無料ブログはココログ

« 接吻の起源と歴史 | トップページ | 目の愛護デー »

2017年10月 9日 (月)

フルーツ歌謡曲

   フルーツをテーマにする曲がイメージしやすいのは、フルーツが私たちにとって最も身近にあるものだから。戦後日本のヒット曲第1号は並木路子の「リンゴの唄」だった。川田正子「みかんの花咲く丘」、美空ひばり「リンゴ追分」、三橋美智也「リンゴ村から」、浜村美智子「バナナ・ボート」、スリー・キャッツ「黄色いさくらんぼ」、神戸一郎「りんごちゃん」、田代みどり「パイナップル・プリンセス」、森山加代子「メロンの気持ち」、伊藤アイコ「レモンのキッス」、中尾ミエ「いちごの片想い」、九重佑三子「レモン片手に」、ずうとるび「みかん色の恋」、藍美代子「ミカンが実る頃」、大竹しのぶ「みかん」、松田聖子「ガラスの林檎」、裕木奈江「りんごでもいっしょに」、大塚愛「さくらんぼ」、そして極めつけは、中原めいこ「君たちキウイ・パパイヤ・マンゴだね」。

« 接吻の起源と歴史 | トップページ | 目の愛護デー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 接吻の起源と歴史 | トップページ | 目の愛護デー »

最近のトラックバック

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31