無料ブログはココログ

« 韓国の長生標 | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

2017年11月26日 (日)

チャンスンとソッテ

Tou3862   韓国・朝鮮を歩いていると、農村では、いまも、顔が彫られた二本の柱や、高い竿の上に鳥が止まった神竿を目にすることがある。二本の柱をチャンスンといい、多くは男女一対で建てられ、天下大将軍、地下女将軍などの文字が彫られている。神竿(ソッテ)は村を災難や疫病から守り、豊作をもたらす農業神の役割をはたしてくれるものである。日本の地蔵や道祖神も韓国・朝鮮のチャンスン、ソッテの信仰も、ルーツは同じ自然そのものを神として信仰するシャーマニズムと考えられている。水木しげる「ゲゲゲの鬼太郎第2巻」(中央公論社)の「朝鮮魔法」にも奇怪な形をした石仏や魔除けの像がたくさん登場する。(少年マガジン昭和43年2月初出)

« 韓国の長生標 | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

「民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 韓国の長生標 | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31