無料ブログはココログ

« 琉球・台湾関係文献目録 | トップページ | 青森歩兵第五連隊八甲田遭難始末記 »

2018年1月22日 (月)

赤船(あかぶね)

   江戸後期、蝦夷における幕府直営の貿易船。船体が赤く塗られていたのでこの称がある。蝦夷貿易の官営は1799年から1821年の間行なわれ、はじめは45隻の赤船があったが、その末期には難破・漂流などのため残ったものはわずかで、1813年民間に払い下げられた。

« 琉球・台湾関係文献目録 | トップページ | 青森歩兵第五連隊八甲田遭難始末記 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 琉球・台湾関係文献目録 | トップページ | 青森歩兵第五連隊八甲田遭難始末記 »

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31