無料ブログはココログ

« なぜ日本人はドーナツが好きなのか? | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

2017年11月18日 (土)

モナリザの本当のモデルは誰か!?

Leonardoepareu  パリのルーヴル美術館には30万点以上の名品が所蔵されているが、なかでもレオナルド・ダ・ヴィンチの名画「モナ・リザ」ほど有名な絵画は他にない。謎の微笑をたたえる美女のモデルは誰なのか、永遠の謎の一つであった。ルネサンスの美術史家ジョルジョ・ヴァザーリは著作で、「レオナルドは、フランチェスコ・デル・ジョコンドのため、彼の妻モンナ・リザの肖像画を引き受けた」と記している。1503年頃のことと思われる。近年、そのモナリザのモデルと考えられる女性の遺体を発掘して顔面を復元しようというプロジェクトがイタリアで進められている。「モナ」は婦人、「リザ」はエリザベッタの愛称であることから、フィレンツェの豪商フランチェスコ・ジョコンドの2人目の妻エリザベッタ・デル・ジョコンド(本名は長い。リザ・ディ・アントニオ・マリア・ディ・ノルド・ジョルディーノ、あるいはリザ・ゲラルディーニ、1479-1542)とする説が有力である。彼女の遺体はフィレンチェの聖ウルスラ女子修道院にある古い建物に保存されている。調査チームがジョコンド夫人の頭蓋骨の断片を発見し、別の場所に埋葬されていたジョコンド夫人の親族とDNAの照合を行うことになった。しかし親族の遺体が多湿で保存状態が悪く現在の技術ではDNA抽出は不可能であるとわかった 。

   モナリザの謎はほかにも幾つかある。レオナルドの注文主がフランチェスコ・デル・ジョコンドだったとしたら、いったいなぜ画家は注文主に肖像画を引き渡さなかったのか。また何年も手元に置き、晩年のフランス行にまで持参したのか?フランス国立公文書館にはモナリザが売却された領収書が残っている。フランソワ1世が2604ルーブルという莫大な金額で買い上げた。売主はサライという名のレオナルドの弟子である。つまり生前贈与として弟子のためにモナリザを売り渡したのである。モデルをめぐる謎はいまだ未解決である。

   NHKドキュメンタリー「4人のモナ・リザ」。最新研究によると、1503年にフィレンツェでモナ・リザを書き上げたのち、ジュリアーノ ・デ・メディチから3歳の息子のために母親像の依頼をうけたとある。ジュリアーノはウルビーノの宮廷で恋をして庶子イッポ一リト(後の枢機卿)生まれたが母パチフィカ・ブランジーニは死んだ。母を恋しがる幼子のために、レオナルドは理想の母親像をとして、正面向きに修正しなおして、リザの肖像画の上に新しく描いたと推測している。これが今日われわれが見るモナ・リザである。レオナルドの母カテリーナを想いうかべたのかもしれない。

« なぜ日本人はドーナツが好きなのか? | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜ日本人はドーナツが好きなのか? | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30