無料ブログはココログ

« 本と読書に関する名言・ことわざ・文献集 | トップページ | 雑学王「何でも知って、何でも考えよう」 »

2018年1月18日 (木)

厄神詣で

Photo_6
多井畑厄神(神戸市須磨区)毎年1月18日から1月20日まで行われる厄除け祭には多くの参拝者で賑わう

    男42歳、女33歳の大厄を初め、その他の厄年にあたった人が、厄難をまぬかれるために厄払いをする。厄払いにもいろいろ方法がある。家を出て身につけたものをわざと途中で落とし、顧みず、乞食などに拾わせる。褌を落としてくるふぐりおとし。年の数だけの銭を包む厄払いの包み銭など。厄神参り、厄神詣でと呼ばれるものもある。

   「やあらめでたや、こなたの御寿命申さば、鶴は千年、亀は万年、浦島太郎が八千歳、東方朔が九千歳、三浦の大介百六つ。かかるめでたき折柄に、いかなる悪魔が来るとも、西の海へさらり」などという。

« 本と読書に関する名言・ことわざ・文献集 | トップページ | 雑学王「何でも知って、何でも考えよう」 »

「民俗」カテゴリの記事

コメント

ремонт скважин

[url=https://skvazhina-na-vodu.by/%D0%B2%D0%BE%D0%B4%D0%BE%D0%BF%D0%BE%D0%BD%D0%B8%D0%B6%D0%B5%D0%BD%D0%B8%D0%B5/]бурение Минск[/url]

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本と読書に関する名言・ことわざ・文献集 | トップページ | 雑学王「何でも知って、何でも考えよう」 »

最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31