無料ブログはココログ

« 戦後イタリアの映画と音楽 | トップページ | 変なタイトルの曲 »

2017年7月30日 (日)

グリーン・スリーブス(緑の袖)の意味

   伝統的なイングランド民謡「グリーン・スリーブス」。16世紀エリザベス朝時代の節回しが使われており、現在知られている歌で讃美歌など宗教音楽を除くと、一番古い歌ではないかといわれている。最近では「心が叫びたがっているんだ」でも劇中歌として使われている。映画「西部開拓史」でデビー・レイノルズが歌っていたのは「Home in the Meadow」はグリーンスリーブスをアレンジしている。「グリーンスリーブス」(緑の袖)とは何か。中世ヨーロッパでは緑色は売春と関係があるとされ、「緑の袖」は取り外しができ、その職業は娼婦と思われる。ダンテ・ゲイブルエル・ロセッティの絵画「My Lady Greensleeves 」(1863)も娼婦を思わせる女性である。恋人との情事は草むらで行われ、袖が草に染まる事を示している。

Greensleeves

« 戦後イタリアの映画と音楽 | トップページ | 変なタイトルの曲 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦後イタリアの映画と音楽 | トップページ | 変なタイトルの曲 »

最近のトラックバック

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31