無料ブログはココログ

« 女子カーリング戦国時代 | トップページ | 二・ニ六事件 »

2018年2月25日 (日)

人生百歳時代

 俳優大杉漣さんの急死の報がショックである。映画「パラサイト・イヴ」(1996)を観ていたら、医学会の司会者役で大杉漣が居る。ミトコンドリアの妖怪に腕を焼かれ殺される。「ソナチネ」(1993)以降もセリフが少ない端役は続いていた。映画・ドラマのほか舞台・バラエティにもおどろくほど多数出演していた。「われわれの生まれ方は1つだが死に方はさまざまである」とはユーゴスラビアのことわざだそうだ。現在、著名人での最高齢は東宝専属の脇役俳優だった佐田豊さん。明治生まれで106歳。カークダグラスは101歳。中曽根康弘は99歳。ドナルド・キーンや瀬戸内寂聴は95歳。「柿の木坂の家」の青木光一は92歳。歌手の伊藤京子、菅原都々子は90歳。なかには現役で活動を続けているかたもいる。

« 女子カーリング戦国時代 | トップページ | 二・ニ六事件 »

人国記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 女子カーリング戦国時代 | トップページ | 二・ニ六事件 »

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31