無料ブログはココログ

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月25日 (土)

秦の昭王と周室の最期

  周の赧王の在位は59年に及んだが、もはや乱世を生き抜くだけの力もなければ、天下統合のシンボルとしての権威も失われていた。周王最後の忠臣周最(しゅうさい)は、秦に入り、昭王に献言する。「周を攻めるのは決してお国のためになりません。攻め取ったとて実利はほとんどなく、天子の国を討ったという汚名を得るだけで、諸侯を斉の側に追いやり、秦の孤立化を招くことになりましょう。これでは諸侯の旗頭になることは不可能です」と説いた。だが昭王は前250年、洛邑を攻め、ついに周を滅ぼしてしまった。

2018年8月24日 (金)

あごのせパフォーマンス

中高生の間でTik Tokという動画アプリで、音楽に合わせて歌っているかのように振り付けをして、SNSで公開することが流行っている。とくに人気ポーズが、手のひらの上にあごを乗せポーズをとる。流れている曲はイギリスの少女歌手コニー・タルボットが歌う「カウント・オン・ミー」。ブルーノ・マーズの2011年のヒット曲をカバー。

どれ見る?夏ドラマ

 夏の新ドラマが中盤に入る。吉岡里帆が新米公務員で奮闘する「健康で文化的な最低限度の生活」や戦時中の広島県呉市を舞台に、ある一家に嫁いだ少女すずが戦禍の激しくなる中で懸命に生きていく姿を描く松本穂香主演ドラマ「この世界の片隅に」といろいろバラエティに富んでいる。

  「この世界の片隅に」松本穂香、松坂桃李、伊藤沙莉、土村芳、久保田紗友、二階堂ふみ、仙道敦子。「幸色のワンルーム」山田杏奈。「絶対零度」沢村一樹、上戸彩、本田翼、「ラストチャンス 再生請負人」仲村トオル、水野美紀。「健康で文化的な最低限度の生活」吉岡里帆、井浦新、田中圭、川栄李奈。「高嶺の花」石原さとみ、芳根京子、高橋ひかる、「ハゲタカ」綾野剛、沢尻エリカ、木南晴夏、「グッド・ドクター」山崎賢人、上野樹里、中村ゆり。「チア☆ダン」土屋太鳳、石井杏奈、佐久間由衣、新木優子、山本舞香、箭内夢菜、「透明なゆりかご」清原果耶、「サバイバル・ウェディング」波瑠、伊勢谷雄介、高橋メアリージュン、奈緒、「バガボンのパパよりバカなパパ」玉山鉄二、比嘉愛未、長谷川京子、森川葵。「いつかこの雨がやむ日まで」渡辺麻友。「探偵が早すぎる」広瀬アリス。今期ドラマ最高視聴率は綾瀬はるか主演の「義母と娘のブルース」。上白石萌歌や清原果耶の現役高校生がはつらつとしているが、土屋太鳳の高校生役はもう無理だった。

2018年8月19日 (日)

見逃してしまった・・・

 先日BSプレミアムで「ブラジルから来た少年」を放送していた。 ヒトラーのクローンの再生計画を企てるグレゴリー・ペックと、それを阻止しようとするローレンス・オリヴィエ。公開当時ラストシーンがカットされているが、今回は見ることができる。録画しているのでじっくり見てみる。チャンネル銀河で放送中の「昭王~大秦帝国の夜明け」。始皇帝の曽祖父にあたり、秦史上最高の55年という在位期間を誇った第28代君主・昭王則。臝稷(えいしょく)。昭襄王とも呼ばれる。秦を強大な国家へと変貌させ、後の中国統一につながる礎を築いた彼の激動の生涯を描いた中国ドラマ。全38話で第1話・2話は見逃してしまった。屈原、白起、蘇秦、范睢など「戦国策」に描かれる人物も登場する。宣太后の弟、羋戎(びじゅう)、魏冄(ぎせん)も実在の人物である。

2018年8月18日 (土)

ジョンとジョージ

   名前は単なる記号ではなく、不思議な力がやどると考えられる。名前と実体がシンクロするという考えは、これまでいかなる研究者も科学的に解明したわけではないが、世の親たちが子どもの幸せを願って頭を悩ますのをみてもわかるであろう。

 

   阪神タイガースの今成亮太選手が勝利のお立ち台に上がって一言。「ランディー・バースが・・・・、あっ、すみません、間違えました。ランディ・メッセンジャーが頑張っていたので、何とか点を取りたいと思って打席に入りました」 「史上最強の助っ人」と呼ばれたバースもメッセンジャーも、名は同じ「ランディ」である。

 

   だが欧米と日本とでは子どもの命名に少し違いがあるようにみられる。日本はなるだけ独創的な名前を考えようとし、欧米は伝統的な名前を好むように思える。利助(伊藤博文)、寅次郎(吉田松陰)、弥太郎(岩崎弥太郎)などの名は現在ではほとんどみられない(龍馬は急増するかもしれないが)。しかしジョンやジョージは英米で現在も一般的に命名されている。ジョン万次郎やジョン・アダムス(米2代大統領)、ジョージ・ワシントン(米初代大統領)の名である。

 

    英米の普通の男性名ジョンとジョージを選んだが、原綴りでは、JohnとGeorgeは全く異なる。共通するのはイギリスの王名であることである。大憲章(マグナ・カルタ)を制定したジョン失地王。ジョージはハノーバー王朝の国王名である。現イギリス国王エリザベス2世の父の名前はジョージ6世(1895-1952)である。ジョンやジョージのように高貴な名前に対して、ジャックはずっと庶民的なひびきがある。日本でいうと太郎みたいな感じだろうか。

 

    ジョンという名前の歴史上人物としては、イギリスの宗教改革者ジョン・ウィクリフ(1320-1384)、宗教改革者ジョン・ノックス(1514-1572)、詩人ジョン・ダン(1572-1631)、劇作家ジョン・ドライデン(1631-1700)、哲学者ジョン・ロック(1632-1704)、劇作家ジョン・ゲイ(1685-1732、「乞食オペラ」)、原子論の創始者ジョン・ドールトン(1766-1826)、米の国務長官ジョン・ヘイ(1839-1905)。ケープ植民地のセシル・ジョン・ローズ(1853-1902)、ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ(1917-1963)などがいる。芸能人ではジョン・ウェインやジョン・レノン。アメリカン・ニュー・シネマの名作「真夜中のカーボーイ」監督はジョン・シュレシンジャー、音楽はジョン・バリー、主演はジョン・ヴォイトとジョンずくめだ。
  ジョージという名前には、イギリスの鉄道技術者ジョージ・スチーブンソン(1781-1848)などのほかあまり教科書的な人物は見当たらないが、現代人であれば、「スター・ウォーズ」のジョージ・ルーカス、「明日に向かって撃て」のジョージ・ロイ・ヒル、「スタア誕生」のジョージ・キューカー、「ER緊急救命室」のジョージ・クルーニー、「ウエスト・サイド物語」のジョージ・チャキリス、「特攻野郎Aチーム」のジョージ・ペパードなどがいる。ジョンの現代人としては、「駅馬車」のジョン・フォード、「黄金」のジョン・ヒューストン、「アラモ」のジョン・ウェイン、「真夜中のカーボーイ」のジョン・ヴォイド、「サタデー・ナイト・フィーバー」のジョン・トラボルタなどがいる。こうして並べてみてもジョンとジョージは、好ましい感じのする名であることがうかがわれる。

2018年8月17日 (金)

源頼朝七騎落

Photo1342_2     伊豆・蛭ヶ小島に流されていた源頼朝は、1180年(治承4年)8月17日、石橋山で平家方の大庭景親と合戦した。三百余騎の頼朝軍に対して、むかう大庭軍、三千余騎が立ちふさいでいた。24日、無勢の頼朝軍はたちまちに敗走し、平氏軍はこれを追撃した。しかし、ついに頼朝を捕えることができず、その行方を見失ってしまった。この時、大庭景親の軍勢に属していた梶原景時が、頼朝の在りかを知りながらこれを逃したという話の真偽は疑わしいものの、当時、平氏の陣中にあって頼朝に心を寄せていたのは、景時だけではなかった。飯田家義という相模国の武士も、景親の軍中にありながら頼朝を慕い、山中の隠れ家までやってきてぜひ供に加えてくれ、願ったという。

    こうして虎口を逃れた頼朝は、この付近の豪族・土肥実平に導かれて真鶴岬から小舟に乗り、海路を房総半島の南端安房国へと逃れ、次第に勢力を拡大する。1184年1月26日、後白河法皇からの平氏追討の令を受け、頼朝はついに平家を討ち滅ぼし、武家を中心とする新しい政治体制を確立したのである。

    頼朝挙兵の頃の関東の豪族をながめておこう。挙兵時より頼朝に味方した豪族としては、北条時政、天野遠景、三浦義明、三浦義澄、和田義盛、宇佐美助茂、土肥実平、加々美長清、安田義定、武田信義、下河辺行平。

    挙兵直後頼朝に味方した豪族としては、豊島清光、葛西清重、千葉介常胤、上総介広常、小山朝光、安西景盛。

    挙兵時頼朝に敵対しのち従った豪族としては、梶原景時、江戸重長、河村義秀、渋谷重国、河越重頼、熊谷直実、畠山重忠、新田義重、足利俊綱。

    頼朝に敵対し討たれた豪族は、大庭景親、波多野義常、山本兼隆、伊東祐親、志田義広、萩野俊重、佐竹秀義らがいる。(8月17日)

 

 

2018年8月16日 (木)

ジョン・ファウルズ

348150_501   ジョン・ファウルズ(1926-2005)は、イギリス・エセックス州にある町リー・オン・シーで生まれる。オックスフォード大学卒業後、教師をしながら小説を書く。1963年、処女作「コレクター」を書くと、映画化されストーカー小説の先駆としてセンセーショナルな話題作品となった。1968年にはドーセットに移り住み、そこを舞台とした「フランス軍中尉の女」を書き始めた。同年、「魔術師」を脚色し直し映画化されたが、映画としては失敗した。ファウルズは寡作ながら、ポストモダニズムの父と捉えられ高い評価をえている。(John Fowles,The Collector,Essex,Leigh-on-Sea,Dorset)

2308347386_eb13676feb_o

2018年8月13日 (月)

戦地の図書館 海を越えた一億四千万冊

モリー・グプティル・マニング著 松尾恭子訳 東京創元社 2016年。第二次世界大戦終結までに、ナチス・ドイツは発禁・禁書によって一億冊を超える書物をこの世から消し去った。対するアメリカは、戦地の兵隊たちに本を送り続けた。その数、およそ一億四千冊。アメリカの図書館員たちは、全国から寄付された書籍を兵士に送る図書運動を展開し、軍と出版業界は、兵士用に作られた新しいペーパーバック「兵隊文庫」を発行して、あらゆるジャンルの本を世界中の戦地に送り届けた。本のかたちを、そして社会を根底から変えた史上最大の図書作戦の全貌を描く、ニューヨーク・タイムズ・ベストセラーの傑作ノンフィクション。

2018年8月11日 (土)

アジア人文地理関係文献目録

Imgbc9c2765zikfzj

    宇宙からアジアを見ると、東京やソウルが夜景のため輝くばかりの光を放っている。世界最古の文明の発祥地であるアジアは、世界最大の人口をもちながら、日本をのぞく多くの国々は、19世紀と20世紀半ばまで西欧の支配を受けていた。第二次世界大戦後に、これらの国々はつぎつぎに独立し、新しいアジアに生まれかわった。アジアは広大な地域であるから、地形はきわめて複雑で、地域によりちがいが大きい。アジアには、北部に居住する北方系と南部に住む南方系とに分かれ、前者にはフィン族やマジャール族のほか、トルコ人・モンゴル人・ツングース人・朝鮮人および日本人などがあり、後者には中国人(漢族)・チベット人・アンナン人・タイ人・ビルマ人などがある。世界人口74億のうちアジアは42億人といわれる。アジア民族の活動舞台となる地形は、「世界の屋根」といわれるパミール高原(タジキスタン共和国の東部ゴルノ・バダフシャン自治州に属し、一部は中国、アフガニスタンにはいる)から放射状にのびる山系によって分けられている。すなわち北西にはアルタイ山脈、北東には天山山脈が走り、アルタイ山脈はさらにサヤン山脈と合し、バイカル湖から北東にはヤブロノイ山脈があって、これはさらにオホーツク海北岸に聳えるスタノヴォイ山脈にとつづいている。さらにパミール高原から東に向かっては、カラコルム、ヒマラヤ、アルチンターク、崑崙などの大山脈が延び、崑崙はさらに秦嶺となって中国につづき、華北と華南の境界を形成する。ヒマラヤの東の延長は数条のインドシナ山脈となり、その一つは南嶺として華南とインドシナ半島とを境している。日本と隣接する朝鮮、中国、台湾、ロシアなどはこれまで複雑な歴史を有している。

    現在アジアの国は全部で39ヵ国。約4400万k㎡で地球全面積の32%を占めている。面積の大きい国を10位まであげると、中国・インド・サウジアラビア・インドネシア・イラン・モンゴル・パキスタン・トルコ・ミャンマー・アフガニスタン。

Aa_map_asia

  アジア関係文献一覧

世界都路1 亜細亜洲 仮名垣魯文 1872
改正萬国地誌略図一覧1 亜細亜・亜非利加之部 伊東正貫編 京都・笹田辰之助 1877
亜細亜言語集 上 支那官話 広部精編輯 青山堂書房 1880
中亜細亜紀事 西徳二郎 陸軍文庫 1886
総訳亜細亜言語集 支那官話部 全4巻 広部精訳 青山清吉 1892
亜細亜大陸旅行日誌並清韓露三国評論 原田藤一郎 1894
亜細亜之存亡 岡本監輔編 哲学書院 1900
亜細亜ニ於ける露西亜 落合昌太郎合著 嵩山房 1903
亜細亜歴史地図 石沢発身編輯 弘文館 1903
古代埃及及西南亜細亜史 高桑駒吉 早稲田大学出版部 1903
亜細亜東部ノ覇権 戸水寛人 1904
亜細亜之将来 タウンセンド 金港堂書籍 1905
高等地理 巻之3 亜細亜洲 矢津昌永 丸善 1906
五大洲探検記1 亜細亜大陸横行 中村直吉 博文館 1908
小学地理教材2 亜細亜洲大洋洲 北垣恭次郎 宝文館 1909
大亜細亜主義論 小寺謙吉 東京寶文館 1916
亜細亜大観 黒竜会出版部 1918
回教民族の活動と亜細亜の将来 渡辺巳之次郎 大阪毎日新聞社 1923
白禍に悩む支那 亜細亜聯盟へ 長野朗 燕塵社 1924
アジアを跨ぐ 副島次郎 大阪毎日新聞社 1927
アジアの二大運動 回教徒とユダヤ人 山岡光太郎 渡辺事務所 1928
亜細亜の生きるの途 蜷川新 日本書院出版部 1929
アジアの概説と満州・蒙古 地理講座1 飯本信之ほか 改造社 1933
黎明大亜細亜 満洲建国を顧みてこの大躍進を語る 満洲国通信 1938
亜細亜史概説 中世篇(歴史学叢書) 守屋美都雄編 蛍雪書院 1940
アジア人名辞典 アジア問題講座12 尾崎秀実ほか 創元社 1940
アジア周辺民族史 竹尾弌著 今日の問題社 1943
アジア研究1 アジア経済学会編 如水書房 1954
アジア 付オセアニア 社会科地理文庫 多田文男・小堀巌 三省堂 1955
アジア史 文庫クセジュ ルネ・グルッセ 前嶋信次訳 白水社 1955
アジア史概説 松田壽男 河出書房 1956
アジア 世界地理シリーズ ぺりかん写真文庫 平凡社 1957
アジア 歴史と私 島田正郎 啓文社 1962
アジア史小論 石橋秀雄 山本書店 1962
アジア高原の旅 アーノルド・トインビー 黒沢英二訳 毎日新聞社 1962
アジア古代史概説 光島督 成文堂 1965
アジア現代史 衛藤瀋吉編 毎日新聞社 1969
アジア史概説 宮崎市定 学生社 1973
アジア学の展開のために 創樹選書 竹内好編 創樹社 1975
アジア現代史 全4巻 別巻 歴史学研究会 青木書店 1979-1985
ヨーロッパとアジア 大東名著撰2 榎一雄 大東出版会 1983
アジア稲作文化への旅 NHKブックス 渡辺忠世 日本放送出版協会 1987
アジア・女・民衆 松井やより 草風館 1988

2018年8月 9日 (木)

世界の戦争と平和

  今日、長崎は「原爆の日」。原爆死没者の冥福と核兵器廃絶を祈った。日の丸、君が代の大合唱。これまでの狭い国民国家の枠にとわれたものの見方や考え方が、大震災のあとますます強固になりつつある。

 

800pxurakamitenshudojan1946 1014kinokogumo36
Okinawa S201103148327001l

 

000cf1bdd0220c991a6b0b Photo Dmz001pan_m2 Img_603681_13175318_0_2 20061228_33600 1811_4 652d7421d4027522b712c830675bbb8e Axis Img_370519_4846289_0 O0800053011401813403 Nankingkanraku Auschild51 Abc266c24081f32e477824a711de5dbf Anpo3 Beto01 Image Zero81 20110109131604

今宵も映画で楽しく

 「未知への飛行」米ソの核戦争SF。シドニー・ルメット監督。ヘンリー・フォンダ。▽「忘れられない人」(1993)これでもかというほどベタなメロドラマ。クリスマスのもみの木、ニューヨーク、ポロ、難病、北極星。「ある愛の詩」みたいな。クリスチャン・スレーター、マリサ・トメイ。▽「ドクトル・ジバコ」(2002)キーラ・ナイトレイ、ハンス・マシソン、サム・ニール。テレビシリーズ。▽「跪く女」(2013)スウェーデン。グスタフ・スカルスガルト、アンナ・オストレーム、レベッカ・ファーガソン。「欲望の帝国」(2010)エルサ・パタキー。▽「ピュア純潔」アリシア・ヴィキャンデル。▽「お転婆三人娘」(1957)ペギー葉山、芦川いずみ、浅丘ルリ子。安部徹が二枚目役。同年「嵐を呼ぶ男」から本格的に悪役俳優になったらしい。▽「わたしの頭の中の消しゴム」チョン・ウソン、ソン・イエジン。永作博美のドラマがもと。缶コーラ、ファミリー・マート。名セリフ「許すには、憎しみに一つ部屋を与える」

2018年8月 4日 (土)

テーマ曲

   明日から熱闘甲子園がはじまる。100回を記念したNHKテーマソング福山雅治の「甲子園」を聴く。アルプススタンドに大勢のきれいな女子高生たちが応援する。だが高校野球ソングといえば「君よ八月に熱くなれ」が思い出される。とくに高岡健治が歌うオリジナル版は素朴で男らしくて高校野球に相応しいもので一番いい。テーマソングといえば三波春夫の「東京五輪音頭」まだこれを超える2020五輪曲は聞いていない。70年万博の「世界の国からこんにちは」も三波春夫の曲が良く知られている。先日この曲を歌った叶修二さんの訃報が届いた。

2018年8月 2日 (木)

伊闕仏龕碑

   唐の書道家、猪遂良45歳の時の楷書である。貞観15年(641)伊闕とは洛陽の南方にある龍門のことで、そこの石窟の賓陽洞の南の外壁の刻された摩崖碑を「伊闕仏龕之碑(いけつぶつがんのひ)」と呼ばれる。碑文の内容は太宗の第四子の魏王泰が生母の長孫皇后の追善のために、新たに石窟を造営したことを記したものである。

2018年8月 1日 (水)

始皇帝と万里の長城及び兵馬俑坑文献目録

Imageca9gxuul    中国を統一した秦王政は、王の称号をやめて皇帝と称した。彼が秦の始皇帝である。始皇帝は匈奴の侵入にそなえるため、戦国時代に北辺の燕・趙などが築いていた長城修復・連結した。いわゆる万里の長城といわれるものであるが、現在の長城は明代のもので、始皇帝の長城は版築とよばれた工法で、現在よりもはるか北方に位置し、煉瓦と石で築かれた明代の長城に比べて低い城壁であった。

Ryuumon
 龍文空心塼    陝西省咸陽市秦咸陽宮1号宮殿遺蹟出土

 始皇帝は貴族制度を打破し、法家思想を採用し、中央集権国家の確立に努めた。

皇帝制度 始皇帝が「王」という称号を改めて「皇帝」を名乗り始めた。煌々と輝く帝、すなわち「北極星」を意味する。(NHKスペシャル「中華文明の謎」) 三皇五帝から「皇帝」と称したとする説は誤り。一人称を「朕」といい、命令を「制詔」といい、墓を「陵」、居処を「宮」という。

郡県制度 全国を36郡に分け、それぞれの郡に長官として守、副長官として丞、軍の指揮官として尉、監察官として監(御史)などの官吏が中央から派遣される。この36郡は、その後さらに新領土が加わったことや、大郡を分けることによって増加し、48郡にされたといわれる。

思想統一 法家李斯の献策で、焚書坑儒を断行。

貨幣の統一 半両銭に統一。1個の重さは半両(1両は24銖、半両は12銖、約8g) 中央に四角の穴のある銅銭は基本形となった。

文字の統一 篆書には大篆と小篆の二種があり、前者は籀文ともいわれ、石鼓文はこの字で書かれている。李斯によって新たに制定されたのが小篆である。

度量衡の統一 秦量と秦権

交通路の整備 車軌を6尺(1.4m)に統一し、天子や貴人の通る馳道を巾50歩(70m)とする。また駅や亭を置き伝送に整備をおこなった。

対外政策 北方に将軍蒙恬を派遣し、匈奴を討伐。さらに旧六国の長城を補修して、東は遼東から西は臨洮までの万里の長城を築いた。南方では越を攻め、安南を平定し、桂林・象・南海の3郡を設置。

optin なぜ正月は1月か?

Img_0027

    一年の最初の月を正月というのは、当たり前と思われるでしょうが、国土の広い中国では始皇帝の統一以前、各地でそれぞれの暦が存在していました。また時代によっても異なります。だいたい古代中国の暦は、夏暦、殷暦、周暦を三正といって、それぞれ歳首(としはじめ)、朔日(つきのはじめ)など違います。秦と楚とは3カ月ズレています。最初、秦は南部の楚を統治するにあたって旧習俗を許容する柔軟な姿勢で臨んでいましたが、やがて始皇帝の全国統一で当然「暦の取り込み」が行われました。中国では歳首は「夏正」のごとく、立春をとっていますが、「秦正」は10月が歳首です。漢代になって、前103年以後はおおむね夏正が用いられました。唐の則天武后のとき「周正」を用いて冬至が1年のはじまりとなった例外もあります。

 

参考文献
長城雄游記 大鳥圭介 丸善 1894
「秦始皇帝」 桑原隲蔵 新日本3-1  1913
「万里の長城」 石田幹之助 教育画法3-1  1916
長城の彼方へ 後藤朝太郎 大阪屋号書店 1922
万里の長城 上・下 中野江漢 支那風物研究会 1923
「支那古代の長城に就いて」 橋本増吉 史学6-1  1927
中国長城沿革考 王国良編 商務印書館 1933
「秦の始皇帝」 石川三四郎 改造16-4  1934
内蒙古・長城地帯 江上波夫・水野清一 東亜考古学会 1935
「始皇の儒家迫害に関するニ三の考察」 大家伴鹿 大東文化16  1937
「秦の始皇」 池田孝 満蒙18年3号 1937
秦始皇帝伝 馬元材 1937
「始皇帝」 加藤繁  「支那学雑草」所収 生活社 1944
万里の長城 植村清二 創元社 1944
「始皇帝その他」 日本叢書 加藤繁 生活社 1946
「長城のまもり」藤枝晃 ユーラシア学会研究報告2  1955.07
秦始皇 楊寛 上海人民出版社 1956
「長城余話」 石橋丑雄 歴史と地理13  1957
長城史話 中国歴史小双書 羅哲門 北京・中華書局 1963
万里の長城 大世界史3 植村清二 文芸春秋 1967
「始皇帝に関する一考察」彼の内面的要素と大秦帝国の崩壊との関連性 武生龍真 密教文化96  1971
万里の長城 世界史研究双書13  青木富太郎 近藤出版社 1972
秦始皇 洪世滌 上海人民出版社 1972
秦皇長城考 黄麟書 九龍・造陽文学社 1972
「万里の長城・その盛衰小史」小倉芳彦 土木学会誌57(7) 1972.06
「独裁者の登場」秦の始皇帝 和田武司「人物中国志1」所収 1974
「始皇帝と儒家」 山本巌 宇都宮大学教育学部紀要1部26  1976
万里の長城 攻防戦史 渡辺龍策 秀英書房 1978
万里の長城 中国小史 中公文庫 植村清二 中央公論社 1979
秦始皇陵与兵馬俑 無戈 西安・陝西人民出版社 1982
長城 北京史地双書 羅哲文 北京出版社 1982
万里の長城 ジャック・ジュネ、ディック・ウィルソン J.P.ドレージュ、ユベール・ドラエほか 田島淳訳 河出書房新社 1984
秦始皇帝伝 馬非百 江蘇古籍出版社 1985
秦始皇帝 新始皇兵馬俑博物館双書 呉梓林・郭興文 西安・西北大学出版社 1986
「秦帝国の形成と地域」(始皇帝の虚像を超えて) 鶴間和幸 歴史と地理372  1986
萬里の長城 サンデー毎日別冊写真集 幻の西端を求めて 矢口篤雄 毎日新聞社 1991
万里長城の歌 日本の詩歌2 土井晩翠 中央公論社
秦帝国の領土経営:雲夢龍崗秦簡と始皇帝の禁苑 馬彪 京都大学学術出版会 2013
秦の始皇帝の兵馬俑 二十世紀における考古学史上の最も偉大な発見 人民中国出版社 1999
門秦の始皇帝と兵馬俑 洋泉社 2015
人間・始皇帝 鶴間和幸 岩波書店 2015
史記秦・漢史の研究 藤田勝久 汲古書院 2016
始皇帝の永遠・天下一統 小前亮 講談社 2016
秦の始皇帝と中国古代史 宝島社 2016

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

最近のトラックバック

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31