無料ブログはココログ

« 東京五輪と新幹線 | トップページ | イヨマンテ »

2017年8月 9日 (水)

アンリ四世を殺した男は八つ裂きにせよ

    フランソワ・ラヴァイヤック(1578-1610)はアンリ4世の暗殺者として歴史に名を残した人物である。アンリ4世はフランスが宗教による分裂を避けるためナントの勅令を出し、カトリックとユグノーの和解を推し進めた。しかし、カトリックの強硬派はこの政策に不満で、アンリ4世を非難する宣伝を続けていた。ラヴァイヤックはそれを信じ込んでアンリ4世の暗殺を謀り、1610年5月14日、ついに馬車に乗っているところを襲撃し、匕首の一撃で致命傷を負わせた。彼は教唆された人物の名前をついに口にすることはなく、事件からわずか13日で裁判は終わった。パリのレ・アール近くの鉄細工通りの建物に、「ここで、王アンリ4世は1610年5月14日にラヴァイヤックによって暗殺された」と書かれた案内板が取り付けられている。最も国民に人気があった王を殺した暗殺者はグレープ広場で公開処刑がなされた。四頭の馬に手、足を結びつけられて体をばらばらにされるという非常に残虐な方法で処刑された。

« 東京五輪と新幹線 | トップページ | イヨマンテ »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

Fresh gay images
http://blackgay.net.erolove.in/?profile_allan
gay pokemon gay sex gay meeting places gay cruises gay friend

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京五輪と新幹線 | トップページ | イヨマンテ »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30