無料ブログはココログ

« パク・ヨンハ命日 | トップページ | 郵便番号「朝敵は後回し」 »

2017年6月30日 (金)

ヒーローの恋人は何故それほどの美人じゃないの?

 シルヴェスター・スタローンの出世作「ロッキー」。ヒロインはニューヨークの小さなペットショップで働く眼鏡と毛糸の帽子をかぶった気難しそうな女性エイドリアン。なぜかロッキーは死ぬほど愛してしまう。ヒロインがいるからヒーローは頑張れる。でもタリア・シャイアはスタイル抜群のセクシー女優というタイプではない。スーパーマン(1978)の恋人の記者ロイス・レーンを演じるマーゴット・キダーも神経質で内気そうなタイプ。なぜかハリウッド・ヒーローの恋人はとびきりの美人じゃない。スター・ウォーズのレイア姫キャリー・フィッシャーは見た目残念なほう。スパイダーマンの恋人キルスティン・ダンストはましなほうか。

 これと真逆が「男はつらいよ」シリーズ。毎回寅次郎が恋する女性は絶世の美女。目が細くて四角い顔の中年男が美女に恋する気持ちがペーソス漂う人情喜劇となる。

« パク・ヨンハ命日 | トップページ | 郵便番号「朝敵は後回し」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

My gay pics
http://men.sexblog.pw/?profile_brett
gay rights articles date gay free gay chat sites gay shit gay

そうです。キルスティン・ダンストも「まし」くらいの容貌ですよね。ヒーローもののヒロインが、あまりにも綺麗で色気もあると、みんなのヒーローでなくて、その人のためのみに頑張ってる感じになってしまうからかなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パク・ヨンハ命日 | トップページ | 郵便番号「朝敵は後回し」 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30