無料ブログはココログ

« 引き出し整理術 | トップページ | 真理の言葉は単純である(アイスキュロス) »

2017年8月 1日 (火)

妖精フォーク

 1970年代に入り、ベッツィ&クリスの影響で女性シンガーがギターを弾きながらのフォークが流行した。「恋人もいないのに」シモンズ、「風と落葉と旅びと」チューインガム、そして「風に吹かれて行こう」やまがたすみこ、などが「三大妖精フォーク」とよばれた。しかし香港からアグネス・チャンが来日し、フォークからアイドル路線が主流となる。もともとアグネスは香港では陳美齢と名乗り、ギターを持ったフォーク系だった。「いちご白書」の主題歌「サークル・ゲーム」は映画ではバフィ・セント・マリーが歌ったがジョニ・ミッチェルがカバーし、アグネスがアジア圏で広めた。

« 引き出し整理術 | トップページ | 真理の言葉は単純である(アイスキュロス) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 引き出し整理術 | トップページ | 真理の言葉は単純である(アイスキュロス) »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31