無料ブログはココログ

« 地名の日 | トップページ | 谷崎潤一郎忌 »

2018年7月28日 (土)

「サバを読む」の語源

 都合のいいように、数や年齢をごまかすことを「サバを読む」という。では何故さかなの鯖なのか?江戸時代に「いさば読み」という言葉に由来するらしい。漁場などで魚を数える際、悠長に数えていては間に合わなかったため、早口で数えることを「いさば読み」と言い(後で数えるとたいてい数が足りない)、「い」の文字がいつしか抜けてしまい「さば読み」という言葉ができた。その他にも、諸説ある。鯖は腐りやすい(サバの生き腐れと言う)ことから、新鮮なまま遠方に運ぶために、鯖の数を適当にごまかしたから出来たと言われる。

« 地名の日 | トップページ | 谷崎潤一郎忌 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地名の日 | トップページ | 谷崎潤一郎忌 »

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31