無料ブログはココログ

« カピチュレーション | トップページ | 支那学文献目録 »

2017年8月 9日 (水)

ナガサキ消えた「原爆ドーム」

091ktanaka1 0101 061213_222827 0104

   田中キヲ(1915-2006)は昭和20年8月9日、長崎の爆心地から2キロほど離れた水田で被爆した。翌日、長崎市内の臨時救護所で、放心した表情で生後4か月の次男に授乳しながら、治療の順番を待っている姿が撮影された。写真は旧日本陸軍の報道部員、山端康介が8月10日、長崎市で撮影し、「苦痛にたえながら治療の順番を待つ母子」として長崎原爆資料館に展示されている。

18145530614358495900    8月は戦争や平和について考える機会が多くある。私は戦後生まれで、戦争体験はないが、日本がアジア諸国に対しての軍事行動や、また唯一の原爆の被爆国であることを、世代の違いに関わらず、記憶していかなけれならないと考える。8月はドキュメンタリーも数多く放送される。「我が闘争」(1960年スウェーデン)は第一次世界大戦の混乱からナチスの台頭、ナチスの政権奪取から敗戦、ヒトラーの死までを、描いている。「夜と霧」(1955年)はアウシュビッツの大量虐殺の悲劇をミシェル・ブーケの静かな語り口の中で映像化している。NHKドキュメンタリー「幻の原爆ドームナガサキ戦後13年目の選択」12日放送。かつて長崎にも原爆ドームがあった。爆心地近くにあった教会・浦上天主堂だ。戦後、原爆の悲惨さを語る遺構として、保存する方針だったが、突如、田川務長崎市長と教会のトップが取り壊しを主張、市民の反対運動もむなしく、姿を消すことになった。決断の背景としては、米国側から教会再建の資金援助の条件として教会遺構の撤去が求められたからといわれる。

« カピチュレーション | トップページ | 支那学文献目録 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

Get instant untenanted access to our exclusive library of one-on-one training courses, tutorials in HD video and the same software used by the top traders all over the world.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カピチュレーション | トップページ | 支那学文献目録 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30