無料ブログはココログ

« 夏本番「あー夏休み」 | トップページ | ケペル先生の何でも相談室2 »

2017年7月20日 (木)

沖縄の名字はなぜ独特なのか?

M20150716085_2015071608501   「火花」で芥川賞を受賞した又吉直樹。出身地は大阪府寝屋川市とあるが、父は沖縄、母は加計呂麻島の出身。1996年に又吉栄喜が「豚の報い」で同賞を受賞しており、又吉姓は2人目となる。沖縄には他県とまつたく異なる特有の苗字がある。映画「モアナと伝説の海」日本語吹き替えモアナ役の屋比久知奈。「屋比久(やびく)」は沖縄特有の苗字である。「あまちゃん」蔵下穂波が沖縄出身のアイドル喜屋武エレンを演じていた。「喜屋武(きゃん)」も沖縄県特有の苗字である。沖縄に多い苗字のランキング。比嘉、金城、大城、宮城、新垣、玉城、上原、島袋、平良、知念、宮里、仲宗根、下地、照屋、砂川、城間、仲村、新里。

   ほかに順不同で安室、安仁屋、安里、赤嶺、安座間、池城、石嶺、伊良部、我那覇、嘉弥真、渡真利、目取真、諸見里、屋良、与那嶺、与那覇、玉城、玉元、具志堅、渡嘉敷、古波蔵、嘉手納、仲間、宜保(ぎぼ)、桑江、天久(あめく)、知花、安座間、喜納、宮國、糸数、翁長(おなが)、外間(ほかま)、真栄城、島尻、我謝(がじゃ)など。

 沖縄の名字には同じ漢字でも読み方が何通りもあることがある。新垣は、新垣結衣(あらがきゆい)、新垣渚(あらかきなぎさ)、新垣里沙(にいがきりさ)と読み方がそれぞれ異なる。島袋も「しまぶく」あるいは「しまぶくろ」と読んだりする。金城(かなぐすく)も普通に「きんじょう」と読ませることもある。沖縄の名字が独特な理由は、江戸時代、薩摩藩が大和風の名前を禁止したことに由来する。

« 夏本番「あー夏休み」 | トップページ | ケペル先生の何でも相談室2 »

苗字」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。私の隣のデスクには島尻さんという方が座ってます。

空手家に 摩文仁、 東恩納、本部、知花、知念、宮城、上地等の先生がいらっしゃいます。
また高良というのも琉球性だったのですね。

ヤクルトの比屋根渉は沖縄の出身です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏本番「あー夏休み」 | トップページ | ケペル先生の何でも相談室2 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30