無料ブログはココログ

« 日本人物伝・左甚五郎 | トップページ | 外来語=英語とは限らない »

2018年4月28日 (土)

ラッキーセブンは本当にラッキーか?

Main8g20120408ddd1900552g30   今日からゴールデンウィークがはじまる。ところでGW、ゴールデンウィーク(黄金週間)の語源が映画業界用語であることから、近年NHKなどでは「大型連休」と表現している。この時期は全国の行楽地や動物園、水族館、遊園地などがとくに賑わう。野球場も満員で、野球観戦たけなわのシーズン。中日ドラゴンズではホームの試合のとき7回裏の攻撃前にドアラが宙返りをすることが恒例となっている。7は幸運の数字であるとする英語圏の思想がある。とくに9イニング制の野球において7回は先発投手の疲れが出始めるころで、試合が動くイニングと見なされている。俗にラッキーセブンといわれる。1885年9月30日、ホワイトストッキングスの7回の攻撃で、平凡なフライを打ち上げたが、強風に吹かれてホームランになった。これでホワイトストッキングスはリーグ優勝を決めたことから「ラッキーセブン」という言葉が生まれた。大リーグでは7回の少し休憩タイムがあり「わたしを野球に連れてって」を歌うのが恒例となっている。

   こうした7回の攻撃で試合が動くという通説は本当であろうか、名古屋大学で統計調査をしたところ、7回の攻撃の得点率は、むしろ全イニングの平均を下回るという結果がでた。7回よりも6回のほうが得点が入りやすいという。

« 日本人物伝・左甚五郎 | トップページ | 外来語=英語とは限らない »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

wobblyそりゃそうです。野球はツーアウトから、なんていうけれど、言うだけのことです。(*^ー゚)bグッジョブ!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本人物伝・左甚五郎 | トップページ | 外来語=英語とは限らない »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31