無料ブログはココログ

« 南米のスペイン語圏とポルトガル語圏 | トップページ | 王莽の簒奪 »

2017年11月24日 (金)

善竹橋と李芳遠

   善竹橋は開城にある長さ6.57m、花崗岩でできた小さな石橋で、高麗時代の忠臣・鄭夢周が1392年、刺客の李芳遠(1367-1422)によって殺害された場所。最初は「善之橋」と呼ばれていたが、鄭夢周が流した血痕が消えず、竹が生えたという伝説から「善竹橋(ソンチュッキョ)」と改名した。善竹橋事件の3カ月のち、7月17日、李成桂は朝鮮王朝(李朝)の初代国王(太祖)に即位した。国号を朝鮮とする。刺客の李芳遠とは初代国王李成桂の五男。のちに3代国王となる。

« 南米のスペイン語圏とポルトガル語圏 | トップページ | 王莽の簒奪 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南米のスペイン語圏とポルトガル語圏 | トップページ | 王莽の簒奪 »

最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30