無料ブログはココログ

« 王道ラブストーリーにみる純愛のかたち | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

2017年9月 7日 (木)

新郎が花嫁をお姫様抱っこするのはローマ建国の略奪婚が由来

20080219_268229
 ニコラ・プーサン 「サビニの女たちの掠奪」 1638年

 新婚夫婦が新居に入るとき、西洋では夫が花嫁を抱きかかえて(いわゆるお姫様抱っこ)入るという風習があるらしい。これは古代ローマから伝わる儀式ともいわれる。ローマは入植兵は男ばかりで女がいなかった。そこで近くのサビニ族の処女の娘たちを略奪したことに由来する。「掠奪された七人の花嫁」(1954)というシネマスコープの映画がある。7人の山男が村から花嫁を奪ってくるという話。ミュージカルの歌詞にもあるように、ローマ建国時代のサビニの娘を掠奪したという伝説がモチーフになっている。なぜ7人にしたのかは不明だが、「ローマの七つの丘」に由来するのだろう。パラティヌスの丘に住むロムルスは近くのクリナリスの丘のサビニの娘をさらった。初代王ロムルスのあと6代の王が続いた。伝説の王は7人。旧約聖書にあるダニエルの預言では、7本の角がはえた獣が世界を支配するというが、この獣はローマ帝国を象徴しているという。ローマはなぜか7という数字がまつわる。紀元前753年のこの日、ロムルスが初代ローマ王に即位した。

   イタリアの地名の由来は子牛にちなんでいる。現在もイタリア語vitellaは「雌若牛」の意味。古代、半島南部で多くの牛が放牧されていたことからギリシア人がVitellia(ウテリア)と名付けたという。古ラテン語のvitulus(子牛)に由来する。 (Romulus、4月21日)

Romulus_u_remus_m1

« 王道ラブストーリーにみる純愛のかたち | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

ブログを見て面白かったのでコメントさせて頂きました(^ω^)
もしよかったら自分のブログも見てくださったら嬉しいです★
http://blog.livedoor.jp/daisukedkc/
ちなみに料理レシピのブログです!!
これからちょくちょく拝見させて頂きます★
よろしくお願いします(^ω^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 王道ラブストーリーにみる純愛のかたち | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30