無料ブログはココログ

« 日本人物伝「勤皇僧・宇都宮黙霖」 | トップページ | 香川京子、今田美桜 »

2017年11月21日 (火)

波郷忌

 綿虫やそこは屍の出でゆく門

   昭和24年、石田波郷の句。冬の日のどんよりとした風のないしずかな日など、1つ2つ3つと、いやときにはもっと数多く、白い何か灰のように浮かびとんでいるものを見かける。「屍の出でゆく門」とは病院の裏手の人目につかぬところにあり、棺桶に納められた遺体が葬儀屋によって運ばれていく出口のことであろう。波郷は大正2年愛媛県で生まれて応召後、発病し妻と病院を転々としながら焦土諷詠に徹した。病中作が多く、いっぱんに人間探究派とよばれる。1969年のこの日、石田波郷は56歳で世を去った。

 六月の女すわれる荒筵

« 日本人物伝「勤皇僧・宇都宮黙霖」 | トップページ | 香川京子、今田美桜 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

Chit my modish devise
http://dateme.sexblog.pw/?entry.anahi
cougar fuck date country date no signup chat rooms islamic dating sites australia makhox social dating

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本人物伝「勤皇僧・宇都宮黙霖」 | トップページ | 香川京子、今田美桜 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31