無料ブログはココログ

« パンダに歴史あり | トップページ | 世界の人口と国々 »

2018年3月11日 (日)

東日本大震災あれから7年

   東日本大震災から7年が経つ。しかし今も7万3000人が仮設住宅などの避難生活を余儀なくされている。東日本大震災とは2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による災害およびこれに伴う福島第一原子力発電所事故による災害である。死者は都道県で1万5893人におよぶが、その99.5%は震源に近い岩手、宮城、福島の3県で発生している。しかし、この3県の沿岸自治体の中でただ一つだけ死傷者・行方不明者がゼロという町がある。岩手県沿岸最北端の洋野町だ。NHK連続テレビドラマ「あまちゃん」の舞台となった、人口1万6000人ほどの小さな町である。大きな防潮堤もなく、津波が次々と押し寄せて、町全体をつつみ込んだ。にもかかわらず、死者・行方不明者が発生しなかったのは何故だろう。それは日ごろから、住民に自主防災活動が徹底されていたからの一言につきる。「地震が起こったらすぐに高いところへ避難する」ごくごくあたりまえのことが住民に浸透されていた。ようやく昨年12月に八木地区に高さ海抜12メートルの防潮堤が完成した。

« パンダに歴史あり | トップページ | 世界の人口と国々 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パンダに歴史あり | トップページ | 世界の人口と国々 »

最近のトラックバック

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31