無料ブログはココログ

« 孔子及び論語関係文献目録 | トップページ | パク・ヨンハ命日 »

2018年6月29日 (金)

逃げるは恥だがともかく決勝進出おめでとう

  ポーランド戦、敗れるもなんと西野ジャパンが決勝進出。後半10分くらいは時間かせぎのパス回しで観客からはブーイングの嵐だった。これは同時に行われたセネガルが負けているとの情報で、たとえポーランドに負けても警告点で減点の少ない日本が2位になり決勝へ進出できる望みがでたため、消極策だがリスクを減らすという監督の戦術で、栄光もプライドも捨てても結果よければ良しとする苦渋の選択。フェアプレイポイント制が時間稼ぎの策を執らせたは皮肉な話ではある。むかし高校生の松井秀喜に5打席すべて敬遠策を命じた監督がいた。当時は非難を浴びたが慧眼だとのちでは言われるようになっている。ボクシングのクリンチ策、横綱鶴竜の立ち合いの変化技など、ルール内での戦術の1つと考えれば、西野監督の今回の術策は容認されるだろう。世界各国のメディアもこの消極的な作戦に対して様々な反応が出ている。韓国の安貞桓は「韓国は美しく敗退し、日本は醜くベスト16入り」と皮肉っぽく語った。名誉と栄光を重んずるイギリスやフランスでも厳しく否定的な意見が多い。一方イタリアでは思想家マキァヴェリの格言「目的は手段を正当化する」を引用して西野監督の決断に一定の理解を示している。ロシア大会。歴史を鑑みればナポレオンの大軍には力ではかなわぬが撤退して冬将軍で最終的に勝利したクトゥーゾフ将軍の故事もある。決勝リーグも西野ジャパンのミラクルがあるかもしれない。

« 孔子及び論語関係文献目録 | トップページ | パク・ヨンハ命日 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 孔子及び論語関係文献目録 | トップページ | パク・ヨンハ命日 »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30