無料ブログはココログ

« 「る」 ファースト・ネームから引く人名一覧 | トップページ | ジャンヌ・ダルク祭 »

2018年5月 7日 (月)

プラトンは「広い」という意味の渾名

Platon     紀元前427年のこの日、ギリシアの哲学者プラトンはアテネの名家に生まれた(ただし生年については紀元前428年など諸説ある)。ディオゲネス・ラエルティオス(3世紀前半の哲学史家)によると、プラトンの本名はアリストクレスである。体格が立派で肩幅が広かったため、レスリングの師匠であるアリストンに「プラトン」(広いという意)という渾名で呼ばれ、それが定着したのである。

    プラトンの言葉に「人間の最も基本的な分類として、知(wisdom)を愛する人、勝利(honor)を愛する人、利得(gain)を愛する人、の三つがある」。昨夜観た映画「夜空はいつでも最高密度の青色だ」でのワン・シーン。池松壮亮が住むアパートの隣人。心やさしそうな老人(大西力)だが貧しくてエアコンが使えない。ある日、熱中症で死体が発見された。室内の書棚には難しそうな哲学書が並んでいた。作家の意図するところは不明だが何故か心打たれた。(5月7日)

« 「る」 ファースト・ネームから引く人名一覧 | トップページ | ジャンヌ・ダルク祭 »

苗字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「る」 ファースト・ネームから引く人名一覧 | トップページ | ジャンヌ・ダルク祭 »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30