母は、王莽のおばにあたる。彼は外戚の身分で大司馬に任ぜられて尚書を担当し、政治的には最高の職権を掌握した。そのうちに平帝を毒殺し、ついで漢の皇帝孺子嬰をも廃して、国号を新と称した。

   王莽の身長はやや高く、やせ形で、口が大きく、あごが短かく、大きな赤眼がとび出し、声は大きいがしわがれていた。彼は自己のこうした風采が気に入らず、高いかかとの靴、高くつくった冠、剛毛でふくらませた服を用い、臣下と会う時、ことさら胸をそらし、あごを引いて見下すようなポーズをとったという。容貌をかげでけなした臣下を殺したり、常に雲母の扇子を手にし、親しい者と会う時以外は、それで顔を隠した。また、儀式の際には、ひげや髪を黒く染めて、若く見せようとした。

   儒教を信奉していた王莽は、すべての政治を周の制度に復することを理想とした。広く流通していた漢武帝の五銖銭を改めて、軽く小さい王莽銭を鋳て、財政不足を補おうとした。また奴婢の売買を禁じ、土地を国有化して王田と称するなどして、商業利潤の国家独占を図ったため、豪族らの強い反抗をうけた。反乱のうち有力なものは、山東に蜂起した農民集団赤眉と南陽豪族群の援助をえた漢の一族劉秀である。AD23年、長安に突入した劉玄(更始帝)の軍勢によって王莽は殺された。劉玄は酒色におぼれて、側近に政治をまかせた。側近は横暴な政治を行ない、そのため赤眉集団は離反した。25年9月、赤眉軍は劉玄を殺した。赤眉集団は一時的に都長安を占領したものの、豪族連合軍に破られて山東に退却し、結局勝利は劉秀の手に帰した。この劉秀こそ後漢の光武帝(在位25-57)である。(11月25日)

2018年11月24日 (土)

日本万国博覧会に来日したスター

  2025年国際博覧会の開催地が大阪(大阪市此花区夢洲)に決定した。エクスポ70を行ったことがある関西の老人たちの歓びはひとしおである。なんとかその時まで生きていようと。大阪万国博覧会は1970年3月14日から9月13日まで開催された。人気の「太陽の塔」や「月の石」だけではなく、ふだんではとても見れない大物ミュージシャンが来日した。サミー・デービス・ジュニア、アンディ・ウィリアム、ジルベール・べコー、メリー・ホプキン、ニニ・ロッソ、セルジオメンデスとブラジル66、ジリオラ・チンクエッティ、スタンリー・ブラック、ダリダ、フィフス・ディメンション、アマリア・ロドリゲス、ブラザース・フォー、ドノバン、ジョージ・チャキリス、ビリー・ボーン楽団。だが最も話題になったのは、マレーネ・デートリッヒの来日であろう。当時の大人ならたいていデートリッヒの名は知っている。ケペルは学生でもちろん見ていない。万博ホールでは辺見マリを真近で見た。当時デートリッヒは70歳近かった。よくぞ来てくれたと思う。デートリッヒはプロイセンの騎兵将校の娘で第一次世界大戦が終ったとき、ベルリンの国立ワイマール音楽学校でバイオリンを修行していた。手を痛めて演劇に転向する。マックス・ラインハルトの演劇学校に入学、やがて平凡な映画にたくさん出演している。(確認できるだけでも17本ある)彼女はレビューで歌もうたった。1929年に出演した「嘆きの天使」のローラ役によって、彼女の道は開けた。スター誕生である。2025年の万博にはどんな海外大物アーチストが来日するだろう。

「キ」 事項索引インデックス

B23945pm01_44113a   「キャミソール」細い肩紐がついた女性用の袖なし下着。▽ 「キンセンカ」南欧原産のキンセンカ科の秋まき一年草。カレンデュラCalendula。春にオレンジや黄色の花を咲かせる。日本渡来は幕末頃で、仏花や盛花として用いるが、ヨーロッパではハーブの1つに数えられる。▽「キヌア」南米アンデス地方原産の穀物。栄養価が高く、近年、健康食品として注目されてきている。▽「キャノン機関」占領軍統治下の日本においてキャノン少佐を中心とした反共特務機関。▽「キノ・プラウダ運動」ロシアの映画作家ジガ・ベルトフが1922年、新聞プラウダに自分の撮るニュース映画は、その付録として「映画(キノ)に撮った新聞」という意味で「キノ・プラウダ」と名付けたが、それが1960年代終わりになって、フランスでゴダールが「キノ・プラウダ運動」として、「東風」「プラウダ」「イタリアにおける闘争」など商業主義から離れたドキュメントと政治色の強い映画を製作した。▽「キャメロット」アーサー王の王国、ログレスの都。▽「緊箍児(きんこじ)」孫悟空の頭に嵌められた金の輪。厄除け。▽「キガリ」ルワンダの首都。▽「義兵戦争」日清戦争後から韓国併合前後までの朝鮮民衆による反日武装闘争。▽「キュチュク・カイナルジ条約」1774年、露土戦争の結果、ロシアとオスマン帝国の間で結ばれた講和条約。クチュクカイナルジ条約とも呼ばれる。▽「ギロカストラ」アルバニア南部の都市。2005年に世界遺産に登録。▽「ギヨー」海洋底との比高が1000m以上の孤立した円錐形の山は海山と呼ばれ、特に頂部が水深200m以深にあって平坦なものをギヨーと呼んでいる。ギヨーは平頂火山とも呼ばれ、ほとんどが火山である。名称はスイスの地質学者アーノルド・ヘンリー・ギヨーにちなむ。▽「教訓の書」古代エジプトのパピルスに書かれた巻物。セバイト(sebayt)。▽「キレナイカ」リビアの東部地方。▽「キマロキ編成」国鉄でかつて運転されていた除雪作業用の編成。▽「巨文島事件」1885年から1887年までの2年間、イギリスが巨文島を不法に占拠した事件。▽「近肖古王」百済の最盛期を築いたとされる第13代王(生年不詳-375年)論語・千字文を応神天皇に献上したとされる。クンチョゴワン。(きききき)

 


ギアナ
紀伊山地
紀伊水道
議員内閣制
キヴィタス
キウカイネン文化
木内宗五郎
キエティスム(静寂主義)
キエフ
キェルケゴール
棄捐令
キオスク
祇園祭
議会
奇貨居くべし
幾何学
帰化人
キガリ
企業
菊池寛
キケロ
きけわだつみのこえ
記号
気候
象潟海岸(にかほ市)
木更津
キサントプロテイン反応
騎士
亀茲(クチャ)
気質
雉も鳴かずばうたれまい
希釈熱
奇術
技術革新
蛾術編(ぎじゅつへん) 
義浄
魏志倭人伝
キシリトール
キジル石窟
ギジルバシュ
岸和田(大阪府)
寄進地系荘園
寄生地主制度
旗人
キージンガー
魏晋南北朝時代
キス
キスカ島
季節風(モンスーン)
キセニア現象
キーセン(妓生)
貴族
木曽山脈
ギター
北アメリカ
北浦
北回帰線
喜多方(福島県)
北太平洋条約機構
北上川
北九州
北朝鮮
北本(埼玉県)
北山文化
キーツ,ジョン
杵築(大分県)
契丹
キッチュ
ぎっちょんちょん
キティ台風
キト(エクアドル)
キトラ古墳
ギニア
ギニョール
キヌア
きぬた骨(耳小骨)
絹の道(シルクロード、ザイデンシュトラーセン)
ギネスブック
紀ノ川
城崎
木下サーカス
キノ・プラウダ運動
吉備高原
羈縻政策
蟻鼻銭
吉備津の釜
黄表紙本
岐阜
キープ(インカ帝国)
キプチャク・ハン国
キブツ
キプロス
義兵戦争
奇兵隊
ギべリン党
喜望峰
基本的人権
キマロキ編成
君が代
義務教育
逆コース
格式(きゃくしき)
キャッサバ
キャノン機関
キャフタ条約
キャミソール
キャメロット
キャラメル
キャンベラ(オーストラリア)
杞憂
九か国条約
旧教
九州
旧制度(アンシャン・レジーム)
九成宮醒泉銘(欧陽詢)
旧石器
旧約聖書
キューバ
九品中正
キュチュク・カイナルジ条約
キューリー夫妻
キュレーター(博物館・美術館の学芸員)
キュロス2世
ギヨー
教育
狂歌
教科書
京劇
教訓の書
狂言
教皇
恐慌
鏡子ちゃん事件
共産党
仰韶文化
行政
京都
京都議定書
匈奴
恐怖政治
享保の改革
京の着倒れ、大阪の食い倒れ
きょうは帝劇、あすは三越
郷勇
恐竜
極東軍事裁判
巨人
清瀬(東京都)
巨石文化
巨文島事件
ギョベクリ・テぺ遺跡(トルコ)
浄御原律令
清元
魚鱗図冊
キラーファト運動
霧ヶ峰
ギリシア
キリシタン文化
霧島
キリスト教
桐一葉落ちて天下の秋を知る
キリマンジャロ
桐生
キリル文字
キルギス
キルクーク
ギルド
ギルバート諸島
キールン(基隆)
キレナイカ
ギロカストラ
ギロチン
義和団の乱

銀河
金閣
近畿
金喜老事件
金魚
キングストン(ジャマイカ)
キング牧師
銀行
緊箍児(きんこじ)
銀座
金鵄勲章
キンシャサ(コンゴ民主共和国)
禁じられた遊び(フランス映画)
近肖古王
近親相姦
近代
錦帯橋
近代文学
禁中並公家諸法度
欽定憲法
均田法
キンバリー(南アフリカ)
キンブリ人
金本位制
金門橋
金融
均輸法(漢代)
筋力
菌類
勤労者世帯

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年11月23日 (金)

桜庭一樹は女だった・・・

Photo   知らないのは自分だけかもしれないが、編曲者の若草恵は男だ。山川千秋、柳田泉、美水かがみ、すべて男性である。反対に尾竹紅吉、尼子騒兵衛、松本ひで吉、銀色夏生、恩田陸、有川浩は女性だ。映画「私の男」の原作者、桜庭一樹も女性である。人間愛を回復する主人公を描いた寓意的物語「サイラス・マアナー」のジョージ・エリオットは英国女流作家。本来の性とは異なる性を連想されるペンネームをつける意図は何だろうか?モデルの長谷川潤はもちろん女性。田崎潤や要潤がいるので「潤」は男性という印象があった。「薫」「聖」「忍」なども男女両方に使われる。小山内薫(男)、太田薫(男)、栗本薫(女)、八千草薫(女)。西本聖(男)、小島聖(女)、白石聖(女)。最近は「恋(れん)」も男女共用名前。和田恋(男)、石川恋(女)。マッケンジーというファースト・ネームも男性をイメージするが、マッケンジー・フォイはカワイイ女優さん。

 

 

 

 

雑学教室#2

Trivia_2  日本の昔話「桃太郎」はインドの「ラーマーヤナ」の影響を受けている。▽吉田茂は犬が好きで最初の2匹は「サン」と「フラン」でその間に産まれた子犬には「シスコ」と名づけた。▽SB食品は太陽(サン)と鳥(バード)の頭文字の略称。▽宮澤喜一以降13人の総理大臣には東大卒はいない。▽日本で初めてミシンを使ったのは天璋院篤姫である。▽シェークスピアは18歳のとき8歳年上の女性とできちゃった婚している。▽渡辺百合子は田部井淳子と共にエベレスト登頂に成功している。▽も睡眠する。▽デレク・クレイトンは福岡マラソンで初めて2時間10分の壁を破った。▽猥褻な映画をブルーフィルムというのは、アメリカの売春婦のドレスの色がブルーだったからだ。▽チャップリンが最初日本で登場したときは、歩き方が酔っ払いのようだったので、「アルコール先生」という名前がタイトルに付けられた。

Saved_quote_image_129555▽「ちゃぶ台返し」といえば星一徹だが、漫画・アニメの全編を通じて1度も卓袱台をひっくり返したシーンはない。同時期「寺内貫太郎一家」で貫太郎が卓袱台をひっくり返すシーンが繰り返し放送されたので、両者が混同されて記憶されてしまった。▽赤穂義士討入りの日は雪は降っておらず、山鹿流陣太鼓は打ち鳴らされなかった。▽日本で初めて黒板を使って教えたのは米国人英語教師マリオン・スコット。▽ハワード・ホークスはヘミングウェイに「君の作品で最も駄作と思われる小説を原作にして傑作映画をつくる」と言って「脱出」(1944)を作った。▽風景画家シスレーはロンドンのナショナル・ギャラリーでホッベマの「ミッデルハルニスの並木道」に感銘を受けた。▽ジョン・バニヤンは獄中で「天路歴程」を著した。▽ノーベル平和賞に最もふさわしい人物と思えるガンジーは、何度もノミネートされたが受賞されなかった。▽加熱しないで水で抽出するウォータードリップ式のコーヒーは、オランダ(ダッチ)人が、当時統治下にあった東インドで考案したものといわれ、ダッチコーヒーとも呼ばれる。▽今日の世界的な用語コーヒーcoffeeやカフェcafeなどはトルコ語から転訛したもので、トルコへはアラビア語のカフワqahwaから移されたものである。▽東京の下町を舞台にした映画「ALWAYS三丁目の夕日'64」のロケ地(凡天堂病院)は関西の尼崎だった。▽19世紀初め、ドイツのF・ヤーンがドイツ体操を起こし、青年に心身鍛錬を奨励したのは対仏ナポレオン支配からドイツを解放すめためだった。▽王貞治が通算868号の本塁打を記録した記念のバットは徳光和夫が所有している。▽長野県松本市は日本一多く自治体と隣接しており、その総数は14市町村である。

Photo_11▽岐阜県高山市は日本で一番面積が広い市である。▽「日本の三大ブスの産地」は一般に「名古屋、水戸、仙台」ということになっている。▽通算400本塁打以上で打者三冠タイトルの獲得がないのは清原和博だけである。▽ザ・ドリフターズはビートルズの日本公演で前座を務め、「Long Tell Sally」を演奏した。▽ベートーヴェンは生涯独身だったが、死後ラブレターが発見された。いわゆる「不滅の恋人」はアントニア・ブレンターノとの説が有力である。彼女は当時すでに人妻で4児の母であった。▽ジョン・ウェインには7人の子どもがいたが、うち6人は映画俳優となった。最も有名なのはパトリック・ウェインであるが、いずれも大した活躍はしなかった。(無用の雑学知識集、雑学ブログ)

もっとも愛される男前(イケメン)は誰?

   オダギリ・ジョー、1976年、岡山県生まれ42歳。「深夜食堂」で店の常連客を演じる。台詞は少ない。続編の映画版では交番の巡査となって再出演している。物腰は柔らかく好感がもてる。妻夫木聡、1980年生まれ37歳。「ブタがいた教室」(2008)は小品ながら彼の爽やかさででている。ブタを食べるか、食べないか、それが問題だ。西島秀俊。1971年、47歳。ワイルドな色気がただよう。「真木栗ノ穴」安アパートの壁にある小さな穴。官能小説家はその穴を覗いて隣室の美女の物語を書く。不思議な作品だ。ユアン・マクレガー。1971年、スコットランド生まれ、47歳。スター・ウォーズのオビ・ワン役で知られる。1993年デビュー以来毎年公開作品があり、いまや世界のトップスター。「プーと大人になった僕」で初来日。韓流スターでは、KBSがアンケート調査したところ、韓国人が最も愛されるイケメンにチャン・ドンゴンが選ばれた。

てるてる坊主、じつは女性

   軒先に吊るして晴天を祈る「てるてる坊主」の風習はいつ頃から始まったのか。坊主というからには、疑いもなく男性がモデルだと思ってしまうが、由来を調べると、じつは女性である。中国では揚子江に伝わる伝承に、白い首、紅と緑の着物、ほうきを持った掃晴娘(サオチンニャン)というお人形を軒につるしてお天気を祈ったことから始まる。れが日本へ伝わる。奈良時代とも平安時代ともいわれるが、文献として明らかになるのは江戸時代中期から。この頃は現在と異なり折り紙のように折って作られるもので、より人間に近い形をしており、その形代を半分に切ったり、逆さに吊るして祈願した。「嬉遊笑覧」(1830年)には、晴天になった後は、瞳を書き入れて神酒を供え、川に流すと記している。現在のような、白い紙や布にくるんだ人形になったのは明治になってからのことかもしれない。

雑学教室#1

Trivia_2 この世の中には、知らなくたって生きていくのに全然困らないのだけれど、知っていたほうが楽しく生きていけるというお話が無数にある。「新郎が花嫁をお姫様抱っこするのはローマ建国の略奪婚が由来」「リンカンが髭をはやしたわけ」「山の頂上で叫ぶのは、なぜ「ヤッホー!」なのか?」なんて話、知らなくたって、日々の暮らし、仕事になんの支障もない。でも、知っていればそれだけでなんだか楽しくなるし、人に話せば喜ばれること、間違いなし。それが雑学の面白さなのだ。

棒高跳の棒の長さは、ルールで決まっていない。つまり材質・太さ・長さは自由。4メートルが一般的だが5メートルほどのポールを使う選手もいる。▽リンカーンとダーウィンは1809年の同じ日に誕生している。▽動作が鈍重な人を「のろま」というが、江戸中期の野呂松勘兵衛という人形の遣い手がルーツである。▽講談「天保水滸伝」でおなじみの平手造酒。モデルの平田深喜は笹川繁蔵の筆の師匠。剣ではなく書道の達人だった。▽サトウキビの糖蜜または絞り汁を発酵させて作ったラム酒。日本では「バナナ・ボート」の歌がヒットした頃、バーで飲まれるようになった。▽石崎秋子が上流家庭に家政婦として派遣され、その欺瞞ぶりを覗き見る市原悦子主演ドラマ「家政婦は見た」。もとの原作者は松本清張。▽茨城弁「ごじゃっぺ」意味は「でたらめ、いいかげん」。

Langues_de_chat3 ▽細長い独特の形をしたフランスのクッキー「ラング・ド・シャー」。 猫の舌のような形をしているのでそう呼ばれる。▽すしのバッテラは、ポルトガル語でボートを意味するバッテイラからきたもので、形が似ているから。▽宮本武蔵は大男で身長は6尺、およそ180㎝くらいあった。▽「かもめのジョナサン」(リチャード・バック)がベストセラーになった頃、「にわとりのジョナサン」(アルブレヒト・ワインスタイン)も刊行された。▽かぐや姫が紅白歌合戦に出場することになった時、NHK側が「神田川」の歌詞の中の「24色のクレパス」は商品名なので、「クレヨン」に変えて歌ってほしいと言った。南こうせつは悩んだすえ、「歌詞の雰囲気が壊れる」と断り、出場を断念した。

Image1 ▽木版画を摺る際に用いられる「ばれん」を漢字で書くと「馬楝」▽「バカの壁」(養老孟司)というベストセラーがあるが、「アホの壁」(筒井康隆)という本もある。▽豊臣秀吉は右手指が6本あった。▽「女心と秋の空」は元々は「男心と秋の空」だった。▽日本で出版された本でタイトルの五十音に並べると間違いなく1番最初にくるのは、大槻あかね「あ」(こどものとも絵本)である。安藤富治「嗚呼硫黄島」もかなり最初にくるようだ。▽「キンコンカンコン」日本では学校で放送されているチャイムのメロディとして広く知られている。東京都大田区立第四中学校の教諭、井上尚美が1956年にロンドンのビッグベン(ウェストミンスターの鐘)をもとに使用したもの。それまでの鐘の音は空襲の警報や戦争のつらい思い出があるため、子どもたちがよみがえらせないためチャイムを考案したといわれる。(知らなくてもいい雑学,無用の雑学知識集、雑学ブログ) Langue de chat

一葉忌

Img_0001
下村為山画「樋口一葉像」

   樋口一葉の1896年の忌日。一葉は明治19年8月20日、遠田澄庵の紹介で中島歌子の萩の舎に入る。上流家庭の子女の集まるこの歌塾にあって下級官吏の娘であった一葉はしばしば肩身の狭い思いを味わったが、早くから歌の才能を示し、姉弟子の三宅花圃とならんで同門の才媛と称された。明治22年7月12日、父の樋口則義は失意のうちに病没した。花圃が「藪の鶯」の発表以後小説家として活躍し始めたのに刺激され、生活の資を得るため小説を書く決意をし、明治24年4月15日、野々宮きく子の紹介で半井桃水を訪ねて、弟子入りした。

    明治25年3月、4月、7月発行された半井桃水主宰の同人雑誌『武蔵野』に、樋口一葉は第一編創刊号に「闇桜」、第二編に「たま襷」、第三編に「五月雨」とたて続けに載せている。ほかに、畑島桃蹊、小田果園、柳塢亭寅彦、三品藺蹊、斉藤緑雨らが寄稿した。「闇桜」は、一葉の小説がはじめて活字になったのものであり、またはじめて「一葉」という筆名を使ったのも、この『武蔵野』が最初である。だが、桃水との噂が萩の舎で問題化した。また桃水の身辺多忙と売れ行きの減退から雑誌は3号で廃刊となり、一葉は思いを残しながら桃水と絶交の形をとる。しかし、一葉の桃水への愛情は終生変わることはなかった。(11月23日)

Img

2018年11月22日 (木)

ケネディ大統領暗殺

3328639145_078e7078d2

 

   1963年11月22日、ケネディ大統領はテキサス州ダラスでオープンカーでパレード中に狙撃され死亡した。

John Fitzgerald Kennedy,the 35th President of the United States.His wit,grace,intelligence,and good-looking,he was a popular person.Kenndy was assassinated in Dealey Plaza,Dallas,Texas.

  ジョン・F・ケネディは第35代アメリカ合衆国大統領。機知、上品さ、知性、すばらしい容貌をもった彼は人気者だった。テキサス州ダラス、デイリー・プラザ広場で暗殺された。健康そうにみえたケネディだが、実は背部痛のためいつもコルセットを装着していた。第1弾を被弾した直後、身体をかがめることができなかったのはこのためで、2弾目を被弾することになる。オズワルドによる単独犯説に対する多くの疑義が唱えられ、いまなお陰謀説が絶えない。11月22日)

 

 

ああ夫婦善哉

   本日は「いい夫婦の日」。20代が憧れる理想の有名人夫婦ランキング。第4位:東出昌大&杏夫妻、第3位:辻希美&杉浦太陽夫妻。第2位:北川景子&DAIGO夫妻。第1位:ぺこ&りゅうちぇる夫妻。毎日文化センターで「絵沢萌子・楠年明の芝居教室」というセミナーがあった。講師は関西でよく知られたベテランの俳優だが、お二人がご夫婦であることは初めて知った。意外な有名人カップルといえば、文学者の中野重治と原泉、中村竹弥&花柳小菊、Gメン75の岡本冨士太&鶴間エリ、つまみ枝豆&江口ともみ、柳ユーレイ&川田あつ子、おはなはんの樫山文枝&綿引勝彦、井上孝雄&馬渕晴子、吹石満&広田レオナ、玉置浩二&青田典子、才賀紀左衛門&あびる優、佐藤B作&あめくみちこ、堤大二郎と三浦リカのご夫婦など意外なカップル上位にランキングされるだろう。和田誠&平野レミ、児玉清&北川町子が夫婦であることも最近になって知った。桂木洋子と作曲家の黛敏郎はよく知られたカップルかもしれない。ビッグな夫婦は堺雅人&菅野美穂、五十嵐広行&上戸彩、反町隆史&松嶋菜々子、江口洋介&森高千里、唐沢寿明&山口智子。最近はお笑いと女優、スポーツ選手と芸能人のカップルもめずらしくない。大竹しのぶと明石家さんま、斉藤とも子と芦屋小雁、田中将大と里田まい、井上康生と東原亜希など。香坂みゆき、かとうかず子、松本伊代、鈴木保奈美、安田成美、藤原紀香などお笑い芸人カップルは意外ではなく普通となった。

  昔スター千一夜という番組があった。小林旭・美空ひばり、高倉健・江利チエミ、石原裕次郎・北原三枝、長門裕之・南田洋子、勝新太郎・中村玉緒、津川雅彦・朝丘雪路、関口宏・西田佐知子、出門英・ロザンナ、石坂浩二・浅丘ルリ子、田宮二郎・藤由紀子、加山雄三・松本めぐみ、田辺靖男・九重佑三子、勝呂誉・大空真弓、坂本九・柏木由紀子、ジェリー藤尾・渡辺ともこ、マイク真木・前田美波里。離婚カップルもあるが、もう2度とスター千一夜のような番組はつくれないだろう。

 

 

2018年11月21日 (水)

洋画界低調

   洋画雑誌SCREEN2019年1月号。昔と比べて薄くなっている。近代映画社が数年前に倒産、復刊したものの低調である。ヒット作が生まれない。読者の人気投票で一位はトム・ハーディー(ヴェノム)とエマ・ストーン(ラ・ラ・ランド)。人気スターが不在の時代だ。表紙は若手エディー・レッドメーン。ジュード・ロー、キャサリン・ウォーターストン、アンセル・エルゴートとタロン・エガートの英国イケメン。レディー・ガガの「スター誕生」、マッケンジー・フォイの「くるみ割り人形と秘密王国」。

アイルランド文学

Jamesjoyce93586762402    「庭の千草も虫の音も 枯れて淋しくなりにけり。ああ白菊、ああ白菊 ひとりおくれて咲きにけり」日本人にはおなじみの小学校唱歌「庭の千草」。この美しいアイルランド民謡の原詩は、トマス・ムーア(1779-1852)の「夏の名残りのバラ」である。日本では「白菊」だが元歌は「バラの花」なのだ。トマス・ムーアは「アイルランド歌謡」(1808-1834)において、アイルランドの情緒に合った英詩を作ろうと試みた。これがイギリスで歌われるようになり、究極的にアイルランド文芸復興を促進することとなった。

    アイルランド人の祖先、古代ケルト人は文字を持たない民族だった。そのかわり、英雄伝や部族の系譜などを口承によって子々孫々へと伝えてきた。これらのことから、アイルランド人はかえって言葉に魂をこめ、より豊かな表現力を身につけたのではないだろうか。

   「ガリヴァー旅行記」で知られるジョナサン・スウィフト(1667-1745)はアイルランドに生れ、この国の司祭であった。アイルランドがイギリスの文学に最も貢献したのは18世紀の喜劇においてであろう。

    アイルランド出身の文学者を18世紀からざっとその名をあげてみる。
ジョージ・ファーカー(1678-1707)
ウィリアム・コングリーブ(1670-1729
トマス・バーネル(1679-1718)
ローレン・スターン(1713-1768)
オリヴァー・ゴールドスミス(1728-1774)
リチャード・ブリンズリー・シュリダン(1751-1816)
シェリダン・レ・ファニュ(1814-1873)
ブラム・ストーカー(1847-1912)
オスカー・ワイルド(1854-1900)
ジョージ・バーナード・ショー(1856-1950)
ウィリアム・バトラー・イェイツ(1865-1939)
ジョン・ミリントン・シング(1871-1909)
ダンセイ卿(1878-1957)
ショーン・オケーシ(1880-1964)
ジェームズ・ジョイス(1882-1941)
ショーン・オフェイロン(1900-1991)
ハルドル・ラックスネス(1902-1998)
サミュエル・ベケット(1906-1989)
フラン・オブライエン(1911-1966)
アイリス・マードック(1919-1999)
ブレンダン・ビーアン(1923-1964)
ウィリアム・トレヴァー(1928-   )
エドナ・オブライエン(1932-  )
ジョン・マクガハン(1934-2006)
トマス・マーフィ(1935-  )
シェイマス・ヒーニー(1939-  )
ロディ・ドイル(1958-  )

「ダブリン市民」を書いたジェイムズ・ジョイス(画像)は故郷ダブリンを捨て、国外を放浪しつづけて一生を終えたが、その作品はアイルランド人、ダブリン市民を対象にしたものが多かった。

英国人はクリスマスソングが嫌い?

Frankbing003_zpsa7e5b6c6  もう街中でワム!のヒット曲「ラスト・クリスマス」を聞いた。本年のクリスマスソングの初観測。オーストラリアのラジオ局が「ラスト・クリスマス」を24回にわたって立て続けに放送し、リスナーたちから抗議が殺到したという。また英国人の25%がクリスマス音楽の繰り返しが心の健康に悪影響を及ぼしたり、もう聞き飽きてうんざりだという声がある。一方で、クリスマスソングがBGMで流れるとウキウキして買い物をしたくなるという効果もあるらしい。やはり世界中で人々はクリスマス・ソングを聴くことを楽しみにしている人のほうが多い。最近の人気曲は松任谷由美「恋人がサンタクロース」、山下達郎「クリスマス・イブ」、B'zの「いつかのメリー・クリスマス」、稲垣潤一「クリスマスキャロルの頃には」、辛島美登里「サイレント・イヴ」などいろいろある。私にとってのクリスマスソングは「ホワイト・クリスマス」である。極め付きはやはりビング・クロスビーの歌唱。YouTubeで探すと「フランク・シナトラ・ショー」(1957年)で男2人の歌唱が聞ける。ゲストのビングが自分のレコードとピザを持ってシナトラの部屋を訪問する。「赤鼻のトナカイ」(ビング)、「サンタが町にやってくる」(シナトラ)、「クリスマス・ソング」(2人で)を歌ったあと、ビング・クロスビーが窓の外の雪景色を眺めながら、「ホワイト・クリスマス」を静かに歌いあげる。

   一般に「三大クリスマス・ソング」といえば、「ジングル・ベル」「サンタが街にやってくる」「赤鼻のトナカイ」である。このほかに「ザ・クリスマスソング」「ウィンター・ワンダーランド」「ブルー・クリスマス」などがポピュラーである。1970年代以降の新しいクリスマスソングではジョン・レノンの「ハッピー・クリスマス」、マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」などがある。あなたにとっての思い出のクリスマスソングは何でしょうか。

2018年11月20日 (火)

理髪店のサインポールの由来は当時理容師が外科医を兼任していたから

2304562684764anoldantiquebarbershop   中世ヨーロッパにおいて理容師はたいてい外科医を副業としていた。12、13世紀に俗人の間に無髯の風が流行し、理髪店も増加した。理髪店が医療も兼ねていたことから瀉血という治療のために静脈の血を抜くこともしていた。瀉血に使用したポールが血で染まるため、目立たぬように赤色に塗られていた。そしてそのポールは包帯を洗って干す棒として使われていた。そして店先に45度の角度で置かれていたことから、理髪店の目印となった。はじめ赤・白の2色であったが、やがて理髪店と外科医と分離したころから、青が加えられ、赤白青の三色のポールが1540年ごろフランスで登場した。イギリスでは1745年に、外科医の看板は「赤・白」に、理容師の看板は、「赤・白・青」と区別された。20世紀になって3色のクルクル回転する電飾の看板が世界中に普及した。日本では明治の頃、砂糖菓子の有平糖に似ていることから有平棒と呼ばれたが、昭和8年から今日のような電飾スタンド型サインポールが現れた。( barber poles,sign pole )

イタリアの「黒猫のタンゴ」

300pxvolevo_un_gatto_nero 黒いネコといえば、日本では不吉の象徴だが、ヨーロッパでは白色のネコが不吉とされる。白には幽霊のイメージがある。ところで黒ネコといえば皆川おさむが1969年に歌いシングル260万枚の大ヒット曲「黒猫のタンゴ」。原曲はイタリアの童謡でヴィンチェンツァ・パストレッリちゃん(当時4歳)が歌いレコード900万枚を売り上げた。原題「ヴェルヴォ・アン・ガット・ネロ(黒い猫がほしかった)」というフランチェスコ・パガーノの曲である。歳月は流れ、彼女は2007年に売春斡旋と麻薬取引で逮捕されるというニュースもあった。皆川おさむには「ミャゴラ猫の初恋」(1970)という歌もある。幼稚園のお遊戯会でいまでも歌われるらしい。ミャゴラとは何か。ミャゴラという名前の猫がネズミに恋する話らしいが、やはりイタリア語と関係するらしい。猫の鳴き声は国によって多少ちがうが大体似ている。英語はmiaw、ドイツ語はmiaow、そしてイタリア語はmiao。「ミャオ」と発音するのだろう。動詞にミャゴラーレmiagolareがあって、「猫がミャーゴと鳴く」という意味。(Volevo un gatto nero,Vincenza Pastorelli,Francesco Pagano)

雑学教室#44

Trivia  イカの心臓は、三つある。▽「敬遠のフォアボール」などという野球用語の「敬遠」の出典は論語雍也篇である。▽日本の人口はバングラデッシュより少ない。▽17世紀の人、シラノ・ベルジュラックは36歳で早世したが、科学・哲学を研究し、多くの著作を残している。「月世界旅行記」(1657年)は月が地球と同じような天体であるかを確かめるためロケットを発明するというSF小説である。▽アボカドは果肉に脂肪分が多く含まれるため「森のバター」と呼ばれる。▽サマセット・モームは女性を極端に嫌い、同性愛の志向が強かった。「剃刀の刃」の序文で、たまさか出会った青年を描写する文章など、この傾向が著しく見える。▽永井荷風の親戚にあたる永井岩之丞の長女夏子は三島由紀夫の祖父平岡定太郎に嫁いだ。つまり荷風と三島由紀夫は親戚である。▽ブルース・リーにヌンチャクを教えたのは倉田保昭である。

160pxjean_dodal_tarot_trump_02   ▽ヨーロッパ中世には女性のローマ教皇がいたとする伝説がある。▽紫式部の本名は、一説によると「藤原香子」という。▽手品のBGMでもよく知られるポール・モーリアの「オリーブの首飾り」。原曲はジャマイカのレゲエで「嘆きのビンボー(El Bimbo)」という曲。▽三陸鉄道北リアス線はリアス式海岸ではなく、海岸段丘である。▽田中角栄とオードリー・ヘプバーンは誕生日が5月4日で同じ。▽東京スカイツリーの高さが634メートルなのは旧国名「武蔵(むさし)」の語呂合わせ▽日本酒醸造として用いられる山田錦の生産地は兵庫県三木市吉川町。▽花王石鹸のロゴマークはむかし下弦の月だったが、これから欠けていく下弦の月は縁起が悪いと後に上弦の月に変更した。(雑学ブログ)

Photo_9

ミスで死後16時間で火葬した話

   超高齢化社会。年間の死亡数は2018年に130万人であるが、死亡数は今後も増加する傾向を示し、団塊の世代が90歳に達する2040年には166万人に達する。そのころの病院や特養、老人ホームなどの施設はいつも認知症患者で満員だろう。自宅での訪問介護が多くなるかもしれない。NHKスペシャル「命の終わりと向き合うとき」内容は見ていて辛い。神戸で今年1月、80代男性が死後16時間で火葬されたという事件が発生した。「墓地、埋葬等に関する法律」によると「死亡又は死産後24時間を経過した後でなければ、これを行ってはならない」(第3条)とある。人の呼吸や心臓の動きが停止しても、細胞が完全に活動を停止するまでには、一昼夜かかるとされている。むかしから、死んだと思われた人が数時間後、息を吹き返したという話は聞いたことがある。今年、インドで95歳の男性が火葬場で息を吹き返し、蘇生したというニュースが世界を驚かせた。

ネクタイの起源

Jnejutaikuroachia   ネクタイnecktieは男子服では特に重要なアクセサリーとなっているが、その起源には諸説ある。古くは紀元2世紀ローマ兵が防寒のために首に巻いたウール布フォーカルfocalを起源とする説。あるいは直接の起源としてクラバット説がある。フランス語でネクタイはクラバット(cravate)、イタリア語もcravatteという。(米語でもcravateともいう)。クラバットの語源はクロアットcroate、つまりクロアチアの軽騎兵(画像)のことである。17世紀、オーストリアのクロアチア兵は家庭からの無事の帰還を祈ってもらった赤い布を首に巻いていた。これを見たフランスのルイ14世が「あれは何か?」と聞いたところ、兵隊の事だと勘違いした側近が「クラバットです」と答えたため、布の方が「クラバット」になってしまった。当時のパリ市民の間で布を首に巻くことが流行して、やがてネクタイとなった。

    日本で初めてネクタイの製造をはじめたのは、1884年10月1日、帽子製造業者だった小山梅吉が神田柳原の古着市場で舶来の中古「ネッキタイ」(当時ネクタイをこのように呼んでいた)を買い求め、それを分解して、見様見真似で作ったのが国産第一号のネクタイである。

レフ・トルストイ忌日

Photo_2   レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ(1828-1910)の晩年は、世界中の多くの人から沸き起こる喝采の嵐に包まれていたが、また一方では自分自身の信念と:現実生活の矛盾に苦しんでいた。領地や財産を他人に与えたために家庭内の不和が起った。トルストイはさまざまな反目に耐えられず、1910年10月28日、ヤースナヤ・パリャーナを出て、三等列車に乗り込みあてもない旅に出た。31日、突如、肺炎をひきおこし、寒村アスターポヴォ駅で途中下車。トルストイの容態を心配して、枕元に集まってきた人々に対してトルストイは言う。「世界には数百万人の困苦者がいるのに、なぜ君たちは私ひとりのためにここにいるのか」と。トルストイは11月20日午前6時5分、駅長の官舎で息を引き取った。享年82歳。

    トルストイの宗教論、非戦論、芸術論はチェーホフ、ゴーリキー、ショーロホフなどのロシア作家に、さらに西欧や日本の白樺派などに大きな影響を与えた。京都・一燈園の西田天香(1872-1968)もその一人である。トルストイの著作に接したことがきっかけで社会奉仕に目ざめた。(Lev Nikolaevich Tolstoi)

2018年11月19日 (月)

郵便ポストはなぜ赤い?

Buzon_amarillo   町の中で、「赤」いものの代名詞にもされているのが郵便ポスト。「空があんなに青いのも電信柱が高いのも郵便ポストが赤いのもみんなあたしが悪いのよ」 痴楽綴り方教室でお馴染みのこの台詞だ。日本人は世界各国で赤い郵便ポストがもっとも多いと思っている人が多い。実は世界中で一番多いのは黄色である。左画像、スペインでは郵便のことをコレオスcorreosといい、ポストは黄色である。ドイツ、フランス、スイス、スペイン、ポルトガル、フィンランド、ノルウェイ、オーストリア、ルクセンブルク、ユーゴスラビア、チュニジア、ブラジルなどヨーロッパの国は黄色が多い。なぜヨーロッパの多くの国が郵便ポストを黄色にしたのか理由は今もって謎である。考えられる理由としては、イギリスが赤なので、イギリス嫌いのドイツ、フランスは黄色にしたのではないかと推察している。当時「郵便時間厳守」で信頼性の高かったスイスが黄色いポストだったので、フランス、ドイツがまねたそうである。

Redpostalboxmailboxmyanmarburma300x  最近、ミャンマーの郵便事業の改善に日本が幅広く協力しているというCMを見た。郵便ポストの歴史は古く、フランスが世界で最初である。1652年にパリ市内の要所に設置されたが、何色であったかはわからない。次いでイギリスのカーライルで1852年に第1号のポストが登場するが、このときは円柱形で緑色だった。1874年にロンドンのトラファルガー広場に設置された赤色のポストが評判を呼び、10年かけて全国のポストを赤色に統一した。アメリカとロシアの郵便ポストは青色。中国、香港、アイルランドは緑色。赤色は日本のほか、韓国、台湾、タイ、インドネシア、インド、アルゼンチン、オランダ、ベルギー、ハンガリー、モナコ、南アフリカなどアジア中心に世界に広がっている。日本のポストが赤いのは、イギリスの郵便制度を真似たからである。郵便制度が始まった明治4年当初は、黒塗りのポストだった。ところが、まだまだ街中の照明設備などの発達していない頃で、夜になると、良く見えなくて、苦情が続出したといわれる。そこで考えられたのが「赤」い目立つポストといわけである。赤いポストの登場は明治21年、以来、赤いポストが登場して、これが評判となり日本では「赤」が定着した。現在、ほとんどの国のポストが赤、黄、青、緑、この4色のいずれかを使っている。

Usa_post_2
  アメリカのポスト

B0000801_23445666
  中国のポスト

4373739289_4ac278ea47
   アイルランドのポスト

Photo
   韓国の郵便ポスト


  世界の郵便ポストは赤、黄、青、緑の4色がほとんどだが、インドネシアのオレンジはめずらしい。

Photo
 インドネシアのポスト

Australiapost

オーストラリア。赤いポストは一般郵便物。黄色は翌日配達郵便(Express Post)

Photo_2

ホルンがデザインされたドイツの郵便ポスト。ポストの色は緑や青など様々な変遷の末、ヨーロッパに多い黄色を採用した。

大木伸夫「鉃路の男」

180pxokinobuodsceptetsuronootoko

   ネプリーグの漢字問題で吉岡里帆や井浦新が「率直」を「卒直」と書いて間違えた。しかし広辞苑などを引くと「率直」の項には「卒直ともいう」とあり、「卒直でも可」と容認する意見も一部にはある。「率」には、こだわらない、素直なという意味があるが、「卒」にはこうした意味がないことから「卒直」が国語的には不正解である。だが「卒」のほうが「率」よりも字画が少なく書きやすいことや、むかしから誤字が多くて、まあ大目に見ようというものらしい。もちろん書き取りテストでは「卒直」は×である。むかしTBSの「アッコにおまかせ」峰竜太のコーナーで「変なレコード・ジャケット」を紹介していた。古いレコードには様々な思いでがあって懐かしいものだが、ここでは基本的には大阪弁でいう「オチョクリ」が基本テイストだ。ある日、紹介された曲が大木伸夫の「鉃路の男」。浪曲師出身の有名な歌手だったが、そのころ既に過去の人として忘れられていた。ジャケットの文字「鉃」の字が間違っているというのである。たしかに「鉄」の字は「金」へんに「失」が正しい。学校の先生ならば、×をつけるだろう。なぜわざと「鉃」の字を使ったのか鉄道関係者ならわかっている。むかしから、鉄道の世界では「金」が「失う」では縁起がわるいので、わざと「鉃」の字を書くことがあった。

  国鉄赤字の分割・民営化のとき、鉄道会社のデザインの文字に「鉃」の字が使われた。これに対して、朝日新聞の投書で「小学五年の長女から「どうして変えるの」と聞かれて困まりました。国鉄が「字体の縁起が悪い」のを理由に変える前例となれば、ほかの鉄道会社などもまねするかもしれないし、漢字の乱用にもつながります。大人たちが自分の都合で変えるのは、子どもの教育にもよくありません。」(「金より良識失う」)として反対の声が上がった。国鉄は「鉃の字は常用漢字にはないが、「難字大鑑」(柏書房)には俗字として載っており、旧字体からみれば鉄も俗字で、決して誤字ではありません」と強弁した。これに対して漢字学者からは、「鐡」の略字に「鉄」があてられたのは「秩」「跌」「迭」など「-ツ」とういう音がすべて「失」にもとづいているからである。「鉃」という字では「テツ」という音は出てこない。縁起をかついだだけの「ウソ字」「誤字」であるとされた。ポスターやデザインで使うだけならそれほど問題はないと思うのだが、この「鉃の字」問題はヒステリックな状況の中で忘れ去られていった。もちろん法務局の通達などで「戸籍の氏名欄に記載されている誤字・俗字の一覧表」にあるので、いつでも改正が認められる。またJIS第二水準の漢字にもあるので、このように表記できる。日本独自の伝統としてはかすかに残っているのである。JRではいまでも正式名称として「東日本旅客鉃道株式会社」というように、よく見ると「鉃」の字の右側は「「失」ではなく「矢」となっている。

2018年11月18日 (日)

サンタの服が赤いのはコカ・コーラの広告がきっかけ

Photo_4     一般に、イエスは12月25日に生れたとされている。「クリスマス」は「キリストのミサ」、つまりキリスト降誕を祝うミサを意味する。しかし聖書にはイエスの誕生の日付は記されていない。12月25日は、農耕神サトゥルヌスを讃えるサトゥルナリア祭やローマのソルとペルシャのミトラという太陽神の祝祭を合体させたものである。それらの異教の祝祭日を教皇ユリウス1世が西暦350年にキリスト教の誕生日であると宣言したことにはじまる。研究者によると、実際のイエスの誕生日は古代ユダヤ暦のエタニムの月(9~10月)だそうだ。初期キリスト教の伝道者たちはイエスの誕生を祝ったりせず、イエスの死だけを記念して祝った。もちろんサンタクロースの話などはイエスと無関係。小アジア(現在のトルコ)のミラの聖ニコラウス大司教に由来する。聖ニコラウスを意味するオランダ語がなまって「シンテルクラース」から派生した。今日の、赤と白の衣裳に白いあご髭をたくわえた優しそうなおじいさんのサンタは、当時の有名な画家ハッドン・サンドプロムが描いたコカ・コーラの広告(1931年)が世界中に広がって、知られるようになった。クリスマスにプレゼントを贈ったり、ゲームを楽しんだり、パーティで馬鹿騒ぎすることは、古代ローマ人の太陽の誕生を祝うという偽りの宗教に由来する習慣である。教会の指導者たちは、真理を教えることよりも、教会の信者席をいっぱいにすることに熱心になり、コンサートとか行事を催している。クリスマスに愛する異性と夜を過ごすという日本の風潮も嘆かわしいもの。世俗化・商業化されたクリスマスは地域経済の活性化に大きく貢献していると人はいうかもしれない。しかし経済的負担をかけることは神の崇拝とは無縁のことである。最近ではデパートなどショッピング・センター以外にも公共の場でも大きなクリスマス・ツリーをみかける。ツリーを飾る習慣は、ドイツで行われていた樹木信仰を取り入れたもので、19世紀以降に北ヨーロッパや北米に広まった。イエスをたたえるはずの時が、子供をだます時になるのはおかしなことではないだろうか?

猫と麻ちゃん

Photo   ヒロインの名前が麻子といえば、阿川弘之の「犬と麻ちゃん」(1968)がよく知られる。ところがご令嬢の阿川佐和子の小説「屋上のあるアパート」のヒロインの名前も麻子である。内容は一人の若い女性がさまざまな転機や恋愛体験を経て、料理ライターをめざすというもの。ドラマでは長澤まさみが好演している。坂井真紀が扮するアパートの隣人が「あなたはイヌ派、それともネコ派?」という奇妙な質問をする。ラストで「麻ちゃんはやっぱりネコ派だね」という落ちがある。小説のジャケットにもネコが描かれていて面白い。

ねこ好きの有名人といえば、古くは平安時代中期の一条天皇が知られる。ネコに「五位の位」を与えたとか。江戸時代末期に活躍した歌川国芳はネコをモチーフにした浮世絵を数多く描いた。小説家では谷崎潤一郎、内田百閒、大佛次郎、アーネストヘミングウェイなど。

都市の発生と成長の3つの段階

Foro_romano_001

 

  近代の交通革命、産業革命は、鉱工業都市の発生を促し、人口の都市集中が始まる。そして一国内の内陸部の開発と海上交通の発展は港の繁栄を促し、多くの百万都市が出現する。日本の東海道やニューヨークを中心とする地帯はメガロポリスに発展している。(東京・大阪間は556,4km、ボストン・ニューヨーク・ワシントンD.C.間は約700km)。さまざまな困難に直面する現代都市の問題を考えるには、先ず都市の発生を明らかにしなければならない。

   古代では政治・軍事の中心として城郭都市が発達し、碁盤目状などの道路と城壁をもつ計画都市が発生する。中世になると封建制の成立によって、各地に城主の館を中心とする政治都市・軍事都市が発展、ヨーロッパにはキリスト教寺院を中心とする宗教都市が発展。中世には産業の発達につれて、交通の要地にヴェニスのような商業的な都市が発展する。さらに近世になると、貿易による国家の繁栄を背景にして、海外交通に便利な位置を占める都市が発展する。(リスボン、アントワープ)18世紀末から19世紀にかけてはヨーロッパに産業革命が起こり、工場を中心とした工業都市が現れる。イギリスのマンチェスターでは1760年に3万人だった人口が、1861年には46万人と、100年で15倍になったという。

 

さまざまな都市(都市の分類)
政治都市 キャンベラ ブラジリア
宗教都市 エルサレム バチカン ラサ 天理
軍事都市 キール トゥーロン ポーツマス サンディエゴ ウラジオストク セヴァストポリ
工業都市 エッセン ピッツバーグ デトロイト 豊田 門真
鉱山都市 ビンガム チュキカマタ カルグーリ
水産都市 ベルゲン アバジーン セント・ジョンズ 焼津
林産都市 シトカ 新宮
海港都市 パナマ ポートサイド 神戸 横浜
交通都市 シカゴ アンカレジ
観光都市 ナポリ モナコ マイアミ
学術都市 オックスフォード ケンブリッジ ハイデルベルク ウプサラ
保養都市 アカプルコ ダージリン ニース

 

都市の発生
古代オリエント都市国家ウル ジッグラト(ziggurat)
古代ゲルマンの政治的部族社会 キヴィタス(civitas)
中世イタリアの自由都市 コムーネ(comune)

 

紀元前3000年前の都市は、あくまでも特殊な空間であり、自給自足を原則とする広大な農村に囲まれた特殊な空間だった。今から250年前の産業革命以後になると、都市の工場で生産される工業製品が人類の生活の大部分を占めるようになって都市は強力な「生産の場」となり、著しくパワフルになった。それが都市成長の第二段階である。現在、情報革命の変貌を遂げつつあり、第三段階に入った。情報の集中、地球規模の経済の拠点、電話、インターネット、海・陸・空の一貫高速・大量輸送システムにより維持。

 

 

油小路の決闘

Img015   慶応3年3月10日、尊攘思想を抱く伊東甲子太郎は、新選組を脱退し、御陵衛士として五条橋東詰めの長円寺に移り、そのあと東山高台寺の塔頭・月真院に移った。月真院の門前に「禁裏御陵衛士屯所」の標札をかかげた。一派は高台寺党、あるいは伊東派と呼んで、近藤らの本隊と区別している。14名の名を挙げておこう。

   鈴木三樹三郎、篠原泰之進、新井忠雄、毛内有之助、服部武雄、斉藤一、藤堂平助、加納道之助、富山弥兵衛、阿部十郎、内海二郎、中西登、橋本皆助、清原清である。

   この中で斉藤一は、近藤側の間者として送り込まれていて、内部の様子を逐一、報告していたようだ。

   11月18日、伊東は近藤、土方の饗応の帰途、油公路木津屋橋通りで、大石鍬次郎ら新選組の闇討ちによって斬殺された。土方の指図で、伊東の屍は七条油公路の四ツ辻へ放置した。必ず高台寺の一派が死体を取りにやって来ると読み、新選組の40余人の者が遠巻きにして取り囲んだ。そこに伊東の横死を聞いて駆けつけたのが、篠原、鈴木、加納、藤堂、服部、毛内、富山の7人である。40余人との斬り合いは激しく、「油公路の惨劇」として知られるところだ。藤堂、服部、毛内は斬り死にした。幸運にもこの惨劇を免れた3名の者たち、篠原泰之進(1829-1911)81歳、鈴木三樹三郎(1837-1919)83歳、加納道之助(1839-1902)62歳は、いずれも天寿を全うしている。

「ヤ」事項索引インデックス

240pxjan_mayen_in_norway_svg

  「ヤンマイエン島」グリーンランドとノルウェーのほぼ中央に位置する火山島。定住者はいないが、気象観測施設がありノルウェー軍が駐在している。「ヨーロッパ最北の地」として知られるノールカップとほぼ同緯度にある。島の面積は373k㎡。1614年に発見したオランダの船長ヤン・ヤコブスゾーン・マイにちなんで名づけられた。▽横浜の貿易商・山城屋和助(1836-1872)は兵部省の御用商人となり、山県有朋との関係もあって、パリで豪奢な生活をしていたが、金銭問題が発覚し割腹自殺した。▽「ヤーダバ朝」12世紀から14世紀初頭にかけてデーバギリを都に南インドを支配した王朝。 ▽「ヤゲロー朝」リトアニア人は14世紀末ポーランドと合体して、リトアニア・ポーランド王国(ヤゲロー朝)をつくり、15世紀にかけて強勢を誇った。▽「八板金兵衛」戦国時代の鉄砲鍛冶。▽「ヤジュル・ヴェーダ」バラモン教の聖典の1つ。ヤジュス(祭詞)を集録したもの。▽「ヤラベアム」古代イスラエルの北王国の初代の王。紀元前10世紀頃。▽「ヤロスラフスキー駅」モスクワにあるシベリア鉄道の起終点駅。(ややや)

 


ヤーウェ
ヤーリッシュ・ヘルクスハイマ―反応
矢石館遺跡
八板金兵衛
焼津(静岡)
ヤーウェ
ヤウンデ
八重垣姫
八重洲
野猿
八百屋お七
八海事件
ヤギェウォ(ヤゲロ)朝
ヤギェウォ大学(ポーランド・クラクフ)
八木書店
八木節
焼畑農耕
野球
柳生碑文
薬師寺
屋久島
約数
ヤクーツク
ヤクート自治共和国
ヤクブ・カドリ・カラオスマンオウル
ヤクブ・べク
夜警国家
ヤコブセン
ヤコブソン器官
八色の姓
屋島
ヤジュル・ヴェーダ
屋代弘賢
靖国神社
ヤズデギルド1世(ササン朝ペルシア)
ヤースナヤ・ポリャーナ
ヤスパース
休屋(やすみや)
耶蘇会
八咫烏
ヤーダバ朝
矢田部ギルフォード性格検査
八佾(やつら)の舞
谷中村
夜尿症
ヤハウェ
八幡製鉄所
流鏑馬
山県・ロハノフ協定
山口
山崎の合戦
山城屋事件
邪馬台国
山田長政
大和絵
大和政権
山梨軍縮
闇市
弥生文化
ヤラベアム
耶律阿保機
ヤルタ会談
ヤルゼルスキ
野郎歌舞伎
ヤロスラフスキー駅
ヤング案
ヤルタ会談
両班
ヤンマイエン島(ノルウェー)

 

 

2018年11月17日 (土)

韓国映画史 「義理的仇討」から「神と共に」まで

  韓国の映画の日は、10月27日。これは韓国映画史上、最初の映画である金陶山監督の作品「義理的仇討」という映画が1919年にソウル鐘路にある映画館・団成社で上映された日を記念して制定された。ほかに代表的な「ハングン・ヨンファ(韓国映画)」を記す。

 

「青春の十字路」 1934年 アン・ジョンファ監督

 

「半島の春」 1941年 イ・ビヨンイル監督

 

「下女」 1960年 キム・ギヨン監督

 

「ロマンスパパ」 1960年 シン・サンオク監督

 

「春香伝」 1961年 ホン・ソンギ監督

 

「誤発弾」 1961年 ユ・ヒョンモク監督

 

「霧」 1967年 キム・スヨン監督

 

「糞礼記」 1971年 ユ・ヒヨンモク監督

 

「星たちの故郷」 1974年 イ・ジャンホ監督

 

「馬鹿たちの行進」 1975年 ハ・ギルチョン監督

 

「森浦への道」 1975年 イ・マニ監督

 

「旅譜」 1978年

 

「風吹く良き日」 1980年

 

「馬鹿宣言」 1983年

 

「赤道の花」 1983年

 

「鯨捕り」 1984年

 

「ディープブルーナイト」 1984年

 

「桑の葉」1985年 イ・ドゥヨン監督

 

「キルソドム」 1985年

 

「黄真伊(ファン・ジニ)」 1986年

 

「シバジ」 1986年

 

「アダダ」 1987年

 

「風の丘を越えて 西便制」1993年 イム・グォンテク監督

 

「太白山脈」 1994年 イム・グォンテク監督

 

「八月のクリスマス」  1998年 ホ・ジノ監督

 

「シュリ」 1999年 カン・ジェギュ監督

 

「我が心のオルガン」 1999年 イ・ヨンジェ監督

 

「猟奇的な彼女」 2001年 クァク・ジェヨン監督

 

「永遠の片思い」 2002年 イ・ハン監督

 

「ラブストーリー」 2003年 クァク・ジェヨン監督

 

「シルミド」 2003年 カン・ウソク監督

 

「私の頭の中の消しゴム」 2004年 イ・ジュハン監督

 

「僕の、世界の中心は、君だ」 2005年 チョン・ユンス監督

 

「トンマッコルへようこそ」 2005年 パク・クァンヒョン監督

 

「四月の雪」 2005年 ホ・ジノ監督

 

「グエムル 漢江の怪物」 2006年 ポン・ジュノ監督 

 

「高地戦」 2011年 チャン・フン監督

 

「建築学概論」 2012年 イ・ヨンジュ監督

 

「王になった男」 2012年 チュ・チャンミン監督

 

「ザ・タワー超高層ビル大火災」 2012年 キム・ジフン監督

 

「FLU運命の36時間」 2013年 キム・ソンス監督 チャン・ヒョク スエ

 

「アトリエの春、昼下りの裸婦」 2014年 チョ・グニョン監督

 

「インサイダーズ」 2015年 ウ・ミンホ監督 イ・ビョンホン

 

「王の運命」 2015年 イ・ジュンイク監督 ソン・ガンホ

 

「隻眼の虎」 2015年 パク・フンジョン監督 チェ・ミンシク

 

「愛を歌う花」 2016年 パク・フンシク監督 ハン・ヒョズ

 

「男と女」 2016年 イ・ユンギ監督 コン・ユ、チョン・ドヨン

 

「不汗党 悪い奴らの世界」 2017年 ピョン・ヒョンソン監督 ソル・ギョング

 

「軍艦島」 2017年 リュ・スンワン監督

 

「共犯者たち」 2017年 チェ・スンホ監督

 

「ときめき♡プリンセス婚活記」 2018年 ホン・チャンピョ監督 シム・ウンギョン

 

「ゴールデンスランバー」 2018年 ノ・ドンソク監督 カン・ドンウォン、ハン・ヒョズ

 

「リトル・フォレスト春夏秋冬」 2018年 イム・スルレ監督 キム・テリ

 

「神と共に、罪と罰」 2018年 キム・ヨンファ監督

 

「パラサイト」 2019年 ポン・ジュノ監督 ソン・ガンホ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界すべての図書の数

Photo あたり前の話だが、ひとりの人間が世界中の本のすべてを読むことはできない。よい本にかぎっても無理だ。もし世の中に存在するすべての本を集めることができたとしても、膨大な本の数に圧倒されてパニックに陥るであろう。世界中に図書の数はいくらあるのだろうか?世界最古の文学といわれる紀元前2000年頃の「ギルガメシュ叙事詩」からトマ・ピケティの「21世紀の資本論」まで、いわゆる図書の総タイトル数である。Googleが世界中の本の数を調査したところ、150以上の機関からメタデータを集め、その10億件のレコードから、重複レコードや非図書・雑誌のレコードを除いていくと、2010年の時点で1億2986万4880となった。しかしこの数字にどこまで信憑性があるのか分からない。本は紙の発明以前から、甲骨、木や竹、絹布や羊皮紙などに書かれていた。孔子が編纂した古典は現在まで生き続けているものの、すでに遺失した図書も多い。書物の伝播と散逸を正確に把握している数値なのであろうか。ケネス・ラトゥーレットは、17・18世紀の中国の書物の数は、世界の他の国々の書物の総数よりも多いといっている。西洋の印刷術の発明により、とりわけドイツでの書物生産量が増えた。我が国の総数は国書総目録や国立国会図書館の蔵書数から重複分を差し引けば概数はでてくるが、私家本など国立国会図書館に所蔵していない本もかなりあり、すべての図書タイトル数を知るのは難しい作業である。

  試みに世界の主な国立図書館の蔵書数を調べる。

アメリカ議会図書館 3100万
中国国家図書館    2778万
ドイツ国立図書館   2690万
ロシア国立図書館  1780万
大英図書館      1331万
フランス国立図書館 1300万
国立国会図書館    989万

  6館の合計が1億3968万冊。ほかにアジア・アフリカ諸国の図書を加えると、実際はGoogleの調査を大きく上回るものと考えられる。

  中国国家図書館の前身は1909年創立の京師図書館である。その後、数次にわたる名称、所在地の変遷を経て、1987年に現在の新館館舎が完成し、1998年、館名を長く親しまれた北京図書館から中国国家図書館に改め、現在に至っている

Deutsche_nationalbibliothek___leipz
 ドイツ国立図書館

世界の図書館の単語を調べると、ライブラリーよりもビブリオテークのほうが多い。これはラテン語ビブリオテーカ bibliothecaに由来するものである。

英語 library   ライブラリー

ドイツ語 Bibliothek ビブリオテーク

フランス語 bibliotheque  ビブリオテーク

イタリア語 biblioteca  ビブリオテーカ

ポルトガル・スペイン語 biblioteca  ビブリオテーカ

スウェーデン語・デンマーク語 bibliotek  ビブリオテーク

チェコ語 knihovna  クニホヴナ

フィンランド語 Kirjasto  キリヤスト

ギリシャ語 ヴィヴリオテイキ

ロシア語 ビブリオチェーカ

韓国語  トソグァン

暗殺の歴史

Photo_3

 カエサル、アンリ4世、リンカーン、J・F・ケネディ。暗殺から見る世界史の裏側。マーチン・ルーサ・キング(1929-1968)は1968年のこの日、テネシー州メンフィスで遊説していた。ロレアンヌのバルコニーでその夜の集会での演奏曲目を打ち合わせしていたとき、ジェームズ・アル・レイ(1928-1998)という白人によって暗殺された。レイは国外に逃亡し、数ヶ月後ロンドンのヒースロー空港で逮捕され、懲役99年の判決を受ける。彼は服役中の1998年に病死した。リンカーンはジョン・ウィルクス・ブース、ケネディはオズワルド、そして伊藤博文を暗殺した安重根。(Martin Luther King,James Earl Ray)

スエズ運河開通

Img_0017

   「イギリスを打ち負かすには、エジプトを占領しなければならない」とナポレオンは言ったが、甥のナポレオン3世は平和的にエジプトに接近、エジプト副王のサイード・パシャと結び、フェルディナン・ド・レセップス(1805-1894)の手で地中海と紅海とを結ぶ運河の開設権を獲得した。運河の開通によってロンドン・ボンベイ航路はケープタウン経由よりも約1万キロ短縮される。スエズ運河開設にはイギリスは猛反対したが、1859年4月25日に着工し、1869年11月17日完成した。そのかげには、苦痛にみちたエジプト農民の無償の強制労働があった。しかし、6年後、運河建設の負債と財政を破綻させたエジプトは、持株を売りに出した。これを知ったイギリスのディズレーリは、議会の承認をあとまわしにして、ロスチャイルド家から400万ポンドを借りて、太守の持株40%を取得、1882年にエジプトで起きたウラービー革命の鎮圧をきっかけにイギリスが運河の支配権を得た。以来、70年間、スエズはイギリスのアジア進出の戦略的拠点となった。しかしイギリスの支配体制も1956年のナセル大統領のスエズ運河会社国有化宣言で崩れ去った。

スエズ運河略年表
1517年 オスマン・トルコのセリム1世、エジプトを征服
1798年 ナポレオンのエジプト遠征
1811年 モハメッド・アリ、マムルークを取って、絶対権を握る
1831年 欧州列強の干渉を受く
1840年 四国の干渉を斥けて、君府を守る
186-1914  イスマイル・パシャの治世
1869年 スエズ運河開通
1875年 イスマーイール・パシャ、財政悪化に伴いスエズ運河会社の持株を英国に売却
1881年 エジプト、英国の保護領となる
1914年 英国、エジプトを軍事占領、保護国とする
1954年 ナセル、英軍のスエズ撤兵に調印

ザギトワは沢尻エリカに似ている

PhotoPhoto_2  世の中、よく似た人はいるものである。いまから50年ほど前、長い黒髪にハイビスカスの花を1輪飾った日野てる子はハワイアン歌手として人気があった。「ちゅらさん」の国仲涼子に似たカワイイ顔立ちながら、落ち着いた佇まいで低くハスキーな声でムーディーに歌う。我が脳裏にうかぶ想い出に残る歌手としては屈指の歌手である。こうして写真を並べてみても区別がつかないほど似ている。

60872_1373_06b8bcfe69509683168b9d_320140522_akb48_16_2   まゆゆ(渡辺麻友)は若い頃のキャンデーズのスーちゃん(田中好子)に似ている。

人気アナウンサー中野美奈子とモデル・女優の加藤ローサ。人懐っこい笑顔がとても似ている。

2898392206_c8330bfdbb A000118500

   日本ハムの外野手、谷口雄也。打っても守ってもすごいが、顔が剛力彩芽に似ていて「かわいいすぎる」と評判である。

E8b0b7e58fa3e981b8e6898b2 Gnj1101051217013p6

家入レオは田中麗奈に似た猫顔。

M43zk C477a1ec_2

スケートの鈴木明子は漫才の今くるよに似ている

Pn2010022101000497___ci0003 20130125_otsukaai_17

最後はやっぱり、宮崎あおいと二階堂ふみ。

Cmp2 Cmp

2018年11月16日 (金)

縮み志向の日本人

   李御寧(イ・オリョン)の日本人論の名著「縮み志向の日本人」(1982年、学生社)。著者は、盆栽・俳句・扇子などの伝統文化から、トランジスタなどの近代文化まで、「和魂」が創出したものは、小さいものに美を認め、あらゆるものを「縮める」とこに日本文化の特質がある、と説く。

コンビーフの缶詰を開けるときに使う鍵のようなモノの名前は?

Photo_4   普段なにげなく使っているのに名称を知らないモノがある。知らなくても日常生活になんら支障はないけれど、でも知りたい。コンビーフと言えば、附属の鍵を使ってクリクリと缶を一周してパカッと開封する。巻取鍵という。1950年に日本で初めて巻取鍵を使い缶を開ける方法が取り入れられた。缶が台形なのは手作業でも空気が入らないように肉を詰めるための工夫である。機械作業になった現在でも台形のほうの缶のほうが人気があり、そのまま受け継がれている。(「3秒に1回驚く雑学の本」三笠書房)

エッチの語源

1

   広辞苑は流行語は採録しないという。ただし流行にとどまらず、言語生活に定着した言葉は現代語として収録する。「いけ面」「食育」「うざい」は6版より新収録された。「性的にいやらしい言動をする人やそのようす」を「エッチ」という流行語が、昭和27年頃から広く使われた言葉で、戦後流行語の長寿記録といわれる。語源は一般には変態(hentai)の頭文字といわれるが、一説には「鶏姦(けいかん)」という男性同性愛を指す隠語であったともいわれる。メンドリのことを英語で「HEN」ということから、文頭をとって「エッチ」という隠語が生まれた。当初はスケベーの否定的な意味であったが、1990年頃からは、軽く肉体関係の意味で使われることが多い。トレンディードラマでヒロイン赤名リカが「カンチ、Hしょう!」という感じで使う。勿論いまでは広辞苑に採録されている言葉だ。つまり日本人はエッチが大好きな民族なのだ。

   米ドラマ「ヒッチコック劇場」を見ていると様々な精神病理をテーマとしたドラマが多い。分裂症、二重人格、閉所恐怖症、高所恐怖症、ヒステリー症、健忘症、アルコール依存症、変態性欲などなど。変態という語は大正初期に生れたもので、精神医学における術語であったが、一般社会でもすぐに広まった。主に変態性欲という意味で使われる。自体愛(ナルシズム)、持物愛(フェティシズム)、服装倒錯(コスプレ)、小児性愛(ペドフィリア)、少女愛(ロリコン)、少年愛(ショタコン)、老人性愛(ジェロントフィリア)、近親性愛(マザコン、ファザコン)、獣姦、屍姦、強姦、サディズム、マゾヒズム、カニバリズム、糞尿愛好症、虐待行為、露出症、窃視症、強姦強迫観念、ズーサディズム、テレフォン・スカトロジアなど。大正6年から昭和初期まで刊行された雑誌「変態心理」は神経疾患や異常心理現象に関して幅広い専門家から寄せられた論文が掲載され、精神医学の先駆となすものである。主宰者の中村古峡(1881-1952)は奈良県出身で明治40年、東京医専で精神医学を専攻し、昭和4年には中村古峡記念病院を開院。中原中也の診療したことでも知られる。中村古峡は夏目漱石の弟子で、小説も書き、代表作に「殻」(大正2年)がある。(参考:「3秒に1回驚く雑学の本」三笠書房)

桐生鹵簿誤導事件

Img29130f38zikezj   鹵簿(ろぼ)とは行幸の行列のこと。1934年11月16日、群馬県桐生市で昭和天皇の警備の先導車が道順を間違え、責任を感じた本多重平警部(当時42歳)が翌日自殺を図った。幸い、素手で刃物を持っていたため、突く力が弱く、一命を取り止めた。本多にはその後も後遺症が残った。1969年、68歳で没した。この事件は、天皇がどれほど現人神であったかをまざまざと示している。戦前、すべての小学校には御真影と教育勅語が奉納してある奉安殿が設けられ、火事で御真影を焼失したため責任を取って自殺した校長がいたという。しかし天皇を神のように崇めてみても、日本国民は現世の救いを与えられることはないが、いま再び戦前のような天皇の神格化が進んでいる。松本清張の短編「尊厳」はこの事件を題材にしている。

2018年11月15日 (木)

韓国人とワカメスープ

53dbef2b9f7cc684befaec95a0fcd1cf   日本と韓国は世界の中でもワカメをよく食べる国だが、量でいえば日本は韓国にかなわない。誕生日には産んでくれた母への感謝の気持ちや子供を産んだ時の気持ちを思い出すため、ワカメ汁(ミヨックク)を食べる習慣がある。韓国語で「ミヨッ」はワカメ、「クク」はスープの意味。ドラマ「冬のソナタ」ではサンヒョクのお母さんの誕生日のシーンにでてくる。「天国の階段」ではテファ(シン・ヒョンジュン)が「誕生日にわかめスープを作ってくれたのはお前が初めてだった」と泣きながら叫ぶシーンが印象的である。そのほか「秘密」(第4回)、「美しき日々」「春のワルツ」、それから「屋根部屋の猫」は毎回庶民的な料理がでてくるが第2話のタイトルがズバリそのもの「ワカメスープ」。就職浪人のダメ男ジョンウン(キム・レウォン)と猫のようにキュートなギョンミン(チョン・ダビン)の同棲コメディ。

世界の言葉で「日本」はなんて呼ばれているのか?

 冬季ソチオリンピック開会式の入場行進の順番。ロシア語で表記した場合の頭文字のアルファベット順で行う。ロシア語で日本は「ヤポーニャ(イポーニャ)」で、「ヤ」を表すキリル文字「Я」はアルファベットの最後の文字。日本の入場行進は、最後に行進する開催国ロシアの1つ前だった。

Mappagiapponetokyo1300x225    世界の言葉で「日本」はなんて呼ばれるのか?なぜかイタリア語だけは「G」で始まる。

ジャパン(英語) Japan
リーペン(中国語)
イルボン(韓国語)
ジャポン Japan(フランス語)
ジャポン Japao(ポルトガル語)
ハポン Japon(スペイン語)
ジャッポネ Giappone(イタリア語)
ヤポーニャ (ロシア語)
ヤーパン Japan(ノルウェー語)
ヤパンスカ Japanska(スウェーデン語)
ヤーパン Japan(ドイツ語) 
ジャポンヤ (トルコ語)
ノープン(タイ語)
ニャパン(ベトナム語)

  「ジャパン」の語源は何か?1266年マルコ・ポーロはモンゴル帝国のフビライを訪れ、歓待を受けた。帰国後、ジェノヴァでの獄中生活で、口述筆記されたのが有名な「東方見聞録」。この本の中で、日本のことを「Zipang(ジパング)」と呼び、黄金の国と紹介している。はたして、ジパングが現在のジャパンの語源となるのか不明である。ジャパンの語源には諸説あるが、近年、中国語のJihon(ジフン、ジポン)が16世紀に来航したポルトガル人によってヨーロッパ諸語に取り入れられたのではないかと考えられている。

雑学教室#38

Trivia_2  ミミズは、バックできない。▽ザ・ドゥービー・ブラザーズ。訳すと「大麻兄弟」▽物理学者アインシュタインはスイス国籍で兵役義務を課せられたが、偏平足のためこれを免除された(偏平足は行軍に支障があると考えられた)▽巨人の実松一成は阿部の控え捕手だが、高校通算39本塁打で高校屈指の捕手と呼ばれた強打者だった。▽中国で翡翠(ひすい)という文字は、本来カワセミなど青緑色の美しい小鳥か、その長い羽根をさした呼称であったらしいが、後に翠緑色の美しい石をさすようになり、清代以後には主としてビルマ産の硬玉がこの名でよばれ珍重された。▽雪駄は千利休が、雪の日に歩くとき、水気がしみ通らないように牛皮をつけたことに始まる。

Arabic1 ▽数字を表す1,2,3,4…アラビア数字と呼ばれている。しかし、これはアラビア人の発明ではなく、古代インドの学者によってつくられたものである。▽竪瓦(四角い平瓦)を壁に釘留したものの目地に生子漆喰にすること、またはそのように仕上げた壁を生子壁(なまこかべ)という。武家の長屋や長屋門、土蔵の腰壁などに用いられる。▽ショーヴェ洞窟は1994年にフランス南部アルデシュ県で発見された約3万2000年前の洞窟壁画。ネアンデルタール人の作とみられ、300点をこえる。3D映画「忘れられた夢の記憶」(2010)が話題を呼んでいる。▽回文「にわとり と わに」▽泡盛は主にタイ産インディカ米を原料としてつくられる

M_re050530025▽FIFAによると、サッカーの起源は古代中国の「蹴鞠(しゅうきく)」であるといわれる▽ニッチとは本来西洋建築で、壁をえぐったくぼみ部分をさすが、大企業などが進出しない市場や、これまで注目されていなかった分野に着目、進出し、新しい販路を開発する産業のことをニッチ産業とよぶ。▽パリ・シテ島にある13世紀ゴシック様式のサント・シャペルはステンドグラスで有名であるが、実はキリストの荊冠と磔刑の十字架の一片が納められた聖遺物がある。ルイ9世(1214-1270)はこれらをラテン帝国皇帝ボルドワン2世から大金を払って購入している。まだ誰も実物をみたことはない。▽城みちる「イルカに乗った少年」(1973)は作曲・林あきらは市川昭介の変名だった。▽「ナボナはお菓子のホームラン王です」王貞治のコマーシャルが有名。亀屋万年堂の会長は国松彰。▽セルゲイ・エイゼンシュテインは20歳のとき日本語を学んだことが映画監督としてのキャリアに影響を与えたといっている。「身」と「美」で「躾」になるとか、「口」と「鳥」で「鳴」になる等、全く別の意味になることがのちのモンタージュ理論のヒントになった。▽グーテンベルクが発明した印刷機はブドウ搾り機からヒントを得ている。▽俳優キアヌ・リーブスはレバノン出身のカナダ人。キアヌ(Keanu)はハワイ語で「山からの風」という意味。

Photo_13 ▽piano legとは「大根足」のこと。▽綿棒と爪楊枝は製法が似ていることから、爪楊枝の産地であった高山市で1965年に国産化がなされた。▽関根勤の旧芸名「ラビット関根」の名付け親は桂三枝(現・6代目桂文枝)。▽小型犬のマルチーズの名は地中海のマルタに由来する。▽柳河春三は、日本初の雑誌「西洋雑誌」を1867年、日本人の手による民間初の新聞「中外新聞」を1868年に創刊した。▽赤トンボとは通常はトンボ科アカネ属に属するトンボを総称して呼ぶが、狭義には秋に平地に群れをなして出現するアキアカネのみを指す。▽香川県鬼無地方は松盆栽のシェア8割を占める。▽日本にミロのヴィーナスを初めて紹介したのは澤木四方吉である。▽パオロ・ウッチェロ(1393-1475)は本名パオロ・ディ・ドーノといい、動物、とりわけ鳥を好んで描いたためウッチェロ(鳥の意)と渾名された。▽1610年、奄美大島の直川智(すなおかわち)は黒砂糖の製法に成功した。▽英語で風呂(バス)はイギリス南西部の町バースに由来する。

▽詩人アポリネールは名画モナリザの盗難容疑で逮捕されている。▽東京都文京区にある夏目漱石旧居跡(猫の家)は漱石が入居する以前、森鷗外も居住していたことがある。▽昆虫庁学者アンリ・ファーブルの名前は生国フランスはじめドイツ、英米ではあまり知られていない。むしろ日本・韓国・中国では「昆虫記」が子供向けで出版されよく知られている。▽野坂昭如は「おもちゃのチャチャチャ」の作詞で第5回日本レコード大賞童謡賞(1963年,補作・吉岡治)を受賞している。▽ジグソーパズルは1760年頃、ロンドンの地図職人ジョン・スピルズベリ(1739-1769)が、国の形の地図のジグソーパズルを作ったのが最初といわれる。▽「思い出のカルチェラタン」の立木久美子は麻丘めぐみの実姉。「虹色のカメレオン」の立木久美子はその娘。▽書道や絵の筆にはコリンスキーと呼ばれるイタチの一種の雄の尾毛が高級原毛として使われる。▽サムターン回し。扉にドリルで穴を開け、特殊工具でサムターンを回して開錠すること。▽フランス文学ロマン主義の先駆で知られるスタール夫人は、フランス革命期の財務長官ネッケルの娘である。▽香西かおり「無言坂」の作曲者は玉置浩二。▽日本初の商業銀行は1873年、渋沢栄一が東京兜町に開業した第一国立銀行(現在のみずほ銀行)。▽1929年、イギリス人のアレクサンダー・フレミングは青カビからペニシリンを発見した。▽ミュージシャン「ゆず」のグループ名は、バイト先の食事会で2人が食べた柚子シャーベットに因む。▽高峰秀子の「銀座カンカン娘」。「カンカン」はパンパンをイメージした、山本嘉次郎の造語である。戦後の暗い世相を憂い「カンカンに怒っている」という意味が込められている。ところで高峰がカンカン娘ってどういう意味なんです?と作曲の服部と作詞の佐伯に尋ねたが、2人とも知らなかった。

▽バルタン星人は、当時の人気歌手シルビイ・バルタンとする説があるが、真説はヨーロッパの火薬庫といわれたバルカン半島に由来するものである。▽菅原都々子の父は浅草オペラ歌手の河合丸目郎(別名・陸奥明)。「月がとっても青いから」は父が作曲した。▽香川照之(市川中車)と市川猿之介(市川亀治郎)はいとこ同志。市川段四郎と高杉早苗の孫。▽ヨハンナ・スピリの「ハイジ」の原題は「ハイジの修行時代と遍歴時代」という。これはドイツの文豪ゲーテの影響を強く受けているからだと考えられている。▽相撲の決まり手は、48手といわれているが、2001年に「後ろもたれ」が追加され、現在全部で82手ある。▽「女心と秋の空」は元々は「男心と秋の空」だった。▽俳優ハリソン・フォードは売れなくて俳優を断念して大工をしていた。▽明治41年に「フランダースの犬」が日本で初めて翻訳されたとき、主人公ネロの名前は「清(きよし)」、犬のパトラッシュは「プチ(斑)」と訳された。(Chauvet Cave,niche,Sainte chapelle,Eisenstein,Johannes Gutenberg,Keanu Reeves,Malta,Uccello,John Spilsbury,thambturn picking,無用の雑学知識集、雑学ブログ)

卓別林(チャップリン)

Chap7548   中国漢字圏ではカタカナのような元の発音に似た音で表記する記号がないので、外国人名もすべて何が何でも漢字で音訳される。

外国俳優の漢字表記の一例

阿蘭徳隆  アラン・ドロン

奥黛麗赫本 オードリー・ヘプバーン

伊麗莎自泰勤 エリザベス・テーラー

克林特伊斯特伍徳 クリント・イーストウッド

格雷絲凱莉  グレース・ケリー

成龍       ジャッキー・チェン

約翰尼徳普  ジョニー・デップ

約翰韋恩    ジョン・ウェイン

史嘉蕾喬韓森 スカーレット・ヨハンソン

査尓斯卓別林  チャールズ・チャップリン

湯姆克魯斯   トム・クルーズ

冰哥羅士比   ビング・クロスビー

李小龍      ブルース・リー

裴勇俊      ペ・ヨンジュン

瑪麗蓮梦露    マリリン・モンロー

譲迦本      ジャン・ギャバン

0019b90e14dc151d94e322

154942_11_f

韓国人には、漢字の名前があるので芸名にも漢字表記がされている。例えば、裴勇俊(ぺ・ヨンジュン)、李炳憲(イ・ビョンホン)、蘇志燮(ソ・ジソブ)。

Bcalendar2006

インカ帝国滅亡

Pizarromap   1533年のこの日、フランシスコ・ピサロ(1478-1541)がインカ帝国の首都クスコに無血入城した。

  スペインの軍人ピサロはインカの黄金に関する噂を聞いて南米大陸の西海岸を探検し、スペイン宮廷の援助を受けて180人の兵士とともにパナマを出発(1531年)、アンデス山脈を越えてペルーのインカ帝国にいたり、1531年11月、インカ皇帝の率いる2万の敵軍を破ってクスコに入り、皇帝アタワルバを処刑して(1533年7月26日)、11月15日クスコに入城し、インカ帝国を滅ぼした。

2018年11月14日 (水)

印象派の巨匠モネ

Monet_the_seine_at_argenteuil_18721
アルジャントュイユのセーヌ川  1872年

  クロード・オスカール・モネ(1840-1926)は、印象派画家のうちで最もひたむきで、純粋な実践者であった。モネは1840年11月14日、食料品商で元船乗りのアドルフ・モネの長男としてパリに生まれた。1845年、一家はノルマンディーの港町、ル・アーブルに移り、父親は食料品店と船具商の経営を継ぎ、家計は潤っていた。セーヌ河口のこの港町で、クロードは、幸せな子ども時代、そして青年期を過ごした。

   アマチュア画家であった叔母のソフィー・ルカードルがクロード少年の絵画の才能を喚起したようだ。ル・アーブル市の学校へ通うようになったモネは、よく教科書やノートに戯画を落書きしていた。15歳になるころには、彼の絵は町の評判になり、売れるまでになった。

   モネの絵は地元の額縁屋に展示され、これが彼の人生を決定するきっかけとなった。同じように、オンフール出身の風景画家、ウジェーヌ・ブータンもこの店に絵を展示しており、ここで二人は知り合った。ブータンは年若いモネに風景画を描くことを勧め、ともに制作に励んだ。当時、風景画は室内で制作されるのが一般的だったが、海や浜辺の風景画を得意としていたブータンは、「じかにその場で描かれたものこそ、アトリエで描かれたものにはない力強さと躍動感がある」と主張して、外光のもとで描くのを好んだ。

   最初、モネはブータンの作品を「気に染まない」と感じていたが、やがて彼の考え方を理解し、共鳴するようになった。そして1858年の夏、17歳にしてモネは、「突然、目の前のベールが引きはがされ、絵画がどうあるべきかを悟った。独自の姿勢を貫いて自分自身の芸術に専念しているこの画家のただ1枚の絵によって、画家としての私の運命が開かれた」と述懐している。

   1859年、モネはブータンや叔母の推薦状を手にパリに出た。アトリエ・シュイスでは、のちに印象派の中心人物となるカミーユ・ピサロと知り合いになり、また、ギュスターヴ・クールベ、エドゥワール・マネら前衛芸術家のたまり場だった。モンマルトルのブラッスリー・デ・マルティルでしばしば芸術談義にふけったりした。(参考:『モネ 週刊グレート・アーティスト3』同朋舎,Claude Monet)

2018年11月13日 (火)

残虐刑の歴史

Img1e3111ecx344yo   1873年のこの日、明治政府は火あぶり、磔刑などの残虐刑を廃止した。これら残虐刑は古代からあったがとくに戦国武将たちが実施していた。武田信玄の残虐性は父の信虎譲りのものであろう。斎藤道三や蒲生秀行の「牛裂き」の刑も知られている。戦国武将の中でも、最も大量に残虐刑を行ったのは、やはり織田信長でろう。比叡山焼打ち、荒木村重一族の処刑などをみると、始皇帝、ネロ、ジンギスカン、ヒトラーに劣らぬ残酷さである。豊臣秀吉の行ったキリシタン弾圧も有名である。耳をそぎ、首に縄をつけ、全員を数珠つなぎにして京都より博多まで、1ヵ月も見せしめにして、長崎で磔刑にした。戦国乱世の弱肉強食の世が人を狂わし、権力者を全て異常にさせたものであろう。しかし、この残酷刑は江戸時代も踏襲された。主殺し、親殺し、関所破り、キリシタン等の重大犯に科せられる処刑は磔刑であった。受刑者を十字架にかけ手足を縛りつけ、首と腰の所も縛り、全く動けないようにしてから、着物の左右の脇の辺りをさいて肌を出すのである。その左右のわき腹の辺りから肩に突き出す様に処刑用の長い槍を「ありゃ、ありゃ」とかけ声を掛けながら、まず「見せ槍」を行い、その後一気に左右より処刑人が交互に数十回突き刺すのである。初めは血や臓物が飛び出してくるが、そのうちに大きな穴が開いて何も出なくなる。それでも突き刺し続け、最後には咽喉を右から貫いて、止めを刺したという。丸橋忠弥、平井権八、国定忠治、佐倉惣五郎夫妻らが磔刑となった。(11月13日)

2018年11月12日 (月)

「ぬ」 ファースト・ネームから引く人名一覧

150pxqingnurhaci     「ぬ」で始まる人名は洋の東西を問わずひじょうに少ない。清朝の初代皇帝ヌルハチ。奴児哈赤。八旗の制度、旗人・旗地の設置、満洲文字の制定など清朝発展の基礎をなした。▽ローマの伝説の七人の王、ヌマ・ポンピリウス。

ヌーノ・バッテンコート
ヌマ・ポンピリウス
ヌーリー・マーリキー
ヌール・ウッディーン
ヌルスタン・ナザルバエフ
ヌルハチ

思い違い、勘違い大全集

Photo_3 誰にでも人の名前や地名・言葉を、間違って覚えてしまうことがある。思い違いで、何十年もずっと思い込んでいることがあるから可笑しい。長嶋茂雄引退の名スピーチ「巨人軍は永久に不滅です」。多くの人は「永遠に」とすり替えて記憶している。寺山修司が勘違いして書いたため、「永遠に」のほうが広まってしまった。▽息子の一茂はずっとHAWAIIを「ハウツー」、北海道を「きたかいどう」と読んでいた。▽「ランゲルハンス島」とは島の名ではなく、膵臓に散在する細胞の1つ。村上春樹のエッセーに「ランゲルハンス島の午後」という一編がある。生物の教科書に出てくるこの名に魅かれ、空想上の理想郷のような感じがしてくる。▽東京の青海(江東区)と青梅(多摩地区)。▽「蚤の市」ノミのことを英語でfleaという。発音は「フリー」だが、freeと勘違いしている人がいる。▽大島紬の産地は奄美大島(鹿児島県)。あんこ椿の伊豆大島と間違える。▽京都の東寺に伝えられた古文書、東寺百合文書(とうじひゃくごうもんじょ)。「ゆりぶんしょ」と読み間違い。▽「康範詩集」川内康範の詩集ではない。宋の汪晫の詩集。▽「さよなら」などのヒット曲で知られるオフコース。バンド名は草野球チームに由来するらしい。ところが「off course」と「f」が2つあるので、「もちろん」の意味ではなく「道を外れる」ということ。小田和正が建築から音楽の道に進んだことを含んでいるらしい。▽「マスクメロン」マスクとは「仮面」の意味ではなく、麝香のようないい香りがするという意味。▽×武蔵の森総合スポーツプラザ○武蔵野の森総合スポーツプラザ

   漢字の誤読もよくある。御用達を「ゴヨウタツ」、順風満帆を「ジュンプウマンポ」、キキイッパツを「危機一発」と、大人になっても思い込んでいる人がいる。正しくは「ゴヨウタシ」、「ジュンプウマンパン」、「危機一髪」。▽乳幼児の病気「川崎病」をずっと神奈川県川崎市の公害病の一種と思い込んでいたが、実は発見者の川崎富作にちなんだ病名である。▽「おばけのQ太郎」における名脇役ラーメン大好き「小池さん」のモデルはアップダウンクイズの司会者小池清だと思い込んでいた。正しくはアニメイターの鈴木伸一である。

P2012042903465_koikens300 Suzuki_shinichi
    小池清            鈴木伸一

Photo_3  中居正広は元AKBの河西智美を「かわにし」と呼んでいた。正しくは「かさいともみ」。▽桜田五輪相が「れんぽう」発言を謝罪した。立憲民主党の蓮舫氏は「れんほう」が正しい。人の名前を言い間違えるのは失礼。▽和歌山県の有田みかん。「ありだ」と濁って発音するのが正しい。▽「焼け木杭に火がつく」を「焼けぼっ栗に火がつく」と思っている人がいる。▽青森県五所川原の十三湖(じゅうさんこ)。民謡「十三の砂山」は「とさのすなやま」。中世都市遺跡「十三湊遺跡」は「とさみなといせき」。▽インディラ・ガンディーはマハトマ・ガンディーの娘ではなく、ネルーの娘。▽俳優の筒井道隆を小説家、筒井康隆の息子だと思っている人がいるが、名前が似ているだけで親戚でも何でもない。▽「板垣死すとも自由は死なず」岐阜の板垣遭難事件は有名であるが、このとき板垣は死なず、本当に亡くなったのは事件から37年のちのことである。▽京都市左京区一乗寺にある金福寺。「きんぷくじ」ではなく、「こんぷくじ」が正しい。▽アメリカ合衆国の国歌を「星条旗よ永遠なれ」だと思っている人がいる。スーザの曲は国の公式行進曲。アメリカの国歌はジョン・スタッフォード・スミス作曲の「星条旗」。▽シェリーの詩「西風に寄せる歌」。有名な一節「冬来たりなば春遠からじ」と訳した人を上田敏と思っている人がいる。本当は木村毅(きむらたけし)である。▽向田邦子のエッセイ「眠る盃」。タイトルは「荒城の月」の「めぐる盃かげさして」の一節を「眠る盃」と誤って覚えた少女時代の回想。▽木村拓哉はクイズ番組で「シザーサラダ」と回答。正しくは「シーザー・サラダ」Caesar salad。シザーサラダだと「ハサミ入りサラダ」という意味になる。ロメイン・レタス、クルトン、パルメザンチーズをオリーヴオイル、ニンニク、レモン、アンチョビーのドレッシングで和えたサラダ。古代ローマのシーザーとは無関係。メキシコのティワナにあるシーザーズという名前のレストランで考案されたから。▽ブランデ―のナポレオン。特定銘柄の酒ではなく、熟成年を指す記号。▽「少年老い易く学成り難し」朱熹の作ではなく、日本の室町時代の禅僧・観中中諦の作である。▽小倉智昭アナは「ブリ、カンパチは白身の魚」と発言。身の色から勘違いしやすいが、ブリ、カンパチはともに回遊魚であるアジ科に属し、赤身の魚である。

太陽のラテン音楽

ラテン音楽はあらゆる人々をとりこにしてしまう、なんともいえない不思議な魅力を持っています。なぜ、これほどまでにラテン音楽が愛されているのでしようか。ラテン音楽を一口に説明することはむずかしいことです。なぜなら、中南米はあまりにも広大であり、いくつもの国が、それぞれのお国ぶりの音楽を持っいるからです。ラテン・アメリカが世界史に登場するのは、15世紀末にコロンブスがこの新大陸を発見してからのことです。その頃、メキシコ以南には約1500万人のインディオが住んでいたと推定されています。名高いインカ帝国において、歌と踊りがつくられました。そして征服者であるスペイン人がはなやかなスペインの歌や踊りを新大陸にうえつけ、自分たちの民族楽器であるギターを普及させました。こうしてスペイン人とインディオの音楽がまざり合い、初めてラテン音楽が出来上がりました。こうしたラテン音楽を、さまざまなリズムにのせてはなやかにしたのは、アフリカから奴隷として輸入された黒人たちでした。彼らは鋭いリズム感覚の持ち主で、数多くのリズム楽器を工夫し、多彩なリズムを発展させました。ラテン音楽の中でもっとも早くから世界に知られたのは、19世紀の中頃、キューバで大流行したハバネラです。これはスペイン系の優雅な舞曲で、黒人のリズムではありません。その後、黒人のリズムは、すこしずつラテン音楽の底にしみこんでいき、1930年代になって、ルンバやコンガなどの黒人系舞曲が、社交ダンスにとり入れられるようになりました。第一次大戦後、ラテン音楽がパリを初めヨーロッパで受け入れられるようになりました。「南京豆売り」(1927年)はリタ・モンタネルが歌い、スタン・ケントン楽団、ザビア・クガートやペレス・プラードらがカバーしてラテン音楽のスタンダードになりました。1950年代末にはブラジルのサンバからボサノバが生まれました。

さてラテン音楽を分類すると、メキシコの音楽、キューバを中心としたルンバ、ブラジルのボサノバ、アルゼンチンのタンゴ。アンデス・アルゼンチン・パラグアイ・チリなど諸国の民族音楽をポピュラー化したフォルクローレなどがあります。

代表的なラテン音楽

べサメ・ムーチョ トリオ・ロス・パンチョス

ラ・クンパルシータ ファン・ダリエンソ楽団

マンボNo.5 ペレス・プラード

ブラジルの水彩画  ペドロ・ミランダ

パリのカナロ フランシスコ・カナロ

カプリ海 ザビア・クガート

そよ風と私 スタンリー・ブラック楽団

イパネマの娘 アストラッド・ジルベルト

アマポーラ ジミー・ドーシー楽団

本と読書に関する名言・ことわざ・文献書誌学

346385602_b82b599e99

   印刷術が広くゆきわたるまで、写本図書の利用は一握りの学者に限られていた。刊本の図書がその数を増すにつれて、書物は万人のためにあり、民主主義の精神にとって重要であることがわかってきた。ここでは、古今東西の本と読書に関する格言・箴言・名言・文献を集める。

有益な書物とは、読者に補足を要求せずにはおかれぬような書物のことである。(ボルテール)

三日、書を読まざれば、語言味わいなし。(世説新語)

単に知るのみならず、その知識に従って行動せよ。(フィヒテ)

どの時代にもそれぞれの課題があり、それを解くことによって人類は進歩する。(ハイネ)

人生の至楽は読書にあり。(永井荷風)

書物はひもとかなければ、一片の木片にすぎない。(イギリスのことわざ)

A closed mind is like a closed book,just a block of wood.

閉じられた本は塊でしかない

A book that is shut is but a block.

すべて良き書物を読むことは、過去の最もすぐれた人々と会話をかわすようなものである。(デカルト)

書を読みて栄える者を見たり、書を読みて落ちぶれる者を見ず。(金言童子教)

機知に富みうちとけた言葉は永久に生命を持つ。(ゲーテ)

身体には鍛錬、心には読書。(アディソン)

この世のあらゆる書物もお前に幸福をもたらしはしない。だが書物はひそかにお前自身の中にお前を立ち帰らせる。(ヘッセ)

書物なき部屋は魂なき肉体のごとし。(キケロ)

私の実際的な読書の法則は三つある。
1.一年を経過していない本はどれも読まないこと
2.有名な本のほかは読まないこと
3.好きな本のほかは読まないこと(エマーソン)

私は人生を知ったのは人と接したからではなく、本と接したからである。(アナトール・フランス)

人生は短い。この書物を読めばあの書物は読めないのである。(ラスキン)

人の品格はその読む書物によって判断できる。それはあたかも、人の品格がその交わる友によって判断できるがごときものである。(スマイルズ)

本の世界では物事が説明されるが、実人生では説明なんかありはしない。人生よりも本を好むという人がいるが、驚くにはあたらないと思う。本は人生に意味づけしてくれるものだから。(バーンズ「フローベールの鸚鵡」)

読書百遍、義自(ぎおのずから)見(あら)わる。(魏志)

万巻の書を読み万里の路を行けば自ずと胸中に自然が映し出されるようになる。(董其昌)

読書とは、著者の魂との邂逅である。(亀井勝一郎)

読書は人間としての純粋な時間である。(亀井勝一郎)

インドの全財宝をあげても、読書の楽しみには換え難い。(エドワード・ギボン)

書物は友人と同様、数多くあるべきであり、そしてよく選択すべきである。(フラア)

読書のほんとうの喜びは、なんどもそれを読み返すことにある。(ロレンス)

読書に費やしただけの時間を、考えることに費やせ。(アーノルド・ベネット)

書物は一冊一冊が一つの世界である。(ワーズワース)

用例なき辞書は骸骨である(ヴォルテール)

書物を読むということは、他人が辛苦してなしとげたことを、容易に自分に取り入れて自己改善する最良の方法である。(ソクラテス)

本は知性のさまざまな機能に働きかける(フランシス・ベーコン)

おろかな学者は、おろかな馬鹿者よりも、ずっとおろかである(モリエール)

D83be910acbe43648157569cf93eadd4

   書物に関する文献目録

図書の部
倭板書籍考 幸島宗意撰 1702
官板書籍解題略 杉山精一訳 1847
日本書籍考 林羅山撰 1850
文芸類纂 榊原芳郎 1878
古梓一覧 西村兼文 1882
本朝書籍刊考 黒川真頼 1895
日本訪書誌 楊守敬 1897
国書解題 佐村八郎 1897
日本印書考 中根粛治 1899
明治出版史話 三木佐助 1901
古文旧書考 島田翰 民友社 1905
漢籍解題 桂五十郎 明治書院 1905
近藤正斎全集 近藤守重 1907
日本古刻書史 朝倉亀三 1907
徳川幕府時代書籍考 牧野善兵衛 1912
朝鮮図書解題 朝鮮総督府 1914
江戸物語 和田維四郎 1915
慶長以来書賈集覧 井上和雄編 1916
嵯峨本考 和田維四郎 1916
訪書余禄 和田維四郎 1918
製本術 島屋政一 1918
図書学概論 田中敬 冨山房 1924
解題叢書 経籍訪古志 廣谷雄太郎 廣谷国書刊行会 1925
典籍叢談 新村出 岡書院 1925
敦煌石室の遺書 石浜純太郎 懐徳堂 1925
書庫之起原 植松安 間宮書店 1927
京阪書籍商史 蒔田稲城 1928
書物装釘の歴史と実際 庄司浅水 1929
思想名著解題 春秋社 1929
本邦書誌学概要 植松安 図書館研究会 1929
書物の敵 庄司浅水  1930
書誌学とは何か 寿岳文章 ぐろりあそさえて 1930
装釘の常識 三村清三郎 岡書院 1930
日本訪書志補 王重民 1930
修訂建武年中行事註解 和田英松 明治書院 1930
中国図書館事業的史的研究 馬宗榮 中華学藝社編 商務印書館 1930
製本術 ブレガー著 赤坂・庄司訳 ブックドム 1931
日本蔵書印考 小野則秋 文友堂 1931
書誌学 小見山寿海 芸艸会 1931
宋元版の話 内藤虎次郎 名古屋市立図書館 1931
正徹本徒然草 川瀬一馬 文学社 1931
善本影譜 長沢・川瀬編 日本書誌学会 1931~35
影宋刊本御注孝経 長沢規矩也編 日本書誌学会 1932
好書雑載 高木文 井上書店 1932
西洋書誌学要略 橘井清五郎 図書館事業研究会 1932
粘葉考 田中敬 巌松堂 1932
成簣堂善本書目 川瀬・長沢 民友社 1932
成簣堂善本書影七十種 川瀬・長沢 民友社 1932
舊刊影譜 川瀬・長沢 日本書誌学会 1932
嵯峨本図考 川瀬・長沢 一誠堂  1932
漢籍解題1 漢文学講座2 長沢規矩也 共立社 1933
書誌学論考 長沢規矩也 松雲堂書店 1937
書誌学序説 長沢規矩也 吉川弘文館 1960
漢籍分類目録 集部東洋文庫之部 東洋学文献センター連絡協議会 東洋文庫 1967
書林清話 葉徳輝 世界書局 1968
書林掌故 葉徳輝等撰 中山図書公司 1972
書林清話・書林雑話 楊家駱主編 台湾・世界書局 1974
中国訪書志 阿部隆一 汲古書院 1976
書誌学序説 長沢規矩也 吉川弘文館 1979
図書の歴史と中国 劉国鈞著 松見弘道訳 理想社 1980
江浙蔵書家史略 呉辰伯 中華書局 1982
中国古代蔵書与近代図書館史料 春秋至五四前後 李希泌、張椒華編 中華書局 1982
書籍装幀芸術簡史 邱陵編著 黒龍江人民出版社 1984
目で見る本の歴史 庄司浅水、吉村善太郎 出版ニュース社 1984
造紙の源流 久米康生 雄松堂 1985
中国省市図書館概況 1919-1949 楊宝華・韓徳昌編 書目文献出版社 1985
書物に関する名句・名言・名文 エンカイリーディオン アリグザーンダー・アイアランド編 タングラム 1986
簡明中国古籍辞典 呉楓編 吉林文史出版社 1987
中国古代図書館事業史概要 来新夏 天津古籍出版社 1987
中国図書和図書館史 謝灼華編 武漢大学出版社 1987
中国図書の歴史 庄威著 吉村善太郎訳 臨川書店 1989
西洋図書の歴史 吉村善太郎 臨川書店 1990
中国蔵書史話 焦樹安著 商務印書館 1997
図書及び図書館史 寺田光孝ほか著 樹村房 1999
図説図書館の歴史 スチュアート・A・P・マレー 原書房 2011
写真でみる本の歴史 庄司浅水、吉村善太郎 日本図書センター 2011
中国目録学史 新・中国文化史叢書4 李端良 商務印書館
古今偽書考 姚際恒撰 清

論文の部
写本時代と板本時代とに於ける支那書籍の存亡聚散 市村瓚次郎 史学雑誌第13編1・3号 1902
唐以前の図書 那波利貞 歴史と地理2-2  1918
支那に於ける屋瓦使用の起源に就きて 那波利貞 支那学2-8 1922
支那における図書館事業 岡野一郎 支那研究5 1923
書帙の歴史 那波利貞 歴史と地理19-3・4・5 1927
支那書籍小史 1・2・3 長沢規矩也 書誌学1-4・5・6 1933
清代図書館発展史 譚卓垣著 西村捨也訳 図書館研究14(2)~(4) 1941
中国図書館の沿革及び現況 兪爽迷 書香128  1941
国立北京図書館の概況に就いて 法本義弘 支那文化雑攷 1943
毛沢東戸図書館 平和彦 読書春秋4-11 1953
中国図書館の揺籃時代 松見弘道 図書館界6-5  1954
中国の文教政策 内田幸一 日本及び日本人 1954
転期に立つ中国の図書館活動 図書館雑誌51-3  1957
記録の文化史 小倉親雄 図説世界文化史体系別巻 1961
武英殿輯聚珍版について 金子和正 ビブリア23   1962
年表図書館物語 矢島玄亮 東北地区大学図書館協議会誌13,14,15  1962-63
図書・図書館の歴史(断章) 中村初雄 早稲田大学図書館紀要4  1963
唐本の値段 餘自録 大庭脩 東洋史研究24-4  1966
洛図洛書の一考察 原田正己 早大・東洋文学研究6  1967
支那における図書館の誕生 長沢規矩也 書誌学11  1968
中国図書館学史序説 加納正巳 静岡女子大研究紀要3  1970
中国における著作意識の発達 石田公道 図書館界21-5~23・4 1970~71
香港の図書館 木村宗吉 日本歴史270  1970
古代中国図書史 木村靖 文化史学26  1971
図書館に就いて 内藤湖南 大阪朝日新聞明治33年11月29・30日 (内藤湖南全集3所収)  1971
北周の麒麟殿と北斉の文林館 山崎宏 鈴木由次郎博士古稀記念東洋学論叢所収 1972
清代の官書局の設置について 大西寛 長沢先生古稀記念図書学論集 1973
書禁と禁書 宮崎市定 アジア史研究2所収 1974
中国に於ける図書館事業史(1) 漢代の図書館事業 宮内美智子 青葉女子短期大学紀要1  1976
中国本ものがたり1~8  劉国鈞著 松見弘道訳 東海地区大学図書館協議会誌22  1977~78
中国の図書館事情 各地の図書館を参観して1 中原ますえ びぶろす29-11  1978
中国における図書分類法 井坂清信 参考書誌研究17  1979
図書館起源小記 黎紅 広西大学学報1979年第3期 1979
秘閣図書の源流について 神田喜一郎 「芸林談叢」所収 1981
洛陽の紙価 小池秋羊 東西交渉1 1982
中国に於ける刻書事業 宮内美智子 青葉女子短期大学紀要7 1982
禁書に関する二三の資料 長崎聖堂文書研究1 大庭脩 史泉40 1970
篠崎小竹旧蔵の「欽定四庫全書拾遺目録」について 大庭脩 近世大阪芸文叢談 1973

山のあなた

C0184491_2034946

   ドイツの詩人カール・ブッセの1872年の誕生日。

山のあなたの空遠く

「幸(さいわい)」住むと人のいう。

ああ、われひとと尋めゆきて、

涙さしぐみ、かえりきぬ。

山のあなたになお遠く、

「幸」住むと人のいう。

  むかし図書館のレファレンスで、「山のあなた」以外のカール・ブッセ(1872-1918)の詩が読みたい、という依頼があった。わたしは書庫にもぐって、詩集を片ッぱしから探した。「山のアナ、アナ・・・」と。しかし、「山のあなた」はなお遠く、ついに見つからなかった。「三人兄弟」(ドイツ詩評釈1、1960年)があるだけだった。だれかドイツ語のできるかた、翻訳してくれないものだろうか。(11月12日)

5c9e3d7365fa21f65cddd9403968749a 

Over the  mountains,

far to travel, people say,

Happiness dwells.

Alas, and I went,

in the crowd of the others,

and retuned with a tear‐stained face.

Over the moutains,

far to fravel,people say,

Happiness dwells.

イギリス文学16世紀

   18世紀ダニエル・デフォー(「ロビンソン・クルーソー」の作者)以後、ヨーロッパでいち早く近代のリアリズム小説を確立したといわれるイギリス文学だが、その萌芽はすでに16世紀からみられる。

    「航海と発見、音楽と戯曲と詩歌、調和と創造の時代」エリザベス女王のイギリスはまさに黄金時代であった。

    ルネサンスの精神をトマス・モアによって導入されたイギリスは、今や文学の開花を待つばかりであった。ジョン・リリーのエッセイふうの恋愛物語『ユーフュイーズ』は、イギリス最初の小説といわれ、派手で気どった文体ゆえに、ユーフュイズムという語を生みだした。フィリップ・シドニーも『アーケイディア』という恋愛小説を書いたが、彼の詩の擁護論は後の世代にまで影響を与えている。楽しませると同時にためになるという説は、英文学の伝統として長く残るものである。詩形としては無韻詩が生まれて、シェークスピアによって完成される。

   エドマンド・スペンサーの『神仙女王』はエリザベス女王の弥栄をことほぐものであった。スペンサーの重要性は、彼がアングロ・サクソン的人生のための芸術と、フランス的芸術のための芸術というイギリス文学の二大潮流の合流点に立っているということである。ベーコンは散文で当時の思考を代表し、そしてシェークスピアがその不朽の喜劇・悲劇・史劇をもって演劇を代表する。『ロミオとジュリエット』『夏の夜の夢』『ベニスの商人』『ハムレット』『マクベス』・・・・彼は巧みな筋の運びと、ヒューマーにあふれた性格描写と、美しい詩の世界をもって、エリザベス朝の花と咲いた。(参考:『大英帝国の世界』<世界の旅10> 櫻庭信之、『イギリス文学史概説』三ッ星堅三)

2018年11月11日 (日)

第一次世界大戦停戦日

  戦争は泥棒をつくり、平和が彼らを絞首刑にする (西洋の諺) 

Img_0001     1918年11月11日、主戦場となったヨーロッパの各国では、この日を祝日にしている。今年は終結から100周年にあたる。第一次世界大戦の正確な人的被害は特定できないが、死者・行方不明が約1000万人、と推定されている。

    ドイツ代表団のマティアス・エルツベルガー団長(中央党議員)が、コンピエーニュの森(フランス北部オアーズ県)の鉄道列車の中で、休戦協定に調印した。エルツベルガーは「ドイツ国民は50ヵ月にわたりあなた方敵国に対抗してきたが、今後はいかなる暴力にもかかわらず、自由と統一を維持するだろう。7000万国民は苦しんでいる。しかし、死にはしない」

   これに対してフェルデイナン・フォッシュは一言、「たいへん結構だ」と答え、握手もせずに列車から出ていった。(Compiegne)

Waffenstillstand_gr
 この列車の中で休戦協定は署名された

僭主と陶片追放

Photo

  アテネでは、ペイシストラトス家の僭主政治が倒れたのち、平民の指導者クレイステネスは貴族をおさえ、オストラキスモス(陶片追放制度)により、僭主(チュランノス)の再出をもおさえて民主政の基礎を確立した。前510年クレイステネスの創設といわれるが、前487年になって初めて用いられた。

  毎年、春の民会で、この制度を適用するかどうかが決定され、必要となると一定の日にアゴラで投票が行われた。投票には、オストラコン、すなわち陶片が使われた。陶片に追放者の名前を刻んで投票し、一定数に達すると(一説では6000枚)追放された。

    発見された陶片に書かれた名前を見ると、当時のアテネ市民から、僭主の地位をうかがう者として、疑惑の目を向けられていたことがはっきりわかる。ヒッパルコス、アリスティデス、テミストクレス、キモン、カリクセノス、そしてペリクレスの名前もある。もっともペリクレスは追放の憂き目には遭わなかったという。陶片追放は刑罰ではないので、これにあった者は10年間アテネから一定の距離をはなれたところに住み、解除後は市民となって帰国できることになっていた。また財産権など私法上の市民資格を失うことはなかった。アテネは、この制度でデモクラシーを確立したといわれている。(世界史、tyrannos)

電池の日

200pxnational   乾電池の+-を「十一」にみたてる。電池の発明はイタリアの物理学者アレッサンドロ・ボルタであることはよく知られているか、乾電池の発明者は屋井先蔵で1885年のことであった。しかし特許出願が遅れ、1887年にドイツのカール・ガスナーが発明した、ということになっている。ちなみに英語で乾電池のことは、dry battery。

単1電池  D battery

単2電池  C battery

単3電池  AA battery

単4電池  AAA battery

単5電池  N battery

(11月11日,Carl Gassner)

 

 

東京ソング

Img_943571_34041895_0    東京を題材にした歌謡曲は佐藤千夜子の「東京行進曲」や小唄勝太郎・三島一声の「東京音頭」をはじめとして無数にある。某テレビ局が調査したところ、1271曲あるという。

    戦後は笠置シズ子「東京ブギウギ」、灰田勝彦「東京の屋根の下」、フランク永井「有楽町で逢いましょう」「西銀座駅前」。しかし東京ご当地ソングが増加するのは1960年代になってからである。東京オリンピック前後の東京は好景気に沸き、繁華街が大盛況となり、東京は不夜城となっていった。石原裕次郎・牧村旬子「銀座の恋の物語」、新川二郎「東京の灯よいつまでも」、ザ・ピーナッツ「ウナ・セラ・ディ東京」、松尾和子「グッド・ナイト東京」、坂本九「サヨナラ東京」、井沢八郎「ああ上野駅」、西田佐知子「赤坂の夜は更けて」、日野てる子・高城丈二「青山の灯も消えて」、三田明「アイビー東京」、黒沢明とロス・プリモス「ラブユー東京」、和泉雅子・山内賢「二人の銀座」、大木英夫・津山洋子「新宿そだち」、藤圭子「新宿の女」、青江三奈「池袋の夜」 etc.このように東京を題材としたヒット曲は無数にある。私の好きな東京ソングはピチカート・ファイブ「トーキョーは夜の七時」、裕木奈江の「冬の東京」(1994)。ズバリ「東京」というシンプルなタイトルは、やしきたかじん、マイペース、juju、やケツメイシ、手嶌葵の曲がある。

  海外をみてもロンドンとかパリとか単に都市名のみの曲はあまり見当たらない。「モスクワの夜は更けて」「とんでイスタンブール」とか「想い出のサンフランシスコ」とか形容詞がつくものである。稀少例としてファウスト・チリアーノの「ローマ」(1972)がある。ローマの橋をテーマにした佳曲。彼は特捜最前線のエンディング「私だけの十字架」で日本でもお馴染みの歌手であるが本国でも有名な一流歌手だ。

サッカーの起源

Ancientsoccer   野球、サッカー、テニス、バスケットボール、ラグビー、相撲など世の中には様々なスポーツ・競技があるけれど、その起源を調べることは楽しい。バスケットボールのように(1891年にジェームズ・ネイスミスが考案)起源が明確なスポーツもあるが、サッカーのように、人類としての歴史が始まった頃からのある種のフットボールを行っていたと思われる遊戯もある。

    サッカーが11人対11人で行うスポーツであることから、11月11日を「サッカーの日」と制定されている。

    ところで今日アメリカではサッカー、イギリスではフットボールという。soccerという名は association の soc に -er を加えて簡単にしたものであるが、イギリスでは11世紀のはじめごろからフットボールが行われていたが、規則がまちまちで、2種類のフットボール、つまり Rugby footbal  と associastion football に区別された。

Greeksoccerhistory    足でボールを蹴る遊戯は、古代エジプト、古代ギリシア(ペニタ、エピスキロスと呼ばれる)、古代ローマ(パルパツウムと呼ばれる)などのレリーフが残されている。

   1個のボールを相手陣営のゴールに入れることで勝敗を決するというルールはヨーロッパが起源であろう。現在のゴールは城門を意味していた。14世紀のイギリスでは街中で乱暴なサッカーが氾濫し、王によって禁止令が出されたこともある。15世紀のイタリアではイギリスのフットボールによく似た「カルチョ」が生まれ、宮廷の門の前で数十人がボールを蹴り合い賞金をかけたゲームが流行した。

814ancientchinesesoccer1   このようにサッカー発祥の地は自国であると主張する国が多いが、FIFAでは最も古い形態のサッカーとして中国の「蹴鞠」を認めている。「蹴鞠」という遊戯は前漢の書物「戦国策」に記されている。

2018年11月10日 (土)

「タ」事項索引インデックス

Id_9[  た  ]

  「ダイアスポア」水酸化鉱物で、トルコでは宝石に加工できる良質なものが産出する。▽アラビアの詩人「タアッバタ・シャルラン」の名は「小腋に悪をもつ男」の意味で、あだ名。▽「大王の和約」紀元前387年スパルタとアケメネス朝ペルシアの間に結ばれた講話条約。ペルシアのアルタクセルクセス2世にちなんで「大王の和約」と呼ばれる。▽タイプライターは1873年アメリカのクリストファー・レイサム・ショールズが発明。▽「大祚栄」渤海の建国者。▽「だいなし」とは「すっかりだめになる」という意味で、「無台」つまり台がないとのことに由来するというがはっきりとはしない。▽「弾可(たんか)」とは仏教用語で誤りを責めること。「啖呵」とも書く。▽「竹流金」縦割りにした竹筒に金銀を鋳流して固めた秤量貨幣の一種。必要に応じて切り取って用いられたといわれる。(画像)▽「ダボス会議」ダボスはスイス東部の都市。▽「ダルマストーブ」達磨に似て、ずんぐりとした形の石炭ストーブ。▽「玉串(たまぐし)」神社などで榊の枝に木綿または紙をつけて神前に捧げるもの。▽「大正政変」1913年の第三次桂太郎内閣倒閣運動による内閣総辞職。▽「竹田城」雲海に浮かぶ城として人気。▽「タール砂漠」パキスタン東部にある砂漠。(たたた)

タイ
ダイアスポア
ダイアナ
大英博物館
大王崎灯台(三重県)
大王の和約
大覚寺
大学
大化改新
大艦巨砲主義
大韓民国
大気汚染
大器晩成
大逆事件
大月氏国
大憲章
太閤
大黒天
第三帝国
第三の男(1949年イギリス映画)
太子密建法
大正政変
大正デモクラシー
大政奉還
大西洋
大雪山(北海道)
大山(鳥取県)
大蔵経
タイソン党の乱
タイタニック号
「大地」
大地溝帯
大統領
タイプライター
太平天国
太平洋戦争
大名
ダイヤモンド
太陽
平清盛
大理
大陸棚
ダーウィン
誰が為に鐘は鳴る
ダーク人形
タクラマカン
竹流金(たけながしきん)
大宰府天満宮
他山の石
タージ・マハール廟
タスカロラ海溝
蛇足
ダダイスム
たたら
タタール
竜串(たつくし)海岸(土佐清水市)
ダックスフンド
タドラルト・アカクス
ターナー
七夕
タバコ
ダビッド
ダビデ
タブリーズ
タペストリー
ダボス会議
たまがき書状
玉串
ダライ・ラマ
タラス河畔の戦い
ダリ
タリオ(同態復讐法)
タール砂漠
タルティーニ
だるまさんがころんだ
ダルマストーブ
ダルマトゥンガ
ダレイオス1世
タレーラン
弾可(たんか)
タンギー
タングート族
ダンクルオステリウス
ダンケルク
タンザニア
タンジマート
ダンテ
ダントン
ダンバートン・オークス会議
丹波焼
タンボラ山(インドネシア)
タンネソ東小島
暖流

僕はこの映画を観た

 最近この映画を観た。長いこと観たかった映画がやっと観れることはとてもうれしい。チャップリンの「巴里の女性」(1927年)チャップリンは劇中登場していない。▽ピーター・ボグダノビッチ監督「ラスト・ショー」(1971)もまたその一つ。シビル・シェパードもまだ初々しさがある。▽アンリ・コルビ監督「かくも長き不在」(1961)記憶喪失を題材とした映画は過去たくさんあるが僕のベスト・ワン。▽「チャタレイ夫人の恋人」(2015)何度も映像化されているがホリデイ・グレインジャーが最新版。▽木村恵吾「鉄砲安の生涯」(1962)勝新太郎。ニコライ皇太子を助けた安はロシアから大金をもらうが、やがて戦争となり国賊と呼ばれて落ちぶれ果てる。▽「I am ICHHACHI 逮捕されるまで」(2013年)市橋達也の逮捕までを実録風に描く。ディーン・フジオカ監督・主演の異色作。▽「君の膵臓をたべたい」浜辺美波のファンになりました。▽「ボヴァリー夫人」(2014)ミア・ワシコウスカ。▽「クリムゾン・ピーク」(2015)ギレルモ・デル・トロ監督、ミア・ワコウスカ。▽「テラビシアにかける橋」(2007年)アナソフィア・ロブ、ジョシュ・ハッチャーソン。▽「ショーシャンクの空に」(1994年)フランク・ダラボン監督、ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン。▽「ウンギョ 青い蜜」(2012年)韓国映画。チョン・ジウ監督。▽゜スターリングラード大進撃 ヒトラーの蒼き野望」(2015年)セルゲイ・ポポフ監督、アミール・アブデイカロフ。▽「バルジ大作戦」(1966年)ヘンリー・フォンダ、ロバート・ライアン、チャールズ・ブロンソン、ピア・アンジェリ。▽「空軍大戦略」(1969年)ガイ・ハミルトン監督、ローレンス・オリヴィエ。▽「ブリキの太鼓」(1979年)フォルカー・シュレンドルフ監督、ダービッド・べネント、マリオ・アドルフ。▽007ジェムズ・ボンドの役者ダニエル・クレイグのミステリー「ドリーム・ハウス」(2011年)ナオミ・ワッツ、レイチェル・ワイズ。▽ロマン・ポランスキー監督「戦場のピアニスト」(2002年)エイドリアン・ブロデイ、エミリア・フォックス。▽「リリーのすべて」(2015年)トム・フーパー監督。性同一性障害。▽「ラン・スルー・ザ・ナイト」(2016年)アンナ・チポフスカヤ。▽ロマン・ポンスキーの性犯罪。▽ダスティン・ホフマン、モーガン・フリーマン、ケヴィン・スペイシーらのセクハラ行為。いろいろあるが映画作品は別物。▽「太陽を愛したひと」東京パラリンピックの中村裕を向井理が演じる。のち太陽の家を創設。支援した人が立石電機の立石一真。▽「昭王~大秦帝国の夜明け」薛公とは斉の孟嘗君田文のこと。▽「この胸のときめき」恋人が心臓移植という話は韓国ドラマ「夏の香り」の元祖。▽「愚行録」妻夫木聡、満島ひかり主演。市川由衣の演技にひかれたが、小出恵介の不祥事で上映中止となったいわくつきの作品。▽「プラチナデータ」東野圭吾の近未来ミステリー小説を映画化。二宮和成主演。

「ソ」事項索引インデックス

Img58854394[  そ  ]

  古代の日本に「蘇甘栗使(そあまぐりつかい)」という奇妙な名の役人がいた。平安時代、摂政・関白・大臣などの高官が正月に私邸で節宴がおこなわれる。宮中から、その日に蘇甘栗使という使が来て牛酪(バター)とクリの実が贈られる。いまでも正月に天津甘栗がよく売られるのはその名残りであるかは定かではない。▽「ソジェ」朝鮮王朝の書斎、学問所。▽「ソラノ風」はヨーロッパ南西部、スペインの南東岸に吹く風。▽「巣林一枝」みそさざいは樹木の多い深林で巣を作るときも、その中の1本の枝で満足する。人はそれぞれ分相応のもので納得すること。▽オランダのゾイデル海は埋め立てによってアイセル湖となっている。▽「送寒衣」中国で旧暦10月1日に亡き人に寒衣と称する着物を贈り、亡き人を偲ぶ日。▽「総合芸術」音楽、美術、舞踏など複数の分野の芸術によって創造される1つの統一的な芸術。たとえば演劇・オペラなど。ドイツのリヒャルト・ワーグナーが提唱した言葉。▽「ソレノイド」螺旋状にしたコイル。▽「ソンガイ王国」15~16世紀、西アフリカのニジェール川流域に西スーダンのほぼ全域を支配した黒人王国。1464年から1591年。▽「ソンツェン・ガンポ」581-649年。古代チベットの王。▽「尊王攘夷」水戸藩の藤田東湖が初めて唱えた。(そそそそ)

ゾイデル海(オランダ)


ソヴィエト
宋応星
宗祇
騒音主義
送寒衣(そうかんい)
蒼頡
総合芸術
曽国藩
荘子
層状含銅硫化鉄鉱床(キースラーガー)
宋襄の仁
蔵書票(エクス・リブリス)
象頭山(香川県)
曹洞宗
雑煮
象皮病
僧兵
草木国土悉皆成仏
僧帽筋
ソウル
副島種臣
租界
蘇我入鹿
蘇我馬子
蘇我倉山田石川麻呂
訴願前置主義
ソグネフィヨルド
ソクラテス
ソジェ(書斎)
蘇州
ソチ
ぞっき本
卒啄同時(そったくどうじ)
備え有れば患い無し(有備無患)
ソナタ
ソナチネ
側用人
ソビエト
ソフホーズ
ソプラノ
ソポクレス
ゾラ
ソラニン
ソラノ風
ゾルゲ事件
租庸調
ソレノイド
ゾロアスター教
ソロモン
ソロモン王の洞窟
ソンガイ王国
ソンコイ川
ソンツェン・ガンポ
尊王攘夷
孫文
ソンミ事件(1968年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年11月 9日 (金)

夏目漱石「道草」あらすじ

   洋行帰りの健三は、かつて絶縁したはずの養父・島田から金銭的な援助の申し込みを受ける。実は、健三のもとに同様の相談をしてきたのは島田だけではない。健三の姉や養母、細君の父までもが健三を経済的な拠り所とみなして相談を持ちかけてきた。健三の出世によって、彼らの自分への態度が一変したことに違和感を覚えながらも、健三は昔の彼らと今の彼らの違いを観察することで、幼い頃の記憶を手繰り寄せていく。漱石の唯一自伝的な小説として知られている長編。(伊藤かおり「漱石作品案内」)

119番の日

911103    11月9日は、消防・救急のダイヤル119にちなみ「119番の日」。日本では警察への急報は110番、消防・救急は119番と区別しているが、海外では一本化している国が多い。アメリカの緊急電話番号 emergency numberは「911」。

「オ」 事項索引インデックス

Virgin_orans_conch_of_apse  「オランス」ラテン語で「祈り」のこと。両手を広げ、天に向かって祈る姿は、十字架の型になっている。▽「大山祇神」山の神霊を統轄する神を意味する。▽「オケラ(朮)」キク科の多年草。花は白~ごくうすい紅色で、筒状花で、秋開花。根茎は白朮(ビャクジュツ)と称する漢方になる。▽「おしらさま」東北地方で広く信仰されている家の神様。▽「オタワ協定」1932年、カナダのオタワで開かれたイギリス帝国経済会議で結ばれた協定。世界恐慌に対処するため、ブロック経済を構成し、外国商品に対しては高関税を課し、一定の成果をみるが、そてまでの自由貿易から保護貿易へと転換する。▽「オネーギン」プーシキンの小説。▽「オプシーナ」19世紀、ロシア正教を中心とした精神的な共同体。▽「オプティマテス」共和政末期の政治一派。日本では閥族派、元老院派と呼ばれる。▽「岡倉天心」近代日本美術の発展に功績を残した美術運動家。▽「オペラ座」パリ・オペラ座はルイ14世のもと、1661年に王立舞踏アカデミーが創立。オペラハウスは1875年1月に杮落しを迎えた。建築デザインはコンクール形式で行われ、当時無名だった35歳の建築家、シャルル・ガルニエが栄冠を手にした。古典様式とナポレオンが好んだバロック様式を取り入れた絢爛豪華な意匠が施されている。▽「オル・チキ文字」インド東部のサンタル人、ラグナート・ムルムにより、サンタル語を表記するために考案された文字。現在、サンタル語のインドでの話者人口は600万人を超えている。(おおおお)

オアシス
オアハカ州(メキシコ)
オアフ島(ハワイ諸島)
オイカワ
オイケン,ルドルフ・クリストフ
オイデュブス王
奥入瀬川
オイラート
オイラーの定理
花魁(おいらん)
奥羽山脈
オーウェン,ロバート
オームの法則
オーリニャック文化(旧石器後期)
オーロラ
王安石
横隔膜
欧化主義
黄金海岸
王水
王政復古
負うた子に教えられる
応仁の乱
黄熱病
黄檗宗(臨済宗の一派)
近江泥棒伊勢乞食
近江八幡
オウム真理教
オウン・ゴール
大分
大垣
大きいことはいいことだ
大久保利通
大隈重信
大蔵省
大阪
大塩の乱
大相撲
大台ケ原
大津事件
大鳴門橋
大村益次郎
大宅文庫
大山祇神(おおやまつみのかみ)
大和田建樹
御陰参(おかげまいり)
岡崎
岡崎フラグメント
岡場所(おかばしょ)
男鹿半島(秋田県)
オカピ
陸稲(おかぼ)
岡目八目(当事者でない立場にいる者には、かえって物事の真相やよしあしがよくわかること)
オカリナ
オカルト
おかんこ船
隠岐(島根県)
荻江節
置き字
オキシドール
沖田総司
沖縄
オクターブ
奥の細道
奥むめお
小栗忠順
オーケストラ
桶狭間の戦い
おけら(朮)
小河内ダム(東京都)
オゴタイ・ハン国
尾崎行雄
大仏次郎
小沢一郎
オーシャン島(ギルバート諸島)
おしらさま
オシリス神
オスグッドシュラッター病
オストラコン
オーストラリア
オーストリア
オスプレイ
オズボーン,ヘンリー・フェアフィールド
オスマン朝
オスマン・トルコ
オスロ
尾瀬沼(群馬・福島県境)
オゾン層
小樽
オタワ(カナダ)
オタワ会議
落合直文
オックスフォード大学
オッペケペー節
御局(おつぼね)
オドアケル

オートポシー(autopsy 検死解剖)
オドンターグ(odontagra 抜歯用の器具)
小名浜(いわき市)
鬼のいないうち、洗濯しましょ
鬼のへそをたですで食う
オニヤンマ
オネーギン
帯に短したすきに長し
御百度(おひゃくど)
オプシーナ
オプジーボ
小渕恵三
オプティマテス
オペト祭り
オペラ座
オベリスク(Obelisk)
オホーツク海
溺れ谷
溺れる者は藁をも掴む
思い立ったが吉日
オヤケアカハチ
オランス
オランダ
オリエント文明
オリオン
オリザニン
オリノコ川(ベネズエラ)
オリーブ
オリーブの首飾り(ポール・モーリア)
オリンピアの祭典
オリンピック
オルガン
オルゴール
オル・チキ文字
オルテガ・イ・ガセット,ホセ
オルトク(斡脱)
オルドス
オルドビス紀
オルニチン
オルメカ文明
オルレアンの少女
オレイン酸
オレゴン州(アメリカ)
オロス族
恩貸地制度(ベネフィキウム)
俺たちに明日はない(アーサー・ペン監督の映画)
尾鷲(三重県)
遠賀川(福岡県)
音楽
御嶽山
オンタリオ湖
温度
オンド・マルトノ
オンドル(朝鮮・満洲の民家の暖房設備)
女大学
女手(おんなで) 女の筆跡
女の一生(モーパッサンの小説)
音便

2018年11月 8日 (木)

夏目漱石「明暗」あらすじ

 親族の縁故で就職口を得た津田は、結婚後の生計も実家からの仕送りに頼っている。ところがそれを返済するどころか、自分たちの浪費を改めない態度に腹を立てた津田の実父が金銭的援助を止めてしまう。このことが妹のお秀や上司の妻の吉川夫人などの家庭の女たちに津田夫婦への個人的な干渉を許す大義名分となる。親族間が金銭や猜疑心によって支えられている逆接を、時にコミカルに時にシニカルに描いている。未完の長編小説だが、まるで昼ドラを観ているかのように読めてしまう。(伊藤かおり「漱石作品案内」)

「そ」 ファースト・ネームから引く人名一覧

Sofiacoppola    フランシス・フォード・コッポラの娘、「ソフィア・コッポラ」は映画監督、脚本家、女優、ファッションデザイナーとさまざまの顔をもつ。「ロスト・イン・トランスレーション」(2003)の大ヒットで世界的な監督となる。可愛らしさのなかにわずかな毒や棘を隠したガーリー・カルチャーを語る上で欠かせない存在となっている。▽「ソポクレス」紀元前497年頃ー406年頃。古代ギリシアの三大悲劇詩人の一人。▽「ソン・ゴク・タン」カンボジアの民族主義者・政治家。

ゾーイ・サルダナ
ゾーイー・デシャネル
ソウ・マウン
ソクラテス
ソースティン・ヴェブレン
ソニア・ガンディー
ソニア・ブラガ
ソニア・ヘニー
ソフィー・マルソー
ソフィア・コッポラ
ソフィア・ローレン
ソポクレス
ソーラ・バーチ
ゾラン・ジンジッチ
ソロモン・アッシュ
ソロモン・バンダラナイケ
ソン・ゴク・タン
ソンツェン・ガンポ
ソンドラ・ロック

9757600_1
 「スケートの女王」ソニア・ヘニー

いろいろな「病気」 英語で言えますか?

 風邪気味です。

I have a slight cold.

  いろいろな病気を集める医療英語集。

amnesia           記憶喪失

autism             自閉症

somnambulism  夢遊病

nyctophobia     暗闇恐怖症

Kinesophobia  運動恐怖症

bed wetting      夜尿症

forgetfulness    健忘症

alcoholics         アルコール中毒症

alcoholic dependency  アルコール依存症

starvation        餓死

heat disorder   熱中症

phobia             恐怖症

anthropophobia  対人恐怖症

exnophobia    外国人恐怖症

acrophobia    高所恐怖症

triskaidekaphobia 13恐怖症

claustrophobia  閉所恐怖症

aphasia        失語症

autism         自閉症

suicide        自殺

amnesia      記憶喪失症

obsession   強迫観念、妄想などが取り憑くこと

asphyxia     仮死状態

disease       病気

thoracic diaphragm  横隔膜

prohibition   禁酒

get a crick in my neck  寝違える

get carsick   乗り物酔いになる

poor  circulation  冷え症

monomania   モノマニア、偏執狂

hypnotism    催眠術

bladder        膀胱

atopy          アトピー。先天性過敏症。atopos(奇妙な)というギリシャ語に由来する。

nosebleed      鼻血

strained back  ぎっくり腰

sphincter    肛門活約筋

flasher         露出狂

locomotive syndrome 運動器症候群

cerebral infarction   脳梗塞   

disinfection    消毒

pregnacy      妊娠

abortion      妊娠中絶

infertility     不妊症

cramp        けいれん

gastrospasm  胃けいれん

clitoromegaly  陰核巨大症

phallitis         陰茎炎

hydrophobia   狂犬病

bruxism        歯軋り ブラキシズム

cavity           虫歯

chilblain        しもやけ

Hubris Syndrome ヒュブリス・シンドローム(傲慢症候群)

tiredness  疲労

exhaustion  極度の疲労

cervical spine injury  頸椎損傷

easy delivery  安産

rabies    狂犬病

osteopath  整骨医

hymen    処女膜

hearing aid  補聴器

hypochondrie  ヒポコンデリー 心気症

suppressant  食欲抑制剤

placebo   偽薬

glaucoma  緑内障

cataracts  白内障

arthritis    関節炎

hay fever   花粉症

leg cramp  脚がつる、こむら返り

stillbirth    死産

parasite    寄生虫

hyperemia  充血

examination 検診

lactation     授乳

esophgus   食道

disinfection 消毒

apnea        無呼吸

slipped disc 椎間板ヘルニア

stomach ulcer  胃潰瘍

thyroid gland    甲状腺

measles       はしか

cabin fever  僻地や狭い空間で生活するときに生ずる情緒不安定。閉所性発熱。

(医学英語,medical sciences)

鳴くよウグイス平安京

Student4image1   光仁天皇のあとを継いだ桓武天皇は784年、山城の長岡京に遷都した。しかし2度にわたる洪水があったため、794年10月22日、平安京に遷都し、11月8日、新京を「平安京」とする詔を発布した。桓武・嵯峨から延喜の治といわれる10世紀初めごろまでは、律令政治の再建がある程度の効果をあげ、律令国家は動揺しながらもその形態をたもっていた。律令官制の規定にない官職を令外の官という。按察使、勘解由使、蔵人頭、検非違使、押領使など。石山寺に伝わる908年の周防国玖珂郡玖珂郷の戸籍を見るとほとんどが女性ばかりである。女性は律令制では税が軽くなっている。そのためにこのような実際にはあり得ないような女性ばかりの戸籍が作られている。このような嘘の戸籍を偽籍という。このように平安時代中期には律令制が行き詰まってきた。

2018年11月 7日 (水)

虫歯の世界史

Img_1027147_12990939_4  ドラマ「僕らは奇跡でできている」のワンシーン。女医さんの子ど向け講演会での子供の質問。どうして「虫歯」というの?虫歯の語源は先生もわからない。虫歯は医学用語では「う蝕(齲蝕)」といい、口腔内の細菌が糖質から作った酸によって、歯が溶かされる病気である。「虫歯」という言葉は明治14年刊行された高山紀斎の「保歯新論」に「虫歯論」の一節があり、明治初期から用語としての「虫歯」が使われていたことがわかる。

   古代人は虫歯の原因は歯の中で歯質を小虫が喰うためにおこると考えていた。バビロニア人は歯痛が起こるとき、アヌ神に呪文を3度唱え、ヒヨスの実を焼いて駆虫した。古代中国では隋時代の医書「諸病源候論」に「牙歯虫候」「牙虫候」という病名が記されている。前100年頃の古代ローマ人の頭蓋骨から鉄製のインプラントが見つかり、抜けた歯の処置をしていたことがわかる。中世ヨーロッパでは遊歴歯科医が町々を廻って歯みがき粉を売り歩いたり、抜歯をしていた。イタリアでは理髪師が抜歯、口腔内清掃などを行っていた。歯を抜くオドンターグ(オドントとはギリシャ語で「歯」の意味。画像はポンペイ出土1世紀頃)など器具も数種残っている。実際には近代以前の治療はいいかげんな処置をしたり、訳のわからない歯磨剤であった。近代的な歯の医療は19世紀からで、アメリカ人歯科医師グリーン・バーディマン・ブラック(1836-1915)が1881年に虫歯の原因が酸であることを発見し、のちに虫歯予防に歯ブラシの使用が普及してからである。

Odontagra


( keyword;odontagra,Green Vardiman Black )

室町幕府の成立

Sc_10     室町幕府の成立時期は、幕府の施政方針が建武式目として確立された1336年11月7日とする説と、足利尊氏が征夷大将軍となった1338年の2説があるが、むかしは1338年説が主流だったが今日では前者1336年が有力説である。尊氏は幕府を開いたのちも、南北朝の対立は続き、なかなか全国を統一することができなかった。尊氏の孫義満の代になってようやく基礎が固まった。1392年南北朝は合一した。現在、京都市上京区今出川室町の東北角に「従是東北足利将軍室町第址」と記された石標が立っている(画像)。室町幕府の遺構が全く確認できず、位置を示す唯一の目安となっている。

2018年11月 6日 (火)

お見合いの日

Pn2009110601000069___ci0003   本日は「お見合いの日」。1947年のこの日、東京の多摩川河畔で集団お見合いが開催された。結婚紹介雑誌「希望」が主催したもので、戦争のため根気を逃した20-50歳の男女386人が参加した。参加者は2対1の割合で男性が多かった。

  映画の中でのお見合いシーンといえば映画「遠雷」(1981年)はちょっといい加減なところもあるが農村の青年のバイタリティを感じさせる作品だった。見合いのあとすぐにモーテルに行ったり、結婚式で振りつきで桜田淳子の「わたしの青い鳥」を2人で歌うシーンなど印象深い。最近では「箱入り息子の恋」(2013)恋愛経験のない35歳独身男が目が不自由な夏帆とお見合いし、本当の愛をつかむために奔走するラブ・コメ。公開時さほど話題にならなかったが、2016年ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のブームで原点として再評価される。(11月6日)

2018年11月 5日 (月)

ツタンカーメンの呪い

Photo    古代エジプト第18王朝の王ツタンカーメンの墓は1922年のこの日、盗掘を免れて完全な状態で発見された。ところが発見者の1人カーナボン卿が翌年に毒虫に刺されて死んだ。と、思うと、つぎつぎに発掘に関係した人々が変死を遂げた。それは「ファラオの呪い」のためであり、ツタンカーメン王の墓には、「ファラオの休息を乱した者には、たちまち死が襲うだろう」という呪いの銘文が刻まれている。ファラオとは「ペル・アア」(大いなる家)という古代エジプト語のギリシア語形で、もともと王ではなく、王宮を指すのに使われていた。「大いなる家」は神殿領や貴族の所領のような小さなペウル(家)の課税を行うことになっていた。新王国時代以降、この用語は王自身を指すのにしばしば使われるようになった。(11月5日、Tut-ankh-Amen,pharaoh)

2018年11月 4日 (日)

ミハイル・ロマノフ

   1609年から1612年までロシア・ポーランド戦争おこる。ロシアでは皇帝不在の空位期間に陥ったが、1612年のこの日、ロシア国民軍はクレムリンに拠るポーランド軍を一掃し、モスクワを取り戻して、その後、1613年2月、人民、コサックも参加した全国議会にてミハイル・フョードロヴッチはツァーリに選出された。ロマノフ朝のはじまりである。(11月4日)

2018年11月 3日 (土)

なぜ優れたピッチャーを「エース」というのか?

   野球やサッカーなどで主力選手のことを「エース」と呼ぶ。これまでトランプの「A」が語源由来と思われていたが、「A」は全く関係がなく、人の名前が起源である。NHK雑学バラエティ「チコちゃんに叱られる」によれば、19世紀のアメリカ初期の野球選手、エイザ・ブレイナードのニックネーム「エイサ(Asa)」に由来するとしている。やがて優れた投手に対して「エイサのように頼りになる」という表現が広まり、次第に訛って「エース」と呼ばれるようになった。日本では1960年代ころから、藤田元司の「悲運のエース」や城之内邦雄の「エースのジョー」といわれるように一般に「エース」という言葉が使われるようになった。

まんがの日

P4234018ko 本日は「まんがの日」。この日は手塚治虫の誕生日(1928年11月3日)でもある。手塚姓を天下に広めたのは漫画家の手塚治虫。曽祖父の良庵(1826-1877)は適塾に学んだ蘭方医。その父は蘭学医・手塚光照(1801-1877)。さらに遠祖をさかりぼると平安時代末期にいたる。木曽義仲が挙兵するとき斉藤実盛(?-1183)を討ち取った手塚光盛(?-1184)がご先祖さま。戦後、日本の手塚治虫はじめとする日本のコマワリと吹き出しの漫画は独自の発達を遂げて、世界の若者たちをも魅了し、グローバル化していく。ヨーロッパで日本漫画が幅広く出版されるようになったのは、1970年代の終わりに起きたアニメブームをきっかけとしている。最もよく売れた漫画ランキング。ONE PIECE、ゴルゴ13、DRAGON BALL、こちら葛飾区亀有公園前派出所、名探偵コナン、NARUTO、美味しんぼ、SLUM DUNK、ドラえもん、鉄腕アトム、タッチ、北斗の拳、金田一少年の事件簿。

2018年11月 2日 (金)

英国カトリック陰謀事件

1678年から1681年に発生したイングランドのカトリック教徒がロンドンを放火し、チャールズ2世を暗殺し、プロテスタントを虐殺し、カトリック復活を計画しているという陰謀の捏造と、それに伴う集団ヒステリーの事件・社会現象である。タイタス・オーツとイズレイエル・トングが事件の仕掛人である。2年半にわたってカトリックを敵視した立法・裁判が横行した。この無謀なたくらみによって、35人におよぶ無実の人々が処刑された。

マーティン・マルプレレット論争

 1588年から翌年にわたって、英国国教会を激しく非難した一連のパンフレットが、マーティン・マルプレレットというペンネームを使い、秘密の出版社から出された。これに対して、リリー、ナッシュ、ハーヴィー兄弟ら、当時の著名な作家たちが時を移さずにやりかえしたが、筆鋒鋭く切り込み、力強くてよどみのない文章をつづった匿名の作家にたちうちできる者は誰もいなかったという。この論戦の発端は、カンタベリー大主教ジョン・ヴィットギフトの非国教会牧師に対する不公平な取り扱いに起因している。彼は、国王至上法、統一法、39ヵ条などの法令に物言わせて、英国国教会の教養を押しつけようとした。最後まで自分の名前を隠して、文筆の威力を見せつけた玄人はだしの人物は、どうやら長老教会派のジョブ・スロックモートンであろう。しかし、当局側から嫌疑をかけられた者の中に、ジョン・ベリーとジョン・ユードルが含まれており、言わば見せしめのための懲罰で、前者は処刑され、後者は獄死した。(三ッ星堅三「イギリス文学史概説」) Martin Marprelate

白秋忌「からたちの花」

Img24aa7f18zikczj   からたちも秋はみのるよ

  まろいまろい金のたまだよ

   今日は白秋忌。「からたちの花」の詩が「赤い鳥」に発表されたのは、大正13年。白秋はやがて40歳になろうとする頃だった。

   北原白秋(1885-1942)。本名は隆吉。生地は福岡県山門郡沖靖村。海産物問屋、柳河藩の御用達を勤めた家の生まれ。白秋の小学生のころ、柳川の家の路地に咲くからたちの花をながめながら通学したという。当時、次々と新作童謡を発表していた。その後、白秋は2番目の妻、江口章子と離婚した後、菊子夫人と再婚している。ところが昭和12年、眼疾のため失明する。昭和17年、腎臓病で没した。(11月2日)

2018年11月 1日 (木)

「マ」事項索引インデックス

Img60150778  「マウリッツハイス美術館」オランダのデン・ハークにある美術館。フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」を所蔵する。▽「マアリブ(イエメン)」シバの女王ビルキスの居城(前10世紀頃)があったとされるアルシュ・ビルキスなどの遺跡がある。▽インドのマウシンラムは世界一雨が降る町。▽「マウマウ団(ケニア土地自由軍)」指導者デダン・キマジ・ワキウリによる1952年から植民地ケニアで起こった民族主義的独立運動。▽「纒向遺跡」奈良県桜井市にある纒向遺跡は弥生時代末期から古墳時代前期にかけての大集落遺跡である。初期の大和政権の本拠地といわれ邪馬台国大和説の有力候補地。2013年に国の指定史跡となる。▽「益田岩船」奈良県橿原市にある巨大な石造物。占星術のための天体観測台という説があるが、確かなことは不明。▽「マアト山」金星にある高さ約8000mの山。▽「マングローブ」南国の海岸の象徴的な景観であるマングローブとは、木の種類の名前ではなく、熱帯・亜熱帯地域の河口に紅樹林を構成する森林のことである。▽「マンサ・ムーサ」在位1312-1337。マリ王国の王。▽「マンサブザール制」16世紀後半、インドのムガル帝国のアクバル帝が定めた軍人の位階制。32段階の官位(マンサ)が定められ、この官位に応じて俸禄が支給された。(まままま)

マアト山
マアリブ
マイアミビーチ(フロリダ州)
舞子
マイセン
マイソール戦争
毎日新聞
マイノリティ
マイヨール
マインツ
マウシンラム
マウナケア山(ハワイ)
マウナロア山(ハワイ)
マウマウ団の乱
マウリア王朝
マウリッツハイス美術館
マウントアイザ(オーストラリア)
馬王堆漢墓
マオリ人
蒔絵
マカオ
曲垣平九郎
マガダ
牧野富太郎
纒向遺跡
マキャヴェリ
マグデブルクの半球
マークトウェーン
マグナ・カルタ
マグマオーシャン
マクワウリ
枕草子
マクンバ
マケドニア
マザー・シプトンの洞窟
正岡子規
マザラン
益子焼
マジノ線
マジャパヒト王朝
マジャール人
マーシャル・プラン
魔女狩り
増鏡
マスカレイド(仮面舞踏会)
マスクラット
益田岩船
マーストリヒト条約
磨製石器
マゼラン
マゾヒズム
マダガスカル共和国
町年寄
マチュ・ピチュ
松尾芭蕉
マッカーサー
マッキンリー
マッシュルーム
マーティン・マルプレレット論争
マテーラの洞窟住居
曲直瀬道三
マニュファクチュア
マニラ
マヌ法典
マネ
間引き
マーピラの反乱
マフディー派
マホメット
マヤ文明
マラウィ共和国
マラッカ
マラトンの戦い
マラヤ
マラヤーラム語
マリア・ルース号事件
マリ王国
マリ共和国
マリ文書
マリモ
マルクス
マルコポーロ
マルサス
マルドゥク
マルヌの会戦
マルピーギ小体
マルファン症候群
丸山ワクチン
マレーシア
マレンコフ
漫画
マングース
マングローブ
マンサブダール制
マンサ・ムーサ
満州国
満州事変
満州文字
マンチェスター
マンティネイアの戦い
政所
万年筆
万葉集

柏原芳恵は女、和田芳恵は男である

G_wada_yoshie 最近のドラマのヒロインの名前をみると、男か女か区別できない名が流行りのようだ。「獣になれない私たち」の晶(あきら)や「大恋愛」の「尚(なお)」 。新垣結衣や戸田恵梨香が現代を生きる女性を演ずるが、限りある命に恋愛一直線の尚とモヤモヤ感ただよい恋愛に素直に落ちない晶と両対称である。 

  室井滋という人はとても有名人なので、男性風の名前だけど間違える人はない。けれども尼子騒兵衛、松本ひで吉は最近までずっと男性だと思っていたけど女性だったことを知った。銀色夏生、さとうふみや、久保ミツロウ、荒川弘、大島司、田辺イエロウ、山本航輝、樋口大輔、星野桂はみんな女性である。小野妹子や山口誓子のように逆パターンもある。樋口一葉の研究家で直木賞受賞作家「和田芳恵(わだよしえ)」は男性である。(画像の人)美水かがみ、加古里子もみな男性。ジャズ歌手ジョー・スタッフォードは女性。フランス革命の軍人ラファイエットの名は「マリー」。ナイアガラ滝の探検家テイラーの名は「アニー」。

薫、忍、千秋、千春、泉、静香、恵、翼、恋、瑞穂などは男女とも使える。

  太田薫(男)、小山内薫(男)、八千草薫(女)

 押坂忍(男)、坂上忍(男)、若の里忍(男)、中山忍(女)

千秋 山川千秋(男)、鎌倉千秋(女)

千春 松山千春(男)、猪谷千春(男)、久里千春(女)

千里 大江千里(男)、海原千里(女)

 柳田泉(男)、原泉(女)、森泉(女)

静香 亀井静香(男)、荒川静香(女)

春江 古賀春江(男)、北村春江(女)

 若草恵(男)、横須賀恵(女)

 今井翼(男)、本田翼(女)

 和田恋(男)、石川恋(女)

瑞穂 鈴木瑞穂(男)、吉井瑞穂(女)

シドニー シドニー・ポアチエ(男)、シドニー・ローム(女)

   ああ、ややこしや、ややこしや。(Jo Staffoord)

中国人の姓

  女子プロゴルフのセキユウティン選手が可愛いと評判ですね。日本生まれの中国人で本名は、「石昱婷」と書く。石という姓は、歴史事典でも、石濤や石達開など数人載っている。

  中国の姓は「百家姓」という本があって、中国人のあらゆる家姓が集録されている。名字の数がどのくらいあるのかについては、明確ではないが少数の姓も数えると、500余件あるといわれる。中国人で多い名字ベスト10は、王、李、張、劉、陳、楊、黄、趙、呉、周である。俗に王、李、張、趙を四大姓といわれる。一説には、漢族から出た、漢・唐・宋・明四王朝の帝室の姓である、劉、李、趙、朱を四大姓として、日本の源、平、藤原、橘に相当するものと説かれることがある。最新の統計によれば、「王」姓よりも「李」姓のほうが多くいるそうである。19番目に「尤(ゆう)」という姓がある。中国の福建省と台湾に多い。南宋の詩人・尤袤(ゆうぼう)。18人が死亡した台湾の列車脱線事故の運転手の名前が尤振仲である。(参考:「中国・朝鮮の姓名」 鴻山俊雄 1961年) 

Photo_4

コーヒー、紅茶と日本人

   11月1日は「紅茶の日」。ある調査によると、コーヒーや紅茶、嗜好品を好む人は高所得者ほど飲む量が多いという話だ。コーヒーと紅茶、日本に伝来したのは、どちらが先だろうか?答えは、ほぼ同じころだそうだ。

    コーヒーは世界で最も多くの国で飲用されている嗜好飲料である。喫茶店(コーヒー・ハウス、カフェ)は近代社会において人々が情報を得る場所として文化的にも大きな役割を果たしてきた。日本には天明年間(1781年~1788年)頃に、長崎の出島にオランダ人が持ち込んだといわれる。

   NHK「ひるブラ」(2012年2月1日放送)で、はしのえみが幕末の弘前藩士が飲んでいた珈琲を味わっていた。酸味と苦味がある。寒さなどで殉難が多かったので薬用として珈琲を飲んでいたという。大田南畝は1804年に珈琲を飲んだときのことを次のように記している。「紅毛船にてカウヒイというものをすすむ。豆を黒く炒りて粉にし白糖を和したるものなり。焦げくさくして味ふるに堪えず」とある。1855年ころ青森県弘前で珈琲が飲用されていたとは驚きである。

    紅茶は1791年11月1日、大黒屋光太夫がロシアのエカテリーナ2世から茶会に招かれ、日本人として初めて紅茶を飲んだとされる。日本紅茶協会は、昭和58年、この史実をもとに、11月1日を「紅茶の日」に制定している。

不破万作とアン・ハサウェイ(あやかり名の著名人)

   ソチ五輪ジャンプ代表に清水礼留飛という名前の選手がいる。礼留飛(れるひ)というのは日本に初めてスキー指導を行ったテオドール・エードラ・フォン・レルヒ(1869-1945)少佐の名前をあやかって命名されたものである。聖書から由来した名は多数ある。矢内原伊作(1918-1989)はアブラハムの子イサクに因んでいる。阿部サダヲの芸名の由来は「愛のコリーダ」のモデルにもなった阿部定。あやかり芸名というのもむかしから結構ある。根津甚八というのは真田十勇士の一人・根津甚八からとったものである。不破万作は豊臣秀次の小姓だ。このようにそのまんま拝借することは日本では珍しい。俳優の内田良平が玄洋社の内田良平の名前を拝借したとは考えにくい。藤原釜足(藤原鎌足のモジリ)などのケースが多い。レーモンド松屋は推理小説家のレンモンド・チャンドラーではなくて、建築家アントニン・レーモンドというから不思議だ。

   アメリカではそのままが一般的。米国テレビドラマ「ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ」でサラ・コナーの息子ジョンを演ずるのは人気俳優トーマス・デッカー。同姓同名にエリザベス朝時代の劇作家トマス・デッカー(1572-1632)がいる。英米には同姓同名は多い。ベン・ジョンソンは詩人のベン・ジョンソン(1572-1637)、ジョン・フォード作品の常連俳優のベン・ジョンソン(1918-1996)、それに陸上選手ベン・ジョンソンがいる。「思い出のグリーン・クラス」で知られる歌手のトム・ジョーンズもフィールディングの有名な小説の主人公と同姓同名である。エンゲルベルト・フンバーディクもドイツの有名な作曲家のあやかり。女優のアン・ハサウェーはシェイクスピアの妻の名である。マジシャンのデーヴィッド・カッパーフィールドはディッケンズの小説のあやかり。女優ジェーン・シーモアはヘンリー8世の3番目の王妃。

犬の日

29154f84dad74bc592d4216e5bb50e36    「犬は人とともに生活し、怜悧で従順で、しかも犬ほど人類社会に貢献している動物しない」(大野淳一『犬・その銘柄』)11月1日はワンワンワンの語呂合わせから「犬の日」としている。ドッグショーなどでは、犬種の雄雌、年齢で区別されて審査される。雄犬はドッグ、雌犬はビッチ。

    犬の頭数の世界的な増加は人間の増加に匹敵するといわれる。いまや人間の住む世界各地で犬の姿が見られ、家犬の品種は400を超えるが、これらの品種はいずれも人為的淘汰の恩恵を受けて今日に至っている。というのも、大型犬のグレートデンであれ、小型犬のチワワであれ、犬はすべて、先史時代の猟人に飼い馴らされたオオカミの末裔だからである。

    今日の家犬は長い年代を経て人間に飼育されているので、その形態の変化や大小が非常にちがってきていて、一種の動物として、犬ほど形態や大きさのちがう動物は他に見ることができない。これは犬の遺伝子が多数であることにもよるが、その祖先が多元的であり、長い人為的選択をくり返してきたためと思われる。そして多数の品種が生じたのである。また形態ばかりでなく、性質も非常にちがっているので、古くから世界の各地方で、番犬・狩猟犬・愛玩犬が発達し、北方地方ではそり犬のような運搬用に用いられ、またある地方では食犬として食用に供せられていた。人類の生活が複雑化するにつれて、狩猟犬もその獲物によって特長をもつ犬種が生じ、愛玩犬も種々の形のものが発達し、さらに牧羊犬が生じ、各種の軍用犬・警察犬のような高度の性能の犬や、盲導犬のような特別な性能をもつものもつくられるようになってきた。犬を人間の目の代わりに利用しようとすることは古代ローマ時代からみられるが、近代になっては1819年にウィーンの神父ヨハン・ヴィルヘルム・クライン(1765-1848)が、犬の首輪に細長い棒をつけれ盲導犬として訓練したのがはじまりとされている。

    原始的な犬は現在も野犬となっているオーストラリア産のディンゴー犬、インド産のバリア犬などの一亜種にはいっているが、現在の家犬は次の6亜種に分けられる。ポメラニアン型、北方犬型、番犬型、青銅犬型、狩犬型、グレイハウンド型。そのほかに南米のインカ犬型も一亜種とされている。(11月1日、Johann Wilhelm Klein)

ロシア語で「熊」を言えますか?(ロシア語単語帳)

0f344c30106d5ae52ed5a5e160958a7f ロシア語には「熊」をあらわす単語がない。ロシアにとって「熊」は国を象徴する動物である。しかしそれほど馴染み深い動物のはずなのに、なんと、ロシア語には「熊」を表す固有の単語がないのだ。実は、昔はロシアにも「熊」を意味する固有の言葉はあったらしい。しかし、人々にとって「熊」は畏怖の対象だったため、その言葉を口にすることを避けられ、自然と使われなくなった。現在、ロシア語で「熊」のことを「メドヴェーチ」と言うが「蜂蜜を食べるもの」という意味である。

   戦争は「ヴァイナー」。トルストイ「戦争と平和」は「ヴァイナー・イ・ミール」。ドストエフスキー「罪と罰」はカナ書きで「プレストゥプレーニィェ・イ・ナカザーニィエ」(本当は「犯罪と刑罰」という意味)。数の1、2、3は、「アジン、ドゥヴァ、トゥリー」。

いろいろなロシア料理。ツプリョーナクタパカー(ローストチキンのこと)。カトリェータパキーエフスキ(キエフ風チキンカツ)。チョールナヤイクラー(キャビアのこと)。クラースナヤイクラ―(イクラ)。シー(キャベツの入ったロシアの代表的なスープ)。ボールシィ(ボルシチのこと)。ウハー(魚を使ったスープ)。ラブシャー(スープスパゲッティ)。ピリミェーニ(水餃子)。バクラジャン(焼きナス料理。画像)。ナスのことを「バクラジャン」という。

それではカタカナ表記でロシア語基本単語集。

クニーガ(本)

カランダーシ(鉛筆)

ストール(机)

ストゥール(椅子)

チトラーチ(ノート、手帳)

ルーチカ(ペン)

ジュルナル(雑誌)

キノー(映画)

ヴィスナー(春)

リェータ(夏)

オースィニ(秋) osen'

ズィマー(冬)

チョールヌイ(黒い)

ムーズィカ(音楽)

イーミャ(名前)

サバカ(イヌ)  Sobaka

コーシュカ(ネコ) Koshka

ヤーブラカ(りんご)

クルブニーカ(いちご)

アピリスィーン(オレンジ)

アナナース(パイナップル)

ヴィナグラート(ぶどう)

グルーシャ(なし)

カルトーフェリ(じゃがいも)

マルコーフィ(人参) MOPKOBb

アグリェーツ(キュウリ)

グリープ(キノコ)

パミドール(トマト)

カプースタ(キャベツ)

ピエールスィク(もも)

フリエーブ(パン)

チャーイ(紅茶)

イダー(食事)

チスイ(時計)

プチーツァ(鳥)

ツヴィトーク(花)

ビーブリヤ(聖書) Biblia

ビブリアチエ(図書館)

ブキニスト(古本屋)

ガラー(山)  ropa

モーリェ(海) Mope

ルィーバ(魚)

カランダーシュ(鉛筆)

イーツオ(卵)

ソーンツェ(太陽)

ミェースィツ(月)

ヴァダ(水)

ハラショー(素晴らしい) xapowo

ヤ リュブリュー テビャ(愛しています)
   YA lyublyu tebya

ズドラーストヴィチェ(こんにちは)

ドーブラエ ウートラ(おはよう)

 

クオ・ヴァディス

Img_2
サン・タンジェロ(聖天使城)、聖天使橋、そして奥に聖ペテロ寺院のドーム

   西暦64年、ローマ皇帝ネロ(37-68)の治世に大事件が起こった。この年の7月、ローマ市は下町から出た怪火によって数日間燃えつづけ、市街の大半が焼失した。ネロはこのとき海岸都市アンティウムの離宮にいたが、すぐ帰還して消火と罹災者救護、さらに市街の復興に努力した。しかし彼の平素の行ないが悪いためか、かれが市街の燃えるさまをバルコニーから眺めトロヤ滅亡の詩を口ずさんだとか、また新市街建設で名をあげるため旧市街に放火して焼きはらわせたとかいう忌まわしい噂がたち、民衆が暴動を起こしそうになった。ネロはこの噂を消すために側近の進言によって放火をキリスト信者のせいにし、かれらを十字架につけたり、火あぶりにしたり、獣の皮をかぶせて猛犬にかみ殺させたりした。捕縛を逃れたペテロ(生年不詳~64年頃)は、ついに激しい迫害に耐え切れず、ローマを去る決心をした。ペテロは夜中にローマを発って、少年のザカリウスと共に明け方のアッピア街道をたどっていた。その途中で朝日が昇り、その黄金の光芒の中にペテロは、復活したキリストの姿をみた。ペテロは思わず膝まづいて祈った。

    「クオ・ヴァディス・ドミネ(主よ、どこへ行かれるのですか)」とたずねると、「あなたが私たちの羊たちを見すてるのなら、私はローマへ行き、もういちど十字架にかかろう」と答えた。

   しばらくうちたおれていたペテロは、やがて立ち上がってくびすを返した。そしてふたたび信徒迫害のローマにもどり逆さ吊りの十字架にかかって殉教する。

   その4年後、暴君ネロは、嵐のように、火事のように、戦いのように、疫病のように死んだ。しかし、ペテロの礼拝堂は、今もなおヴァチカンの頂から、ローマおよび全世界を支配している。

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30