無料ブログはココログ

« 中国史関係文献目録 | トップページ | 引き出し整理術 »

2017年7月31日 (月)

変なタイトルの曲

Photo_2

   はじめてレコードを買ったのが中学生のときに「ケメ子の歌」(ザ・ダーツ)だった。理由は単に「曲名がオモシロそうだから」である。むかしから「うちの女房にゃ髭がある」のようなコミックソングの流れはある。クレージー・キャッツ、とんねるず、嘉門達夫の曲はコミックソングの系譜であろう。

    ここではコミックソングではない珍題名を集めてみる。古いところでは、フランク永井の「13800円」(昭和32年当時、大学初任給が13800円だったとか)、松島とも子「塩鮭」、バーブ佐竹の「青いゴム草履(ぞうり)」。尾崎紀世彦「おす犬」。椎名林檎の「歌舞伎町の女王」やソニンの「カレーライスの女」も奇抜なタイトルだろう。最近では大塚愛は変なタイトルの曲をよく作る。「黒和牛上塩タン焼680円」など。「シャチハタ」も印鑑・スタンプの企業名をタイトルにもってくる着想は新鮮である。

« 中国史関係文献目録 | トップページ | 引き出し整理術 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国史関係文献目録 | トップページ | 引き出し整理術 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30