無料ブログはココログ

« 新選組最強の剣士、斎藤一  | トップページ | 匝瑳、宍粟、珠洲、新城 »

2017年9月28日 (木)

文豪の処女作

Photo   「処女作にはその作家のすべてが表れる」。この言葉は誰が最初に言ったのか正確なことは分からない。おそらく海外の文芸評論家ではないか。亀井勝一郎は倉田百三著「出家とその弟子」(新潮文庫)の解説で、「作家は処女作に向かって成熟する」といった。文豪谷崎潤一郎の処女作は戯曲「誕生」であるが、実際には「誕生」よりも「刺青」の方が先に書いたと谷崎自身が述べている。井伏鱒二の代表作「山椒魚」は最初に発表した作品であるとともに、生涯にわたり改筆が続けられた作品である。「山椒魚」が最初に着手されたのは1919年、井伏が21歳の時で級友の青木雨八に「幽閉」ほか数編を送った。「幽閉」は1923年同人雑誌「世紀」に発表され。それから6年後の1929年、すでに新進作家として活動していた井伏は「幽閉」を全面改稿し、同人雑誌「文芸都市」に「山椒魚」として発表している。

1906年 有島武郎「かんかん虫」

1908年 武者小路実篤「彼」「二月」「聖なる恋」「隣室の話」「不幸な恋」(「荒野」所収)

1909年 谷崎潤一郎「誕生」

1910年 志賀直哉「網走まで」

1914年 川端康成「十六歳の日記」

1914年 芥川龍之介「老年」

1917年 横光利一「神馬」

1923年 井伏鱒二「幽閉」

1927年 堀辰雄「ルウベンスの偽画」

1927年 石坂洋次郎「海を見に行く」

1933年 太宰治「列車」

1934年 獅子文六「金色青春譜」

1941年 三島由紀夫「花ざかりの森」

1946年 安倍公房「天使」(未発表)

1947年 椎名麟三「深夜の酒宴」

1948年 源氏鶏太「女炎なすべし」

1954年 遠藤周作「アデンまで」

1957年 大江健三郎「奇妙な仕事」

« 新選組最強の剣士、斎藤一  | トップページ | 匝瑳、宍粟、珠洲、新城 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

次に、オーデマピゲ、AP。 あたりのレポートを増加し、したがって、非常に最も典型的なファッションの導入は八角形の彫刻が施された場合の基盤として見る「ロイヤルオーク」(RoyalOak)、になります、特に7の側面は、それが非常に困難であり、6魅力的なアンカーネジであることが起こる 非常にセクシー。 APの値は、主に、ヘンドリーまたは可能売却可能メールダイヤモンドジュエリー、一般的に、増加した疑いもなく、「ロイヤルオーク」はあなたができること、ディレクトリ料78000元となるステンレス鋼を備えています。3番目、オーデマピゲ、AP。 健康的なユーザープロファイルごとに、したがって、非常にヴィンテージトレンドの突破口は確かに八角形の彫刻が施されたケースについての基礎と見られて「ロイヤルオーク」(RoyalOak)で、あなたの7は、道路アクション観賞用アンカーボルトであることが起こる保持し、それがある かなりセクシーではなく、挑戦的。 APの値札は、一般的な唯一のヘンドリーで、優れた疑いもなくですかおそらく割引販売でジュエリーノート、「ロイヤルオーク」は、ステンレス製の紳士ディレクトリ料78000元を運び、全国の満たされた18K古い時計は通常に関して拡大小売価格を呼び出す 4000万変数。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新選組最強の剣士、斎藤一  | トップページ | 匝瑳、宍粟、珠洲、新城 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30