無料ブログはココログ

« セッテ・ジューニョの暴動 | トップページ | ウィリアム・コベット忌日 »

2018年6月 7日 (木)

マリア・ルス号事件

   1872年6月7日、横浜港に停泊中のマリア・ルス号(ペリー船籍)内の231名の清国人苦力が奴隷状態であるとして日本政府が解放した事件。条約未締結国ペルーとの係争については日本の法律があると解し、外務卿副島種臣は大江卓を裁判長に任じ、アメリカ人の日本法律顧問P・スミスの協力を得て、清国人船籍の解放を宣言した。船長の報告でペルー政府は日本政府に抗議したが、ロシア皇帝アレクサンドル2世の仲裁裁判で日本側が勝利した。参考: 「マリア・ルス号事件の再検討」笠原英彦 法学研究69巻12号(1996年12月号) Maria Lus Incident

« セッテ・ジューニョの暴動 | トップページ | ウィリアム・コベット忌日 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« セッテ・ジューニョの暴動 | トップページ | ウィリアム・コベット忌日 »

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31