無料ブログはココログ

« 明治のうさぎブーム | トップページ | 運命の赤い糸の伝説について »

2017年12月 7日 (木)

お誕生日のうた

  忘年会シーズン、カラオケの選曲に悩む方もおおいだろう。今年もさまざまな歌がつくられた。DAOKA×米津玄師「打上花火」、星野源「family song」、倉木麻衣「渡月橋」、椎名林檎「おとなの掟」、JUJU「いいわけ」、高橋優「ルポルタージュ」などなど。全世界ではもっとたくさん数えきれない歌がつくられている。では世界でいちばんよく歌われている歌は何か?世界中で一番歌われている歌として、ギネスブックにも登録されているのは、誕生日を祝うために歌われている「ハッピー・バースデー・トゥー・ユー」である。元歌は米国のミルドレッド&パティ・ヒル姉妹(Mildred J.Hill、Patty Smith Hill)が1893年に作詞・作曲した「グッドモーニング・トゥ・オール Good Morning to All」。1920年前後にGood MorningとHappy Birthdayを替えた歌が広まった。当初この歌は、幼稚園の朝の挨拶の歌として歌われていた。ところが、この歌のメロディに別の歌詞がつき、替え歌の「ハッピー・バースデー・トゥー・ユー」が歌われたところ、大ヒットし、全世界に広まることになった。1947年にビング・クロスビーが歌った「Happy Birthday」がレコード化されている。

« 明治のうさぎブーム | トップページ | 運命の赤い糸の伝説について »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明治のうさぎブーム | トップページ | 運命の赤い糸の伝説について »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31