無料ブログはココログ

« お見合い | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

2017年11月 6日 (月)

「淋しい草原に埋めないで」は海の男の歌だった!?

Photo_2

   本日のBSプレミアムは、ジョン・フォード監督の名作「駅馬車」(1939年)。この映画の主題曲「Oh,Bury me not on the lone prairie」。音楽を担当したリチャード・ヘージマン(アカデミー音楽賞)は、西部に伝わる古い民謡をいろいろ劇の内容にあわせて編曲したが、「淋しい草原に埋めないで」はもともとイギリスの民謡「The Ocean Burial」。危険の多い海に乗り出す船乗りの歌で、「淋しい草原」は「深い海」だった。なお乗客のひとりアル中の医師を演じたトーマス・ミッツェルは「風と共に去りぬ」ではスカーレット・オハラの父親を演じている。

« お見合い | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お見合い | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30