無料ブログはココログ

« 松井須磨子の墓 | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

2018年1月 5日 (金)

鳥羽・伏見の戦い

 1868年1月3日。鳥羽・伏見で薩摩・長州藩兵と幕府軍が戦う。薩摩・長州軍は支援の安芸藩・土佐藩をふくめ約5000人ほどの兵力で幕府軍にくらべ3分の人の兵力にすぎなかったが、大砲・小銃の装備にすぐれており、幕府軍が用いたゲーベル銃に対し、薩摩軍が用いたのはアメリカ製スペンサー元込銃などの新式銃であった。翌4日には薩摩・長州軍の優勢がはっきりする。

« 松井須磨子の墓 | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 松井須磨子の墓 | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31